エッグタルト美味すぎ リスボン空港のTAPポルトガル航空本丸ラウンジへ

おはようございます。4泊したポルトガルを離れ、次なる目的地であるモロッコへと移動します。

最高にポルトガルを満喫できた4日間だったのですが、髭がなんだか急速に濃くなった気がするのは気のせいでしょうか。食べ物による作用?日光による作用?ポルトガル育毛ブーム、来るんじゃないかコレ。と思ったけどザビエルのイメージがあるんで流行らなそうですね。

空港へ

なんだかもう髭を剃るのも面倒だったので、髭面のままメトロでリスボン・ウンベルト・デルガード空港へ。

ついつい居眠りしてたら終着駅の空港の先にある車庫まで連れてかれてましたwたぶん、「終着駅ー。降りて下さいー」的なアナウンスはあったのかとは思いますが、車内の確認無しに車庫入れするんすかw 結局、寝落ちてたワイは無地に車庫で発見され、次に車庫から出るメトロに乗って何事もなかったかのように空港へw 「おーい、あなた乗り過ぎたぞー。起きてー」って倉庫に入ってから言いますかw このゆるーい感じがポルトガルらしくて最高ですw

搭乗手続き


リスボン国際空港には1と2の二つのターミナルがありますが、一部のLCCを除き国際線・国内線共に殆どの主要路線はターミナル1を利用。吹き抜けのホールの2階に上がって搭乗手続きを済ませます。


エスカレーターを上がると、有人カウンターがゲロ混みだったからか、空港スタッフに自動チェックイン機を使うよう促される。パスポートの顔写真ページをかざすだけで搭乗券が発券されてくる優れものらしい…が、何故かワイのパスポートはデータを読み込んでもらえず。ゲロ忙しそうなスタッフを漸くの思いで捕まえて問題提起すると、なにやら機械をいじった挙句に、「Just a moment please」と言ってワイのパスポート持って別室に入っていきやがった。

で、15分くらい待たされて、導き出された結論は「有人カウンターにお並び下さい。」…うん、知ってた。もともと有人カウンターに並んでたら、今ごろワイはラウンジでヒャッハーしてましたわ。「Just a moment please」のmomentどんだけ長いんすかw

TAPプレミアムラウンジ


思わぬ形でタイムロスが発生し、搭乗開始時刻まで残り8分。時間は押してたけどせっかくなのでTAPのプレミアムラウンジに立ち寄ることに。本丸ラウンジってどこの航空会社も気合入れて作ってますからね。

今までの体験から言うと、ベスト本丸ラウンジはカタール航空のドーハ・アルサファラウンジ。

良い意味で期待を裏切ってくれました賞はミドルイースト航空の本拠地レバノンのラウンジ。

世界には色んな特徴を持ったラウンジがあるわけですが、ここリスボンのTAPラウンジは如何に!?

ひだり みぎ
ラウンジ内はポルトガルのナショナルカラーでありTAPポルトガルのコーポレートカラーであるグリーンをところどころに配したモダンポップな雰囲気。昨今の風潮である重厚でエクスクルーシブな雰囲気は一切無いカジュアルなラウンジです。

ひだり みぎ
バーテン付きのバーカウンターがあったり、立ち飲みスペースもあったり。



ボタンを押すだけでポートワインと地場の生ビールも飲み放題です。ワインサーバーがあるあたり、さすがはポートワインを生んだ国ですね。

ミールもワインに合うハムやチーズ、ちょこちょこっとしたカナッペが中心でしたが、ポルトガルらしいダックライスや本格的なエッグタルトも置かれてました。


特に、エッグタルトはガチのやつ。マカオのはサクサクっとした生地感を大事にしていて、ポルトガルのはクリーミーさを重視しているような印象。高温でぐつぐつされたカスタードクリームの濃厚なこと濃厚なこと。

このエッグタルトの為だけにラウンジに寄る価値があると言っても過言ではないくらい。お勧めです!

バルセロナ国際空港 ワインの種類が豊富な Sala VIP Pau Casalsラウンジ

ターキッシュに乗りイスタンブールからやってきたバルセロナ。
既に日本時間午前2時近いのですが、ワイ変態フライヤーは本日もう一本のフライトに搭乗予定。東京⇒香港⇒シンガポール⇒ドバイ⇒イスタンブールと乗り継いできて、やっと最後のフライトでポルトガルに向かえますw


もうあと少し!あと2時間のイベリア半島フライトでやっとこさユーラシア大陸最西端に辿り着きます。(無駄に回り道したせいで)ここまで長かった…


バルセロナではシュンゲン圏への入国を済ませてから再度TAPポルトガル航空のカウンターでチェックイン。TAPさんはいっちょ前にスターアライアンスにも加盟してるので、ANAやシンガポール航空のマイルも貯められます。


TAPの文字が薄~くあしらわれたポップな搭乗券を手に出発フロアへ。

ひだり みぎ
制限エリアに入って一番に視界に飛びこんできたのはやっぱりメッシ。でもあと数時間もすればクリロナの世界に入りますからね。せっかくのバルセロナですが、メッシグッズは買いませんでした。


バルサに次いで存在感を放っていたのはヤマハNIKENを更に厳つく改造したかのようなワイルドな単車。全幅なんメートルだって角のせいで保安基準満たしてなくて公道は走れなそうだけど、被写体としては魅力的な物で、多くの人が実際に乗ったりして超絶ハイテンションで写真を撮ってました。なんかスペインまで来ると、人々のノリやらテンションがだいぶ違ってきて戸惑いを隠せませんw

ラウンジ

バルセロナ空港のVIPラウンジは下記の通り4箇所。今回はシェンゲン圏のポルトガル行きのフライトを利用するので、上から二番目のSALA VIP PAU CASALSを使わせてもらいます。短距離のシェンゲン圏と国内線用ラウンジなので、あまり期待はできないかなー。

SALA VIP MIRO(ターミナル1、国際線)
SALA VIP PAU CASALS(ターミナル1、シェンゲン圏内行きと国内線)
SALA VIP COLOMER(ターミナル1、マドリッド行きシャトル利用者)
SALA VIP CANUDAS(ターミナル2)


エスカレーターで上った先がvipラウンジのエントランス。営業時間は最終フライトの出発までではなく05:00〜22:30。ポルト行きのフライトのボーディングが22:35なのでちょうど搭乗開始までラウンジに籠れそうです…と思ってたら、フライトディレイでラウンジ難民になりました。最後のフライトが出るまで営業してくれたらどんだけ楽だったことか…


ひだり みぎ
ミールは軽食が中心。イベリコ豚のものなのか、生ハムが美味かった。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ドリンクはスペインのワインがめちゃめちゃ揃ってました。安そうな銘柄中心ですが、ロゼも含めて10種類くらいあったんじゃないかな。

ひだり みぎ
ビールも8種類も揃っている中、バルサの公式ビールにも指定されているEstrella Dammという銘柄のビールを飲んでみました。どことなくチェゲバラを連想させるような深みのあるパッケージですが、味・喉越しは至って爽快、メッシのドリブル並みのキレがありました。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ビールも飲んで、ラウンジ内が静かすぎたこともあってちょい寝落ち。気付けばラウンジ内にいるのはワイだけで、フロントスタッフも消え失せてましたw
電光掲示板を見てみるとポルト行きのフライトがディレイでポルト着が深夜2時過ぎになってたので、ポルト市内にあるインターコンチネンタルの予約を泣く泣くキャンセル。APAホテルならぬAPOホテルというエアポートホテルの予約を取り直すというトホホな展開に。

ひだり みぎ
閉業時間となったラウンジからも退去命令が出てしまい、殆ど人気(ひとけ)の無い深夜の空港を徘徊することに。


トイレも封鎖。

フライトの方は遅延に次ぐ遅延で、2時間半遅れの深夜1時に搭乗開始。もう日本時間朝10時でくっそ眠いですが、ディレイのお陰で初日から時差調整できたとプラス思考に切替えポルトガルを目指します。

世界一のラウンジ イスタンブール新空港 ターキッシュエアラインズのビジネスラウンジ

来たどー。ドバイからターキッシュで飛んでやってきたイスタンブール新空港。新空港へ移転する前のアタチュルク国際空港のターキッシュラウンジも世界一と評判でしたが、ここイスタンブール新空港のラウンジはどんなでしょうか。

ひだり みぎ
ひだり みぎ


それまで使われていたアタチュルク国際空港に代わって2019年4月から運用され始めた超巨大なイスタンブール新空港。やはりアジアとヨーロッパとの中間点に位置するからか、国際線乗り継ぎの為の保安検査場は10以上のレーンをフル稼働にしても大混雑等状態。優先レーンが使えなかったら通過にに20-30分はかかっていたでしょうね…

保安検査を抜け制限エリアへと入り、ラウンジへと直行。
イスタンブール新空港にターキッシュエアラインズラウンジは3つあり、そのうち、国際線の出発エリアのラウンジは「Miles & Smiles Lounge」と「Business Lounge」の2カ所。空港中央の2階にお互い向き合うようにして並んでます。

それぞれの利用資格は下記の通り。

ビジネスラウンジ:
ターキッシュエアラインズまたはStar Alliance航空会社の国際線ビジネスクラス利用客

Miles&Smilesラウンジ:
ビジネスクラスの利用客
ターキッシュエアラインズのMiles&Smiles Elite、Elite Plus会員および1名のゲスト
スターアライアンスゴールド会員および1名のゲスト
ターキッシュエアラインズのCorporate Club会員および1名のゲスト
スターアライアンスゴールド会員および1名のゲスト
参照:
https://www.turkishairlines.com/ja-int/istanbul-airport/turkish-airlines-lounge-business/
今や珍しくなくなってきましたが、やっぱりC客とマイレージクラブの上客とで別々のラウンジがあるって良いですよね。

今回はせっかくなんでビジネスラウンジを利用することに。
ひだり みぎ
搭乗ゲートE1前の受付で搭乗券を提示しエスカレーターで二階へ進み、二階のエントランスで搭乗券をかざして改札を突破する。

ひだり みぎ
エントランス正面の巨大モニターではターキッシュのPR動画が延々と流れてます。TKほど「国の威信を背負ったナショナルフラッグキャリア」という言葉が似あうエアラインは無いっすね。


ロッカーはアタチュルク時代と同じガラス張りのデジタルロック式。ちょうどお昼時の利用ですがさほど込み合ってはいないようです。この前に間違えて入ってしまったMiles&Smilesラウンジは鬼のように混んでましたが…。

ひだり みぎ
ひだり みぎ

荷物を預けてラウンジスペースに向かったら…くっそ広くて腰抜かしたw
面積5,600m²、収容人数765人だとw 更に隣には同じ広さのMiles and Smilesラウンジがありますからね…ラウンジに力を入れてるのは知ってましたが、どんだけですかターキッシュさん…これ完全にスカイトラックのラウンジ関連部門だけトップを取りにきてますねw

ひだり みぎ
広いだけじゃなくお洒落ですしね。気合入り過ぎ。

他にも色々と気合入った設備が揃ってます。


マルチスクリーンは全12チャンネルのマルチぶりw


シミュレーションゴルフまで置いちゃうのは反則でしょう。

ターキッシュの真骨頂であるミールもビジネスクラスのラウンジとしては最強レベルに充実してます。
ひだり みぎ
ひだり みぎ

パリッパリのトルコ風野菜クレープ的なギョズレメ、トルコピザ、ヨーグルトソースたっぷりのマンティなどなど、ライブキッチンで作ってもらえるアツアツのトルコ料理が特に豊富。ホテルやラウンジ飯の領域を超え、これ普通にレストランレベルっす。いや、むしろマンティなんかは前回のイスタンブール旅行の際に食べた専門店のより美味しかったくらい。量も質も高いです。


ひだり みぎ
サラダバーも他社ラウンジとは一線を画した内容で、アーティチョークのオリーブ浸けやブドウ葉のドルマ、ズッキーニとモロヘイヤのサラダなどなど、かなーり特徴的なメニューまで揃ってます。


食材も豊富で、見たこともないようなエキゾチックな野菜まで。こいつはやけに長いけど、青唐辛子?


キモ甘系トルコ菓子もこの通り全員集合!ってくらい集まってます。


キモ甘系が苦手な人には、上品な甘さのデメルのケーキも用意されてます。フルーツチーズケーキが美味しかった。



ドリンクも充実。とりあえずトルコで調達できる酒を全部並べとけ!くらいの勢いで並んでます。ほんとターキッシュのラウンジケータリング部門は有能!


お茶も様々な茶葉が用意されていて、急須を使って自分で好きなお茶を淹れれます。


良し、胃袋も満たしたし、さっぱりしてから搭乗口に向かうかーとシャワールームの受付をしようとしたら、プライベートスイートなる部屋も発見。本当にビジネスクラスのラウンジなんでしょうか…

もちろんシャワーもありますよ。
ひだり みぎ

シャワーも高級ホテル並みの設備で、バスローブまで付いてくる…

いやー、恐れ入りましたターキッシュ。流石はベストビジネスクラスエアラインのラウンジ関連部門で例年上位に食い込んでくるだけあって、良い意味で驚かされました。設備面も食事面も素晴らしいの一言です。ああ、帰りもイスタンブール経由にしとけば良かった…なんでワイはカイロ経由エジ航空なんかで戻ろうとしてしまったのだ…

ドバイ国際空港第一ターミナル マルハバラウンジ(Marhaba Lounge)

さて、本日はターキッシュエアラインズCクラスでドバイからイスタンブールを経由してバルセロナへと向かいます。


脳内地図上ではUAEとトルコってそんなに距離的に離れてなかったんですが、意外と遠くてイスタンブールまで5時間弱もかかります。まぁトルコって言ってもイスタンブールは最もヨーロッパ寄りのことにあるので、これくらいかかっちゃうんすかね。

バルセロナへは5時間弱+4時間弱とTK2発。今は改悪されちゃいましたが、ビジネスクラス2発で25,000マイルはお得だったよなー。

ひだり みぎ
で、ここで問題。窓側席を予約してたんですが、イスタンブールでの乗り継ぎ空港がSAWからISTに変更されたのに伴って機材も変わったらしく、事前予約が取り消されてしまってたみたい。そして、この日はド満席なので2-3-2の真ん中席しかないという悲報を受ける。そういやなんかトルコ語で案内来てたけど、完全に無視してたわ。


まぁ騒いでもわめいてもしょうがないんで、気を取り直してTK指定ラウンジのマルハバラウンジへ。TKと同じくスタアラ系のルフトハンザラウンジは残念ながら営業時間外。

マルハバラウンジ 第一ターミナル コンコースD


安定安心のゲルマンラウンジではなく、マルハバラウンジというローカル感丸出しのラウンジへ。どうせクレカラウンジなんだろうなーと過度の期待はしないようにしてたけど、エントランスはなかなかどうして良い感じ。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
観葉植物も置かれてたり、パーテーションで仕切られたセミプライベートな空間も用意されてたりと、中も結構いい感じじゃないっすか。くっそ広いわりにガラガラだし。


でも、朝6時を過ぎたあたりから一気に混雑し始めてきたので、ビジネスクラスの乗客専用の奥の間、Reserved Areaへ。


ひだり みぎ
ひだり みぎ
おー、ミールも中々。中級ホテルの朝食程度には揃ってます。決して美味しくは無いけど、胃袋を満たすには十分な内容。唯一美味いと思えたのはツナチーズラップくらいかな。


中東ならではの定番、干からびるくらいに干し倒された干し柿みたいなデーツやアラビックコーヒーも用意されてます。


冷蔵庫にはビール(ハイネケン・アムステル)、リンゴジュース、アップルジュース、トニックウォーターにジンジャエールが。EVERVESSの缶の幾何学模様とアラビア語がめっちゃ神聖な感じして、聖なる命の水感ある。


もちろん、イスラム圏ですけどビール以外にスピリッツやリキュールも用意されてます。

思ったよりは普通のラウンジで、搭乗開始までの時間をまったりと過ごすことができました。

シンガポール航空 ファーストクラスラウンジの奥の間 プライベートルーム

さぁ、やってきましたシンガポール。
ファーストクラスラウンジの中のファーストクラスことシンガポール航空の“The Private Room”に潜入してきます。

ファーストクラスラウンジの中のファーストクラスラウンジというのはどういうことかというと、SQのファーストクラス/スイート搭乗客しか入れないエクスクルーシブなラウンジということなんす。
スターアライアンスのダイヤモンドメンバーや他社のファーストクラス利用客、ガチ富豪が集うSQのソリティアPPSクラブメンバーですら入れないくらいの狭き門。

コンセプト的にはロンドンヒースローのBAコンコルドルームや、ドーハのQRアルサファラウンジ的な。アルサファラウンジがラウンジの概念を覆すほど衝撃的だったんで、否が応でもプライベートルームへの期待も高まります。


エントランスはラウンジターミナル3にあるSQシルバークリスラウンジ。プライベートルーム・ファーストクラスラウンジ・ビジネスクラスラウンジともにこちらのシルバークリスラウンジの入口から入室します。


中に入ると、左がビジネスクラスラウンジ、右がファーストクラスラウンジと運命の分かれ道的に分岐。エントランスの時点で既に高級感があって、プライベートルームに対する期待のハードルが更に高まります。


受付を済ますと、Fラウンジの奥に広がる秘密の空間へとエスコートされます。


Fラウンジの奥に隠れたプライベートルーム。秘密の花園。奥の院。秘め処へ。

ひだり みぎ
プライベートと銘打たれることだけあってガラガラ…というかワイしかいなくて文字通りプライベートな空間になってました。



Fパッセンジャーはやはりお一人様が多いということか、一人掛けの座席が多め。高級ホテルのロビーラウンジって感じっすね。ただ、やはりブリティッシュエアウェイズのコンコルドルームやカタール航空のアルサファラウンジを経験してると、んんん??これで終わり?ってな拍子抜け感は否めない。業深いぜアルサファさんよ!


2009年のドンペリヴィンテージを一杯頂いたところで、高級レストランかのようにセットアップされたダイニングスペースへ。広さや豪華さと言った面では確かに他社のF客専用ラウンジに負けるけど、確かにリラクシングなプライベート感という点では素晴らしい。ワイがシャンパンをグビる音まで周りに漏れてしまうくらいの静寂に包まれてます。ここにクチャラーが出てきたらそれはもう悲劇w

ひだり みぎ

中華ありインド料理ありとメニュー内容はやはり機内より遥かに充実してるけど、ランチタイムだからか全体的に凡庸な印象。冷静に考えればオーダーメイドでこれだけ豊富なメニューが揃ってるってだけで凄いんですけどね。ちょっと期待しすぎたかもしれない。


シェフステーションから福建麺、メインから魚粥を注文してみたのですが、これはオーダーチョイスミスった系かも。機内食の点心からの流れで中華に攻めたかったのですが…美味しくなくはなかったのですが、普通に街中でも食べれるレベルでした。


気を取り直してアイスで〆る。神聖な場所だけあって、アイスはもちろん崇高なるハーゲンダッツ様でした。


まぁいい、これからまたF飯が待ってますからね。


では、ドバイへと行って参ります!