Update


  • 17年12月11日:JWマリオット鄭州 クラブフロア宿泊記 鄭州・開封旅行8
  • カテゴリー:2017年, China, Hotel, Marriott/ Ritz, 中国, 洛陽・鄭州・開封
    DSC_5269_R

    鄭州での初日の宿は鄭州のラグジュアリーホテルの代名詞的扱いをされているJWマリオット鄭州(鄭州緑地JW万豪酒店)。 流石に街一番の高級ホテルだけあって、有償での宿泊だと税サ込で一泊約16,000円。これに対してポイントによる宿泊だと10,000ポイント(=3,333スターポイント≒7,000円~8,000円)。随分と特典宿泊とした場合のポイント単価が良かったので、ため込んでたS…続きを読む


  • 17年12月10日:嵩山少林寺 洛陽・鄭州・開封旅行7
  • カテゴリー:China, 洛陽・鄭州・開封
    DSC_5146_R

    2017年端午節旅行二日目。早くも洛陽から引き上げ鄭州へと向かおうと思っていたのだが、地図を見たら洛陽から鄭州のほぼ中間地点に映画少林寺の舞台・嵩山少林寺があったので、せっかくなんで嵩山少林寺に立ち寄ってから鄭州に向かうことにした。 1982年に公開されたジェットリー主演の映画・少林寺。日本を含む世界各地で少林寺ブームを巻き起こし、少林寺=スーパー武僧集団という印象を世界中で確…続きを読む


  • 17年12月09日:洛陽古城の麗景門 洛陽・鄭州・開封旅行6
  • カテゴリー:China, 洛陽・鄭州・開封
    DSC_4899_R

    九朝の都・洛陽。正直なところ龍門石窟以外は何も際立った物がなく冴えない地方都市といった感じの洛陽であるが、その歴史は深すぎるくらい深い。周朝(紀元前1046年~紀元前256年)が王都として遷都してきて以来、歴代王朝の興亡の舞台として栄えてきた古-い町なのである。 兵家必争の地として古くから数々の三国志ドラマが繰り広げられた舞台ですからね。時には火の海となりながらも、先に訪問した…続きを読む


  • 17年12月08日:関羽ファンの聖地 関林廟 洛陽・鄭州・開封旅行5
  • カテゴリー:China, 洛陽・鄭州・開封
    DSC_4876_R

    龍門石窟からの帰り道、道中にある関林廟なる関羽を祀った廟に立ち寄ることに。一般的に関羽を祀った廟って関帝廟って呼ばれてるんだけど、関林廟というと関帝廟とは定義的にも異なってくるのだろうか。西安の碑林博物館のように、碑刻墓誌や碑石が林が如く立ち並んでるとかそういったことかな。 今や中国全土どころか世界の中華街の至る所にある関羽の廟だけど、洛陽の廟は首塚があるくらいだけあって世界三…続きを読む


  • 17年12月07日:龍門石窟 洛陽・鄭州・開封旅行4
  • カテゴリー:China, 洛陽・鄭州・開封
    DSC_4810_R

    洛陽での宿泊先・ホリデイインエクスプレス洛陽シティセンターで荷物を下ろし、身軽になってから今回の旅行の目玉の一つである龍門石窟へと向かう。 龍門石窟は敦煌の莫高窟・大同の雲岡石窟と並ぶ言わずと知れた中国三大石窟の一つ。 三大石窟の中で着工は一番遅く、北魏の孝文帝が大同から洛陽に遷都した494年に掘削が始められ、以来400年以上をかけ、一応の完成に至ったとされている。 2016年…続きを読む


  • 17年12月06日:ホリデイインエクスプレス洛陽シティセンター宿泊記 洛陽・鄭州・開封旅行3
  • カテゴリー:2017年, China, Hotel, IHG, 中国, 洛陽・鄭州・開封
    DSC_4682_R

    洛陽博物館の参観を終え、一旦宿泊先に寄って手荷物を下ろしてから本日の観光の目玉・龍門石窟に向かうことに。 洛陽の宿はIHG系列のホリデイインエクスプレス洛陽シティセンター(洛陽開元智選假日酒店)。名称にシティセンターとあるが、実際は繁華街から離れた市内南郊の新市街地という立地にあり、繁華街や旧市街地の街歩きを楽しむには不向き。一方、龍門石窟や少林寺方面に車で向かうには距離も近く…続きを読む


  • 17年12月05日:鎮墓獣・唐三彩の宝庫 洛陽博物館 洛陽・鄭州・開封旅行2
  • カテゴリー:Others
    DSC_4614_R

    灼熱の洛陽に降り立って直ぐ、先ずはホテルに向かう前に空港からの移動途中にある洛陽博物館を目指す。 この日は端午節初日。白タク運転手も気合が入っているのだろう。自分が乗客の中で一番に空港を出たということもあるのだろう、空港を出るなり「ヘイ兄ちゃん!市内のどこに向かうんだい!道中工事で道が閉鎖されてるので迂回が必要だけど、100元で行くよ!今直ぐ出発だ!」と威勢の良い客引きに囲まれ…続きを読む

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする