Update


  • 19年09月23日:搭乗記 S7航空 A321Neo 国内線ビジネスクラス ノボシビルスク⇒ウラジオストク
  • カテゴリー:Business Class, Flight, Russia, S7 Airlines
    DSC_3071

    怒涛のS7航空3連発、第二弾はロシア国内線区間でノボシビルスクから極東ウラジオストクへ。 TAS-OVB S7 3298 16:20-21:10(2.5h、1,128mile) OVB-VVO S7 3279 23:10-0750(5.4h、2,316mile)☚いまココ VVO-NRT S7 565 13:25-14:40 (2.15h、685mile) こうして改めてみてみ…続きを読む


  • 19年09月22日:搭乗記 S7航空 A321Neoビジネスクラス タシュケント⇒ノボシビルスク
  • カテゴリー:Business Class, Flight, Russia, S7 Airlines, Uzbekistan
    DSC_2938

    遂に中央アジアを離れる時がやって来た。ここからタシュケント⇒ノボシビルスク、ノボシビルスク⇒ウラジオストク、ウラジオストク⇒成田と怒涛のS7航空3連発で日本へと帰還する。 ウズベキスタン航空のタシュケント⇒成田直行便なら8時間弱で帰れるところ、ワンワールド大好きマンはロシア経由で18時間かけて帰国します。 タシュケント国際空港 小さな小さな何もないタシュケント国際空港。サマルカ…続きを読む


  • 19年09月21日:サマルカンドから鉄道でタシュケントに移動してから空港へ
  • カテゴリー:Uzbekistan

    いよいよ“今回”の旅行も終わりの時がやってきた。16:20タシュケント発のフライトに間に合わせる為に眠い目をこすりながら朝一で出発。06:37発の高速鉄道アフラシャブ号でサマルカンドを離れ、タシュケント⇒ノボシビルスク⇒ウラジオストク⇒成田と怒涛のS7航空3連発で帰路へと就く。 まぁ“今回”といっても既に1年弱も前の話なんですけどねw 社畜プレーの忙しさにかまけてブログ更新をさ…続きを読む


  • 19年09月20日:サマルカンドの見所を一日で周ってみる
  • カテゴリー:Uzbekistan
    DSC_2572_R

    東西文化が混ざり合うシルクロードの十字路・サマルカンドにやってきた。 これがまた、地図で見た感じよりも実際は遥かに大きな都市で… ブハラと比べると町の規模が大きく、見所も広範に散らばっているようだが、果たして僅か1日で町の見所を全て見て回れるのか。老体に鞭打ち朝から晩までぶっ通しで頑張って歩き倒してきました。 やっぱりサマルカンドといえばレギスタン広場。ということでレギスタン広…続きを読む


  • 19年07月22日:青の都ことサマルカンドの象徴 レギスタン広場
  • カテゴリー:Uzbekistan
    DSC_2417_R

    サンクトペテルブルク⇒モスクワ⇒ビシュケク⇒アルマトイ⇒タシュケント⇒ブハラと巡り、ようやく辿り着いた今回の旅行の最終目的地・サマルカンド。 サマルカンドの宿で荷を下ろしてちょこっと買い出しの為に外の通りに出たら、いきなりこんな幻想的な建物が目の前に出現。パネっすサマルカンド。 ホテルで荷解きして、ちょっと飲料水の買い出しにでもと通りに出たらいきなりこれ。サマルカンドやばっ p…続きを読む


  • 19年07月21日:宿泊記 サマルカンドの宿 Hotel Zarina Samarkand
  • カテゴリー:Hotel, Other hotels, Uzbekistan
    DSC_2362_R

    サマルカンドでの宿はbooking.comで予約したHotel Zarina。宿泊レートは朝食付きで込々一泊US$38。 立地 人も疎らで荒んだ感じの公団住宅の奥まったところにあり、タクシーの運転手も「本当にこんなところにホテルがあるのか!?」と不安気な表情で団地内へと入っていく。 本当にこんなところにホテルがあるのか?と不安に思い始めたところで、よやくHOTELの看板を掲げた…続きを読む


  • 19年07月20日:ブハラから高速鉄道アフラシャブ号でサマルカンドへ
  • カテゴリー:Uzbekistan
    DSC_2317_R

    本日は、ウズベキスタンが誇る高速鉄道アフラシャブ号でブハラからサマルカンドへと移動する。 ブハラの鉄道駅は旧市街地から離れているのでタクシーで移動。 ちな、ブハラからどれくらい離れてるって、ブハラ駅と言いつつ実際はカガンと言う別の町にあるくらい離れてる。 観光地が密集する所謂“ブハラ”の町は旧市街地。一方、鉄道駅や空港は旧ソ連時代に新ブハラとして築かれたカガンという町に位置する…続きを読む

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする