16円の一日乗車券!ヤンゴン中央駅から環状線に乗ってみる


18:00のホテルチェックアウトまで時間があったので、ホテルから徒歩圏内にあるミャンマー最大の鉄道駅・ヤンゴン中央駅に行ってヤンゴン環状線に乗ってみることに。

38の駅を各駅で停車しながら3時間かかりで広いヤンゴン市内を一周するヤンゴン環状線。

一周の全長は山手線の約1.5倍の45.9km。
全29駅、全長34.5kmを1時間で周回する山手線と比べるとのんびりちびちびと走るようだ。

シャングリラホテルから駅へと向かう道中、スーレーパゴタ通りの陸橋からヤンゴン中央駅駅舎と哀愁漂わすレトロな列車が見えてきた。
ミャンマー中央駅は、ミャンマー北部・内陸部・シャン高地・沿岸部の地域を網羅する総延長6,100kmのミャンマー鉄道網の玄関口。ミャンマー風の駅舎は階段式屋根が仏塔を想起させるユニークな設計だが、これは、戦後の1954年に完成したものだそうだ。中央駅というのに周囲には緑が溢れており、駅舎はまるで秘境の中の遺跡のよう。
ひだり みぎ
因みにヤンゴンはミャンマーにおける第一の都市であるが、架線が無く電車は走っておらず、ヤンゴンを走る鉄道はすべて気動車となっている。それも、現役で活躍するのは、定年退職後にアジアに移住し活躍する日本人シニアの皆様よろしく、JRや日本の民鉄・私鉄などで使い込まれて引退した中古車両。日本で現役を退いた後にやってきて、海を越えたミャンマーの地で大活躍しているそうだ。

2000年代以降には、日本で不要となった中古車両が数多く譲渡されている。名古屋鉄道・伊勢鉄道・のと鉄道・天竜浜名湖鉄道・三陸鉄道・甘木鉄道・真岡鐵道・平成筑豊鉄道・北海道ちほく高原鉄道・松浦鉄道・樽見鉄道・いすみ鉄道・井原鉄道・北海道旅客鉄道(JR北海道)・東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・西日本旅客鉄道(JR西日本)・四国旅客鉄道(JR四国)から譲渡された気動車のほかに、日本貨物鉄道(JR貨物)・北海道旅客鉄道(JR北海道)から譲渡されたディーゼル機関車、北海道旅客鉄道(JR北海道)から譲渡された客車、広島電鉄から路面電車が導入されている。

wikipediaから引用。
この日はどの車体が出てくるか、ヤンゴン環状線ガチャが楽しみである。

ひだり みぎ
陸橋を渡り終えて駅前へと差し掛かると、駅前が青空食堂で賑わっていた。極めて賑やかな駅前、良いじゃないっすかミャンマーらしくてw


青空食堂には胃もたれ間違いなしのミャンマー料理の数々が並ぶ。


駅前の繁華街を抜けると、いよいよ遺跡風のヤンゴン中央駅が姿を現した。4つの尖塔をもつ3階建ての立派な造りの駅舎だが、現役の駅舎というよりは歴史的遺構といった感じの廃れぶりである。



4面7線のホームを有するミャンマー最大の駅になるが、その雰囲気は、どちらかと言えばうらびれた田舎町の地方駅といった感じ。築60年以上たっても全くといっていいほど改修・修繕の手が入っていないようで老朽化も著しいし、切符の販売も改札ももちろん手作業。


こちらは長距離路線用の販売窓口になるのかな。マンダレー行き・パコックー行き・ピイ行き・ダウェイ港行きの時刻表が掲示されていた。因みにヤンゴン⇒マンダレーの所要時間は約15時間だが、この区間に投入される電気式気動車を丸紅主導のプロジェクトチームが受注して、所要時間も短縮されることになるらしい。鉄道譲渡も慈善事業じゃなく、しっかりと実利あるビジネスに繋げているようだ。


そんなこんなで駅ならではの旅情を味わっていると、突如として背後から「写真撮ってくださいおじさん」現る。撮影後に見せたら納得の出来だったようで、握手を求められたうえで満足そうにプラットホームへと消え去っていった。これはなんだったのだろうか…

謎のおじさんの出現に戸惑いつつも、私も写真撮ってくださいおじさんに着いてホームへと入ってみることに。

ひだり みぎ
充電スタンドやら雑誌やらが置かれたホームでは多くの乗客がグダグダと昼下がりのひと時を過ごしていて、スローライフを満喫される皆様のご様子にヤンゴンの日常を垣間見ることができる。



環状線は階段を6・7番ホームからの発車とのことで、ホームに入って左手突き当りの階段から繋がる歩道橋を渡る。


昼下がりの気怠さに支配され、まるで時が止まったかのようなヤンゴン中央駅。この廃れた感じがほんと堪らない。


乗車券はホームのキオスク的な建物で購入。From Yangon to Yangonで、運賃200チャット(≒16円)。16円ですよ、16円。日本のように改札システムは無く、この紙切れさえあれば一日フリーで乗り降り可能ということで、16円の一日乗車券。

ひだり みぎ
乗車するのは7番ホームで出発待ちの13:05ヤンゴン中央駅発JR久留里線w。電車とホームの段差がくっそ高くて飛び乗るような形で乗車することになるのだが、ここで手を差し伸べてくる少年に要注意。助けてあげたことに対する対価とばかりに水を滅茶苦茶な高値で売りつけてきますw しかも、ボージョーアウンサンマーケットの物売りのように、購入を渋ると付いてくるから始末が悪い。仕方なく水を買って追い払いました。


中はほぼほぼ満席で、扇風機が生ぬるい風を掻き回すだけで蒸し風呂のように熱い。車体にドアが無いので走り出したら風が吹いてマシになるかとは思うが、この中で3時間はだいぶ厳しそうだ。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
まごうことなき本物のキハ38系w まさか遠くミャンマーの地で久留里線に乗ることになろうとは。

興味津々に車体を観察していると、久留里線は発車のベルもなく都心から郊外に向けてゆっくりと走り出した。無論、行先は木更津駅ではない。
ひだり みぎ
ただでさえ人口密度の高い車内だったが、停車する度に物売りの人達が次々と乗り込んで来て、込み合った車内の車両と車両を梯子して商売を始めるではないか。バナナ・リンゴ・パイナップルといったフルーツからカチワリ(?)やミネラルウォーターといったドリンク系、うずらの卵やもち米菓子といった軽食系、更には仏具や伝統メディスンといった雑多な日用品まで…車内は一気にディープな市民生活の場へと変化する。


かなり年季の入った線路を時速20キロ程度でゆっくりゆっくりと歩を確かめるように走る循環線は、各駅で大量の人を拾いながらのどかなヤンゴン郊外へと走っていく。もちろんドアは開いたまま。というかドア自体が無い。

ヤンゴン中央駅を出るとすぐ、景色は郊外のそれに。道中、線路脇で隣の線路に腰かけて話し込む若者や洗濯物を日干しする老婦、ゴミ山の脇で何食わぬ顔で飯を作る半裸のおじさんなどを次々と横切っていき、沿線で力強く生きる庶民生活が垣間見えて思わずほっこりするような光景がひたすら続く。

ひだり みぎ


ひだり みぎ
長閑な車窓の風景を楽しんでいたのだが、あまりの暑さと車内の人口密度の高さに根負けして20分程走ったところで途中下車。ここがどこだかも分からないので、タクシーを拾ってシャングリラホテルまで戻ることに。

所感

お決まりの観光地巡りだけではなく、お手軽にもっと現地の人の目線でその国を感じてみたい!そんな方にお勧めなヤンゴン環状線。通勤通学する労働者や学生たち、果物や日用品を抱え込み社内販売に勤しむ売り子さん、座席にあぐらをかいておしゃべりを楽しむおじちゃんおばちゃんたち…。地元の人たちと一緒にゆったりと列車に揺られていれば、ヤンゴン市民の何気な~い日常が垣間見えてきます。

【ヤンゴン中央駅】

循環線の1周の所要時間:3時間
運賃:200チャット(≒16円)
便数:1日の本数は15本ほど。始発は6時台から終電は17時台。

ヤンゴンが誇るB級テーマパーク ミャンマー民俗村


ミャンマー2日目は、約135もの少数民族が暮らすミャンマーの“ミャンマー民族村”なるテーマパークに行ってみることに。

情報が少なくよう分からんが、いわゆる“多民族国家ミャンマーの縮図”的な野外博物館なんだろうな。もう少し時間があれば山岳地帯にある少数民族の村への民泊といったこともしてみたかったのだが、如何せん休みが1週間しか取れなかったもんで。代わりといってはなんだけど、国内の主要民族の生活様式に関する展示品や家屋が並ぶというミャンマー民俗村で楽しんでこようではないかと思いまして。いわゆる妥協、プランBなんだけど。

まぁここも微妙に遠いっちゃ遠いんですけどね。ヤンゴン中心部からタクシーで30分弱、運賃はスーレーパゴダ近くで適当に流しで走ってたタクシーを捕まえて7,000チャットだった。

着いたぞ降りろ!と言って降ろされたのがこちら。エントランスからしてチープさ満点な感じで驚いたが、しっかりと入場料は徴収される。ミャンマー人が500チャットで外国人が3,000チャット(≒240円)。公園と思えば高いけど、テーマパークと思えばまぁ割安かなと思える値段。皆さんワクワクドキドキの遠足気分で来ているのか、ミャンマー人の若者たちが次々とハイテンションで入っていくんだからある程度の人気スポットなのだろう。


ひだり みぎ
シャン族やモン族といった主要民族の伝統家屋やら民芸品がてんこ盛りとなった内部は大変広く、徒歩じゃ厳しそうなのでオンボロチャリを借りて走破することに。


レンタル料は1時間500チャット。デポジットとして1,000キャットを前払いし、2時間以上レンタルすれば返却時に追加料金を払うことになるし、1時間以内であれば500チャットが返ってくるという仕組みらしい。


ひだり みぎ
取りあえず民俗村の中心に建つシンボル的な塔に上ってパーク内を俯瞰。木々に覆われているのでどこからどこまでが民俗村なのか測り知れないが、とりあえずくっそ巨大そうということだけは分かる。流石ミャンマーの縮図。

とりあえず森の中に突っ込んでみると、シャン州のインレー湖や、カチン州にある標高5,881メートル東南アジア最高峰・カカボラジ山、モン州のゴールデンロックといったミャンマーを代表する観光地のコピーもあったりするみたいで、園内は意外といかした雰囲気になっている。そこらじゅうでカップルが人目を憚らずイチャイチャしてましたしね、実際。
ひだり みぎ

民俗村が言うところの“マングローブの森”の中をボロカスチャリでヒャッホーと疾走し、各見所を周っていく。

金玉ことモン州のゴールデンロック

本物の金玉はヤンゴンからも日帰りで行けないことはないモン州の微妙な場所にあるのだが、これ、何が凄いって、山頂の岩の上にゴールデンロックが乗っていて、落ちそうで落ちないらしいですわ。風が吹くだけで落ちそう、でも落ちそうで落ちない岩。そんなモン州の観光名所がここヤンゴンの民俗村でも再現されている。


あった。ミャンマーが誇る観光名所“今にもずり落ちそうで落ちない不思議な金の岩”のレプリカ。これ、なんで落ちないんだと思います?ボルトでガッチガチに固定されてるとか?否!岩の先端の仏塔に納められた仏陀の頭髪が内部で絶妙のバランスを取ってるからずり落ちそうでずり落ちないんだと。金玉による重力の否定、これぞ神秘の金玉パワーである。

タイタニック

更にチャリのペダルを漕いでいくと、バゴー川の畔に出た。
ひだり みぎ

目の前に唐突に現れた総トン数500キロ程度の打ち捨てられたオンボロ船舶、その先端にタイタニック風の記念写真用顔出し看板が設置されてて盛大にワロタ。

いよいよB級テーマパーク感全開となってきたミャンマー民俗村だが、他にも沢山のチープでミステリアスなオブジェが園内の至る所に散りばめられていて来園客を楽しませてくれている。

ここからは各主要民族の伝統家屋巡り。

チン族の伝統家屋

金玉やらチンやらの言葉が続き大変申し訳ないが、人口約200万人のチン族は主にミャンマー西北部のチン州を中心に居んでいる。バングラデシュ・インドとの国境に面した山岳地帯にありミャンマーの秘境とも呼ばれるチン州は、大きな街でも1500mから1800mほどの尾根の上にある。標高1,863メートルの州都ハッカでは氷点下になることもあり、住居はミャンマーで多くみられる高床式ではないようだ。
ひだり みぎ

飾られたシカやイノシシなどの骨が生々しいのだが、チン族は狩猟民族ということを表わす展示品なのだろうか。


浮き織りのロンジーがお洒落なチン族のお姉さん。家屋の中ではそれぞれの民族の暮らしが再現されているだけでなく、各部族出身者までいらっしゃってまさに家に招かれたかのよう。時間帯によっては各民族衣装の着付けサービスなんかもあったりするらしい。

ビルマ族の伝統家屋

続いてやってきたのはミャンマーのマジョリティで総人口の7割超を占めるビルマ族の家屋。
ひだり みぎ

家屋の中に邪魔したら中で人が普通に飯食いながら談笑してるしw

ひだり みぎ
ひだり みぎ

ビルマ族の大凡9割が上座部仏教を信仰するようで、庭には小さなストゥーパも。

モン族の伝統家屋

高床式&萱葺屋根で渋味のある家屋が自慢のモン族。
ひだり みぎ

ひだり みぎ
モン族の家では釜土が置かれているようだ。民族によって暮らしている場所が平野部だったり山岳部だったり異なるし、暮らし方も様々。

ラカイン族

ラカイン族はミャンマー北西部アラカン州からバングラデシュ南東部一帯に紀元前から王国を築いてきた古い歴史を持つ民族。ロヒンギャ問題で最近になって度々耳にする民族でもある。
ひだり みぎ


ラカイン族の仏壇はもちろん派手なLEDライト付き。ド派手に装飾しないと有難味が感じられませんからね!

カヤー族の伝統家屋

人口約30万人のカヤー族は、主に東部ミャンマーのカヤー州に居住する。カヤー州はタイと国境を接するビルマで最も小さい州だが、タングステン・スズ・チーク材などの天然資源が豊富で豊かな州らしい。ここも民族独立問題なんかでよく聞く名前である。


中央の棟下部分に囲炉裏が二つ横並びに設けられている。

シャン族の伝統家屋

人口350万人以上と推定されるシャン族は、ミャンマー北部のシャン高原からインドシナ半島北部、中国南部の山地にかけて居住する。

やはり高床式住居になっていて、床下は畜舎として利用されることが多いようだ。

こんなところかな。最後にパーク内で見た愛しのB級オブジェも貼っておこうw
ひだり みぎ
ひだり みぎ

ミッキーミニーはアウトだよねw

どうでしょう、ミャンマー民俗村。くっそ広いので園内全体をカバーしようと思ったら2-3時間はかかるし、ヤンゴン市内との往復で1時間。このB級テーマパークに合計3-4時間かける価値はありますかね。うーん、どうでしょう(長嶋茂雄風)

【ミャンマー民俗村(Myanmar Races Village)】

入園料:3,000チャット
開園時間:07:00-17:30
閉園日:無休(4月の水かけまつり期間中4日間のみ休み)

ミャンマーの黄金郷 シュエダゴンパゴダとVista Rooftop Bar


大量の黄金と宝石で光り輝く美しき仏塔。ここを訪れなければミャンマーを訪れたと言うべからず!とまで言われるミャンマー随一の観光の目玉が、ヤンゴン市内の小高い丘に建つシュエダゴンパゴダである。

その歴史は古く、今から2600年以上も前の紀元前585年に、ミャンマー人商人がインドで出会った仏陀から譲り受けた聖髪8本を奉納したのが始まりとされる。え?髪の毛8本の為に建てられたパゴダなの?と思うと脱力感に苛まれて期待値が落ちてしてしまいがちだが、実際、ミャンマー仏教界で最も神聖かつ最大の聖地としてミャンマー人仏教徒が死ぬまでに一度は訪れたい場所ナンバーワン!というミャンマー人の中で大変な人気スポットらしい。イスラム教世界に於けるメッカ的存在といえば何となく凄そうに聞こえるでしょう。
ひだり みぎ
そりゃあ知名度だって抜群で、タクシーに乗ってシュエダゴンパゴダプリーズ!と言い放てば、一発であいあいさーとなって連れていって頂ける。

運賃はダウンタウンから3,000チャット(≒240円)。運転手は特に何も言っていなかったが、東西南北それぞれにある入り口のうち、今回はどうやら東門に降ろされたらしい。

ひだり みぎ
それにしても…シュエダゴンパゴダといえば黄金の仏塔のイメージだけど、入り口からして凄まじい黄金ぶりで圧倒される。以前に訪問したタチレクのシュエダゴンパゴダとは大違いだな。


入り口から階段を上っていくと、通りの両側にお供え用の花や説話本、仏像、奉納物や寄進用の金箔といった仏教グッズの販売店が隙間なく並ぶようになってかなりの活況を呈している。流石はミャンマー仏教の聖地、ビジネスの面でも抜かりない。


なんでもこのシュエダゴンパゴダ、年間で70億円超の収入があるらしい。境内でも寄進者の宗教や宗派を問わず寄進も広く歓迎されていて、境内に設置されたATMを使い、思い立ったその時に思い立っただけの金額を寄付できるのでご安心くださいw

階段の仏具店で必要な参拝グッズを買い揃え、いよいよ黄金に輝く仏塔群が立ち並ぶ丘の頂上へ。

でたーーー!目の前に広がる黄金の建物群の美しい造作にただただ圧倒される。絢爛豪華のこと比類なく、まさに黄金郷。こんな仏教施設がこの世にあるとはと、思わず感嘆の声をあげてしまうくらいの圧倒的な迫力である。ヤンゴンは漢字表記だと「仰光(Yang Guang)」と表現されるのだが、光を仰ぎし町とはよく言ったものである。昼は灼熱の太陽の光を受け、夜はライトを浴び光輝くパゴダを中心に築かれた黄金都市を表現するにはぴったりの名であろう。

この黄金郷の中でも一際強烈な存在感を示す黄金の仏塔は、その高さなんと約110メートル。この黄金のパゴダを中心に大小66のパゴダや仏像、小さな廟が境内に点在していて、まるで仏教のテーマパークのよう。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
うーん。それにしてもやけに眩しいと思ったら、中央の仏塔は8,688枚もの金の板により覆われているのだと。塗装ではないんですわ。更には敬虔な善男善女からの寄進により集められた5,451個超のダイヤモンドと1,383個のルビーやヒスイといった宝石もふんだんにちりばめられているという豪奢ぶりで、キラキラというかギラギラしてて目が痛い。


肉眼では確認できないが、なんとまあ先端には72カラットのダイアモンドもあしらわれている。72カラットのダイヤモンドの価値はよう分からんが、光物が好きなカラスでも飛んできて国宝をほじくりだしやしないかと心配になってくるわ。落雷で破損とか。まあそれは釈迦の見えない力で護られてるんだろうな。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
ひだり みぎ
黄金の輝きを見せるのはパゴダだけではなく、無数に安置された仏像たちもまた煌びやかな光をまとっている。シュエダゴン・パゴダはその寺院全てが黄金色といって過言でない勢いだ。夜なのにサングラスが必要な勢いだ。


たまーにこういった非ゴールドなコメディ要員がお笑い要素を与えてくれるのもまた憎い。


ひだり みぎ
主塔の足元に三々五々やって来ては頭を垂れたり膝で立ち手を合わるなど思い思いに祈りを捧げる敬虔な仏教徒たち。壮大な黄金の空間と、GDPなどの数値化された国力とは別次元の人々の感性、長きにわたる軍政下での自由なき圧制でも育まれてきた尊い宗教心が相まって醸成されるこの場の異国情緒。ただただ圧巻。本当にただただ圧巻の一言。

広大な境内には他にも、「偉大なる鐘」「守護精霊の像」「ルビーの目の仏像」「ビルマ独立へと導いた1920年の学生運動の記念碑」などなど見どころに溢れているので、じっくり廻ろうと思えば2-3時間は軽くかかってくる。
ひだり みぎ
こちらはインドのブッダガヤにある寺院を模して作られたマハーボディ寺院。塔の4面に仏教説話のハイライトがモン様式で描かれている。

ひだり みぎ


重量23トンのマハーガンタの釣り鐘。17世紀の第一次英緬戦争中に大砲の原料として使おうと持ち出しを図った英国軍が誤って川に沈めてしまったとされる鐘。

他にもまだまだ見て周りたかったのだが、残念ながらここでタイムアップ。拝観時間終了とのことなので、致し方なくもと来た階段を引き返すことに。

ルーフトップバー

ただ、この日はヤンゴン最後の夜、これでホテルへと帰るのも勿体ない。裸足での参拝で汚れた足の裏を洗い流したい気持ちをグッとおさえ、パゴダ近くのVistaというルーフトップバーへと向かうことに。

シュエダゴンパゴダの東口の入り口から北に600メートル程一直線に歩くと見えてくる雑居ビルに入っている。たかだか4階建て程度のビルだけど、周りに高層ビルが無いのでこれでも十分シュエダゴンパゴダが見渡せるようだ。

ひだり みぎ

オープンエアのバー。店内はくっそ暗いし煩いしで誰と何を喋ってるのか分からなくなるようなムードだけど、ドリンクの値段が手頃なのが良い。タイガーの生が税サ込みでも一杯200円とか。


ギラギラとライトアップされたシュエダゴンパゴを眺めながら飲むカクテルは格別。

いや、ほんとベタだけどシュエダゴンパゴダは絶対に見た方が良い。ヤンゴンの二大パゴダであるスーレーパゴダは正直しょぼかったけど、シュエダゴンだけはガチ。

【シュエダゴンパゴダ】

住所:1 Shwedagon Pagoda Rd., Dagon Township, Yangon
公式サイト:http://www.shwedagonpagoda.com/