麗江 東巴文化博物館と東巴紙坊で学ぶトンパ文字 雲南省旅行9


シャングリラからトンパ文字使いのナシ族が築いた雲南省の町・麗江へとやってきた。

自分とトンパ文字との出会いは大学生の時分まで遡る。なんか宇宙人が背伸びをして昆虫と合体したような気持ち悪い絵柄のプリントTシャツを着てゼミに現れた男がいましてね。当然のように「何それ?」って訊いたら待ってましたとばかりに「タンパ文字で快楽って意味なんだよ」としたり顔で教えてもらったのがトンパ文字との初接触。そいつからトンパ文字について語られるうちに、トンパ文字を生み出したナシ族の町である麗江に行ってみたいと思い続けてきてたんですわ。

トンパ(東巴)文字とは?

今から千年余り前に中国山間部に住まう少数民族のナシ族により生み出されたという、可愛らしい絵文字タッチな字面が特徴的な象形文字。今や極々少数の司祭によって継承されているのみで、ナシ族内でのコミュニケーションの手段ではなく観光資源程度の役割しか担っていないそうだが…麗江の街を歩けば、壁にも看板にも道路の標識にまでも、これでもかこれでもかというくらいに可愛らしいトンパ文字を見ることができる。

ひだり みぎ
漢字やエジプトのヒエログリフともまた違った可愛らしい象形文字。麗江市内の商店の看板にも漢字と併せてトンパ文字の表記を見ることができる。


このKFCを表わすトンパ文字3文字の「鶏を調理して食べる感じ」。分かる、なんとなく分かるわぁ。

麗江に着いて直ぐ、麗江古城の街並を探索して回りたいとのはやる気持ちを押さえてトンパ文化博物館へと向かう。
ひだり みぎ

石畳の道・道に沿うように設けられた水路と水路に架かる石橋が一体となって風情満点の古城を北へと進む。

玉泉公園(黒龍潭景区)


古城の北の外れにある玉泉公園(黒龍潭景区)の入り口が見えてきた。たかだか公園に入るのに麗江古城維持費と称して80元も徴収されるのも嫌だったけど、地図を見たらトンパ文化博物館はこの公園内にあるようだったので、仕方なく80元を支払い公園内へ。

玉泉公園は麗江でも有名な観光スポットの一つだそうだ。麗江の北に聳える標高5,596mの玉龍雪山からの雪解け水により湖のような泉が作りだされており、その水が大変に澄んでいて碧玉のように美しいことから玉泉公園と呼ばれている。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
周囲を緑豊かな森に囲まれた湖。玉龍雪山の雄姿や雲が水面に鏡のように映り非常に神秘的であるのだが…わびさびのない国の方達はこんなところでも爆音で音楽をかけて元気に体操して雰囲気ぶち壊し。

ひだり みぎ
公園内を15分程歩き、東巴文化博物館に到着した。さっき支払った80元が博物館への入館料を兼ねているのか、特に入場料を買い求める必要も無さそうな感じだったので、勝手に入らせてもらうことに。

例のスローガンだってこの通り。トンパ語に「愛国」とか「富強」に相当する概念があるのか知らんが、中共が掲げる社会主義核心価値観も勿論トンパ語訳と共に掲示されている。


ひだり みぎ
なんだか「公正」の文字が可愛らしい…というか、象形文字なのに形のない概念まで絵で表現できるのが凄い。最近になって「公正はこんな感じっしょ!」とかって中国共産党の手で後付けで加えられたんだと思うんだけどね。


こんな中国共産党による解釈の押し付けみたいな博物館だったら見る価値もないかなーなんて思いながらも入ってみた。

ひだり みぎ
トンパとは「智恵ある者」程度の意味。天文や神話伝説、日常生活に関わる様々な民族の知識を伝える伝統文化の伝承者であり、葬式や祖先祭祀などを主催し、冠婚葬祭や遠出の吉日を占うシャーマンみたいな役割を担う巫師を指すそうだ。かなり妖しげな仕来たりもあったようで、祭事に使われたのであろう摩訶不思議な道具の数々が展示されている。

こちらは最古のトンパ文字が書かれた経文。トンパ文字で書かれた古籍は中国内外に約二万冊ほど存在すると言われているそうだ。紙自体が日本の和紙のように手漉きで作られていて丈夫である上、原料に虫除け成分のある木を用いている為に虫食いの被害もなく、保存状態は比較的良好。
ひだり みぎ
この経文の内容がまた興味深く、戦争などの政治外交に関するもの、十二支や手相など宗教的なものやら天文暦法に関するもの。大衆向けの恋愛物語や医療関連などなど多岐に渡り、当時のナシ族の文明レベルの高さと豊かさを感じさせてくれる。

主要トンパ文字と漢字の対比表も結構なスペースを使って掲げられている。単字の構造を見ると古代中国の甲骨文字に類似する点も認められるが、記号化が進んでいないようで、「妊娠」とか「射る」とか、ここまでくるとなんかもう絵文字でしょというようなものも。ここまで絵画性が強いと、一人一人の絵心や感性によって書かれ方も変わってくるんじゃなかろうか。

ひだり みぎ

どうです、この「お腹に子供を孕んでる感」と「敵陣に対して勇敢にも攻め入ってる感」。一個一個を吟味していくと、確かに「火」の煙が山からモクモクした感じなど、「うわ~、分かるわそれ!」と思わされるものも多数。

一通り博物館を見て回ると、「今日はあなたの吉日」とばかりにニコニコとした職員が声をかけてきた。なんでも普段はお見えにならない東巴文化界のオーソリティー的お偉い様がお見えになられているようで、その先生に記念色紙を書いてもらったらよい、いや書いてもらうべきだとのことで、ナシ族風の衣装を身に纏った人の良さそうなおじさんがポツンと座ってるのが見えるそういやどっかの中国の遺跡でもあったわ。「この遺跡を築いた王様の末裔によるサインサービス」的なやつ。これがまた高くてさ。ここでも一筆200元(≒3,400円)だと。

いくら記念の品になるとはいえ、東巴文字のオーソリティが一筆入れた記念色紙に200元とか怪し過ぎたのでここではお断りし、もう少し土産物になりそうな東巴グッズを買いに出かけることに。

【東巴文化博物館(麗江市博物館)】

住所:麗江市教育路
電話:3103593
休館日:第1、第3月曜
入場料:無料

麗江古城にハンコやらTシャツやら、トンパ文字をモチーフとした土産物が多数売られているが、自分は博物館で見たトンパ紙に興味を惹かれたので、トンパ紙グッズを取り扱う東巴紙坊という店を尋ねてみることに。

東巴紙坊


ナシ族が漉いた手作りの紙を「東巴紙」と呼ぶ。昔は主に東巴経の写経の為に用いられていたという伝統的東巴紙だが、ここ東巴紙坊では東巴紙で作った雑貨を売り出している。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ノートやランプシェードが主力製品。虫除けの為に植物の樹皮が紙漉きに使われているとのことで、微かに甘い香りを漂わせている。

ひだり みぎ
ミニ辞書と一言会話集を発見。何種類かバリエーションがあり、一冊一律50元。意外とお求めやすい良心的お値段である。

ひだり みぎ

更に、今ならトンパの伝承者により無料のサインサービスが行われていて、購入したトンパグッズに自分の名前などを書き込んでもらうことが出来る。因みにこの岡崎慎司似のナシ族のお兄さん、トンパ語分からないしどうやってコミュニケーションとれば良いかと思ってたら北京語バリバリ流暢だった。

ひだり みぎ

辞書とブックリーフをお買い上げ。この辞書が日本語対応でまた面白くてね。「宗教」「地理」「武器」「飲食」といったカテゴリー別の辞書になっていて、「鬼が震える」「身代わりを出す」「ウリは熟れればヘタから落ちる」「崖の上に自然に出来た階段」「虎退治の道具」「先祖の恩に報いる」「羊毛刈りバサミ」「洗っても綺麗にならない」「いざこざを引き起こす女」やらと、トンパ族の生活が想像できるような単語がズラリと並んでいる。「人」「ナシ人」「漢族」「チベット族」「白族」との違いも興味深いし、ほんとこの辞書面白いわ。

B級グルメをつまみながら古城を歩くだけでも楽しい麗江の町だけど、やっぱせっかくなんでトンパ文字関連グッズも見て回りたいところ。店員さんもフレンドリーで接しやすいですし、この東巴紙坊、お勧めです。

【東巴紙坊】

バスでシャングリラから麗江へ山下り 雲南省旅行8


シャングリラでの3泊の滞在期間を終え、この日は次なる目的地である麗江へと山下り。麗江は雲南省でも最も有名な観光地の一つで、人によっては観光地化されすぎていて新鮮味が全く無いと批判する方もいるようだが…自分がどう感じるかは行って見てみなければ分からない。

まず、ホテルからシャングリラの町を巡回する1路バスに乗ってシャングリラバスターミナル(香格里拉汽車客運站)へ。シャングリラまで鉄道が通ってないので麗江への移動手段はバス一択、4時間半かけて山下りをすることになる。

約180km程かけて標高3,200メートルのシャングリラから同2,400メートルの麗江へと800m程を下る。距離としては大したことないけど、山道なんで時間がかかるのだろう。


シャングリラバスターミナルは市内北部の迪慶交通賓館の建物にある。1路バスが来る気配が無かったのでタクシーにて移動、釣銭が中々もらえずに降りるのに時間がかかってたら外の婦警に怒られた。「30秒以内にタクシーを乗り降りしないといけないルール」があるらしいw。桃源郷の割にはなんとも窮屈な制度である。

ひだり みぎ
ステーションに入りバスの乗車券を買う為に列に並んでいると、「麗江行きはバスの前で乗車券が買える。直ぐ出発するから早く来い。」と係員的なオッサンによりバスの前まで誘導される。うわー怪しいオッサンに捕まったわー。これ絶対白タクの斡旋野郎じゃんと思ったら、請求されたのは正規運賃の通り58元だった。単に怪しい風貌のバスステーション係員だったらしい。疑って申し訳ない。

ひだり みぎ
09:00ちょうど発の麗江行き中型バス。シャングリラ郊外で降りていったチベット族5名と中国人観光客が何組か居る程度で、バスの中はガラガラだった。やっぱり大多数の観光客が雲南省で訪問するのは大理・麗江まででシャングリラにはなかなか足を伸ばさないのかな。


シャングリラから麗江へのバスの時刻表(2017年9月末時点)。始発07:10~終発15:00までデイリーで10本のバスが出ているようだ。ここから出発するバスは麗江や徳欽など雲南省・四川省方面行きがメインだったが、例外として09:30発のラサ行きのバスなんかも停まっていた。

09:00、時間通りに出発したバスは市街地を抜ける。すると直ぐに田園風景が広がるようになり、ここからぐんぐんぐんぐんと谷沿いの道を下っていく。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
途中、麗江とシャングリラとを結ぶ麗香鉄道の建設現場のような造りかけの高架橋が見えた。麗香鉄道は先に開通した大理ー麗江を結ぶ大麗鉄道の延線区間となるようで、ゆくゆくはチベットのラサまでの延伸計画もあるらしいが…。2009年に着工開始となったものの、標高差がありトンネルや橋が連続しているため、工事が遅れに遅れているようだ。中国が受注したインドネシアのジャカルタ-バンドン間を走る高速鉄道でも同じようなことにならないと良いですね。

ひだり みぎ
2時間半程走り、フルーツ満載の売店での休憩を挟む。お茶や茸の産地として有名な雲南省だが、地味に果物の王国でもあり、売店の籠をパッと見渡しただけでもバナナ、スモモ、マンゴスチン、ミカン、ドラゴンフルーツ、プラム、ナツメ、マンゴー、ブドウ、ザクロ、グァバ、ザボン等が並ぶのが見える。熱帯果樹を中心に実に良いセレクションだ。

硬くて酸っぱいスモモをかじっていたら出発の時間がやってきた。ここから少し先、シャングリラがある迪庆チベット自治州と麗江のある玉龍ナシ族自治州の境界近く観光地・虎跳峡でも一時停車し、数名の中国人旅行者をピックアップ。シャングリと麗江に移動する間に虎跳峡に寄るのが旅の達人の定番旅行ルートらしいが、自分は昨日に巴拉格宗でお腹いっぱい大渓谷を楽しんだので、虎跳峡に立ち寄る必要性は感じなかった。

 WorldTravelog- 海外生活・旅行日記 
WorldTravelog- 海外生活・旅行日記
https://worldtravelog.net/2017/12/shangrila-grand-canyon/
中国に流刑中の社畜サラリーマン。中国・東南アジア圏での海外生活や観光情報、ホテルや飛行機のことなんかを書き綴ってます。

ひだり みぎ
金沙江の流れに沿って南へ、南へと降りていく。長閑な車窓の風景を楽しんでいると4時間半なんてあっという間だわーなんて思ってたらアクシデント発生。隣の乗客が車酔いで食べたフルーツをリバース…バスの窓は開かないし、魂のメーデーコールは誰にも届かないという悲惨な状況で残りの道程を迎えることに。


ようこそシャングリラとあるが、我々の場合はさよならシャングリラ。ここで金沙江を渡り、いよいよ迪慶チベット族自治州シャングリラから麗江へと入る。さらば、シャングリラ!


窓の外には古城風の瓦屋根家屋やトウモロコシ畑が増えてきた。シャングリラではジャガイモくらいしか取れなかったので、辺り一面に広がるトウモロコシ畑を見て標高を下げてきたことを実感する。酸素の濃度についても確実に違ってはいるんだろうけど、鈍感な自分には余り違いが感じられんかな。


シャングリラを出て4時間20分、麗江バスターミナルへと到着した。くっそ大都会だし、何より暑いぞ麗江!!

巴拉格宗大渓谷でアメージング雲南省を満喫 雲南省旅行7


シャングリラ二日目は巴拉格宗大峡谷行きのツアーに参加することに。
巴拉格宗大峡谷はシャングリラから北に80キロ離れた四川省との省境近くに形成された大渓谷。その規模たるや凄まじく、全長154km・最大標高差3,500mという途方もない大きさを誇るのだと。全長154Kmとか東京-静岡間の距離だし、標高差3,500mというのも富士山の高さ並ですからね…。大自然の中で中国のスケール感をこれでもかと味わうことができるトレッキングツアーになっているようだ。


巴拉格宗へのバスの乗車券は、独克宗古城の北の入り口近くのチケットセンターで買い求めることができる。シャングリラと巴拉格宗を結ぶバスの運賃だけなら往復50元と安いけど、巴拉格宗景区への入場料(150元)と景区内のバス運賃とガイド料(60元)も支払わなければ巴拉格宗に行っても何もできないので、結局はツアーに参加するにあたって合計で260元(≒4,500円)を支払うことになる。


この日は9時出発なので08:50には集まって下さいとのことだったのだが…時間を過ぎても現れない阿保が1組いたせいで出発が遅れ、09:35に漸く出発となった。やむにやまれぬ事情があるなら仕方ないとは思うが、悪びれる様子が無いどころか「遅刻してきた俺らカッケー」という中学生ヤンキーみたいな態度でバスに乗り込んできたのには原辰徳。

最後の一組が到着し、見事に満員御礼となった巴拉格宗ツアー。空席無しでギュウギュウ詰めとなったバスに乗りこみ、険しい山々を切り開いて整備された雲南チベット公路の新道を行く。道路は舗装され、山間はトンネルと橋とで繋がれていて道路事情は悪くない。
ひだり みぎ
四川省でも雲南省でも、観光資源となる辺境山間部の開発が驚くべきスピードで進行しているようだ。安全面は二の次といった感じで落石対策がおざなりといった感じで怖かったが。

ひだり みぎ
徳欽県の手前、金沙江と金沙江の支流である崗曲との分岐点で国道を右に折れたらいよいよ渓谷らしい景色が目の前に広がってきた。これこそが金沙江の支流が造り上げたグランドキャニオンだ。

巴拉格宗観光の起点・水庄村

ひだり みぎ
シャングリラを出て1時間半、巴拉格宗観光の起点となる水庄村でバスを降ろされた。

ひだり みぎ
ここからが巴拉格宗大渓谷ツアーの本番だ。小さな寺院を見せられた後にシャトルバスを乗り換え、リス族のガイドさんと共に巴拉格宗の見所3か所を順に回っていくことに。

ひだり みぎ

ヤクの群れを避けながら第一の見所へと山登り。ガイドのオジサンがとびっきりの嗄れ声でチベット歌謡“巴拉格宗(アカペラ嗄れ声バージョン)”を披露し旅情を掻き立ててくれる。

ひだり みぎ
ジグザグの山道を登るに従い怪奇な石灰石の岩峰群が次々に現れ息を吞む。ガイドの子供の頃なんかは最寄りの町まで下りるのも道なき道を歩いて進まねばいけなかったのが、香格里拉市政府の観光促進プロジェクトで10億元もの大金が投入され、ここ巴拉格宗の山道が整備されたそうだ。

ひだり みぎ

ストゥーパ。

巴拉村

山道を30分程登っただろうか。標高3,000メートル地点の山間の村・巴拉村に到着した。

今から300年ほど前に戦乱を嫌うチベット族の有力者一族が四川省から桃源郷を探して住みついた隠れ里。「巴拉格宗」「巴拉村」の名称は一族の出身地である巴塘に由来するらしい。

ひだり みぎ
チベット族が切り拓いた巴拉村はこんな山深い場所にある。観光地化される前は水庄村から丸一日かけて歩いてきたそうだ。シャングリラなんかはそれこそ1か月くらいかかったのではないか。幾ら戦禍を免れる為とはいえ、自給自足も難しそうなこんな場所を住まいに選んだのか不思議でならない。

ひだり みぎ
新築家屋が並ぶ巴拉村で、「老板(ボス)の家」とガイドが呼ぶ家屋の中を案内してもらうことに。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
村落のボスが代々住まわってきた家だというが、妙に新しくて生活感がないというか…。山間部まで中共主導の開発の波が押し寄せてきいるので、ここも香格里拉市政府の観光促進プロジェクトの一環で建てられたのではと思えてくる。

ひだり みぎ

テラスからのビュー。空が澄んでいれば当地の聖山で未踏峰の巴拉格宗雪山の頂上までハッキリと見渡せるらしいが、生憎この日は曇り空。


生憎の天気ではあるが、山間に霧が立ち込め山稜がぼやける様が逆に神秘的に感じられる。

村に1時間程滞在し、ここから次なる目的地「シャングリラ大峡谷桟道」へとバスを走らせる。

シャングリラ大峡谷桟道

大峡谷では河を臨む渓谷の断崖絶壁に危なっかしい遊歩道が設置され、スリルと興奮を味わいながら渓谷を散策することができるという観光スポットだ。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
断崖絶壁にへばりつくよう取り付けられた遊歩道を川沿いに散策。切り立った深い谷の間を流れるエメラルドグリーンの川の水も綺麗で、なんとも絵になる秘境的風景が続く。

ひだり みぎ
2.5キロ歩いて最終地点のゴムボート乗り場へ。ここから再び2.5キロを歩いて戻るかゴムボートでラフティングをして戻るかの二者択一を迫られるのだが、このボートが高い!8人乗りで120元というので一人あたり15元かと思いきや、一人120元だと。かといって同じ道を2.5キロも歩いて帰るのも味気ない感じがするし…

せっかくなので、マイナスイオンたっぷりの涼しい風を受けながら川下りすることに。
ひだり みぎ
うおっ。

ひだり みぎ
超絶安全運転でエキサイティングなラフティング体験とはいかなかったが、大自然をより身近に感じられて貴重な体験ができた…と思ったら、他の乗客からは「つまらない」「一人120元とか詐欺もいいところ」みたいな感じで文句のオンパレード。少数民族風の船頭のお兄さんがボロッカスに扱き下ろされてて可哀想だった。

渓谷の絶景に大満足してすっかり帰る気でいたら、シャトルバスは山の間に切り立った狭い谷の前に到着。ここから高さ約700mの階段を上るのだと。

通天峡桟道

巴拉格宗氷河の雪水から成る川が地層の割れ目を千百万年に渡り浸食して出来た峡谷なんだけど、これまた大迫力で自然の力に平伏してしまいそうになる。
ひだり みぎ
険峻な大峡谷の急斜面を登る。峡谷のあまりの大迫力に、地球ヤヴァイってなるわ。

ひだり みぎ

大地の裂け目のように形成された峡谷の長さは約4,000m。両側の山の距離が短く、両側の絶壁はまるで巨大なカーテンのように太陽の陽を遮るので、谷底は深く狭く暗くて薄気味悪く、地獄の魔道を歩いている気にすらなってくる。今は雨量の少ない季節だから川が流れていないが、雨季には氷河の雪水と雨水が千軍万馬が如く勢いよく轟轟と流れ落ちてきて魔感が増すようだ。


700m程の高さを登るのだが、そもそも3,000m近い標高の場所なので、階段の登りが結構きつく、途中でギブアップしてバスに戻る方々も沢山いた。

体力に自信のあった自分は汗だくになりながら終点まで上り詰めたところ、終点には無情にも行き止まりと書かれた看板があるだけだった。頂上からの絶景的な御褒美を期待していただけにこれにはガッカリだ。

途中には氷河に削られて形成された滝なんかもあるんだけど、帰りは正直疲れすぎて景色を眺める余裕なし。もはや観光というより罰ゲームのように思えてくるエクササイズ系ツアーである。

帰りのバスなんか、小学生の遠足のように皆さんグッタリ。結局、09:30過ぎにシャングリラを出た我々がシャングリラに戻ってきたのは17:00過ぎとなった。朝から丸々一日拘束されてしまうしツアー代金も高いけど…それでも参加する価値はあると思う。日本じゃこんな凄まじい渓谷トレッキングなんて体験できないですからね。

【巴拉格宗シャングリラ大峡谷】

シャングリラ⇔巴拉格宗往復バス運賃:50元
巴拉格宗景区への入場料:150元
景区内のバス運賃とガイド料:60元