ベトナム航空 A350XWBビジネスクラス搭乗記 国内線ロータスラウンジ


毒霧まみれのハノイを脱出してホーチミンへと生還を果たす時がやってきた。ベトナム航空も私の無事の帰還を祝福してくれてか、私が乗る便の機材が直前の機材変更によりA320からエアバス社の最新鋭旅客機であるA350になったようだw

A350は中長距離用の機材。たかだか二時間程度のベトナム国内線で搭乗の機会を頂けるのは非常にありがたく、喜びとベトナム航空への感謝を胸にハノイノイバイ空港へと移動するw

代打の代打でやっぱりB738!みたいな直前の機材再変更だけは無いようにと祈りながら空港に入ると…激混みのベトナム航空国内線チェックインカウンターに辟易。カウンターが足りないのかスタッフが非効率なのか、その両方なのか分からんが、なんとかならんもんかねこれは。


ホーチミン行き便利用者専用のカウンターを設けたりといった工夫はされているものの、こちらも大混雑。カウンターの数は十分にあるようなので、やっぱり原因はスタッフの作業性の悪さだな。一部の人間だけを例に挙げて一般化するような主張はしたくないが、やっぱりベトナムってマイペースな人が多すぎる気がする。特に男は超南国気質でゆったりおっとりし過ぎたのが多い。国際線のイミグレとかでも長蛇の列ができているのにダラダラとやってる係員が多すぎるので、もっとテキパキやらんかい!と思わされる時もあるし。


長蛇の列を作ってディズニーランド気取りかよーと思って優先カウンターに行くと、スカイプライオリティカウンターはこんな日でもガラ空きだった。こりゃあベトナム航空はステータス無しの丸腰でエコノミーは乗れんわ。スカイプライオリティ様様っす。

国内線ラウンジ Lotus Lounge(ロータスラウンジ)


保安検査を抜け、改装されて新しくなったロータスラウンジへ。以前の国内線ラウンジはクーラーが壊れてサウナのようになったりと、ラウンジの外の方が寧ろ快適といった代物だったんだが。新しくなった立派なエントランスを見る限り、こちらはそんな問題はなく快適に過ごすことができそうだ。

内部は国際線のロータスラウンジの倍以上はあろうかという規模でくっそ広く、くっそ混んでいる。
ひだり みぎ
ひだり みぎ

ひだり みぎ
ミールは以前とあまり変わり映えしない内容で、カップ麺を取り出しただけの手抜きヌードルサービスも健在。この他にフルーツやサラダ、各種パンも用意されていて種類の多さだけは国際線ラウンジ以上に立派なんだけど、食欲を掻き立ててくれるようなものではない。

フライト:ハノイ⇒ホーチミン

VNも行き当たりばったりな機材繰りをしてるようで、直前の機材変更で運よく図らずもA350に乗ることができた。たかだか2時間のフライトだけど、やっぱりナローボディー機は出来るのであれば御免被りたいっすからね。助かったわ。

最新テクノロジーばかりが注目されるA350だが、競合機材であるB787に比べて横幅もワイドに作られていて、ゆったりとしたシート配置ができるようにもなっているのだと。客室幅が最大でB787に比べて12.7cm広いとのことだが…確かに言われてみたらワイドなような、そうでもないような…

主なA350の特徴:
A330をベースに最新の技術を投入した次世代機体
B787と同じロールスロイス社製新世代エンジンの搭載
A380に使用された新素材を適用。軽量で薄型の胴体で燃費と客室幅を改善


ゆったりとしたシート配置ができるようになっている分、プレエコとエコノミークラスは3-3-3の9席配置。シートマップを見る限り全然ゆったりしてなそうw
画像はベトナム航空ホームページから:https://www.vietnamairlines.com/vn/ja/plan-book/our-fleets/airbus-a350/cabin-a350-popup
確かVNのプレエコって2-3-2配列っすからね…

実際に機内へと乗り込んでみると、中央部の天井の収納や中央2席の間の仕切りがなく、すっきりとした作りであることに気付く。天井も高くて窓も大きいので、凄く明るくて開放的な印象を受けた。


ビジネスクラスのシート配列はリバース・ヘリンボーン型で、シートは勿論フルフラット仕様。渋味のある黄枯茶色のシートカバーにはベトナム航空のトレードマークであるゴールデンロータスがあしらわれている。同じA350でもスタイリッシュなフィンエアーの機内とは随分と印象の異なるデザインだ。



我がシートは2K。シートピッチ=106.7cm、幅53.3cmとスペースは十分。

ひだり みぎ
通路側にはペットボトルフォルダー、マガジンラック、読書灯が設置されていて、通路側肘掛け上にはリクライニングボタンと機内エンタメ用コントローラーが埋め込まれている。コンセントとUSBポートももちろん完備。


国内線の為にアメニティポーチは無いが、ヘッドフォンはノイズキャンセリング風のものが用意されている。


ひだり みぎ
モニターも綺麗だし、日本語にも対応。国内線でもフルに機内エンタメを楽しめる。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
機内エンタメは香ばしいローカルムービー満載で、たかだか二時間のフライトでは楽しみ尽くすことが出来ず。ドイモイ政策で民間の映画製作会社が許可された流れから、ここにきてベトナム国産映画が空前の盛り上がりを見せてるらしい。


そして、ジョジョの実写化をベトナム航空の機内エンタメで知る私。スタンドバトルが如何に描写されてるか気にはなるけれど、時間を割いて観たいとは思わなんだ。


その代わりにグッドモーニングベトナムならぬ「ハロー・ベトナム」というアメリカに移住した二人の男の故郷に対する懐旧の記憶を描いた映画を見ていると、窓の外に綺麗な夕焼けが。異国の地でこんな風景を見ながらこんなテーマの映画を鑑賞してしまうと、なんともいえない望郷の念に駆られるね。来週帰るんだけどw

そして夕焼けを眺めながらの機内食タイム。優雅な食事には程遠いっすがね、一応はディナータイムということでメインは3種類から選ぶことができる。ドリンクは赤ワイン・白ワイン・ビール・各種ジュース・ミルク・水・コーラや7UP等の炭酸系・コーヒー・茶というラインナップ。

「Stir-fried Chicken with Ginger, Steamed Rice」「Braised Pork Vietnamese Style, Steamed Rice」「Linguine with Seafood Sauce」の三択。ポークを選んだら骨ばっかだった。


食後にベトナムコーヒーを飲みながら映画のクライマックスをドキドキしながら楽しんでいると、ちょうど良い場面で着陸態勢のアナウンスが流れて現実に引き戻される。映画が一本見れるか見れないかという所要時間のフライトなので、長めの映画を選んだらクライマックスが見れずにもどかしいまま降機することになるので要注意。


夜景の美しいホーチミンへとランディング。


また会おうベトナム航空A350。願わくば次回は長距離国際線で。


空港外のこの喧騒を前に、ホーチミンに戻ってきたことを実感。やっぱり勢いあるホーチミンは良いっすわ。

インターコンチネンタルホテルハノイ ランドマーク72 クラブフロア 宿泊記


この日は2017年9月21日にグランドオープンした“ばかり”のインターコンチネンタルハノイ ランドマーク72(Intercontinental Hanoi Landmark72)に宿泊することに。“ばかり”と言っても怠けていて宿泊記のアップに時間がかかってしまい、既にオープンから1年超の時が経ってしまっているが…

ハノイにはゆったりまったりと過ごすには絶好の場所であるタイ湖の畔にベトナム風情満点のインターコンチネンタル(インターコンチネンタルウェストレイク)があるが、こちらの新しいインターコンチネンタルは全くもって趣きが異なり、新興住宅地・新興ビジネス地区に建つ高さ350メートル・72階建てというインドシナ半島で最高層のビルに入っている。これだけホテルの特徴が異なるとカーニバルを起こさないでしょう。客層も全くもってことなって、観光客中心のウェストレイクに対してランドマーク72はビジネスマンメイン。

ランドマーク72の開発・建設を手掛けたのは韓国系ゼネコンの京南企業。速攻で財政難になった上に別件で不正調査を受けていた会長が自害するなどどろっどろの経営状況に陥り今は他の韓国系に手放したらしいが、当時は48階建ての高層住宅2棟との一体開発という韓国-ベトナム両政府も期待する大型プロジェクトだったようだ。

インターコンチネンタルが入るメインタワーの48-60階にはサービスアパートメントが入居し、インターコンチネンタルは贅沢にも72階建てタワーの61階から71階部分を占拠。62階がフロント、63-71階が客室で、最上階である72階はクラブルーム宿泊者専用のクラブラウンジになっている。最上階にラウンジを設けるあたり、気合が入ってます。

そんなインターコンチネンタルランドマーク72への宿泊ということで胸躍らせながら移動、18:00過ぎにホテルに到着した。観光地からは離れているので、観光メインの場合はお勧めできんかな。実際、宿泊客は韓国人と白人を中心としたビジネスマンが殆どで、観光客に見受けられるのは一組の場違いな中国人団体客くらいのものだった。


46階以下はオフィスフロアになっていて、メインエントランスは退勤時間を迎えてウキウキ気分のホワイトワーカー達で込み合っていた。

ひだり みぎ

韓国資本の建物の為、中のテナントも韓国系だらけで、まるで自分が韓国にいるのかと思えてしまう程。富士通さんなど非韓国系も入居しているが、それでもやはりメインは韓国系大手で、ハノイに於ける韓国経済界の城とも言えるでしょう。アシアナが運営するホーチミンのインターコンチネンタルもそうだし、やっぱりベトナムはなんだかんだでまだまだ韓国系資本の影響が強い。

ただ、ホテル専用エレベーターでロビーフロアまで上がってしまうと韓国らしさは完全に排除されるのでご安心を。
ひだり みぎ
客室に充てられるのは9フロアだけの為に部屋数が少なく、利用客も多くない。外の喧騒が嘘かのような静かで厳かな空気に包まれたロビーフロアは、さながら天空の楽園かのようである。バイクまみれ、汚染まみれ、雑踏まみれ、ストレスの種だらけのハノイ市内から戻ってきて「Welcome Back!」と笑顔のスタッフに迎え入れられると、なんともいえない安堵感を覚えるものだ。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
爽やかな朝に、しっとりとした夜。朝と夜で表情を変えるロビー。インターコンチネンタルウェストレイクで味わえるようなベトナム風情は皆無だが、ここはここで外資系高級ホテルらしい雰囲気で居心地が良い。

チェックイン

チェックインも、背後に広がる美しいハノイの町を眼下に見ながら…と言いたいところだが、残念ながらハノイの町を覆い尽くす大気汚染の毒霧を見ながらのチェックインに。
今回はクラブルームでの予約ではなかったが、一泊一人あたりUS$40の追加料金を払えばラウンジアクセスが付くとのことだったのでお願いすることに。アフタヌーンティーを楽しむ時間は無いけれど、イブニングカクテルと朝食が付くのでUS$40でも十分に元は取れるでしょう。

因みにこの日の宿泊レートはこんな感じ。

最安値のデラックスルームとクラブルームの値差はUS$96。プレミアルームとクラブルームの値差はUS$71。そう考えればUS$40でのオファーはお得でしょう。因みに今回は駄目もとでプレミアルームを予約し、ギャランティーアップグレードでクラブルームになった場合にラウンジアクセスが付くか試してみましたが、やっぱり規約通りの運営のようで、アップグレードでのクラブルームにはラウンジアクセスは付きませんでした。撃沈!

部屋:クラブルーム


入って直ぐ抱いた第一感想は、「最新のインターコンチネンタルにしては超絶地味」。なんだろうな、この想像してたのと違った感。これはこれで落ち着きある高級感が感じられて決して悪くはないんだけど、超高層ビルに入る最新インターコンチネンタルということで、もうちょっとスタイリッシュなデザインの部屋なんだと勝手に思ってた。


茶系のカーペット、茶系のチェアー、茶系のデスクが並び、デスク周りも落ち着いた渋味の有る設計。

ひだり みぎ
69階から見下ろすハノイの街並は…。大量のバイクあり、石炭火力発電所あり、焼畑あり、大規模工業団地ありで、窓の外に広がる中国の大都市に勝るとも劣らない深刻な大気汚染ビューが楽しめる。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
ネスプレッソもあるし、冷蔵庫にはボランジェもストックされている。このシャンパン一本でラウンジアクセスフィーのUS$40を上回るんで、やっぱり酒飲みにはラウンジアクセスを付けることをお勧めする。

ひだり みぎ

水周りも花崗岩張りで落ち着いた造り。

スパイアアンバサダー特典とクラブルーム特典

ひだり みぎ
こちらはウェルカムギフトのマンゴーココナッツティー(市販品、希望小売価格 VND100,000程)とフルーツ盛り。とりあえずお茶のパッケージに描かれた顔が尾木ママでビビる。


前に泊まった同僚はウェスティンの石鹸をでっかくしたような葉っぱ型のチョコを貰ったと言っていたが…事前にスイーツを選択しないとフルーツが用意されちゃうらしい。

ひだり みぎ
【スパイアアンバサダー特典】
優先チェックイン/チェックアウト
600ポイントまたはドリンクバウチャー
ギャランティーアップグレード
ウェルカムアメニティ(今回はフルーツ)
16:00までのレイトチェックアウト

【クラブルーム特典】
優先チェックイン/チェックアウト
ラウンジアクセス
ウェルカムドリンク
ハノイ市内への無料通話
ウェルカムフルーツ
1滞在につき2点までのプレスサービス
16:00までのレイトチェックアウト

クラブラウンジ

営業時間:06:00-20:00
朝食:06:00-10:30
アフタヌーンティー:14:30-16:30
イブニングカクテル:17:30-19:30


ひだり みぎ
超高層ビルの最上階にこんな広々としたラウンジを設けるとか凄すぎ。ほぼ1フロア全体を使ってるくらいの勢いだし。

イブニングカクテルはミールもドリンクも全オーダー制。ミールもドリンクも豊富なラインナップから注文をすることができる。
ひだり みぎ
ミールは好みのメニューを重点的に攻めるも良し、全品一口ずつ楽しめる“つまみ食いセットメニュー”をお願いするも良しとのことなので、とりあえず全品制覇を目指してセットメニューをお願いすることに。

ひだり みぎ
先ずは食前酒のジントニックとコスモポリタンを。


続いてやってきたアペタイザー。すげえ本格的で腰抜かすw



コールドミールなんかアフタヌーンティーの三段トレイで運ばれてきたしw。料理も本格的でラウンジ飯とは思えないクオリティ。

ひだり みぎ
ホットミールも「Miso Coconut Glaze Salmon with Mango Salsa」「Mini Beef Rolls with Mushroom Ragout and Tomato Salsa」「Grilled Vegetable Kebabs with Pesto Sauce」「Deep-fried Seafood and Pork Spring Roll」と気合のラインナップ。


最後はデザートで〆め。

スタッフも非常に優秀な美男美女揃い。未だ今年も年末まで数か月残しているけど、2018年度の「ベストラウンジ賞」はインターコンチネンタル ハノイ ランドマーク72になると思う。ラウンジアクセスを付けて本当に良かったわ。アフタヌーンティーも中々の内容のようなので、観光には適さないが、ラウンジアクセスを付けてホテルで一日中まったりするという使い方には良いでしょう。

朝食


朝食はロビーフロアのSpoonsで。


やはり韓国料理コーナーも。


日本食コーナーはしょっぱい。抹茶アイスのように盛られたわさびを白人がアイスを掬うかの如くがっつり取っていったのを目撃した際には、余計なお世話ながらも思わず警告をしてしまった。そんながっつり食べるようなものではないですよ、と。

ひだり みぎ

フルーツコーナー。

キャロットやドラゴンフルーツの生絞りジュースだけでなく、Red Velvetなる南国フルーツをがっさり使ったオリジナルモクテルまで用意してくれてるのも有難い。
ひだり みぎ

インスタ映えするカラフルで健康な朝食で一日のスタートを。

プール

ひだり みぎ
プールは今回は利用しなかったけど、7階にアパート棟と共用のプールがある。営業時間は09:30-23:30。


プールから見上げるインターコンチネンタル。

所感

部屋は静かで快適ですし、ラウンジアクセスを付けて一日中ホテルでまったりするには最高のホテルっす。

インターコンチネンタルハノイ ランドマーク72(Intercontinental Hanoi Landmark72)

住所:Keangnam Hanoi Landmark Tower, Plot E6, Cau Giay Urban Area, Keangnam, Hanoi
電話:+84 24 3698 8888

ベトナム航空 A321ビジネスクラス搭乗記 ホーチミン⇒ハノイ


この日はホーチミンからハノイへと移動。


わいわいがやがやローカル感の強いホーチミン国内線ターミナルを利用するのは何年ぶりになるだろうか。ベトナムの方は全家族をあげてお見送り・お出迎えに来ちゃったりするので、相変わらずテーマパークとか動物園の中かのような凄い人口密度である。


黄色いアオザイのベトナム航空スタッフも久しぶり。これはこれで爽やかで良いんだけど、昔のエンジ色の方がベトナムらしくて好きだったかな。

チェックインのデスクではきちんと搭乗券に中国南方航空の会員番号が印字されているかを確認する。

また加算漏れで事後登録しないといけないのかなーと思ってたけど、フライト三日後にマイル加算の連絡が南方航空から来た。CクラスSGN⇒HANの片道で1,845マイル。5-6年前までは南方航空以外で飛んだ場合のマイル加算がされたりされなかったり、されたとしても間違ってたり遅れたりと問題が無い方が珍しいくらいだったので、そのころと比べれば南方航空も見違えるほど進歩したわ。

国内線 Lotus Lounge(ロータスラウンジ)

ひだり みぎ
国内線ラウンジも野暮ったさが無くなって快適になったものだ。


ビールはサイゴンスペシャルと333。ソフトドリンクも国際線ラウンジとほぼ変わらぬラインナップが揃えられている。

ひだり みぎ
ひだり みぎ

ひだり みぎ
ミールは粥にパン、フルーツ、サラダ、点心、チャーハン、ヌードル等々、こちらも国際線とあまり変わり映えしない内容。美味い不味いは別として。

トイレには歯ブラシや髭剃りまで置かれていて、頑張ろうとしている気持ちは伝わってくる。歯磨きはともかく、国内線ラウンジのトイレで髭剃りとかどんなシチュエーションだよと思うが。


機内食は朝食仕様でしょぼいだろうし、ハノイに着いてからはろくに昼飯を食う時間も無いことが予想されていたので、不味いなどと言わずに思いっきり腹ごしらえ。フォーの具材入れ放題が地味に嬉しく、ここぞとばかりに肉とネギをがっさり入れたった。

フライト:ホーチミン⇒ハノイ ビジネスクラス

ひだり みぎ
スカイプライオリティレーンは安定の空き具合。一般レーンに形成された長蛇の列を尻目に駐機場行きのバスへと乗り込んでいく。


バスもビジネスクラス専用の物が用意されているのだが、いつもの通りエコノミークラス用のバスが先に出発する。別にオーバヘッドコンパートメントのスペース争奪戦に巻き込まれる訳でもないので後から搭乗する分には一向に構わないのだが、くっそ暑い中のに炎天下に放り出され、エコノミークラスの乗客が搭乗を終えるまで延々とタラップの下で待たされるパターンは止めて頂きたい。


知ってた。やっぱりビジネスクラスの搭乗が後回しにされ汗かきながら待たされるパターン。しかも、乗ったら乗ったで遅延案内が入ってギンギンに冷やされた機内で凍えながら出発待ちというね。焼入れ焼戻し加工で加熱・急冷される鋼の気分を味わわせてもらったわ。

ひだり みぎ
更に、機材が国内線でのお約束機材のA321に変更になっている。今日のフライトはベトナム航空ご自慢の最新鋭機体A350の予定でさ、だから敢えてこの便に乗れるスケジューリングで日程組んだのに。駐機場に古いA321が停まってるのが見えた時はだいぶ悲しかった。



フルフラットの最新シートの筈が、まさかのレトロシートへと変更に。


まぁどうせパソコンとにらめっこしてるだけなんで良いですけどね。朝食仕様のあっさりとした機内食を食べ、後はコーヒーを頂きながら午後に使う資料のレビューに専念。電話がかかってこない状況で集中できるのがありがたい。いっそこのこと午後も機内モードにしときたいくらいだわ。


ホーチミンから2時間、青空冴えわたる爽やかなホーチミンから大気汚染の靄とどんより雲に覆われたハノイの町へランディング。観光で来る分には楽しめるけど、仕事だと飛行機を降り立つ前から陰鬱な気分にさせられる町。それがハノイ。

プロモ情報

あ、そうそう。最後に機内誌で紹介されてたプロモ情報をのっけておきます。

・ベトナムとイギリス/フランス/ドイツ/ロシアの往復をJまたはCクラスで飛べば一発でロータスマイルズのゴールド会員(スカイチームエリート)に。
・ベトナムと日本/韓国の往復をJまたはCクラスで飛べばチタン会員に。
・ロータスマイルズのチタン会員で、ベトナムと日本/韓国をJまたはCクラスで飛べばゴールド会員に。
・ベトナムとオーストラリアの往復をWまたはZクラスで飛べばチタン会員に。

2018年12月31日まで。ビジネスクラスでもJまたはC限定というのがちょっとな。得られるステータスも最上級のプラチナム(スカイチームエリートプラス)じゃなくゴールド止まりだし。

参考までに、ホーチミン⇔ロンドンのビジネスクラス往復最安値はDで173,810円、プロモの対象となるCで241,410だった。

これならベトナム航空と三井住友カードが提携して出してるベトナムエアラインズカードを作った方が良いか。

ゴールドカード持ってるだけでゴールドステータス扱いになるので。

参考リンク:https://enews-vietnamairlines.com/enewsletter-jp-smcc-jun-2018/