搭乗記 S7航空 A321Neo 国内線ビジネスクラス ノボシビルスク⇒ウラジオストク


怒涛のS7航空3連発、第二弾はロシア国内線区間でノボシビルスクから極東ウラジオストクへ。

TAS-OVB S7 3298 16:20-21:10(2.5h、1,128mile)
OVB-VVO S7 3279 23:10-0750(5.4h、2,316mile)☚いまココ
VVO-NRT S7 565 13:25-14:40 (2.15h、685mile)

こうして改めてみてみると、ウラジオストクって東京からもめちゃめちゃ近いのな。伊丹-新千歳とあんま変わらんくらいの距離だ。


21:20、ノボシビリスクに到着するなりロシアへの入国手続きを済ませ、国内線ターミナルへと移動する。乗り継ぎとはいえロシアに入国することになるので、観光ビザをマルチエントリーにしてなかったらアウトだった。


ターミナル移動といっても建物の外に出る必要は無いようで、国際線到着ターミナルから国内線ターミナルへは建物内で矢印に沿って歩くだけ。当たり前だけど右も左もロシア人ばかりだわ。


ここ入って良いの?中にいるザンギエフみたいな屈強な警備員に怒鳴られながら摘み出されたりしない?って思えるようなショボショボの優先レーンを通って出国エリアへ。

ノボシビルスク S7航空 ビジネスクラスラウンジ


ラウンジの入口も殺風景。国内線だからか全然華やかさが無く気分が盛り上がってこない。ビジネスクラスラウンジじゃなくビジネスホールという名前もね。ホールってw そもそもラウンジでもないんかいw

ひだり みぎ
ホールなんていうものだから、共産圏っぽい無駄に大きく何もない空間に無地のテーブルと椅子がちょこんと並んだだけの集会所的なものかと想像していたが、中はライティング控えめでエロい系の雰囲気。ただ、トランジット時間がジャスト2時間と短かった為、ここでは食べず飲まずのまま出発ゲートへと移動する。

フライト S7航空 ノボシビルスク⇒ウラジオストク

ノボシビルスクからウラジオストクまで、ロシア国内線の深夜便にて極東ロシアへと移動。
ひだり みぎ
ゲートから歩いて搭乗。日本時間深夜1時過ぎ発のフライトで眠気マックス疲れマックスだったけど、あまりの寒さに一瞬で眠気が吹っ飛んだ。


またこのシート。


またこのポーチ。


またこのサラダ…。同じ航空会社の同じ機材2連発だと流石に飽きてくるな…。CAはぶっきら棒、パーソナルモニター無しでエンタメ性も皆無だし。ほんと、食って寝るしかない。


メインはクスクスとサーモンラザニア。国内線とはいえ6時間弱のフライトだった為、機内食は国際線のものと遜色無い内容でした。国内線で6時間とか、とりあえずロシアでかすぎ。


目覚めの朝。目を開けふと隣に目をやると、ウォッカ臭いイビキがーがーのロシア人オッサンがぐっすり。今回のフライトは農婦のような大柄で素朴なロシア人が多く、Y席もC席も見事にド満席でした。


寝心地が悪くて体がダルダルだったけど、目覚めのショットで気分スッキリ。隣のオッサンは朝からやっぱりスピリッツ。水代わりに目覚めのスピリッツとか、完全にアル中じゃないっすか。


ひだり みぎ
07:50、朝靄に包まれたウラジオストク着。23時過ぎ出発のフライトで、お隣の酒臭い大男はウォッカがぶ飲みしてからガーガーと熟睡、目覚めるなり酒を飲み干しランディングするなりクマのような野性味ある大欠伸をしながら無事の到着を祝ってパンパンと拍手…。ワイルドすぎるぜロシア人。

ということで極東着。あー、いよいよ今回の度もあと1フライトを残すのみだー。

搭乗記 S7航空 A321Neoビジネスクラス タシュケント⇒ノボシビルスク


遂に中央アジアを離れる時がやって来た。ここからタシュケント⇒ノボシビルスク、ノボシビルスク⇒ウラジオストク、ウラジオストク⇒成田と怒涛のS7航空3連発で日本へと帰還する。


ウズベキスタン航空のタシュケント⇒成田直行便なら8時間弱で帰れるところ、ワンワールド大好きマンはロシア経由で18時間かけて帰国します。

タシュケント国際空港


小さな小さな何もないタシュケント国際空港。サマルカンドから鉄道が万が一遅れたらどうしよう?という心配性が災いしすぎて早く着き過ぎてしまって激しく後悔。空港着が09:20、フライトの出発時刻が16:20というね。まぁ疲れすぎてタシュケント市内を再観光する気もなかったし、何も無い空港でぐったりと7時間過ごすことにしますわ。


最後に若干程度残った現地通貨を使い切るべく…ウズベキスタンはアイスが安くて美味かったので、ゲリピー覚悟の全力食べ収め。アイスは一日一個まで?掟破りの一日二個、寒っいターミナル内で凍えながら食べました。

搭乗開始時刻3時間前の13:20になり、漸くチェックインが開始。コーポレートカラーのネクタイを締めた愛社精神ある強面ロシア人が降臨した。こんな色のネクタイ、こいつと日本電産の永守会長くらいしか好まんだろ。


ノボシビルスク⇒ウラジオストクの航空券は出すことができない!と担当者に突っぱねられたものの、すったもんだの末に搭乗券が発行された。また、ラウンジはイミグレの先の制限エリアにあることを確認し、制限エリアへと向かう。

出国時は滞在登録が確認されることはなく、税関申告書の提出も無し。ただ、荷物検査は厳しくて、10分かけて荷物の中身の一点一点をねっちりと調べられた。小遣い稼ぎ目的のあら探しかと思ったら、ホテルから持ってきた使い捨てのヒゲそりが怪しかったらしく、ヒゲそり持って「What is this?」と。ウズベキスタンでは使い捨て髭剃りは珍しいのかい?

超絶非効率な荷物検査を突破してラウンジに行くと、狛犬みたいな顔のロシア系BBAが現れ、S7航空は対象外!ここはアシアナとウズベキスタン航空の専用ラウンジなので出ていけ!とばかりに罵倒され門前払いを喰らってしまう。チェックインの際にイミグレ先の制限エリアにあるラウンジが使えるとの説明を受けていたので、S7航空に掛け合うよう求めても我関せずの一点張り、ちょっとこのラスボス強すぎるんよ。制限エリア内のラウンジってここだけなんだけど、一体どうなっているのだろうか。

掃除員のBBAも一人でキレてあーだこーだと文句を垂れながら作業してたし、タシケント空港の皆様気持ち荒ぶりすぎ。民間のウズベキスタンの方々は滅茶苦茶良い人達だけど、銀行とか空港のジジイババアは本当に糞。意味もなく荒ぶれてみせたり、国内線ターミナルでも銀行員が営業時間中に爆睡してたり、カフェの店員がトンずらして店内が食べ散らかされてたり、社会主義の弊害なのか?と思えるくらい、とにかく公的機関に務めてる人間は糞過ぎる。


そんなこんなでラウンジのラスボス倒すことができず、何も無いしwifiも飛んでない糞空港で瞑想してひたすら搭乗開始時刻が来るのを待つ。

フライト:S7 タシュケント⇒ノボシビルスク

タシュケント⇒ノボシビルスク便の客層はロシアへの出稼ぎ系な人々中心で、Yクラスは搭乗率9割超。C席は我輩一人のみ。搭乗券のPriorityの文字も虚しく優先搭乗もなく、列の最後尾でゆっくりまったりとご搭乗。
ひだり みぎ
蛍光色みたいなマスカット色したシベリア航空の機体、映えるなー。


ひだり みぎ
貸し切りとなったビジネスクラス。爽やかな外観とは打って変わって超絶地味。


紫のレザーに紫のヘッドレストカバーに紫の枕に紫のブランケット。外がマスカットなら内はグレープか。


ウェルカムドリンクはオレンジジュースor水で、グラスでの飲料水の他にボトル水も配布される。客室乗務員はアエロフロートと同じく鉄仮面で無愛想タイプの典型的ロシア人。鉄仮面を脱がしてやろうと柄にもなく謎の東洋人キャラに徹してフレンドリーに頑張ってはみたが、やっぱりガードが固すぎた。


あ、そうそう。シベリアの首都ノボシビルスクまで3時間弱のショートフライトでしたが、ポーチの配布もありました。

ひだり みぎ
空港周りを見てみると、野戦病院状態で絆創膏とかマスクした機体がやたらと多くて不安になるが、無事にテイクオフ。

ひだり みぎ
シベリア送りだ!!ということで、先ずは3時間かけてシベリアの首都までひとっ飛び。

よし!無事に飛び立った!と思った瞬間から速攻でシートベルトサインが消え、CAさんがムスーっとした表情で機内食の準備をしてくれる。

テーブルが大きいのかマットが小さいのか。


ナプキンがエアカナダっぽい。

ひだり みぎ
コニャックにスターターのガーデンサラダ。このキュウリとトマトのサラダは半日で3セット食べましたが、各フライトごとに微妙に構成が異なってるので飽きずに食べきることができました。

TAS⇒OVB キュウリ・トマト・菜っ葉のバランスが良いバランスフォルム
OVB⇒VVO トマト多めのトマトフォルム。
VVO⇒NRT バランス型にチーズまで入ったバランス型チーズフォルム。


メインはほくほくサーモンとポテトというザ・ロシアン家庭料理。これが、豪華さゼロだけど意外と不味くはなく、機内食としては及第点レベル。


スターターからデザートの樽とまで、素朴だけど美味かった。


さらば中央アジア、また会ったなロシア。


ウェルカムドリンクならぬバイバイドリンクで3時間のフライトを〆。


ロシア第三の都市・ノボシビルスクへとアプローチ。

ひだり みぎ
ヴォルガ・ドニエプル航空や、尾翼に描かれた北極熊の顔がリアルでキモいヤマル航空などレアな航空会社の機体やロシア国産機のスホーイ・スーパージェット100が並ぶ。

S7航空は残念ながらSSJの機体は保有していないので、次のノボシビルスク⇒ウラジオストクもタシュケント⇒ノボシビルスク区間と同じくA321で。

サマルカンドから鉄道でタシュケントに移動してから空港へ


いよいよ“今回”の旅行も終わりの時がやってきた。16:20タシュケント発のフライトに間に合わせる為に眠い目をこすりながら朝一で出発。06:37発の高速鉄道アフラシャブ号でサマルカンドを離れ、タシュケント⇒ノボシビルスク⇒ウラジオストク⇒成田と怒涛のS7航空3連発で帰路へと就く。
まぁ“今回”といっても既に1年弱も前の話なんですけどねw 社畜プレーの忙しさにかまけてブログ更新をさぼりすぎましたw

アフラシャブ号 サマルカンド⇒タシュケント



先ずはサマルカンド鉄道駅から約250km離れたタシュケントへ。その昔、商隊がラクダに乗って数日間かけて移動した厳しい旅路も、今では快適な車輛でたった2時間の鉄路の旅だ。朝一でサマルカンドを出れば午後のタシュケント発のフライトに間に合ってしまう。



お洒落な駅舎で最後まで楽しませてくれるサマルカンド。


サマルカンド補正が効いていて、なんだったらナン屋までオシャレに見えてくるから不思議。


そうこうしているうちに陽が昇り、超特急アフラシャブ号がやってきた。ウズベキスタン鉄道は安定の定時運行で時間が計算できるので、夕方のタシュケント発のフライトに乗り遅れるということもないでしょう…と思いつつも心配性な自分は不安なので、朝一の鉄道で時間に余裕をもって移動します。


今回の利用キャビンはビジネスクラス。客層はエコノミークラスと明らかに違い、白人観光客やお年を召した裕福そうな現地人メイン。

ひだり みぎ
シート配列も2-2のエコノミークラスに対し、ビジネスクラスはデブでも安心のゆとりあるスペースが嬉しい2-1配列。足元のスペースも広々としてます。


外気温7℃と凍える寒さだが、列車内は暖房が効いてて快適そのもの。どんどんどんどん速度を上げて絹の道のド真ん中を突っ切っていきます。

ひだり みぎ

建物一つ建っていないような、長閑な景色が延々と続く。

ひだり みぎ
農村部にも資本主義の波が押し寄せ、山肌に広告がびっしりw しかもこんなウズベキスタンの田舎にZTEが広告をw 現地の販社が勝手にやったことなんだろうけど、広告費とかいくらくらいかかるもんなんだろう。


窓の外の広告を楽しみながら、ここでお楽しみの炊き出し配給タイム。コーヒー要りますか?なんて聞かれて、日本の新幹線よりサービス充実してるやんけ!と思ってイエスと回答したら白湯を渡された。


ひだり みぎ
自分でコーヒーの粉末をかき混ぜて作れということだったらしい。


粉末をかきかき掻き混ぜコーヒーを飲みながら車窓の外の景色を楽しんでいると、あっという間に終点タシュケントに到着した。(失礼ながら)中央アジアらしからぬ、定時出発・定時到着、素晴らしい安定感である。

タシュケント鉄道駅⇒国際空港


タシュケント鉄道駅からタシュケント国際空港への移動は路線バスで。37番のバスが鉄道駅から空港の第三ターミナルに行くらしい。英語表記が一切ない案内板の中でも、Aeroportだけは解読できた。

ひだり みぎ
30分ほどまって来た。空港とは反対方面行きだったら嫌なので、周囲にいる方にエアロポルト行き?と確認してから飛び乗るように乗車。成田と羽田みたいに二つの空港があるわけでもないので、これでまぁ間違いなくタシュケント国際空港に着くでしょう。


ここで降りろと言われて降りたら国内線ターミナル。こっから仕方なくタクって国際線ターミナルまで向かいました。

ひだり みぎ
こちらは国際線ターミナルに乗り入れる公共バス。37番はこの案内図に書かれていないので、37番は国内線ターミナルにしか行かないということなんですかね。

結局、06:37発の鉄道でサマルカンドを出て、タシュケント国際空港に着いたのは09:20。遅延リスクの低いウズベキスタン鉄道だけど遅れたらどうしようと若干心配してたけど、逆に早すぎるくらい早く着き過ぎました。ウズベキスタン出発のフライトが午後の場合、当時早朝にサマルカンドを出ても十分に間に合いますし、なんだったらタシュケントでちょっと観光できるくらいの余裕もあったりします。


Booking.com