ノンカイから陸路ラオス・ビエンチャンへ

本日はタイとラオスを隔てる大いなるメコン川を渡ってビエンチャンへと向かう。船でも平泳ぎででもなく、友好橋を通って陸路でね。

ノンカイのバスターミナルからは07:30・09:30・12:40・14:30・15:30・18:00と一日6便の国際バスがビエンチャンへと出てる。運賃も55バーツと安く、こいつに乗っかって国境越えするのが最もポピュラーな移動方法のようではあるが、わざわざ町外れのバスターミナルに行くのが面倒くさい。ということで、本日は友好橋の手前にあるバスターミナルからバスに乗ってラオス入りすることに。


場所で言うとここら辺。ノンカイ市街地から国道212号線を友好橋方面に進み、突当りを左に折れて直ぐの場所にある。

ひだり みぎ
ローカルな雰囲気のバスターミナル。旅人はこぞって国際バスで移動するのか、意外にも観光客の姿は無く、殆どが皆さん夜逃げでもされてるところなんですかってくらい大量の物資を抱えて移動中のローカルピーポー。


チケットを20バーツで購入すると、5バーツと15バーツの領収書が渡された。国境まで5バーツ、タイ側の国境からラオス側の国境まで15バーツということであろう。
*コメント頂いた匿名氏情報:「国境のバス代は15バーツで、5バーツは時間外の割増料金」とのこと。

ひだり みぎ
チケットを買い、エアアジアっぽい黒の革シートを搭載したバスに搭乗。


細々とした国境貿易で生計を立てられてる商人なんだろうけど、どうやってそんだけの荷物運ぶんだよ!!!って突っ込みたくなるくらい皆さん大量のビニール袋を抱えてる。いや、なんかもう皆さん漏れなくこんな感じなんで、自分だけビニール袋を抱えてないと手元が寂しく思えてしまうくらいw。

ひだり みぎ
友好橋の手前でタイ側の出国手続きの為に一旦停車、大量の商人と共にバスの外へと吐き出される。出国後は先ほど手に入れた15バーツの領収書を見せて中立地帯で停車中のバスへと乗車、こいつで友好橋を渡ることになる。


これがまた凄い人なんだわ。もういっそのこと座席を撤廃して囚人運搬車仕様で全員立ち乗りにしてくれればいいのに。


乗車率300%超、流石に某国みたいに屋根まで乗客がビッシリなんてことはなかったけど、もうこれ以上無理って状態でも容赦なく人が詰め込まれていく。

そんな奴隷船が如き人口密度のバスに容赦なく詰め込まれ、何人かはドアから体半分以上外にはみ出た状態でやっと出発してくれたw
ひだり みぎ
メコンの川が両国を隔てる国境となっているので、掲げられている国旗が橋の途中でタイのものからラオスのものに変わる。ただ、せっかくの陸路国境越えだけど橋の全長は1キロ超程度、ものの数分で渡り終えてしまうので、国境越えの感動に浸っている余裕はない。あっという間の出来事だ。

ひだり みぎ
橋を渡り切り、今度はラオスの入国手続きにあたる。

ラオス側の入国手続きは…
1. パスポートを提示して入国審査料を支払い、電子カードを受け取る。
2. 入国カードを記入し、入管窓口で入国手続き。
3. 電子カードを通して改札を通過、入国する。
という流れになる。分からずにウロウロしていると親切なオジサンが色々と教えてくれたりするが、最後に必ず「ビエンチャンまでタクシーどうですか?」と営業されることになるw。始めに恩を売っておいて断りずらくするよいう人情深い日本人用の営業なのか知らんが…裏のある親切に要注意。


こちらは入国審査料金のプライスリスト。平日08:00-16:00の間だと1,000キップ(5バーツ)のところ、16:00-22:00の時間帯や土日祝日は12,000キップ(55バーツ)かかってくる。営業時間外特別手数料とか入管職員への個人的上納金や贈収賄の類かと思ったら、普通に領収書が発行されてきたので一安心。

ひだり みぎ
今回は通常営業時間外だったので、12,000キップを支払って電子カードをゲット。


続いて入国カードを記入し、イミグレ窓口で入国手続きにあたる。


出国手続き後、この改札を抜ければ晴れてラオス入国だ。僅かながらの入国審査料を徴収するためにこのような大げさな設備を設置したのかと思うとなんだか笑えてくる。

ひだり みぎ
ラオス側のイミグレは流石に首都への玄関口だけあって規模が大きく賑やかだ。両替屋も多くあるので手持ちキップ無しでの特攻でも困ることはないだろう。

さて、ここから国際バスの人はそのままバスに乗ってタラートサオバスターミナルへ。私のように国際バスでの移動じゃない人は、ビエンチャン中心部まで公共バス・トゥクトゥク・タクシーなどで向かうことになる。

1. タクシー(300B)
2. トゥクトゥク(200B)
3. バス(タラートサオ・バスターミナルまで6,000キップ≒25B)

トゥクトゥクやタクシーの運賃は定額制のようなので、上記の値段から高くなることはあっても安くなることはない。まぁ一人旅だったらバスでの移動が一番だろうな。
ひだり みぎ
ビエンチャン市街地のタラートサオ・バスターミナルへは14番のバスで40分程だったかな。運賃は6,000キップで、乗車後暫くしてから車掌が回収にやってくる。

ひだり みぎ
のどかな田園風景が広がるなか静かな旅路。国境から40分程度でビエンチャンの中心であり14号線の最終駅であるタラサートバスターミナルに到着した。



Booking.com

【2016年コンケン・ウドンタニ・ヴィエンチャン旅行記】














ワット・ケーク(ノンカイ版ブッダパーク)

さて、今回目指す先はワット・サーラーケーオーク、通称ワット・ケーク。「ブッダパーク」ノンカイ版と言ったら判り易いだろうか。この寺を築きあげたブンルア・スリーラット師は1932年にノーンカーイ生まれたタイ人。青年期にメコン川対岸のラオス領へ移り、自らの宗教思想の集大成としてワット・シェンクワン(ブッダパーク)を完成させた。その後、ラオスの社会主義化を機にノンカイにUターンし、彼の地元であるノンカイにワット・ケークを建てたんだと。なんで、ブッダパークもワット・ケークもブンルア師の宗教思想が具現化された仏教パラダイスということになるのだろう。

ひだり みぎ
立地的にはノンカイの市街地からは微妙に離れているので、移動の足はトゥクトゥクで。市街地⇒ワットケーク⇒タイ-ラオス友好橋近くの宿泊先とチャーターして300バーツの運賃で交渉が纏まった。


市街地からガタガタ道を走ること15分、精悍な顔つきの巨像の足下でトゥクトゥクを降ろされた。静寂の中、薄気味悪い微笑で来訪者を品定めしているかのような、あからさまに胡散くさい煉瓦の魔物。何だか判らない殺気というか怨波がひしひしと身に迫ってくるようだ。トゥクトゥクドライバーはこの魔物を指差して笑ってるけど、そんなことしたら罰があたるで!

入場料は20バーツ。「早く帰ってこいよ」とのトゥクトゥクドライバーの声に背を押されゲートの中へと歩を進めると、いきなり意味不明なオブジェが眼前に現れた。数で優位に立ってイキってしまったか、象を囲み吠えしきる無数の犬。一体如何なるメッセージを伴う芸術作品なのかは分からないが、迸るレトロ感からこの像が80年代くらいに造られた古いものであることは分かる。ギャング風な犬、レトロなスクーターやオープンカーに乗る犬などなど、なんか作風が全体的に昭和なんですわ。

ストーリー性の高い造形で、恐らくは神話伝承などをモチーフにした作品なので説明書きが読めれば厳粛な気持ちで拝観できるのだろうが…。読めなければ説明書きはただの暗号で、高尚な宗教芸術もただのウケ狙いのコメディー作品にしか見えん。


続いて更に強烈なトリップ感あるラスボス風キャラが現れた。ハクション大魔王のようなインパクトのある井出達で、頭の先から尻尾の先まで全身これ全てオリジナリティのカタマリ。仰向けに寝転んでベヘリットみたいな顔面にかぶりつくモンスターみたいな絵なんだけど、これも仏教の説話をイメージしているんだろうか。どちらかと言えばバラモン教あたりに出てきそうだけどな。

その後も様々なコンクリ神の雨あられ、珍奇な雰囲気のミステリーワールド全開だ。一体一体ディティールまで拘る造形感覚、しかも巨大、しかも大量…。タコ公園のスケールアップバージョンのようで、なんだかアホらしく思えてやるせない気分になってくる。
ひだり みぎ
後日に行くことになるラオス側のブッダパークより敷地面積は若干広く、コンクリ神の密集率はこちらの方が断然高い。仏教・ヒンドゥ教・バラモン教が混じり合った何とも不思議な像が100体くらいあるんじゃないかな。余りの奇天烈ワールドぶりに想像力がパンクしちゃいますよ。

ひだり みぎ
八岐大蛇ならぬ七頭大蛇に四面観音。今にも動き出しそうで怖い。

ひだり みぎ
ガネーシャやハヌマーンみたいな風体の奇を衒ったヒンドゥー風の神々も数多混ざりこんでいる。純粋に仏教風の仏は数える程じゃないかと思えるくらい。


様々な武器で武装した阿修羅(?)。全体的に細かな装飾が施されるなど繊細な仕事っぷりに感銘を受けるが、だからといって全体の印象が繊細かというとそうでもないところに人生の機微を感じてしまう。


座禅を組むよりゴロゴロしたい怠惰な人。


口をぱっくりと開けたナマズの中に入ると、人間が生まれてから死ぬまでの一生をモチーフにしたストーリー性のある像が並んでいた。


怪獣ゲートをくぐると、中は3つの面と6本の手を持つ像を中心に円形のスペースが設けられていた。この円形のスペースを時計回りに廻ると、人が生まれて生き、そして死んで生まれ変わる物語、仏教でいうところの輪廻転生の様子が楽しめる作りになっている。


勉学に励む学生時代。


晴れてゴールイン!

ひだり みぎ
痩せこけてしまっても死ぬまで一緒、骨になってもずっと一緒といった感じで夫婦愛が語られているのだろう。

ひだり みぎ
なかには悲惨な末路を辿る不幸な夫婦も。「チョット!この子を置いて!またアノ女のところに行くんでしょ!」なんて声が今にも聞こえてきそう。セメントが折りよく苔むして情感が迫ります。

うーん。なんか、全体の印象としては余りパッとしなかった。奇妙なコンクリ大仏がてんこ盛りでアジア屈指の珍寺と評されているようだけど…。深く考えるよりも見た目でほくそ笑って楽しめればそれで良い所なんでしょう。

【ワット・ケーク】



Booking.com

ノンカイの町

タンゼノホテルに荷物を降ろし、ノンカイ市街地へと足を運んでみる。

ここノンカイはメコン川を挟んで対岸がラオスになっていて、タイとラオスを往来する多くの旅行者たちが通り過ぎていく交差点のような小さな町。鉄道駅前の寂れ具合からしてアクティブな町歩きには適さない感じだが、果たしてどうだろうか。

ホテル前の国道121号線で市街地方面に向かうトゥクトゥク待ち。

ひだり みぎ
年輪を感じさせる渋い笑顔の運ちゃんが操るサムローのようなトゥクトゥクのような乗り物が国境方面からやってきたので、値切った上で乗車。市街地まで40バーツ、ふと足元に目をやると床一面に弁当の広告が貼られるなど、素晴らしいセンスを感じさせてくれる。なんやねん弁当セット恋人って。

そんな弁当宅配号に乗ってトロトロと10分弱程走っただろうか、市内中心部のターサデット市場でドロップされる。
ひだり みぎ
国境の街には大きく賑やかな市場が付き物だが、タイとラオスの国境の町の中でも最大の経済規模を誇るノンカイのそれがターサデット市場にあたるらしい。確かに規模だけは小さくなく、市場内では中華系の食品や日用品、仏具、衣類、食器、電気製品などなど、雑多な店が狭い路地に密集してる。一応は観光客を意識したラオス風巻きスカートなんかも売られてはいるものの、圧倒的大多数は土産物に適しない売り物というのが旅行者的には残念なところ。不気味なパッケージのバイアグラや明らかに怪しい自家製タバコの押し売り商人が闊歩するタチレク-メーサイみたいな勢いが欲しいところだわ。


安っぽいトタンとパイプで組み立てられた屋根がアーケード状に広がっていて、商店街のように路地の左右に店が並ぶ。道幅はものの2.5メートル程なんだけど、その中で盲目の方が録音した音楽に合わせて口パクを披露してたりバイクが往来したりと、結構なカオス。しかも殆ど走行音を発さない電動バイクが猛スピードで疾走してくるから余計にタチが悪い。

ひだり みぎ
もう少し対岸のラオスからインパクトのある密輸品・珍品が流れてきてたら面白いのだが、基本的にはタイの他の町で見る市場と変わり映えしない内容。

そんなイマイチ魅力に欠ける市場を歩き、ふと誘われるように奥への小路を抜けると、眼の前に茶褐色に濁った水を満々とたたえたメコンが現れた。

直ぐ向こうに見える対岸はラオス。ボートの往来も多く、メコンの恵みで生活している人も大勢いるのだろう。こののんびり感がノンカイの魅力であり、アクティブな観光よりもゆったりムードに気を休めるのがノンカイでの正しい時間の過ごし方なんだろう。

メコン川沿いの道は整備された遊歩道になっていて、リバービューのレストランや個人経営のミニゲストハウスが軒を並べ、焼きバナナやカイルーク(孵化寸前の卵)・ポークハム・メコンで取れたのであろうティラピアや雷魚の塩焼きなどなど、ゆったりと流れるメコンを眺めながらタイの食卓料理に舌鼓が打てるようになっている。…ということで、もち米に溶かし卵のようなものを付けて焼いた五平餅(2本で14バーツ)のようなツマミとタイガービールを頂きながらメコンの流れに癒されることに。

偉大なるメコン、母なるメコン…。ついつい感慨深げな気持ちに浸りつつ向こうのテーブルを見ると、店員がザバァーって残飯を豪快に川に吐き捨てていた…。おおメコンよ…。

胃袋を満たし、町歩きを続けていく。

同じくイサーンの要所であるコンケンやウドンタニと比べても新しい建物が少なく、木造住宅もコンクリート住宅も随分と年季の入った半ば遺跡風のものばかり。お役所や寺院くらいのもんかな、新しめの建物といえば。


数多くの参拝客が集う格式高げな寺院には、一見すると乞食のような白人髭オヤジが崇め奉れてる。髭の生え際とかシャツのヨレヨレ具合とか、妙にリアルなんだよな。


こちらは県庁舎の正面にこれ見よがしに建てられたホー族鎮圧記念碑碑。名称がそのまんま過ぎて草生えるわw。ホー族は中国雲南省に巣くっていた匪賊で、19世紀後半に突如としてラオ北部への侵略を開始し、ルアンプラバン・ビエンチャンを瞬く間に席巻していった。1886年にはついにメコン川を渡ってタイ領内へと進軍してきたが、タイは辛うじてこの地点でホー族の進撃を阻止したんだと。今でこそのんびりとした町だけど、他国と国境を接してるだけあって、物騒なことがあったんだな。

そんなこんなでノンカイの町歩きを終え、トゥクトゥクに乗ってノンカイ唯一の観光名所であるワット・ケークを見てみることにする。



Booking.com

タンゼノホテル ノンカイ(Tanzeno Hotel)宿泊記

ノンカイでの宿はラオスとの国境に近いタンゼノホテル(Tanzeno Hotel)。アゴダでの予約で朝食込み3,500円と、3つ星ホテルで1,500円から2,000円台が相場のノンカイにしてはやや高いけど、鉄道駅・ラオスとの国境行きバスステーションと共に徒歩圏内にあり、ラオスへの接続を考えてTanzeno Hotelを選択した。


国道212号線上にある6階建てのポップな建物がTanzeno Hotel。市街地から離れてるとはいえ、距離にして僅か4キロ。トゥクトゥク運賃にして片道50バーツなので、市街地への距離は然程気にならない。特に市街地でやりたいことがある訳でもないし。

ホテル館内に入ると、妙に薄暗いことに気付く。ポップで陽気そうな外観とは裏腹に、開店休業状態なのか他の宿泊客もいなくて閉塞感に包まれた様な重苦しい辛気臭い雰囲気だ。

チェックインは英語が話せるもののフレンドリーさには欠け、どこか陰鬱な雰囲気を纏ったタイ人女性が担当。ロビーの薄暗さも相まって、余り良い印象は持たず。

ひだり みぎ
通された4階の部屋はホテルの外観同様にポップな作り。内装のセンスの良し悪しは別として、まだまだ築年数が浅く清潔で概ね好印象。ミニバー・セイフティボックス・ドライヤー等、3つ星ホテルとして最低限度の備品は漏れなく備わってるし、窓の外にはバルコニーまである。


デスク周りはシンプル無機質系。汚れが目立つホワイトベースな家具で統一されてるけど、まだまだ真新しいのか汚れは一切気にならない。

ひだり みぎ
冷蔵庫は粗悪品。保冷機能が弱く、酔っ払い爺さんの鼾より気になるレベルでガーガーと異音を発してやがる。


ベランダからの眺め。閑静な住宅街で人の騒ぎ声は殆ど無いが、犬の遠吠えが酷い。犬と言うより狼レベル。


水回りも清潔。

ひだり みぎ
水回り以外は特に問題の無いTanzeno Hotel。しかし、ここのホテルの魅力は何といってもラオスへの移動の便の良さにある。歩いてものの数分でタイ・ラオス友好橋やラオス側へのバスターミナルに移動できますから。


ホテルの対面、国道を渡った先にはセブンイレブンやロータス、ローカル食堂が並んでいて食事にも困らない。


但し、タイのアルコール販売規制で11:00-14:00・17:00-24:00以外の時間にはアルコール類は調達不可。ホテルのミニバーだとビール一本50バーツなので、値差を気にされる方は販売時間内にアルコールを調達しておくように。

ひだり みぎ
朝食はローカル向けの味付けなので、正直なところ日本人の口には合わないし、配給ペースが遅く、ドカ食い中国人団体の食べるペースに間に合ってなかった。


残飯の寄せ集め状態。

まぁ最初から期待はしてませんでしたからね。鉄道でノンカイ入りし、翌朝にラオスに抜けられる旅人には悪くない宿泊選択肢だと思います。過度の期待は禁物ですがね。たまにいるんですよ、5つ星ホテルのサービスを3つ星ホテルに期待して無茶なクレームをする怒り狂った人が。

タンゼノホテル(Tanzeno Hotel)


Booking.com


住所:Thanon Mittraphap, Tambon Mi Chai, Amphoe Mueang Nong Khai, Chang Wat Nong Khai
ウェブサイト:Tanzeno Hotel
電話:+66 42 467 080


Booking.com

ウドンタニからラオスとの国境の町・ノンカイへ

ウドンタニでの短い滞在を終え、いよいよラオスとの国境に接するノンカイまで北上する時がやってきた。


お世話になったバイクを返却し、西洋風の淡いクリーム色が御洒落に光るウドンタニの鉄道駅舎へと向かう。

ひだり みぎ
ここからノンカイへは僅か40キロ程の距離。やはり短距離なだけあってバスやミニバンでの移動が主流なのだろうか、鉄道の駅構内では閑古鳥が鳴いている。そりゃあそうだよな、便数も多く冷房完備のバスの方が使い勝手も快適さも鉄道の上を行く。それでもね、鉄道ならではの魅力ってやっぱりある訳ですよ。


運賃も鉄道旅行の魅力の一つ。ノンカイ行き鈍行列車415号の当日券、運賃はなんと11バーツ(30円強)ときたもんです。バスだと40バーツだったので、29バーツも節約できますねw。30バーツありゃ市場で朝飯が摂れますから。


15分遅れでやってきた全席3等の鈍行列車。そうそう、こののんびりとした独特の旅情がまた良いじゃないですか。

ひだり みぎ
空気が淀んでいたので窓を全開にし、強烈な熱風を浴びながら不毛なサバンナを駆け抜ける。

母なる大河が流れる大都会バンコクや黒々とした豊かな森に囲まれた北部の街チェンマイにいると感じられないが、ここイサーンに来ると、タイが熱帯サバンナ気候に属しているという事実に気付かされる。

乾ききったラテライトの大地をサバンナの草原と背の低い潅木が見渡す限り何処までも覆い尽くす。変わり映えのしない退屈な景色ではあるけれど、タイの奥地までやってきたと感じさせる風景だ。


不毛なサバンナを突っ切り、ウドンタニから1時間弱でノンカイに到着した。ラオスのビエンチャンはもう目と鼻の先である。


ノンカイ駅発着便の時刻表。2016年2月現在、バンコクへは一日4便出ているようだ。Express DRCは寝台車が無いので要注意。
[table id=35 /]

ひだり みぎ
待ってましたとばかりにトゥクトゥクが待ち受けるノンカイ駅前。ここからノンカイ市街地へは4-5キロ、ラオス側へのイミグレ行きバスターミナルへは1.5キロ程離れている。市街地に行くにはどうしてもトゥクトゥクに頼らざるを得ないだろう。片道50バーツ、そこまで無茶な言い値で仕掛けてくる悪徳ドライバーもいないようだ。

ひだり みぎ
何も無い線路沿い。不毛な大地感が半端無い。


国道212号に出ると漸く人が生活している様子が見えてきた。


本日のお宿は明日のラオスへの移動を考慮して国境近くのTanzeno Hotelに。アゴダでの予約で朝食込み3,500円。廃れた町には勿体ないくらいに立派な外観のホテルである。



Booking.com