タイ国鉄でコンケンからウドンタニへ

本日は鉄道でコンケンからウドンタニへと北上、今回の旅行の最終目的地であるラオスのビエンチャンに向けて一歩前進だ。

ラオスとの国境にも近いウドンタニはイサーンでも有数の商業都市。60年代のべトナム戦争時に米軍基地が置かれたことで軍需景気を背景に発展したというパタヤのような歴史を持つ町である。市内には特に目立った観光地はなさそうだけど、ウドンタニから東に50キロの地点にある古代文明の遺跡・バーンチエンへの中継地点として一泊することに。


南国風のこじんまりとしたコンケン鉄道駅。コンケンからウドンタニはバスも頻繁に出てるみたいだけど、今回はより旅情を味わえる鉄道を選択した。


コンケンからウドンタニに行く鉄道は2時台・4時台・5時台・9時台・15時台・19時台の一日6本。運賃も25バーツ(80円)と格安だし、コンケン⇒ウドンタニ間の移動は鉄道をお勧めしたい。


6本ある選択肢の中から09:35発11:31着予定の415便を選択。こいつはイサーンの玄関口にあるナコーンラーチャシーマーからノンカイ行き4両編成の気動車で、全車自由席3等車というローカルな編成となっている。エアコンが無いので少々暑いが、ローカルな雰囲気の中で汗をかきながら楽しむ2時間の鉄道小旅行も悪くないものである。

ひだり みぎ
町の規模の割には随分とこじんまりとしたホーム。


車内販売で日銭を稼ぐ行商の方々が和気藹々と営業準備してたりと、実にほのぼのとした雰囲気だ。


09:40、大きな音を響かせながらノンカイ行きの列車が入ってきた。定刻から5分遅れだったが、5分程度の遅延はタイに於いては正確な部類に入る。

私以外の乗客は皆さん地元民という完全アウェイな車内で、列車の中は思った通りローカル感満載。

ボックス席のシートはボロいが、さして込みあってはいないのでスペース的には問題ない。ただ、空気がなぁ。鉄の塊に熱せられた空気が乗客の汗や体臭、彼彼女らが持ち込んだサトウキビのカスの匂いと混ざり合って車内中に淀んでる。窓を全開にすれば走行中は問題無いが、列車が停まり窓から吹き込んでくる風がぴたりと止む度に自分を包む空気の濃厚さに眩暈がする。

そんなローカル列車に揺られながら、イサーンの長閑な台地の中を北に向かって進んでいく。
ひだり みぎ
タイの国土の大部分を占めるイサーンの広大な大地は保湿性・保水力のない痩せた赤土ばかりで、車窓の外にはタイの最貧困地域の穀倉地帯が果てしなく続く。見るからに不毛そうな田園・さとうきび畑・キャッサバ畑とその間に群れる痩せきった水牛の姿…。原風景というか、平凡だけどどこか郷愁を呼び起こすような景色で癒される。

沿線住民にとっての大事な足として機能しているようで、ローカル列車は田園風景の中にポツリと建つ無人駅にこまめに停車しながら北を目指す。通勤(?)客はもちろん、大量の荷物をかかえた行商や学生が乗り降りおりする慌ただしい朝の風景が何とも微笑ましい。

車窓の外の景色を眺めたり車内販売のおばちゃんとやり取りをしていると、退屈する間もなくウドンタニに到着した。あっという間の2時間だ。

ひだり みぎ
流石はイサーンでも有数の商都、駅前の賑やかさはコンケンに勝る。


今回宿泊するカビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)は賑やかな駅前の大通り沿いにあるので駅からは徒歩で移動。駅からホテルまでの移動距離僅か300メートル足らずだが、町の歴史的背景からだろう、昼間っから町を闊歩する多くの老ファランや英語で積極的に声をかけてくるマッサージパーラーの姉さんたちと遭遇した。ウドンタニ、意外にも面白そうな町のようである。



Booking.com

余りお勧め出来ないコンケン国立博物館

いまいち観光資源に恵まれないコンケンにあって唯一と言って良い観光地がコンケン国立博物館。
1972年オープンという歴史ある博物館で、バーンチエンやスンヤン遺跡などで発掘された土器や仏像、イサーンに住む人々の民族衣装や民芸品などが展示されているようだ。

場所は市街地から2キロ程離れた町の北郊にあり、微妙にアクセスが宜しくない。
ひだり みぎ
くっそ暑い昼下がりのコンケンの町を散歩を兼ねて徒歩で移動。殺風景で面白味の無い大通りをひたすら北上し、汗びっしょりになった頃にようやく見えてきた博物館…。

ひだり みぎ
入り口にはそれらしいレリーフなんかが飾られているが、なんだか中の様子がオカシイぞ。


床に銃弾の薬莢のようなものが転がってるし…。まさか処刑場ではないかと思うので、実弾を使った射撃訓練所か何かだろうか。係員らしき人達とすれ違っても咎められるようなこともなかったので立ち入り禁止区域という訳ではないだろうが、博物館でないことは間違いないようだ。

一旦大通りに出て工事現場のとび職的な人に地図を見せて道を聞いてみると、案の定、国立博物館はここではなくもう1ブロック北にあるという。
ひだり みぎ
ということで迷いながらもコンケン博物館に到着した。道中に面白い発見があるかなーなんて期待して歩いてきたけど何のサプライズも無かったので、素直にホテルからバイタクに乗っときゃ良かったわ。

ひだり みぎ
広大な敷地内には無数の墓石のような物が説明書きもないまま無造作に置かれている。恐らくは寺院から出土した聖なる結界石であろうが、なんだか集合墓地みたいで気味が悪い。

タイの田舎町にある博物館はどこも見学客疎らで賑わいがないものだが、ここの廃れ具合は中でもトップクラス。100バーツの入場料を払い館内に入ると、係員3名・制服を着た用心棒的な警備員1名、そして私の合計5人が館内にいるだけという…。なんだかんだで1時間は滞在したと思うが、終始見物客は私1名だけで、係員は博物館の淀んだ空気の中で楽しそうにぺちゃくちゃとお喋りに興じていた。

館内を見学するにあたって一番最初に目にするのは、7-9世紀ドバラバティ時代のものとされる結界石。ロゼッタストーンのように暗号的な碑文が表面に深く刻まれているのだが、解読できていないのか肝心の碑文の内容に関する説明は無し。

ひだり みぎ
こちらは表面にヴェッサンタラ王子の物語が描かれた結界石。

ひだり みぎ
カーラシン県で出土した9-11世紀の結界石。いきなりこんな素人受けしない展示品ばっかりなので、大多数の観光客の興味は削がれてしまうのではなかろうか。説明文も不足している中でこんな展示物を見て楽しめるのは余程の物好きだけだろうし、なんかもう一般的な外国人観光客を寄せ付けない雰囲気で、人気が無い理由が良く分かる。

ひだり みぎ
こちらは寺院の建材の破片だろうか、まぐさ石に細かな彫刻が施されている。

ひだり みぎ
ストゥーパや仏像の欠片。

ひだり みぎ
首・腕・足をちょん切られ五体不満足な11世紀のビシュヌと厳めしい表情のシヴァ。

ひだり みぎ
13世紀のヴァジュラダラ(金剛力士)とガルーダは保存状態良好。


おでこにハートマークを付け、ちょび髭を生やしたユニークな仏像の頭。


このようにこじんまりとした中庭の周囲に展示室や結界石があるのだが、如何せん展示内容が単調過ぎてつまらなすぎる。退屈しのぎに来たのに退屈させられるとは思わなんだぞ。

入場料として100バーツも払ったことを後悔しながら博物館を離れようとしたところ、二階にも展示品があるとのことなので期待せずに見てみることに。なんたって100バーツ払ったのにここまで10バーツ分くらいしか楽しめてないんでね。もとは取らせてもらわんと。
ひだり みぎ
二階にはもっと俗っぽい展示品が並んでいて、イサーンの文化や生活様式が紹介されている。

イサーンの農村ではコミュニティの構成員が皆で共同作業をする相互扶助型の文化が根付いている。
ひだり みぎ
狩猟道具や楽器…。

…お終い。

残念ながらお世辞にも充実しているとは思えない展示内容だったので、正直100バーツの価値は無い。ここで楽しめるのは結界石マニアや東南アジア専門の考古学者くらいのものだろう。場所も微妙に中心から離れているし、時間とお金をかけてまで来る価値のある場所ではないのではないだろうか。

【Khon Kaen National Museum】

住所:Rop Bung Rd., Nai Mueang, Muang Khon Kaen, Khon Kaen
電話:+66 4322 4031
営業時間:09:00-16:00



Booking.com

コンケンの町

特に目的もなく寄り道することにしたタイ東北部の町コンケンは、政府の肝いりでイーサンの都市開発モデルとして人工的に建設された政策都市。故に街並みは整然と整備されていて、町を歩いている限りとても地方の田舎都市という雰囲気は感じない。

そんなコンケン、立ち寄ってはみたが観光の目玉は正直これと言って全くないw。遠出すれば約1億3千年前の物と考えられる恐竜化石や足跡化石などが出土したプーウィアン国立公園なんかがあるけれど、市内の観光地はコンケン国立博物館とブン・ケン・ナコーン湖くらいのもので見所に欠ける。
ひだり みぎ
そんな非観光都市のコンケンだが、市街地には大型の最新ショッピングモールなんかも建っていて町の規模の大きさは窺える。

ひだり みぎ
こちらはHUGZ MALL。バンコクとチェンマイにも出店する鉄板焼き炉端焼きの花ちゃ花ちゃ・ラーメン屋のフジヤマ55、北海道という日式甘味処、すき焼き・シャブシャブ屋なんかが出店していたりと、日本の香りがプンプンとするモールである。

ひだり みぎ
大型モールもあるし交通量も多い。イサーンの中核都市だけあってなかなかの大都市だ。

ひだり みぎ
そんな市街地のど真ん中にローカル感を感じさせる大き目のマーケットを発見。ハエとの格闘に忙しそうな店主が手掛ける野菜・果物・生鮮品屋を中心に衣類や仏具なんかも売られているが、観光客向けの物は一切無し。

ひだり みぎ


ヒーロー物の柄をしたTシャツやSQの制服柄のシャツ等、日本人には到底理解できないような凄まじいセンスの服飾品が並ぶ。

ひだり みぎ
夜は夜でナイトマーケットが開かれるなど、何だかんだで賑やかな町であるようだ。タイ東北部最大の総合大学であるコンケン大学があり若者が多いことも関係しているのだろう、町の雰囲気に元気の良さ・イキの良さを感じる。

ひだり みぎ
食べ物に関してはB級フードコートよろしく海鮮系・ゲテモノ系・怪しさ満点の寿司なんかがズラリと並ぶ。ローカルの食文化がこれでもかと味わえるのは旅行の醍醐味の一つだろうが、ちょっとローカル色が強すぎるので抵抗感を感じてしまう。

ひだり みぎ
極度乾燥(しなさい)系の面白シャツ。「気が狂った(マッド。)」や「賢い天候会社」など、じわじわと笑いのツボを押してくるようなキワモノばかり。

ひだり みぎ
ブンケーンナコーンと呼ばれる湖の畔にも夜市が展開されているけど、規模的には市街地のナイトマーケットの方が見応えがあるので、態々夜の湖まで足を運ぶ必要はないかと。

ひだり みぎ
結局ナイトマーケットでは夜食を摂る勇気は無く、町で一番ホットなPracha Samran Rdに戻ってきた。エンタメコンプレックスRad complex周辺にはファランや若者向けパブやディスコが密集しているし、食事処にも困らない。

ひだり みぎ
数多くの店が並ぶ中、一番の音量で生音楽を響かせ可愛らしい(エロい)ビアガールが入り口で手招きしていたFull Frameに入ってみることに。

ひだり みぎ
エロ衣装を身にまとったビアガールに誘導され席につき、炒飯(89バーツ)にビール大瓶(79バーツ)を注文。コールドビアーを頼んだら、温いビールとバケツ一杯に入れられた氷が一緒に届けられた上に会計時に氷で30バーツ取られてたのは誤算だったが、ビアガールが可愛いので許す。

そんなこんなで特に何をする訳でもなくコンケンでの一日が過ぎ去っていった。明日はイサーン一の商都ウドンターニーへと北上する。



Booking.com

グレーシャーホテル コンケン(Glacier Hotel Khon Kaen)宿泊記

陽も昇る前の04:30、真っ暗闇に包まれたコンケンに到着した。駅前ではトゥクトゥクドライバーが生活をかけた必死の営業活動を行っていたが、宿泊先のグレーシャーホテルは駅から徒歩圏内ということもあり、血気盛んな野犬に吠えられながらも歩いて深夜(早朝?)のコンケンを移動した。

ひだり みぎ
宿泊費はハピタスを噛ませたアゴダでの予約で朝食込み1泊3,000円弱。値段の割には立派なホテルで一安心だ。

グレーシャー(氷河)という名の通り、白を基調に所々でアイスを連想させるデコレーションやブルーライトがアクセントに用いられ、アイシーで清涼感あるデザインのロビーになっている。コンセプトとしては面白いんだけど、そこはかと漂うラブホ感に気まずさを覚えてしまうのが何とも言えんところ。
ひだり みぎ
変な時間だからかフロントには誰もいなかったが、声をかけると奥からえらく不愛想なスタッフが姿を現した。仮眠してたところを起しちゃったかな。終始不愛想な仏頂面という対応だったが超早朝チェックインには応じてくれ、無事に部屋へと通される。

ひだり みぎ
ロビーで見たアイシーなデザインコンセプトとラブホ感は客室内でも表現されている。全体的な造りとしてチープさは感じるけど、実際に安いので仕方あるまい。廉価版アロフトといった感じかな。ベッドからは遠すぎるしデスクからは近すぎるテレビの位置など細かい問題点は挙げられるが、ドライヤー・金庫・バスローブも用意されているし、3,000円のホテルとしては十二分に及第点だろう。ベッドの寝心地も悪くないし。

ひだり みぎ
水・ビール・ソフトドリンクがストックアップされた冷蔵庫もあるし、もちろんスナック類も用意されている。ラオビール=40バーツ、Ray’sのポテチ=20バーツと値段的にも手を出し易い。

ひだり みぎ
今回は頼んでいないのでお味の程は分かりかねるが、ルームサービスも比較的良心的な値段で楽しめる。


少々湿っぽいものの最低限の清潔感は保たれたバスエリア。浴槽もあるし、湯量・水温も問題無し。

ひだり みぎ
ただ、独立したシャワーブースは無く、シャワーの浴びようによっては洗面台やトイレまで洪水になっちゃうような構造は不便極まりない。


翌朝は朝食前に近所を散歩。朝のロビーは夜のけばけばしさやラブホ感は影を潜め、多用されたガラスから差し込む光がモダンな表情を演出してる。


外観も夜の妖しい雰囲気とは異なり、タイ人の若者をターゲットにした洒落たデザインホテルのよう。やっぱり廉価版アロフトという表現がしっくりくるわ。

ひだり みぎ
近くにはライブミュージックを響かせるお洒落な若者向けレストランやバー、ディスコが集結していて夜遊び派の若者にはもってこいだし、ナイトマーケットやセントラルプラザ・HUGZ MALLといったショッピングモールも徒歩圏内。価格・立地・デザインのバランスが取れた悪くないホテルだと思う。これで3,000円なら全然アリ。


こちらは近くで見つけたプルマン コンケーン ラジャ オーキッド ホテル。コンケンでは唯一の外資系チェーンで、当然ながらこの地域の最高級ホテル。お値段もコンケンではずば抜けて高く、一泊7,000円程度~となっているようだ。せっかくアコーのプラチナを持ってるんだし、プルマンにしときゃ良かったかな。


そんなこんなで朝の散歩を済ませてホテル内のレストランへ。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
安ーい宿泊費からして期待は出来ないとふんでいたが、なかなかどうして結構な充実ぶりで、辛そうなタイ料理や西洋料理が揃っている。


水が温すぎて気持ち悪かったけど、一応プールもある。

鉄道駅からも徒歩圏内だし早朝チェックインにも寛容なので、私みたいに69便で朝早く着いた場合や、近くのディスコで夜遊びしたい場合に利用するにはアリだと思う。

グレーシャーホテル


Booking.com


141 Prachasamran Rd., T.Nai Muang A. Muang, Khon Kean


Booking.com

寝台列車69号でバンコクからコンケンへ

JL737で名古屋からバンコクに飛び、ラオスとの国境の町ノンカイ行きの寝台列車69便へと乗り換える。今回はノンカイへの途中にあるコーンケンで途中下車して一泊、更にその北のウドンターニーで一泊、そしてノンカイでも一泊してからラオスのビエンチャンを目指す計画だ。戻りは時間が無いのでビエンチャンからバンコクにひとっ飛び、そのまま名古屋行きのJL738に乗り継ぐ予定となっている。


JALの提携先であるバンコクエアウェイズを利用してビエンチャンに乗り継ぐこともできたけど、今回は気分的に鉄道で移動したかった。保有機材はショボいけどアジアのブティックエアラインを謳うPGには一度乗ってみたかったので、今度バンコク-マンダレー便で試してみようと思う。

前回は予約無しの特攻を仕掛けた結果、バンコク-ピサヌローク間で地獄の立ち乗り移動する羽目になったので、今回は12Go Asiaでコンケンまでの乗車券を事前予約。同じ轍は踏みませんぞ。

フアラムポーン鉄道駅へ向かう道中でタクシーのタイヤトラブルで足止めを喰らうアクシデントに見舞われるも、無事にチケットを入手。これでコンケンまで寝台席でゆったりと移動できる。


バンコクからノンカイへの夜行列車はトリプルデイリーで出ているが、寝台席を積んでいるのは20時発69番列車のみらしいので要注意。


寝台車には食堂車両もあるが胃もたれしそうなタイ料理という気分ではなかったので、駅構内のブラックキャニオンカフェでサンドイッチを調達して持ち込むことに。


寝台車両内で国鉄社員が起こした悍ましい性犯罪を受け寝台車内へのアルコールの持ち込みが禁止されたので、ドリンクはオレンジジュースのみ。国鉄職員が起こした犯罪で鉄道旅行の醍醐味が奪われるのはなんとも腑に落ちないが、規則は規則で従わんといかんからな。

ひだり みぎ
8時丁度のあずさ2号で~のあの曲が脳内再生されるが、今日の列車は8時丁度のEXPRESS 69号。サンドイッチとオレンジジュースを引っ提げて遠足気分で列車へと乗り込んでいく。

ひだり みぎ
この日の二等寝台車はタトゥー男や大柄で人相の悪そうなファランばかりで物騒な雰囲気。途中乗車する客もいるだろうに、バンコク出発時点で9割は埋まっているようなので、やはりチケットを事前予約しておいて正解だった。


こちらが寝台席。下段はこの通り二つの椅子が向き合っているだけだが、係員が椅子を繋げてベッドメーキングしてくれる。


この通り、二つの椅子がオッサン係員の巧みなベッド捌きによりフルフラットベッドに早変わり。シーツは清潔だしマットレスも固すぎることもないので格安運賃の割に寝心地は決して悪くない。ただ、冷凍車かのように冷房が効きすぎてるのがキツイところなので、タイ国鉄を利用する際には長袖の寝間着を用意していた方が良いだろう。

小生の今夜の寝床は上段。上り下りが億劫だし窓が無いし下段と比べて狭いので下段席を選ぶのが正解だが、今回は残念ながら下段席が売り切れてしまっていた。

窓無しの席でやることもないので、サンドイッチを食べ寝支度をしてからパーカーを着こんで就寝。

劣等な上段席とはいえ振動も雑音もキャビンの狭さも気にならない程度で、疲れもあってすっかり熟睡。気付いたら朝も4時過ぎだ。
ひだり みぎ
予定より13分遅れの04:30、真っ暗闇に包まれたコーンケン駅に到着した。こんな時間でも駅前ではトゥクトゥクドライバーが粘り腰で客引きをしていて熱心さ必至さに感心するが、本日のホテルは駅から徒歩10分弱のところにあるので自力で移動することに。


駅前は全くの暗がりと言う訳ではないが、決して栄えていないし人通りも少ないので、女性の場合は一人で夜中に歩き回らない方が良いかもしれん。


駅から徒歩で10分弱、コンケンでの宿泊先であるグレイシャーホテルに到着した。



Booking.com