TG601 タイ国際航空ビジネスクラス搭乗記 B777-300 香港ーバンコク

今回利用するTG601の搭乗口はラウンジからほど近い44番。ということで、時間ぎりぎりまでロイヤルオーキッドラウンジでまったりし、搭乗開始時刻3分前に漸く重い腰を上げてゲートへと移動する。


ゲートに鎮座するは予定通りのB777-300。外見は羽も胴体も長くシュッとしたイケメンなんだけど、残念ながら中身はオールドスタイルでシェル型ライフラット。同じ773でも長距離仕様でフルフラットの777-300ERが来ないかと密かに期待もしていたのだが、やっぱり単距離の香港-バンコクは大体B773が殆ど。まぁしゃあないでしょう。


エコ利用でもスタアラゴールドなら優先搭乗資格があるのだが、列に並ぶ優先搭乗有資格者は3名のみ。ゲート到着と同時に搭乗開始となり、スムーズに機内へと乗り込めた。


BOEING 777-300 (7732/77R)の総座席数364席のうち、34席がビジネスクラス相当のロイヤルシルククラスとなっている。

ロイヤルシルクの座席配列は2-2-2-の最前列以外は2-3-2で全34席あるものの、本日の搭乗者数はゲートクローズギリギリになって乗り込んできた金満6人家族と自分を含めて僅か9人。まぁたかが2時間40分のフライトなんで、エコ席でも十分だもんな。

*当画像は次に乗るBKK-SINで撮ったもの。


今回の座席は窓際席の12A。ラウンジエントランスのショッキングピンクに近いド派手なパープルとは違い、落ち着きある深い紫色のファブリックがイカしてる。

シート幅は51cmで、最大傾斜角は163°。飛行時間数時間程度の日中便だと深くはリクライニングしないのでライフラットでも良いんだけど、やっぱり窓際席でも通路へのアクセスが欲しかった。


*当画像は次に乗るBKK-SINで撮ったもの。

肘かけに設置されたシートリクライニングの調整パネルでは、背もたれだけでなく、頭部・背中・脚の部分を好みの角度に調節可能。また、他方のアームレストの下部には隠れるようにしてユニバーサルタイプのコンセントが配されている。
ひだり みぎ
*当画像は以前に乗ったHKG-BKK便で撮ったもの。


シートピッチはエコ席の2倍近い155cmあり足元は広々だし、スクリーンの大きさも必要十分。B773では最新鋭機と比べ機内エンタメのプログラム数も少ないが、それでも65種類の映画・150種類のテレビ番組・185種類の音楽アルバム・31種類のゲームが楽しめる。


足元広々!シェルタイプで座席クッションが前方にスライドすることでリクライニングするので、席を倒すのに後ろの人に気兼ねする必要がないし、前の席が倒れてくることもない。


座席に着き一段落すると、早速スムーズ・アズ・シルクなロイヤルシルククラスのサービスが開始され、エレガントなタイドレスを身にまとったタイ人マダムがタイスマイル全開でウェルカムドリンクとおしぼりを配って回る。

CAの方の洗練されたスムーズなサービスに感銘を受けるも、フライトはスムーズじゃない!香港名物・離陸の順番待ちの刑に処され、ちょっと出発が遅れそうなんでシャンパンもう一杯どうぞーなんて言われ、二杯目のシャンパンが注がれる…。

本日は15:05バンコク着からの16:35発という乗継スケジュール。やべーよー、シンガポールのホテルは日程変更不可のレートで予約しちゃってるよーなんて焦り始めた頃に漸くプッシュバックで機体が動き出す。


出発の遅れはTGの責任ではないが、水平飛行になったタイミングで「全力で遅れを挽回しまっせー」と心強い機長アナウンスが入る。と、同時に、三杯目のシャンパンがやってきた。


シャンパンのお次は機内食。HKG-BKKは単距離路線だけどコースになっていて、先ずはホカホカパンとクラッカーと合わせてアペタイザーのターキーブレストサラダがサーブされる。セロリ・パクチー満載で美容健康に良さそうなスターターだ。

メインはガーリックソースを和えたチキン。いや、存在感的にはブロッコリーが主役か。どうしてもひたすらデカいブロッコリーに目が行ってしまう。

もう一つの選択肢であるタイカレーは相当な辛さだったようで、隣の白人が顔を真っ赤にしてヒーヒー言いながら食べていて、最後に「明日は下痢決定だよ。」なんて下品なことをつぶやいてた。

ひだり みぎ
うぅ~食べたー。完食の達成感も束の間、「あなたはこれを食べなさい」と命令形でお仕置き(?)のチーズプレートとチーズケーキがやってきた。これはもう別腹、難なく胃袋へと流し込む。

食後のコーヒーまできっちり頂き、後はバンコク到着を待つのみ。

バンコクをスルーして南下を続ける飛行機。このままシンガポールまで行っちゃうんじゃないかと思わせた矢先に急旋回、空港へと降下を開始する。


メリディアンスワンナプームを左手に身ながら高度を下げ…。


定刻より30分遅れでスワンナプーム空港に到着した。


くっそ広いスワンナプーム。到着ゲートから乗継保安検査場まで1キロ弱もあり、歩いても歩いても一向に検査場が見えてこない!もたつく胃袋がたっぷたっぷするけどトランジットに間に合わせるためにダッシュダッーシュダッシュだ!

タイ国際航空ロイヤルオーキッドラウンジ@香港国際空港

ちょっと急だったけど、三連休が取れたので短期シンガポール旅行を決行することに。

今回はシンガポールを単純往復するのではなく、タイ国際航空で往復共にバンコクを経由することでTGフライトを4発楽しむことに。残念ながら目当てのA380の運航日には合わせることができず、機材は往路がB777-300・復路がB747-400それぞれ2セクターずつ。復路のSIN-BKKでF席が開放されていたので、久しぶりにジャンボのファーストクラス席が楽しめる悦びから勢いで発券してしまった次第。どうか機材変更になりませぬように!

一発目は13:25香港発15:05バンコク着のTG601。深セン蛇口から香港国際空港へ直接乗り入れる噴射飛航で海面を飛び跳ねるかのような荒いライドでHKIAへ。

大陸からフェリーで空港に乗り入れる場合は香港の出国税HK$120が払い戻されるので、保安検査後のカウンターで還付することを忘れぬよう。

【本件での出国税が不要になる条件】

a.香港空港に飛行機で到着⇒同日に香港空港から飛行機で出国する場合
b.香港空港にフェリーで到着⇒香港空港から飛行機で出国する場合

出発ロビーへと入り、免税店に目もくれずに真っ直ぐにラウンジへと向かう。香港国際空港のスタアラ系ラウンジはSQのシルバークリスラウンジとUAのユナイテッドクラブラウンジもあるけれど、今回はやっぱりTGのRoyal Orchid Lounge(ロイヤルオーキッドラウンジ)の御世話になることに。

エアポート内の連絡シャトルで南西コンコースに移動し、40番搭乗口付近のエスカレーターで一つ上のラウンジフロア(7階)へ。ラウンジフロアだけあって7階にはエミレーツ・ユナイテッド・バージンアトランティック等のラウンジが密集してる。

タイ国際航空のラウンジはというと…一番奥まったところで隠れるようにして営業してる。色使いがなんかいかがわしいんだよなw
ひだり みぎ
この一角だけ鮮やかなGのコーポレートカラーが異彩を放っていてタイの雰囲気ムンムン。スターアライアンス系ラウンジなので、もちろんANAの上級会員やC客も入室可能。

【入室資格者】

・タイ国際航空ロイヤルシルククラスご搭乗のお客様
・スターアライアンス加盟航空会社運航便のCクラスFクラスにご搭乗のお客様
・スターアライアンス加盟航空会社運航便にご搭乗のロイヤルオーキッドプラスゴールドメンバーのお客様
・スターアライアンス加盟航空会社運航便にご搭乗のスターアライアンスゴールドメンバーのお客様
・タイ国際航空運航の国際線にご搭乗のロイヤルオーキッドプラスプラチナ会員のお客様

【営業時間】

06:00-23:00


ファーストクラスの皆様用の別世界も用意されているが、パッと覗き見したところ、設備的な差は殆ど無さそうだ。

こちらがビジネスクラス利用客用のラウンジ。

自然光が差し込む採光抜群のガラス窓に天井無しの吹き抜けという構造で、明るく開放的なオープンスペースがシーティングエリアの殆どを占める。ちょっと座席を詰め込み過ぎだど、ポップな色調のインテリアなんかにTGらさが表れてて雰囲気的には良い感じだ。


開放感がある一方で、ラウンジと搭乗エリアを仕切る壁がなく搭乗階を見下ろす格好となっているのでラウンジ外の喧騒が入り込んでしまうけど、ラウンジ自体は比較的静か。ANAの方々はこぞってユナイテッドのラウンジに行くので日本の方も少ないし、穴場と評せるんじゃないかな。

ひだり みぎ

PCエリアにはX Boxのハードまで用意されている。


シャワーもあり、フロントで航空券を預けて利用することができるが、トイレ内併設となっているので余り使いたいとは思えない。

ひだり みぎ

いや、清潔なんですけどね。ただ、あまりに大便器・小便器との距離が近すぎて…。

続いて、お食事コーナーを見てみよう。利用客がが少ないからと言って手抜きされているということはない。
ひだり みぎ
香港らしく蒸篭に入った点心に4つ星ホテル水準以上に充実のサラダバー。

ひだり みぎ
もちろんタイ料理だって用意されているし、辛い繋がりでか韓国のカップ麺も置かれてる。

ひだり みぎ
ドリンクはビールやソフトドリンクだけでなく、スピリッツ系や赤・白ワインも飲み放題。また、泰国風情というヤシのアイスやメロンバーなどのレアなアイスクリームも食べ放題となっている。係員へのオーダー式だと遠慮しちゃうけど、ここでは気を使うことなく欲望のままにアイスを貪り食べれますw。


うむ、旨い!タイへの出発前に一足先のタイ気分!

飯は美味いしアイス食べ放題だし比較的空いてるし、香港国際空港のスタアラ系ラウンジの中では一番の穴場じゃないかな。

シャングリラホテルとシンガポール航空のInfinite Journeys

ここに来て徐々に増えてきた感のある航空会社とホテルのジョイントプログラム。昨日のSPGと東方航空のクロスオーバーリワードに続き、今日はシャングリラホテルとシンガポール航空が発表したInfinite Journeysなる事業提携の内容を紹介する。本件に関してシャングリラとシンガポール航空の連名でメールが届いたのは昨年9月末。既に鮮度の良くない腐りかけた情報だけど、なんか今月いっぱい予約分までのキャンペーンが開催されてるみたいなんで、敢えてこのタイミングで取り上げてみることに。

先ずは、シャングリラとシンガポール航空の提携内容についておさらい。先日のSPG-MUの提携と異なり、ステータスマッチ的なエリート会員へのファストトラックがオファーされているのがミソ。

Infinite Journeysについて

シャングリラとシンガポール航空は貴方を果てしない旅へと案内します。さぁ行こう、ピリオドの向こうへ(絶叫)!的な内容かw。

情報元:http://infinitejourneys.com/en/
Infinite Journeysの目玉は大きく3つ。1個1個見ていこう。

目玉1:2×Rewards
ポイント面での提携で、シャングリラ系列のホテル(シャングリラ・ケリーホテル・トレーダーズホテル・ホテルジェン)に滞在すると、シャングリラホテルのポイントに加えてシンガポール航空の500マイルが付与されるようになった。

目玉2:2-WAY REDEMPTION
ポイント価値の相関が取られ、SQとシャングリラ間でのポイント移行が可能になった。
ゴールデンサークルポイント⇒SQマイル:変換率は1対1.25で、MOQは2,500ポイント。
SQマイル⇒ゴールデンサークルポイント:変換率は12対1で、MOQは20,000マイル。年間180,000マイルまで。

試しに60,000マイルを5,000ゴールデンサークルポイントに移行した場合に何ができるか、調べてみた。
特典宿泊は一泊1,000ポイント~なので、シャングリラホテルグループの最下層であるコレクションAのホテルのスタンダードルームなら6泊できる。
[table id=82 /]
シャングリラ東京や香港島のシャングリラといった憧れのホテルは一泊9,500マイル~なので、120,000ものSQマイルを注ぎ込まんと泊まれない。一方、60,000マイルをそのままSQで消費するなら、日本からSQファーストクラスでシンガポールまで飛べるし、120,000マイルあればアメリカからシンガポールまでファーストクラスで飛べてしまう。腐る程ゴールデンサークルポイントやSQマイルがあるという場合を除き、ポイントの移行は極力控えた方が良さそうだ。

目玉3:2x RECOGNITION
これですよ、これ。今回の提携の最大の目玉はこれ。ポイントの獲得と上級会員特典がクロスオーバーされただけのSPG-MUジョイントプログラムと異なり、今回はステータスマッチがオファーされてるんですよ。しかも、シャングリラのミッドティア(ジェイド)から簡単にスタアラゴールドが頂けるという利用価値の高い内容になっている。もともとSQって他社エコ便のマイル積算率も高めで比較的簡単にゴールドステータスが取れてたとはいえ、ちょっと安売りし過ぎじゃないのだろうか。下記の通り、3搭乗でジェイドからSQゴールドだもんな。一方、SQ最上級ティアのゴールドからのステマはジェイド止まりという…。SQゴールドから5滞在で香ダイヤとかだったらSQ修行のし甲斐があるんだけど。

シャングリラジェイド⇒シンガポール航空:SQ銀確定。その後、4ヵ月以内にSQ便またはシルクエアー便に3搭乗でSQ金に*。
シャングリラダイヤモンド⇒シンガポール航空:SQ銀確定。その後、4ヵ月以内にSQ便またはシルクエアー便に1搭乗でSQ金に*。
シンガポール航空の金会員・PPSクラブ会員⇒シャングリラ:シャングリラ金確定。その後、シャングリラ系列に1滞在でジェイドに。
*マイル積算対象外のGクラスは対象外となるので要注意。

ここで、シンガポール航空とシャングリラホテルの会員制度を見ていこう。
[table id=80 /]

[table id=81 /]
これ、世界中のアメプラジェイド組みからSQゴールド(スターアライアンスのゴールド)へのステマ申請が殺到したんじゃないのだろうか。アメプラを持っていれさえすれば、シンガポール経由でどこかに旅行行くだけでスタアラゴールドだもんな。これが永年続くのであれば、修行してSFCに解脱する必要もなくなってくるという話。

以上、ここまでがInfinite Journeysの内容のおさらい。ここからが現在オファー中のプロモ紹介となる。

Infinitely More Rewardsについて


情報元:http://infinitejourneys.com/en/doublerewards.html
シンガポール航空とシャングリラホテルの両方でプロモが開催されているので、別々に見ていこう。

シンガポール航空のプロモーション:
内容:シンガポール航空・シルクエアーでの往復旅行一発目がダブルマイル
予約期間:2017年1月31日迄
旅行期間:2017年1月1日~5月31日

シャングリラホテルのプロモーション:
内容:シャングリラホテル系列の宿泊でダブルボーナスポイント
予約期間:2017年1月31日迄
旅行期間:2017年1月1日~5月31日

予約の段階で今回のジョイントプログラムに参加していなければプロモでのボーナスポイントを得ることができないので、くれぐれも参加漏れのなきよう。

シンガポール航空 A330ビジネスクラス クアラルンプール―シンガポール

今回は香港⇔シンガポールの往復をマレーシア航空のクアラルンプール経由で手配したのだが、MHのB738を四連発というのも味気ないことこの上ないので、KUL⇒SINだけはコードシェアのSQ便で移動することに。SQの短距離路線の多くは子会社のシルクエアに移管されてしまい乗りずらくなってしまったが、KUL⇔SIN間は今でもSQ便がデイリーで5便も飛んでいる。


ホテルから空港への移動はタクシーで。椰子畑を切り開いて作ったような幹線道路を超高速でつっ走り、ウェスティンから1時間弱で空港着。2016年1月からは、KLIAエクスプレスの運賃がRM35からRM55へと大幅値上げとなったようなので、これからは二人以上のでの移動だとタクシーの方が安くつくことになる。


空港に入って直ぐ、フェロモンをムンムンにまき散らしながら颯爽と歩くマレーシア航空のCAの後ろ姿に思わず視線が釘づけになる。制服が体のラインにフィットし過ぎなのもあるだろうが、肉付きが白人みたいで妙にムッチリしてて肉感的。ついつい見とれてしまいますw。

ひだり みぎ
SQ運航便だったことを忘れてマレーシア航空のチェックイン窓口に向かい、「予約が無い」と撃沈。シンガポール航空のカウンターへと移動して改めてチェックイン。担当は空港スタッフではなくSQの自社スタッフだと思うけど、至って事務的。「シンガポール行きですか?」「ゲート番号は○○、搭乗時刻は○○。では、御機嫌よう。」的なことしか口にせず、ビジネスライクなサクサクとしたスマートな対応が印象に残った。イモ臭く鈍臭いながらも人間味溢れる感じのマレーシア航空とは対照的。


搭乗券を入手し、出国手続きへ。聖地メッカ参拝ツアー組みなのか、白装束を纏ったオバQやシェフハットみたいな純白の帽子を頭に乗っけたオッサンの人波を掻き分け出国。


思わず超大所帯でメッカを目指すムスリムのこんな絵が頭に浮かぶ。

出国後はシャトルトレインでぴゅーっとシンガポール航空のクリスラウンジがあるサテライトターミナルへと直行。
ひだり みぎ
国際線の大型機・長距離線が利用するターミナルなので、商業施設・トランジットホテル・各社航空会社ラウンジが揃い、サテライトなのにメインターミナルよりも立派な造りとなっている。

ひだり みぎ
ゲートC11方向に進み、エスカレーターで2階に上がった先にあるシンガポール空港とシルクエアのシルバークリスラウンジ。内部の席数は30席程度と非常に狭く、窮屈に配置されたソファーが圧迫感を更に強めている。かの有名なシルバークリスラウンジだったので期待はしていたが、どうも余りゆったりと寛げる雰囲気ではないし、隣席との距離が近いので色々と気を使う。まぁアウェイだししょうがないのかな。

ひだり みぎ
ウェスティンでごっつい朝食を食べたばかりで腹一杯なので、ここでは観察だけ。

ひだり みぎ
ちょっとバラエティに欠けるかな。同じスタアラ系のタイ国際空港のラウンジと同じ餌となっているとのことだ。


朝だから流石に飲み耽ってる呑兵衛はいなかったが、ハードリカーは豊富。

さて、腰を下ろして適当にブログでも書くかと思ったところに仕事の電話が入り、資料を印刷する必要が生じてしまう。クリスラウンジにはビジネスセンターがなかったので、プリンター探しの旅へ。

マレーシア航空で発券してても今日はSQ運航便での移動なのでMHラウンジは入れず。

結局ここへ…

CXのダイヤモンドパワーで入室させてもらう。ありがとうございます。

ひだり みぎ
ありましたありました。プリンターが一台。これで事なきを得て、ゲートへと向かう。

ひだり みぎ
ゲート直前での荷物チェックから搭乗手続き。パッセンジャーの中にオバQ集団は皆無で、殆どが小ざっぱりしたビジネスマン。ビジネスマンの需要に支えられた路線なのだろう。


子供連れよりも自社上級会員よりもビジネスクラス利用者が優先されるのがいかにもシンガポール航空らしい。CX/KAの子連れ優先搭乗に慣れた中華オバサンが発狂してSQスタッフに冷たくあしらわれる姿が目に浮かぶ。


機材は短・中距離路線用のA330-300。関西・中部・福岡とシンガポールを結ぶ路線でも飛んでるのかな。


ビジネスクラスはキャメル色のプレミアムレザーで仕上げられたシェル型シートが「2-2-2」の配列で30席、エコノミーの方は「2-4-2」の配列で255席となっている。

ひだり みぎ
CXのリージョ用シートのリクライニングとは違い横になって寝られるし、シェル型なので前席のリクライニング角度を気にすることなく寛ぐことができる。A380や777-300ERのフルフラットキャビンには敵わないものの、レム睡眠に入る前に目的地に着いてしまう1時間程度のフライトには十分すぎるプロダクトである。

ひだり みぎ
左手の収納ポケットにはユニバーサルプラグやUSBポートを完備。右手にはリクライニングや照明の操作ボタンにエンターテイメントシステムのリモコンが備わっている。


スライド式のパーティションを最大限に引っ張るとこんな感じ。プライベート感は無いけど、まぁリージョ便なんでね。


足元の広さと合わせてモニターの大きさがお分かり頂けるだろうか。迫力を感じるくらいドでかい。


この路線では無用の長物だけど、シンガポール航空の機内エンターテイメント・システム「クリスワールド」には最新のヒット作や邦画を含む100以上の映画、170以上のTVプログラム、80種類のゲーム、740種類ものミュージックCDが用意されている他、コネクターを繋いで自分のiPod/iPhoneに入った音楽や映像もモニターで楽しめるようになっている。

ひだり みぎ
SQ機内誌のクリスフライヤー。SQのシンボルにもなっている“シンガポールガール”の制服にはシンガポールの伝統衣装・サロンケバヤ+特殊サンダルが採用されているが、色彩は階級ごとにバリエーションがある。

紺・・・CA
緑・・リーディングCA
赤・・・チーフCA
紫・・・客室総責任者

全体的に柔らかさがあり、色使いが鮮やかで独創的。胸元と背中が大きく開いているこのサロンケバヤを綺麗に着こなせるというのもシンガポール航空のCAの絶対条件とのことで、噂では、入社時に採寸して作った制服が着られなくなったら解雇となるそうだ。

一方、男性乗務員にも当然ながら階級があり、ネクタイの色が水色・エメラルドグリーン・赤・紫と分けられている。スチュワーデス・スチュワードという性差を持つ単語は久しぶりに見ましたわ。

本日のフライトは緑ケバヤ1名、紺ケバヤ1名、水色ネクタイ1名の合計3名がビジネスクラスのキャビンを担当するようだ。乗客がある程度揃ったところで緑のサロンケバヤに身を包んだリーディングスチュワーデスさんがドリンクと新聞を持ってきてくれるところからサービスが開始される。

ドリンクは水・オレンジジュース・アップルジュースの3種類、新聞はStraight Timesの一択。

ひだり みぎ
新聞を読む間もなく飛行機は定刻通りにきっちりと離陸。滑走路の向きの都合によりシンガポールとは逆方向に離陸した後、180度旋回してシンガポールへと南下する。

離陸後まもまくシートベルトサインが解け、給餌タイム。
ひだり みぎ
「Here you go」と渡されたのはillyのコーヒーと空港で買い付けたかのような中身の少ないトルティーヤ。サクッと食べてサクッと回収。味わう暇も余韻に浸る暇もなく給餌タイム終了。


マレー半島の海岸沿い南下。天気も悪く景色的にも非常に見応えの無いフライトだ。

ひだり みぎ
高度を下げ、熱帯特有の緑がかった青い海に浮かぶ商船の群れが見えてきたら、もうシンガポールのチャンギ国際空港は目の前。


着陸。空の上にいたのは40分程度だろうか。時間が短すぎて定評あるシンガポール航空のサービスを存分に堪能できなかった残念さを感じつつ降機、ホテルへと向かう。



Booking.com

【2016年シンガポール旅行記】