カタール航空アルサファファーストクラスラウンジ(Al Safwa First Class Lounge)

ドーハに着いて先ず向かうはドーハ名物・カタール航空のアルサファファーストクラスラウンジ(Al Safwa First Class Lounge)。

このアルサファラウンジ、何が特別かって、羽田や香港のファーストクラスラウンジとは異なりワンワールド上級会員ステータスの印籠をもってしても入ることはできず、ファーストクラス利用客のみが入室を許されるという敷居の高いが高く特別なラウンジなんですわ。バンコク⇒ドーハはファーストクラスだったが、ドーハからオマーンのサラーラに向かう乗継便にはファーストクラスが無くビジネスクラスになるのだが、果たして入れてもらえるのだろうか。不安と共にラウンジを目指す。

時計を見るとカタール時間23:30。サラーラ行きの出発時刻は01:45なので、ボーディングまでは2時間切ってるので急ぎ足でラウンジへと向かう。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
飛行機を降り、係員の誘導に従って歩いていたら荷物検査とかも何も無く普通にそのまま出発フロアへ。

巨大な空間の中に殆ど人のいない何ともいえない不気味さの中、ラウンジのあるコンコースA・コンコースB側へとシャトルで移動。
ひだり みぎ
アイコン的存在のクマが鎮座する空港の中心部に着くも、ラウンジが沢山あって紛らわしく迷うw

Al Safwa First Class Lounge:ファーストクラスの乗客限定
Al Mourjan Business Lounge:ビジネスクラスの乗客限定
First Class Lounge:QRプラチナ会員+ワンワールドエメラルド会員用
Business Class Lounge:QRゴールド・シルバー会員+ワンワールドサファイヤ会員用
Al Maha Services Lounge:トランジット乗客用?
インド人顔負けのカースト制度w

係員に道を尋ねながらアルサファを目指し、漸く辿り着いたエントランス。

この長いエレベーターを上った先に…

ひだり みぎ
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!エントランスからして超別世界。入室が許されるか些か不安ではあったが、バンコクからの搭乗券と乗継便の搭乗券を提示すると、あっさり過ぎるくらいあっさりと入室許可を賜ることができた。


館内地図。左半分がファーストクラスラウンジで、右半分がアルムルジャンラウンジ。ファーストクラスの乗客限定ということで利用客は限られているだろうに…地図だけ見るとすっごい広くて古代遺跡のよう。

とりあえずこの奇妙な世界に足を踏み入れてみる。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
床や壁の独特の質感が宗教性溢れる独特の世界観を創り出していて、神様に扮したモーガン・フリーマンとかが歩いてても違和感ない感じ。空港の雑踏からも隔離された静粛さと人口密度の低さもまたこの宗教性を増幅させている。


天界から水が降り注いでるし。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
歴史あるタイルや壺などがさりげなく展示された館内は中東美術をテーマとした博物館ぽくすらあって、内部を徘徊しているだけでも楽しめる。

食事

ひだり みぎ
メインダイニングエリアへ。ここからは復路での利用時に撮った画像もセットでご紹介をさせて頂きます。

ひだり みぎ
手前にバーカウンターがあって、暇で死にそうにしていたバーテンダーに声をかけられる。


捕まったw。

【2017年12月度時点でのドリンクリスト(一部抜粋)】
Champagne:
Pommery Cuvee Louise Brut 2002
Philipponat Brut Rose Reserve

Red Wine:
Chassagne Montrachet 1st Cru 2011
Billa Maria 2015
Buchegger Gebling 2011

White Wine:
Chateau Leoville Poyferre 2008
Fox Creek Maclaren Vale 2013
Losada Vinos de Finca 2011
Castle Rock Pinot Noir 2012
Altano Douro Reserva 2013


一杯やってからダイニングエリアに着席。


お料理が来るまでの間どうぞ…ともう一杯。今度は普段飲まないロゼで。


オーダー式とのことで、ロブスターのテルミドールと“Festive Pudding”を注文し、合わせて“本日のカクテル”もお願いすることに。メニュー画像はクリックで拡大可能。

ひだり みぎ

味付けがこれでもかというくらいに中東風…

ひだり みぎ
ひだり みぎ
こちらはパリ行き便の前に頂いたフルコース。2017年12月⇒2018年1月と月を跨いだ利用だったがメニューは変わらずだった。

続いて朝食メニュー。


獲物の匂いを嗅ぎ付けた熊のように香ばしい匂いに誘われダイニングスペースへ、Al Safwaスペシャルを頼むもこれと言って特に特別感がない。

あとはもう一か所小さくてカジュアルな雰囲気のダイニングスペースがあって、こちらでは手巻き寿司やサラダが置かれてる他、ライブキッチンでサンドイッチ等の軽食を作って頂ける。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
エビやらチキンやらチーズやらズッキーニやらサンドライトマトやらと具材を指定すればシェフがお好み通りに仕上げてくれる。

シャワー・ゲームルーム・ペアレンツルーム・ファミリースペース

シャワールームを探していたところ、ゲームルームに彷徨いこんでしまう。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
カーレーシングゲームは電源が落とされていて、プレーするにはレセプションに連絡する必要があった。素晴らしい飲酒運転テクを披露してやりたかったが、一人だと流石に頼みずらいので遠慮することに。


ひだり みぎ
シャワーでさっぱりしてから往路はサラーラ行きの搭乗ゲートへと向かいやした。

クワイエットエリア

復路はオマーンのマスカットからドーハ経由でパリへと向かうのに13時間程の乗継時間があったので、馬小屋ことクワイエットエリアを使わせて頂くことに。

施錠可能な個室にベッドだけでなくシャワーやテレビまで付いているクワイエットエリア。まぁ言うならば仮眠室みたいなもんですかね。ラウンジの開業当時は制限時間無しに使えたみたいだが、いつからかルールが改悪となり、今では最大6時間までという制限が設けられている。これが本当に厳しくて、他に利用客がいなくても6時間ルールは厳守されているし、体質が少しでも遅れようものなら電話とノックによる攻撃で叩き起こされるようだ。

ひだり みぎ
ベッドもふかふかだし、寝るだけなら言うことなし。ただ、やっぱり6時間縛りの制限がなぁ。今回も03:00過ぎにチェックインすることになり朝早くからベッド難民に。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
そこらへんのトランジットホテルよりマシでホテル要らず。

砂岩の壁と古代アラブ世界の骨董品やコーランなんかの装飾がなんともイスラームなアルサファラウンジ。なんかもう凄すぎて他のラウンジと比べようもないというか、単なるラウンジを超越した何かだわ。凄いの一言。

カタール航空A380ファーストクラス搭乗記 バンコク⇒ドーハ

さぁ、いよいよ中東の地まで飛び立つ時がやってきた。 19:30バンコクスワンナプーム国際空港発で22:55ハマド国際空港着と、ドーハまで7時間25分の空の旅となる。

暑くて汗疹にならないのかと見ているこっちが心配になりそうな黒装束を全身に纏った方々や白人旅行者と共に向かうはカタール航空A380が待つ出発ゲート。驚くべきことにバンコク⇒ドーハはカタール航空がこの日だけで6本も直行便を飛ばしていて、機材もA380・A340・B787・B777ERと選び放題。

カップル仕様の2人用ダブルベッドやグループ仕様の4人用プライバシー空間まで作れちゃうB777のQsuiteという新型ビジネスクラスも試してみたかったけど、どこまでいっても向こうはビジネスクラス。子沢山なアラブ富豪ファミリーに騒がれたりしたら堪ったもんじゃないんで、今回は無難にFクラスのあるA380を選択した。

ひだり みぎ
画像はカタール航空公式サイトから拝借。こんなん閉ざされた空間でカップルがいちゃついたりグループが宴をあげたりやりたい放題じゃないっすか。個人利用者のプライベート空間が確保される一方で同行者との共有空間の確保が難しかったスタッガードタイプやヘリンボーンタイプといったビジネスクラスシートに対する次世代型シートとしてグループでの利用客には需要があるんだろうが…

話を今回利用するA380に戻すと、こちらはエコノミークラスだけで461席もある二階建ての大型機材。1階の座席は全てエコノミークラスに割り当てられており、ファーストクラス8席とビジネスクラス42席は2階部分に集約されている。
ひだり みぎ

ボーディングブリッジも1階行きと2階行きに分岐していて、ワイは機体の2階部分へと続く軽いスロープを上ってご搭乗。


機内に乗り込むなり、ミスターポンズでしょう?と担当CAのユリアさんに声をかけられる。唯一の東洋人だから一目見てワイがミスターポンズだと分かったらしい。更に予習ばっちりなことに、今回がワイのカタール航空デビューとなることや、年明けにドーハからパリまで飛ぶことなんかも把握されていた。また、話の流れから年越しはドーハでお迎えになられるのですかーなんて聞かれて年越しイベントについても教えてくれたんだけど、ごめんこっちは年越しはオマーンなんすわ。おまーん。ニューイヤーインオマーン。

ドーハで年越しせず申し訳ない気持ちにさせられながら、中東美人のユリアさんにエスコートされ我がシートの1Aへ。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ゴージャスを極めたエミレーツのファーストクラスとは対極的なシンプルで洗練されたシート。縦83インチ(210.82cm)× 横23インチ(58.42cm)と先に乗ったキャセイのB777-300ER程ではないにしろ十分な広さだし、エンタメスクリーンも26インチと液晶テレビ並みの大きさだ。


年々プライベート化が進むファーストクラスのシートであるが、同じく中東御三家のエミレーツやエティハドのA380ファーストクラスとは異なりカタールは個室タイプでない開放的なデザインのシートとなっている。

オーバーヘッドコンパートメントは設けられておらず、収納スペースが無いなぁと思ったら1列目席の前に設けられた共用クローゼット的なスペースにぶっ込こむ仕様らしい。そして共用クローゼットのお隣には共用ミニバーも。エミレーツとの比較ばかりで悪いんだけど、「うはあ!」と度肝を抜かれた座席横のパーソナルミニバーもカタール航空には無いので、その代わりの共用ミニバーなのでしょう。
ひだり みぎ
ドリンクとかスナックとかチョコチョコっとした小物を好きな時に好きなだけどうぞ、と。席を立つのすら億劫という無精者はボタン一つでCAさんが好きな物を持ってきてくれたりもするので実質的にはパーソナルミニバーと変わらない。消化されただけストックアップされていくし。

荷物の収納も終わり座席周りを観察していると、シャンパンを開栓する景気の良い音が聞こえてきて、キラースマイルのユリアさんがシャンパンを持ってやってきた。

KRUGキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!。ということで先ずは一杯。香港とバンコクで胃袋をセーブしてきた分、ここで食欲酒欲を発散させる。

さて離陸後は何を頂いたるかとドリンクメニューをペラペラっとめくってみると、Krug以外にも名酒が揃っていて目移りしてしまう。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
Krug Grand Cuvee Brut
Taittinger Prestige Rose
Vincent Girardin Chassagne-Montrachet 1er Cru Morgeot 2010
Saint Clair Family Estate 2015
Gustave Lorentz Reserve 2015
Chateau Ducru-Beaucaillou, Saint-Julien, Grand Cru Classe, 2009
Fox Creek, Short Row, 2014
Errazuriz, Don Maximiano, Founder’s Reserve, 2009
Domaine Zind-Humbrecht, Vieilles Vignes, 2010
Gran Cruz, Porto, 1992
聞いたことないけど名前からして高そうなワインが並んでいるし、ワイン音痴な自分のような乗客の為に解説が掲載されているのもポイント高い。


ワインリストを眺めていると、中東キャリア定番の黄金ポットに入ったアラビックコーヒーと袋入りデイツがやってきた。出発前から中東気分が盛り上がってきたぞ。


ひだり みぎ
中東気分といえば、ラゲッジメーカーBRICSのアメニティポーチも砂漠色でどことなく中東風…。ネイビーを希望したんだけど残念ながらこれしか無いと。確かに砂漠が好きで渡航先のオマーンでもルブアルハリ砂漠で砂遊びしてきたいとは言ったけど、この色のポーチや靴下は趣味じゃない。

あとは代わる代わるCAの方がご挨拶に来てくれたりして楽しんでいるうちに出発時刻となり、定刻通りの19:30にバンコクを出発した。キャセイのCAチームに更にダイバーシティを加えた感じで本当に面白いわ、カタール航空。ハマりそう。

巨体をいかした安定した飛び出しで揺れを感じることなく離陸し、シートベルトサインが消えると同時に始まる機内食タイム。香港・バンコクと胃袋をセーブ気味にきたので、ここで一気に食欲を爆発させますよ。

Soup:
Creamy Tomato Soup with Basil

Appetiser:
Oscientra Caviar
Signature Arabic Mezze
Roast Beef Tenderloin with Caramelised Onion
Panko Crushed Snow Fish with Egg Noodle Salad

Main:
Grilled Stuffed Chicken Breast with Wild Mushroom
Stir-fried Mie Goreng Noodles with Prawn
Lamb Bamia with Kabsa Rice
Vegetable Fried Rice with Tofu and Cashew Nut Sauce

Cheese Plate:
Emmental, Cambozola, Red Cheddar, Camembert

Bread:
A Selection of Artisan Breads

Dessert:
Apple Tarte Tatin with Vanilla Cinnamon Sauce, Raspberry Coulis
Chocolate and Ginger Tart with Cinnamon Creme Anglaise
Gourmet Ice Cream
Seasonal Fresh Fruits

Light option:
Selection of Hot Arabiv Mezze
Pomelo Pimento Salad with Smoked Salmon
Grilled Chicken Sandwich in Ciabatta Bread with Pesto Mayonnaise
Selection of sweet and savoury assortments
A selection of artisan breads



いきなりきたー、キャビア。

ひだり みぎ
キャビア専用の白蝶貝製風スプーンや幾何学模様付きテーブルクロスなんかにもアラブな高級感が感じられる。

ひだり みぎ
キャビアを食べ終えると、アペタイザーの白身魚フライとメインのチキン胸肉のポメリーマスタードソース和えが順にやってきた。メインはガッツリした胸肉にかぶりつけると期待していたのだが、中がごっそりと刳り抜かれて中東風テイストのキノコリゾットが詰め込まれていたので個人的にはガッカリ。でも確かに今メニュー見返してみたらGrilled STUFFED Chickenて書いてあったわ。チキンを丸かじりしたい欲求からStuffedの部分を飛ばしてみてしまったのかもしれんw

ひだり みぎ
サクッとメインを食べ終えチーズとデザートコースへ。


“グルメアイスクリーム”だけでは食べ足りず、コーヒーと合わせてチョコタルトも追加注文。本当はメインの中東シチューを頼みたかったんだけど、ふと我に返ってドーハに着いてからもアルサファラウンジ飯が控えてることを思い出してはたと思い留まった。

映画を見ながらゆっくりと食べていたこともあり、「食ったわ~」と思って時計に目をやったら既に香港時間00:00過ぎ。他の乗客の皆様も食事を終えたようで、ちょうどワイが食べ終わって直ぐくらいに消灯となった。バーラウンジも試したかったけど、ビジネスクラス後方にあって遠いし、また年明けのドーハ⇒パリ便で利用機会があるので今回は大人しく顔を洗ってから眠りにつくことにする。

こちらはドーハ⇒パリ便でお世話になったバーラウンジ。用意されているお酒は基本的にビジネスクラス用なので、単純にお酒が飲みたいだけであればCAの方に頼んで席まで持ってきてもらった方が良い。バーテンダーや他の乗客との交流を楽しみたいのであればアリだけど。

ひだり みぎ

消灯後のちょっとエロい感じのトイレ周り。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
トイレの内部もエミレーツからシャワーを取り除いたようなイメージで非常に広々としていて、立派な薔薇の花なんかも花瓶に挿されてる。ここでも寝れるわ、ワイ。いや、なんだったら暫く住めさえするわ、ここに。

ひだり みぎ
引き出しには歯磨きセット・マウスウォッシュ・シェーバー・綿棒・櫛といったホテルの部屋かのようなアメニティが一通り揃っていて、手洗いグッズもRITUALのボディミスト・ハンドローション・フェイスローションが用意されている。


トイレ行く前に声かけられたCAさんに「もう寝るわー」と告げていたからでしょう、寝支度を済ませて座席へと戻ると簡単なベッドメイキングが済んだ状態になっていた。

ということで暫しのあいだ眠りに就き…気付けば機体はドーハへ向けて降下を開始、窓の外には突如として街が見えてきた。香港を発って既に13時間超、時刻は既に香港時間04:00になろうとしているが、初の中東旅行に胸ワクワクで眠気は一気に消え去った。今から7時間後にはルブアルハリ砂漠の中に失われた砂漠のアトランティスことウバールの地に自分がいるであろうことがとても信じられん。