エレバンでの夜 お勧めレストランとバー

新しい日、新しい国。ジョージアで起きた嫌なことは忘れてポジティブなことにフォーカス。ジョージアで食い損ねた分までアルメニアで食い倒したるで!ということでアルメニアの美食を求めて夜のエレバンの町を徘徊します。


気温マイナス5度と腹周りのミートテック以外に防寒具を持ってきてない自分には外に出た瞬間に酔いが覚める寒さ。そんな中、向かった先はホテルのスタッフに教えてもらった手頃で美味しいと評判の伝統的アルメニア料理屋。

Karas National Food Chain


意気揚々とホテルを出発したのですが、あまりの寒さにホテル近くのファストフード店で妥協することに。


ロシアとペルシャ要素が掛け合わさった感じのアルメニア料理の数々がメニューに並ぶ。英語での表記があるだけでなく、ところどころ実際の料理の写真も盛り込まれてるので注文しやすいです。


さーて、食うぞ!どれも美味そうだ!「ちょっとそれは多すぎじゃ…」と心配するウェイターを制して写真付きで紹介されてた代表メニューから3品とビールを発注。ベルトの穴を緩めて挑みます。


パカっ。お洒落なビーンスープ。スープの容器代わりのパンまで完食する勢いだった。

ロシアっぽいビーンスープ、アルメニア料理の代表格でハリサという鶏肉とバターを入れた小麦粥、そしてペルシャ風シシケバブという統一性の無いコンビネーションでしたが、それぞれ個性があって楽しめました。

そして驚いたのはお会計。これだけ食べてAMD3,580(≒JPY820)とか、アルメニア最高かっ!

【Karas National Food Chain】

所在地:20 Mesrop Mashtots Ave, Yerevan
公式サイト:https://karas.am/en/
電話:+374 10 325555

勢いづいて、一人二次会タイムに突入。食べ過ぎて胃袋破裂しそうだけど、ここで立ち止まる訳にはいかないという謎の義務感に突き動かされ、ホテルの前にあるビアバーDargettへ。

Dargett Craft Beer Bar

ひだり みぎ
ソ連時代の集合住宅の一階部分を改装したかのような作り。ワイワイ友人通しで集まって飲むグループ、恋人とまったりするグループ、一人で黄昏ながら飲む会社員などなど、幅広い客層に愛されてるクラフトビールバーのようです。

ひだり みぎ
ここでもメニューを見て衝撃。一国の首都ド真ん中のオシャレバーなのに、クラフトビールが一杯200円〜とか。アルメニア、控えにいっても天国です。


店員や周りのお客さんとも面白くてガンガン飲む雰囲気になっちゃって、この日は全メニューを制覇する勢いでぐびぐび飲みに飲みまくりました。


クラフトビールバーらしい一品・ビールとティラミスを掛けた創作デザートBeeramisuも美味。安くて美味くて店員最高!エレバンのDargett、文句なしにお勧めです。

かなーり良い感じに酔っぱらったんですが、いまだにマスターが言ってた “俺らはビールの風味と味覚で遊んでるように見えるけど、全てが新しい発見の為の実験。実験を積み重ねて、いつかはビールという言葉の解釈に革命を起こすような存在になりたいんだ”という熱い言葉は強烈に覚えてる。自分の商材にこれだけ熱くなれるなら、必ず成功しますよね。翻って自分は何してるんだろう。自分のやりたいことで起業して勝負するのもありなのかなーって思わされたエレバンでの夜でした。

【Dargett Craft Beer】

所在地:72 Aram Street, Yerevan 0001
公式サイト:https://dargett.com/en
電話:+374 96 870870

Related posts(関連記事):

宿泊記 コートヤードバイマリオット トビリシ(Courtyard by Marriott Tbilisi)
トビリシでの宿も、マリオット系のコートヤードバイマリオット トビリシ(Courtyard by Marriott Tbilisi)。 バクーでは20:00in-20:00outのyour24を申請しましたが、ここでは10:00in-10:00outでyour24の権利を行使。トビリシに着くなり真っ先にホテルへと向かいました。せっかくのアンバサダーステータス、思いっきり特典を使い倒させて頂いて...
宿泊記 国を代表する名門ホテルが1泊1万円 アルメニア マリオットホテル エレバン
急遽泊まることになったHoliday Inn Expressも良かったけど、エレバン2日目からは元々予約をしていたマリオット(Armenia Marriott Hotel Yerevan)へと移動することに。 レートは11,000円ちょい~と、カテゴリー4のマリオットにしてはお手軽。 旧ソ連時代の1958年に国営アルメニアホテルとして開業した歴史あるマリオットホテル。町の中心となる...
バス(ミニバン)でジョージアのトビリシからアルメニアのエレバンへ移動する
ジョージアに着くなりジプシーの強盗団に襲われてしまうという不幸に見舞われたこともあり、トビリシ滞在を1泊で切り上げアルメニアのエレバンへと移動することに。悪いことの後に良いことの倍返しが待ってますように… トビリシ→エレバン 列車 or バス トビリシからエレバンへの陸路移動は国際列車かバスの2択。 列車は冬のオフシーズンだと隔日20:20発の夜行列車のみなので、一刻も早くジョージアから脱出...
アゼルバイジャン入国 バクー・ヘイダル・アリエフ国際空港でのアライバルビザ情報
イスタンブルからアゼルバイジャン航空機に乗り、アゼルバイジャンの首都・バクーのヘイダル・アリエフ空港にやってきました。 ヘイダル・アリエフといえば、アゼルバイジャン建国の父であり、超絶な親日家として知られた一代前の大統領の御名前っすね。彼の影響が今でも強く残っているのか、なぜだかアゼルバイジャンの空港で発給される30日間滞在可能なアライバルビザの料金が日本人だけ無料になってます。同じ民族でO...