宿泊記 テヘランでの滞在先 Ferdowsi International Grand Hotel

イランに来るにあたって一番困ったこと、それは宿泊先の確保。
イランにはエアポートホテルのノボテルとイビス以外に大手外資ホテルは展開していないだけでなく、アゴダ等の予約サイトでもイランの宿は殆ど取り扱ってないですからね。
テヘラン到着後に自分の足で周ってホテルを探すなんてバックパッカーばりの曲芸もあったけど、ホテルの予約なしだとそもそも入国すらできない可能性すらありますし…。

困った困った。
もうね、仕方なく適当にローカルサイトをあたりまくりまして。
口コミとかも殆どなくどんなホテルかも良く分かりませんが、適当にヒットしたFerdowsi International Grand Hotelを予約してみました。ホテルの公式サイトでの直予約で、サイト内で予約したら速攻で予約確認のメールが飛んでくるなど、中々の対応。InternationalとかGrandって付いてますし、国際的でそれなりのホテルなんでしょう。

レートは、Twin VIP With Free Breakfastという空港でのピックアップ付きプランで一泊込々US$60でした。
空港からの移動は渋滞無しで1時間程。地下鉄駅も近いし、ゴレスターン宮殿・バザール・考古学博物館といったテヘラン市内の見所も徒歩圏内に集まっていて観光にはうってつけの便利な立地にあります。


自称四つ星ホテルだけあって、思いのほか立派なホテルで一安心。エントランス前の道路は保安検査をパスした車輛しか入れないようになっていたりと、セキュリティ面もばっちりで安心して泊まれますし。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ローカルサイトでペルシャ風ホテルと紹介されてことが決め手の一つとなってここを予約したんだけど、頭に想い描いてたペルシャの感じとはちょっと違いましたかね。チャラいドアマンの風貌も含めてモダンペルシャな感じが凄いです。


廊下も凄いド派手なテイストで、ハウスキーパーの御婆さんも魔女みたいな感じでしたw

部屋:Double VIP With Free Breakfast


ひだり みぎ
部屋も真っ赤でラブホみたいなデザインだったらどうしようw なんて心配をよそに、室内は普通に落ち着いた雰囲気で、ところどころ控えめなペルシャ文化要素が盛り込まれてて異国情緒ある感じです。

_20190207_103124
wifiのユーザーネームとパスワードも異国情緒ありすぎて読解不能。Englishを選択してUsernameとかは英語になったのに、肝心のところがペルシャ文字になったままというねw


壁には傾城傾国のペルシャ美女の絵が飾られているのですが、これがまた見れば見るほど吸い込まれていきそうというか。単に写実的だけでなく、妙に奥行きがあって立体的なんですよね。夜になってこいつら動き出すとか、絵画の中の世界に引きずりこまれるんじゃね?ってくらい少し気味が悪い作品でした。



ペットボトルの水、金庫、ハンガー、スリッパなどなど、必要な物は粗方揃ってるかな。

ひだり みぎ

ウェルカムフルーツとスイーツは食べてなくてもデイリーで追加されていくという気前の良さw

水回りも清潔で良いじゃないですかー。流石はグランドにインターナショナルなホテル!
ひだり みぎ

ただ、インターナショナルと言ってもやっぱりアメニティ類はイランの国産品オンリー。

朝食


ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
朝食は見た目も味もエキゾチックなペルシャ料理中心。

ひだり みぎ
窯も完備してて、焼き立てのナーンを用意してもらえます。

ひだり みぎ
焼けたぜーっていって陽気なにっこりナーン配給おじさんが焼き立てナーンをホイってテーブルに置いてくれるんだけど、分量が明らかにファミリー用。


スープにナーン、ソーセージにナーン、チーズにナーン、ジャムにナーン。誰とでも合わせられるし単独でも良い味出す。やばいナーン万能選手すぎるやで。
パリっとカリっとした仕上がりだったら肉やら茄子やらチーズやらを載せクリスピーピザのようにして食べたり、モチモチ感強めだったらクリームやデーツと合わせてクレープにしてみたりと、その日の状態によっても使い分けられますし。最強の主食じゃないですかナーン選手!

チェックアウト

支払いは米ドルでの現金支払いが良いでしょう。アメリカ資本のビザやマスターカードも8%の手数料を上乗せすれば使えるとホームページ上では謳われてますが、私が泊まった時はダメでした。経済制裁が続いているうちは無理でしょうね。

もっとネタ的なトラブルやイベントがあるかなーと思ってたんですが、意外にといったら失礼ですが普通に泊まれてしまいました。次にまたテヘランに来ることがあったら間違いなくまたここに泊まると思います。

【Ferdowsi International Grand Hotel Tehran】

所在地:Tehran, No.20, Kooshk e Mesri street, Beginning of Ferdowsi Ave., North of Imam، Khomeini square،
電話:+98 21 6672 7026
公式サイト:http://www.ferdowsihotel.com/en

Related posts(関連記事):

【速報】SPGエクスクルーシブオファー 2017年度一発目
ここで突然ですが、緊急速報です。 一定の徳のお高~い会員様のみを対象にしたSPGのターゲットプロモが始まったようであります。 ターゲットプロモは定期開催される通例のプロモより破壊力のあるオファーが出される確率が高いですからね。 自分の会員番号を入力するだけという天賦運否の阿弥陀籤。当たればデカい、当たらなくてもノーリスクというルーザー無しの太っ腹企画。思えば昨年も自分は「ソーリー」を引...
アコーホテルズ プロモ×4(2017年6月~)
アコーホテルズで開催中のプロモに関しての纏め。セール系オファーはガン無視で、ポイント系オファーに絞って「アジア3倍ポイントプロモ」「ヨーロッパ・中東・アフリカ3倍~4倍ポイントプロモ」「タイ・ベトナム・カンボジア・ラオス・ミャンマー・フィリピン3倍ポイントプロモ」「新規開業ホテル 4倍ポイントプロモ」の4件をピックアップした。 アジア3倍ポイントプロモ 内容:対象ホテルに宿泊で獲得ベースポイン...
ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ 宿泊記
これも去年の話だけど、バンコクのチャオプラヤ川沿いにあるロイヤルオーキッド・シェラトンに3泊してたんで今更ながら過去の記憶を穿り返して宿泊記を。 マンダリンオリエンタル・ペニンシュラ・アナンタラ・シャングリラと錚々たる面子の高級ホテルが挙って進出する魅惑のバンコク・リバーサイドエリアだが、SPG推しの小生は迷うことなくシェラトンを選択。リバーサイドというと宿泊費が高そうな感じがするが、ちょう...
【更新】2016年SPGのブランド制覇キャンペーン
さて、年も明け2016年。各ホテルの年度宿泊実績や飛行機の搭乗実績もゼロにリセットされましたね。 SPGのダッシュボードに記録されていた各ブランドごとの宿泊実績も… あちゃ~。やっぱりゼロ。昨年のブランド制覇キャンペーンでは9ブランドに宿泊で9,000ポイント、10ブランドで10,000ポイント、11ブランドの全制覇で11,000ポイントのボーナスが付与されることになっていて、自分は果...