宿泊記 湾岸都市のアーバンオアシス インターコンチネンタル ドーハ ザ・シティ

ドーハに着き、カタール航空のアライバルラウンジであっつあつのシャワーを浴びてから宿泊先のインターコンチネンタルホテルへと移動する。

ドーハにはInterContinental Doha, InterContinental Doha Regidence, InterContinental The Cityと狭い範囲の中に3か所のインターコンチネンタルがあるが、今回泊まるのはディプロマティックエリアにあるアーバンオアシスことインターコンチネンタル ザ・シティ。「ザ シティ」と名乗るとか、名前からして恰好よくて期待ができますね。

空港⇒インターコンチネンタルの移動


トリプルセブン(777番)の路線バスに乗り、外交地区にあるシティセンターモールまで下車。インターコンチネンタル ザ・シティはそこから歩いて5分ほどのところにある。


空港内の窓口が閉まってたので、乗車カードは運転手のおっさん(出稼ぎケニア人、良い人)から購入。乗車カードはスイカみたいなトップアップ可能なICカードの他、旅行者用にも2種類のカードが用意されている。

【バス乗車カード】
Limited Card, QR10 Card (USD 3) : two inner-city trips within a 24 hour period
Unlimited Card, QR20 Card (USD 5): unlimited trips across Qatar within a 24 hour period

24時間の乗り放題で600円とは安い。物価が高くて無味乾燥なつまらない町という印象が、バスカードと愉快なケニア人のおっさんによりいきなり覆された。
ひだり みぎ
車窓の外の情景も、湾岸都市ドーハらしく風情があって楽しめる。


建物も奇抜な設計の物が多く、シェラトン沖縄サンマリーナっぽい建物があったり…

ひだり みぎ
シャープな刃のような建物があったりと、窓の外を眺めているだけで意外と楽しめます。

ひだり みぎ
バスを降りても360°見渡す限りの高層ビルビューで、シムシティの世界に迷い込んだかのよう。道路もゴミ一つ落ちておらずきちっと整備されていて、近未来都市感が半端ないっす。The Cityの名前は伊達ではなかった。


モールもすっごい大きく、大型のカルフールやアイスリンクまで入ってる。物価については、家電や輸入物の高級食材とかはぼったくりレベルだったけど、出稼ぎ労働者が食べるようなローカル飯は普通に500円も出せばお腹いっぱいに食べれるレベルの物もあって安心した。空港でスタバのカプチーノのミニボトルが800円とかしてたんで滅茶苦茶ビビってた。

インターコンチネンタルドーハ “ザ・シティ”


スカイラインのド真ん中にあり、インターコンチネンタルも超高層ビル。2012年完成、58階建ての建物だとさ。

ひだり みぎ

近代的ビルのあちらこちらに幾何学模様があしらわれたアーバンイスラミックオアシス。従業員も国籍不明の中東系・アフリカ系・アジア系・ヨーロッパ系と幅広くてエキゾチックな感じ。

ちな、日本語使いはいらっしゃらないようですが、Languages Spoken By Staffも非常に幅広い。
Afrikaans
Arabic
Chinese
Dutch
English
French
German
Greek
Hindi
Indonesian
Italian
Punjabi
Romanian
Russian
Spanish
Swahili
Tagalog
Turkish
Albanian
Kazakh
Ukrainian
さすが、人口の約9割が外から来た労働者という移民大国である。

部屋:エグゼクティブスイート

今回はポイントを使っての最安値部屋予約だったけど、スパイアアンバサダーパワーでエグゼクティブスイートへとアップグレード頂いた。もちろんラウンジアクセスまでは付きませんが。
ひだり みぎ

ドアを開けて正面がリビングスペース。ドア開けた瞬間にアイスリンクかのようにギンギンに冷え切っていて全身凍り付くところでした。


この部屋、とにかく窓の外の見晴らしがやばい。

ひだり みぎ
奥のベッドルームは窓二面のコーナールーム。日当たりが良すぎてカーテン開けたままだとテレビがまともに見えません。

ひだり みぎ

バスルームも開放感抜群、夜はカーテンフルオープンでポロリし放題っす。


ただ、凹凸コンビのトイレとビデの高さがあまりに低すぎて、座って小便するのも不便、立って小便すると跳ねて不便と使い勝手が悪かった。子供用かよ。

アンバサダーウェルカムギフト


アンバサダーギフトは夕食代わりになるくらいのレベルのがっつりした内容。アラブ世界の定番スイーツのデーツがすっごく甘くて柔らかい焼き芋のような味で印象的だった。

ルーフトッププール


ひだり みぎ
日中はサウナのように蒸したけど、陽が落ちて涼しくなってからは雰囲気も良く最高でした。

ひだり みぎ
狭いけど夜も雰囲気は素晴らしくて、色鉛筆みたいにニョキニョキと地面から生えるカラフルな高層ビルを眺めながらのひと泳ぎを楽しめた。混んでなければ雰囲気良くて楽しめるプールです。

館内レストラン“Al Jalsa Garden Lounge”



夕食は、妖艶な曲調のアラビアンミュージックに惹かれてホテルの中庭で営業するミドルイースタンレストランへ。カタールでも所謂カタール料理と呼ばれるものはなく、シリア、レバノン、イラク料理、イエメンあたりの料理が中東料理として出されているみたいで、鶏、牛、羊の肉料理がパンやビリヤニとセットになったメニューが多い。あとは定番のメッゼあたり。今回は、とりあえず無難にシャワルマとアラビックヨーグルトをオーダー。



ドリンクは、カルピスのようなサッパリした見た目なのに超絶エキゾチックで癖のある匂いと味をしたターキッシュラク。青汁の「不味い、もう一杯!」に通ずるものがあって、ついつい不味いのに飲み過ぎてしまう。陽が落ちると流石に寒くなってきたけれど、獣臭するシャワルマとトルコの蒸留酒ラクを胃袋に流しんだら、地球内部のマグマのように体内が燃えるように熱くなってきたぞ。


夜の町に繰り出すかー!といっても、ここは世界一退屈な町。気楽に行ける赤ちょうちんの居酒屋やら面白スポットもない。ネオンだけはギランギランに輝いてるんですけどね。

うむ。これで一泊25,000ポイントならお得っすわ。ウェスティン=25,000ポイント、リッツカールトン=35,000ポイント~、セントレジス=40,000ポイント~、W=30,000ポイント、マリオット=20,000ポイント~と、ドーハのホテルのポイント泊はコスパが高いっす。

【InterContinental Doha The City(インターコンチネンタル ドーハ ザ・シティ)】

所在地: Off Al Wehda St, Doha
電話: +974 4015 8888

Related posts(関連記事):

New Majestic Hotel(ニューマジェスティックホテル シンガポール)宿泊記
2017年7月1日追記:当該ホテルは惜しまれつつ閉業。 セントレジスに続いてやってきたのはデザインホテルズのニューマジェスティックホテル(New Majestic Hotel Singapore/大華飯店)。大華飯店…大衆食堂かのような安っぽい中国語の名称からそこはかとなく漂うハズレ臭が気懸りだが、SPGカテゴリーは4なので決して安っぽいホテルではないのだろう。 MRTの最寄り駅は東西...
メリディアンプトラジャヤ スイートルーム宿泊記
この日はクアラルンプール市街地から南に30キロ程離れたプトラジャヤという都市にあるル・メリディアンへ。このメリディアンプトラジャヤはカテゴリー設定が2と低く、週末は3,000ポイントで泊まることが出来るので今回はポイントを利用しての特典宿泊で。有償でも込々で8,000円程度から泊まれてお手頃なホテルなんですけどね。 さて、今回訪問するプトラジャヤはクアラルンプール市街地とクアラルンプール国際...
キャセイパシフィックのステータスでホテル特典を受けてみる
ユーガァタァメイル。1月12日、マルコポーロクラブから一通のメールが届いた。フォーシーズンズ香港と業務提携関係となったらしい。………え???とっくの昔から提携してたと思ったんだけど…。どうやら自分の勘違いだったようで、今月になってキャセイのゴールド会員以上がフォーシーズンズ香港で特典を受けられるようになったらしい。
宿泊記 聖峰内のマウンテンリゾート フォーポイント バイ シェラトン広東鶴山
マリオットウィークエンド1日目の順徳龍江のコートヤードでの滞在を終え、次なる目的地となるフォーポイント広東鶴山(广东鹤山方圆福朋喜来登酒店)へと移動します。特に鶴山に用事があるわけでないどころか、鶴山がどこにあるのかすら知らないんですけどねw 行政区分的には、佛山の更に南に位置する江門市の中の県級市みたい。マリオットアプリで広東省内のホテル一覧マップを見て、「おっ、順徳のコートヤードと鶴...