シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビシュケクでのナイトライフ コヨーテ嬢もいます


社会主義的雰囲気の残る真面目な真面目なビシュケクの町。治安も悪くはなさそうだったので、町の中心地をちょいとぶらついてみることに。

ひだり みぎ
町一番の大通りであるチュイ通りも夜7時で深夜のような薄暗さと静けさ。洒落た西洋風のレストランも多いんですけどね。賑わってくるのはもう少し遅くなってからなのか、利用客は殆どいない。これでも一国の首都なのですが、廃れた旧ソ連の一地方都市といった感じ。


繁華街ド真ん中の道端にポツリと設置されたパンチングマシーン、一発20ソム。人を殴るよりマシーンを殴れ!旧ソ連諸国でならではの犯罪対策なのかな。

ひだり みぎ
夕食は地元民が行列を成して注文待ちしてたケバブ店で。肉とフライドポテトをピザ生地で包んだジャンク感たっぷりの看板メニューが、お一つ単品で120ソム(≒200円)。他にもケバブやバーガー屋が多くあったけど、大体1品80~120ソムが相場となっている。


マックやKFCといったファーストフードのチェーン店はなく、辛うじてあるのがBFCなるフライドチキン&ハンバーガー屋さん。これらファーストフードを食べようとすると食費がかさみますが、庶民的なナンとプロフだけ食べてれば一食100円程度で済んじゃいます。宿も交通費も安いですし、治安も悪くない。60日までの滞在ならビザ不要ですし、もっと長く居たくなる国ですね。


食後はちょいと喉が渇いたのでスーパーマーケットへ。

ひだり みぎ

フルーツジュースも種類が豊富で安い。1リットルで13ソム(≒20円)~と、ちょっと安すぎて買うのが躊躇われるくらい。ビール等のアルコールも含めて飲み物は激安っす。


暴食の後は健康そうな飲料で胃を労らねばと、怖いものみたさもあってこちらのドリンクを購入。芋虫の虫糞茶的な物かと思ったんだけど、結局こいつの正体は分からず。シロップみたいにゲロ甘くてゲロ不味かった。

ひだり みぎ

他にもロシアやカザフのチョコが充実してたので土産物として調達。ロシアからの輸入ものの飲み物やチョコレートも何故だかロシアで買うより安かったり。

で、だ。肝心の飲み屋はどうなんだろう。幾ら真面目な町といえども飲み屋の一つ二つくらいはあるでしょう。グーグル先生に尋ねてみると、滞在先から徒歩3分ほどのところに「Pub Daddy」と「Coyote UGLY」なるバーがあることが分かった。名前のセンスがイカしすぎぃぃw

隣り合うPub DaddyにCoyote Ugly。名前から想像するに、Pub Daddyはスパンク大好きなエロ髭マスターとカウンターでしっぽりと飲む感じで、Coyote Uglyはコヨーテ嬢たくさんのゴーゴーバー的な感じ?そりゃあ後者に行くしかないっしょ!

ひだり みぎ
厳ついバウンサーとケバいお姉さんが受付に構えてて実に入りずらい雰囲気のコヨーテアグリー。意を決して飛び込むと、「24時以降にならないと女の子も客もいないわよ」だと。やっぱりお抱えゴーゴーダンサーを多数持つクラブらしく、二階はポールやVIPスペースなんかもあるだだっ広い箱になっていた。

いやー、楽しめる場所もあるじゃないですかビシュケク!

あ、参考までにコヨーテアグリーの公式サイトを見つけましたので、urlと紹介動画も載っけておきます。



スターリンもあの世から高みの見物して楽しんでるんじゃないですかねw



Booking.com

Related posts (関連記事):

社会主義的ソビエトイムズの香りが残るビシュケクの町
キルギス。旧称キルギスタン。 実際にビシュケクに来る前は、この国に対する前知識は皆無と言っていいほど持ち合わせていなかった。自分内での中央アジア諸国の知名度ランキングは、ウズベキスタン≧カザフスタン...
マナス国際空港からビシュケク市内へ
ロシアが誇るアエロフロートの翼に乗ってやってきたキルギスの首都ビシュケク。 一国の首都の空の玄関口としてはえらく規模の小さなマナス国際空港。これでも一応は国際空港だもんで、ロシアの主要都市だ...
ビシュケクの宿はオーバーブッキングでチェックインできず…
空港から市内に向かうだけなのに、両替商やタクシーカウンターに従業員がいなかったり、白タクの運転手が急にゲロりだしたりと、手荒すぎるアジアの洗礼で迎えいれてくれたキルギスの首都ビシュケク。 前途多...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする