厦門航空 上海虹橋VIP1ラウンジとB737ビジネスクラス搭乗記

この日は上海虹橋から広州への移動。ただし、いつもの南方航空ではなく、珍しく厦門航空(Xiamen Airlines)で飛ぶことに。

既に2018年末をもってスカイチーム脱退となった南方航空であるが、同じくスカイチーム所属の厦門航空でのフライトではマイルを貯めることができなくなっているのだろうか…少々不安な面持ちで空港へと向かう。

チェックインはエアチャイナ、海南航空、チベット航空等との共有カウンターで。優先度合いで中国人民解放軍と肩を並べるファーストクラスパッセンジャーとしてチェックイン。
ひだり みぎ
出てきた搭乗券を見ると、やはりSky Priorityの表示は無い。空港スタッフに聞いてみたところ、滅茶苦茶素っ気ない態度で「知らない」と一言発せられるのみ。これ以上ここで聞いても無駄そうだったので、搭乗後にマイルが加算されなかったら南方航空に問い合わせることに。

搭乗券を手にし、制限エリアに向かうべく保安検査場へ。来る度にいつも何かしらの新しい発見がある虹橋空港だが、この日は保安検査のレーンごとの待ち人数が電光掲示されるようになっていた。

どのレーンも40人超の順番待ちとなっていたが、軍人や妊婦さん等とビジネスクラス・ファーストクラスの乗客は優先レーンが使える為、待ち時間無く検査完了。因みに「軍人優先依法優先」と書かれているが、おそらく対象は中国人民解放軍人の方々のみ。読売巨人軍とかの関係者がドヤって優先レーン使おうとしてもダメだと思います。たぶん。

ビジネスクラス V1ラウンジ


厦門航空の指定ラウンジは横長く広がった空港の最果てにあるV1ラウンジ。確かにエントランスからしてVIP感があって、中に入った瞬間に水着のコンパニオンなんかがお出迎えしてくれそうなゴージャスな雰囲気。

ひだり みぎ
しかし…恵まれたエントランスから待合室のような質素でショボい造りの内部。無駄に広いスぺ-スに椅子がぎゅうぎゅうに詰め込まれてます。もちろん水着のお姉さんもいませんし。


麺料理がある!と思ったら提供時間を1分過ぎてしまったらしく、片づけに没頭するBBA。3時間後くらいにまた来たら食べれますよって。飛行機を乗り過ごして麺料理を楽しめってか?


その他のホットミールも撤収されるところだったが、ぎりぎり撤収前の残飯をお恵み頂けることに。


ファーストクラスの名に相応しくないみすぼらしい残飯を胃袋に詰め、血圧をチェックしてから出発ゲートへ。

フライト:厦門航空ビジネスクラスB787

優先搭乗レーンまで一般開放され、乗客でごっちゃごちゃになったカオスなゲートから搭乗する。最近は中国の乗客マナーも改善されてきたなーと思えてたのに、この日は割り込み、肘打ち、見知らぬ子供からのタックル、大声でのシャウト、大音量でのスマホ動画の拝聴などなど、客層がやばかった。これでも「かーっ、ぺっ!」の痰吐きが無いだけまだマシと自分を慰めながら機内へと入る。

皮肉なことに、この日の搭乗機は青年文明号。



ビジネスクラスの座席は2×2が2列の計8席。ビジネスクラスはワイのみなんだけど、先に乗り込んだ後方に座る者たちによりオーバーヘッドロッカーが占拠され荷物の置き場がないという始末。しかも、搭乗時刻になっても「荷物が機内に詰め切れないアルヨー」と大揉めに揉めだすではないか。夜逃げでもするのか異常な量の手荷物を引っさげた輩には始めから荷物を預入させてくれよ。

大きな荷物を持った乗客は荷物を預入れ直すように!とのアナウンスが入るも、命令に応じる乗客はおらず。
ひだり みぎ
ああだこうだと何故か私の席の横で白熱した議論が行われ、最後に導き出された解決策がこちらw 食い散らかすことも、大声でああだ言うこともなく、最後までシートベルトを着用のまま文明的に行儀良く座ってましたw


ひだり みぎ
荷物問題が一件落着し、10分遅れでガスった上海を脱出。団地の生え方がシムシティの世界。


機内食は厦門航空ということで海鮮を選択。6つものプレートが綺麗な陣形を組んで運ばれてきました。ちょっとランクの高めの大衆中華料理屋くらいのレベルで、普通に食べれました。


食い終わったーと思ったら、食後になってパンが運ばれてきた。ガーリックトーストは味の染み込みがイマイチで平凡だったけど、クリームパンはモチモチして美味かった。小学校の給食に出てきたら喜んだであろうレベル。


マイルもセクター数も搭乗翌日に無事に南方航空のマイルプログラムに付与されたし、良かった良かった。

中国南方航空のスカイチーム脱退に関し

スカイチーム脱退に関する中国南方航空からの公式プレスリリースはこちら。


2018年をもってスカイチームを脱退することで正式決定したものの、2019年末まで脱退期間が設けられているとのこと。じゃあいつまで南方航空便でスカイチーム特典を享受できるのか?また、スカイチーム便搭乗時に南方航空マイルを加算できるのか?この点については問い合わせても正確な日程は出てこなかった。カスタマーサービス曰く、「2019年内に移行作業が完了するが、具体的にいつまでに完了するかは決まっていない。少なくとも、脱退日に関する正式告知が出されるまでは、従来通りスカイチームに所属しているのと同じように扱われる。」とのこと。

今のうちに中途半端に貯まった南方航空マイルをスカイチーム便の特典航空券で消費しておかないと不良資産化しそう。
南方航空のマイルを貯め込まれている方、他社特典航空券便で消化するなら今のうちですよ!

Related posts(関連記事):

キャセイ怒涛の6連続インボラ祭り
さて、今回はキャセイのマルコポーロスラブの話。去る8月、金丸子となったことで、クラブの掟通りセクターとマイル実績がまたもゼロへとリセットされた。JALやANAあたりでは一年間の修行で最上級ティアまで上り詰められることを考えると、余りに無情、非条理とすら思える厳しくサディステイックなマルコポーロクラブの掟…きっとクラブへの忠誠心やM心を試されているに違いない…そう自分を励まし、ダイヤモンド到達の条件...
イエティ航空のマウンテンフライトでヒマラヤ山脈を遊覧飛行
この日はネパール旅行の最終日。ただ、ネパール発が深夜になるので、それまでは変わらず全力投球で観光を!ということで朝早くに起きマウンテンフライトを楽しんできた。 ネパールと聞いて真っ先に想起するのはヒマラヤ山脈にエベレスト。できることならヒマラヤ山麓のトレッキングツアーにでも参加したかったところなのだが、しがないサラリーマンには登山体験を楽しめるだけの時間を捻出することは難しく。かわりに、てっ...
広州ー羽田 JL88 スカイスイートB767 ビジネスクラス搭乗記
広東省各都市での巡業を終え、いつもの日本航空便で広州から羽田へと帰還する。 この広州-羽田便には早い段階でスカイスイート搭載機材が投入されるなど、なんだか並々ならぬJALのヤル気が伝わってくる。殆どの企業はひと昔に比べて出張の際のヒコーキ運賃に対して厳しくなってると思うんだが、それでも仕事での利用客が多い路線は平均単価が高くオイシイんかね。ダブルデイリーで飛ばしてるジャカルタ便しかり、サラリ...
JL752 ハノイー成田 B787-8(SS8) スカイスイート787(Sky Suite 787) 搭乗記
ハノイから帰りの便は社畜殺しの短距離レッドアイであるJL752。現地時間00:25(日本時間02:25)出発で成田到着が07:10と飛行時間04:45ですからね。ハノイで退勤して一次会接待までした後に機上の人となり、ちょっと仮眠をとったと思ったら着陸前にネクタイ締めてから出社…なんて激務も辞さないモーレツサラリーマン御用達の便である。 2014年末に完成したハノイ・ノイバイ国際空港第2タ...