イエティ航空ネパール国内線 カトマンズから仏陀生誕の聖地・ルンビニへ

前回のエントリーに記載した通り、安全性ランク一つ星評価のイエティ航空便を利用して日帰りでのルンビニ観光に行くことにしたワイ。

仏教の開祖ブッダの生誕の地で、成道の地ブッダガヤ、初めて説法をしたサールナート、入滅の地クシナーガルと並ぶ仏教四大聖地の一つとされるルンビニ。自分は巡礼意欲ある意識高い系の仏教徒というわけでもないし、それどころか仏教徒ですらないのだが、聖地と言われれば行ってみたくなるタチなんでね。カトマンズからルンビニへの最寄空港であるバイラワまでは飛行機で30分ほどの距離なんで、日帰りでの聖地お気軽体験コースを楽しんでこようと軽い気持ちで発券した。

四大聖地の中で唯一インド国外にあるとはいっても、位置的にはもう殆どインド。というか、ルンビニって寧ろインドにあると思ってたので、ネパールにあることが驚きだった。逆にどういった経緯でここがネパールに帰属するようになったのか知りたいわ。当時はインドもネパールも無かったとはいえ、お釈迦様の今日で言うところのご出身国がネパールというのはちょっと違和感ある。


ちな、四大聖地の位置関係はこんな感じ。北からルンビニ、クシーナガル、サールナート、ブッダガヤとなる。生誕の地ルンビニから悟りを開いたブッダガヤまでの距離は419kmで、不眠不休で歩き続けて3日と12時間45分もかかるのだと。飛行機や車がある時代に生まれてほんと良かった。


ということでいざ出発。往路の飛行機は07:30カトマンズ発ということで、気合を入れて05:30にホテル発。朝早くから通りに屯していたタクシーのうち1台を捕まえ空港へと向かう。運賃600ルピー。

カトマンズ トリブバン国際空港


国際線ターミナルに負けじとさらにこじんまりとしたカトマンズのトリブバン空港国内線ターミナル。こんなんバスターミナルレベルやんか。


ひだり みぎ
ただ、国内線の新ターミナルは2016年5月に操業開始となったばかりらしく、建物の中は思いの外ちゃんとしてた。ただ、インド人の乗客マナーはちゃんとしてなくて、割り込みが露骨すぎてえげつなく、前方に少しでもオープンスペースを許してしまうと強引に突っ込んでくる。いくらYeti Airlines You Come Firstと書かれてるからって、それはないよ!

ひだり みぎ
カフェやコンビニ的なお店もあるが、ビジネスクラスラウンジは無い。そもそも飛行機にビジネスクラスがないんだから仕方無いっすね。

ひだり みぎ
空港に早く着きすぎたのでコーヒーでも…と思って値段を見るとびっくり。空港内市内の物価感覚との乖離が激しい値付けになっているので要注意。缶ジュースやペットボトルの水ですら400円ほどと、町中の10倍ほどのアコギな価格設定になっている。市内で400円出せば腹いっぱい旨い飯を食べれますからね…


閑古鳥無くカフェの隣で大行列を見せる仏陀エアのチェックインカウンター。いくら今やネパールはヒンドゥー教国になったとはいえ、やぱり人気では雪男より仏陀ということだろう。雪男なんか信じててもご利益なさそうだからまぁしゃーない。

ひだり みぎ
出発1時間前となったので、チェックイン開始。搭乗券もしっかりしていて印象は悪くない。座席も自由席じゃなかったしw 搭乗時に全力ダッシュして特等席を確保できるよう丹念に足回りの筋肉をほぐしてきたんですけどねw

イエティ航空NYT891便 カトマンズ⇒バイラワ


機体までの移動はもちろんタタ製のランプバスで。インド国境から数キロのバイラワに向かう便だからか、バスの中は圧倒的なまでのインド臭に支配されている。


本日の機材はイエティ航空の主力であるATR-72。もっとおんぼろで小さなボロ機材かと思っていたので、これは嬉しい誤算。


客室乗務員さんもまともだし。中々良いじゃないかイエティ航空君。

ひだり みぎ
ひだり みぎ

座席に着くと、朝一の便のはずなのに既に床にゴミが落ちてたりと汚いw 座席スペースが狭いのは仕方がないとはいえ、これだけ汚いと、ちゃんと整備されてるのだろうかと少々不安になる。離陸前からそんなにまざまざと一つ星航空会社の実力をみせつけないでくれよw

ひだり みぎ
しかし、そんな不安をよそに、飛行機はノイズキャンセリングイヤホンの効果を無力化する程のけたたましいプロペラ音とともに無事にテイクオフ。インドとの国境を目指してタライ平原を西へと飛んでいく。


30分の短いフライトにもかかわらず、上空ではキャンディ、ピーナッツ、耳栓代わりの綿が配布され、ピーナッツをぽりぽりとつまみながら隣のインド人主婦と話してる間にバイラワへと到着した。

ひだり みぎ
まさかまさかのオンタイムの到着に歓喜!これで17:25バイラワ発の復路便までバイラワを満喫する時間が十分に取れそうだ。雪男もやればできるんだよ。

ひだり みぎ
タラップを降り、カトマンズのトリブバン空港が立派に思えてくるような、くっそしょっぼいバイラワ空港のターミナルへは汗びちょになりながら徒歩での移動。仏陀生誕の地の玄関口として相応しくする為にと新しくゴータマブッダ国際空港の工事が始まっているらしいのだが、地震やらインドからの経済封鎖やら、元受けの中国企業の契約違反やらで完成が遅れに遅れているのだと。

で、だ。バイラワからインド国境との町バイラワからルンビニまでの22kmの移動をどうするのかが次のクリアすべき問題。歩いて修行して回った仏陀には悪いが、くっそ暑いしハーフマラソン気取りで走っていく気にもなれんしな。まぁ空港の外にリキシャの車夫が屯してるだろうし、移動手段の確保には事欠かんだろ!
DSC_5857_R
と思いきや、空港の外にいるのは家族の迎えで来てる男衆ばかりで拍子抜け。え?観光客の僕がここにいるんですが、誰も声をかけてくれないの?もしかして、本当にもしかしてだけど現地のインド人と間違えられてリキシャマンから声をかけられないのかなとも思ったりして、ガイドブックを手に持ってアピールするも、声がかからないw

ひだり みぎ
山崎まさよしの「僕はここにいる」が虚しく脳内に流れる中、とりあえず空港前の幹線道路に出てみたはいいが、バスターミナルも何も見当たらないw ここからどうやってルンビニまで行けばいいんだw



Booking.com

Related posts(関連記事):

搭乗記 ロイヤルヨルダン E195ビジネスクラスとアンマン空港RJラウンジ
2019年記念すべき一発目は元旦フライトのロイヤルヨルダン便。アンマンからクウェートへと飛んできます。
バンコクのサクララウンジとJL738ビジネスクラス
ラオス国営航空QV445便でバンコクはスワンナプーム国際空港に定刻通り到着し、無事に名古屋行きのJL738へと乗継げることに。ラオス国営航空って2013年に墜落事故を起こしたばっかりで、正直なところ内心不安で心臓バクバクだったんで、無事に飛んでくれてホッとしたわ。けっこう実は小心者なんですよ。まだ現世で楽しみたいこと沢山あるし。 ということで無事にバンコク着。2階の到着ゲートから保安検査を経...
キャセイ怒涛の6連続インボラ祭り
さて、今回はキャセイのマルコポーロスラブの話。去る8月、金丸子となったことで、クラブの掟通りセクターとマイル実績がまたもゼロへとリセットされた。JALやANAあたりでは一年間の修行で最上級ティアまで上り詰められることを考えると、余りに無情、非条理とすら思える厳しくサディステイックなマルコポーロクラブの掟…きっとクラブへの忠誠心やM心を試されているに違いない…そう自分を励まし、ダイヤモンド到達の条件...
辛くもマルコ緑ステータスの更新に成功 キャセイドラゴン 香港⇒上海浦東
この日は久しぶりにキャセイドラゴン香港⇒上海便を利用。 香港駐在時は毎週のようにキャセイを利用してたんですが、ここ数年は辛うじて年一で乗ってマルコポーロクラブのグリーンステータスの延命を続けるのがギリギリの状況。 とりあえず今年もぎりぎりステータスを更新できるようQクラスで香港⇔上海のショートホールを往復発券。すると、アップグレードの入札オファーが入ってきた。 各フライトに設...