辛くもマルコ緑ステータスの更新に成功 キャセイドラゴン 香港⇒上海浦東

この日は久しぶりにキャセイドラゴン香港⇒上海便を利用。


香港駐在時は毎週のようにキャセイを利用してたんですが、ここ数年は辛うじて年一で乗ってマルコポーロクラブのグリーンステータスの延命を続けるのがギリギリの状況。

とりあえず今年もぎりぎりステータスを更新できるようQクラスで香港⇔上海のショートホールを往復発券。すると、アップグレードの入札オファーが入ってきた。

各フライトに設定可能な最低額と最高額が定められていて、その範囲内で希望金額を設定する。香港⇒上海はHK$2,000が最低入札額で最高額はHK$5,600。試しに最低金額で入札してみるものの、当然のように落札できず。この区間なんてIクラスで買ってもHK$5,000ちょいなんだし、入札でHK$2,000以上出すなら初めからビジネスクラス買ってるわ。

キャセイパシフィック・キャセイドラゴンのアップグレード入札に関する情報はこちら:

PLAZA PREMIUMラウンジ


ラウンジはプラザプレミアムラウンジに入室。クレカラウンジだけあってグロい程に混雑してた。


小学校の給食シーンを思い出させる順番待ち。まぁ列がきちんと形成されるだけ流石は香港と言うべきか。これが大陸なら、我先にとでしゃばる輩たちによる飯の取り合い合戦が繰り広げられるからな。


フライト前に質素な配給品をつまむ。

フライト:KA874 HKG⇒PVG


懐かしの香港⇒上海便。この日の機材はA330-300(33C)となった。


ひだり みぎ
久しぶりのキャセイドラゴンのエコノミー、座席配列は2-4-2。搭乗率は6-7割程かな、殆どがスーツを着た香港人ビジネスマン。

全体的に空席が目立つ中、隣におふくよかな白人男性が着席してくる不運に見舞われる。
ひだり みぎ
隣席ブロック以外にも、もちろんエビアン配布も熱烈歓迎の挨拶(ねっとり握手つき)もなく離陸。CXダイヤモンド会員へのエコ贔屓、今思えば凄かったよなー等と回顧。エコ席なのにシャンパン貰えたり、ジャケットを預かってもらえたり、乗ってから降りるまでVIP扱いだったっすから。ダイヤになっても獲得マイルのブーストが無い分、機内でのおもてなしがやばかった。

離陸後、激しい貧乏揺すりをしながら数独で遊び始める隣の御仁。その彼を視界に入れぬよう、自分は映画鑑賞に集中することに。

トゥルーマンショーも良いし、不朽の名作マルタの鷹も悪くなさそうだ。

ひだり みぎ
いや、でもやっぱりここはブルースリーのドラゴンへの道で。ブルースリーよりもノラミャオが見たくて…。


ほわちゃ!ブルースリーとチャックノリスの激闘を見ながら機内食の揚げ魚を頬張る。エコノミークラスに限って言えば、ドラゴンの機内食はキャセイよりも口に合う。


ほわちゃ!っと到着。


珍しく遅延なく上海に着いたのに…イミグレと荷物検査があほみたいに混雑してた。やっぱり上海に飛ぶなら深センから国内線で飛んだ方が楽だわ。

Related posts(関連記事):

ハノイ新国際線ターミナルから香港 VN592 A321 ビジネスクラス
2014年12月31日、ノイバイ空港新国際線ターミナルの運用が開始され、陰気臭すぎたベトナム首都の玄関口の装いがようやく一新された。今回の新ターミナルは地上4階・地下1階建てで、旅客処理能力はら倍増超となったし、ハノイ市内への交通インフラも同時に整備されている。橋を建てたりね。空港容量の増加だけでなく、市中心部・空港間のアクセス改善や、未開な北ハノイの開発など、首都ハノイの社会・経済発展に対して大...
海外でクレカへの不当請求被害に遭った
海外のホテルから不当請求を受けた話。 一応の名誉の為にホテル名の一部を伏せようと思うが、バレバレかな。 4月末にJW ●arriott 香港に宿泊したんですわ。週末香港ってホテル代がむっちゃ高騰するし、予約サイトによっても価格差異があったりするから色々と比較した結果、Agoda経由JW ●arriottのクラブアクセス付きプランがお得感あったんで泊まってみました、と。公式の●リオットサイト...
HSBC香港 Visa Siganatureボーナスキャンペーン
今日はニッチでスモールなお得情報のご紹介。 先日、久ーしぶりにHSBC香港に足を運んでみたところ、懇意にして頂いている行員さんに新しいクレカを紹介された。サインアップキャンペーンとして二年間は年会費無料ということで執拗に営業口撃されたので、お試しで新たなるクレジットカードを発行してもらうことに。年会費無料なら痛くも痒くもないしな。
タイ国際航空 B747-400 ビジネスクラスアッパーデッキ 搭乗記
TG404でシンガポールからバンコクに飛び、ジャンボF席の余韻に浸る間もなくすぐさま香港行きのTG606へとお乗継。 ちょこっとだけ乗継便の搭乗開始まで時間があったので、ゲート近くのロイヤルシルクラウンジに寄ってみることに。 スタイリッシュなデザインのラウンジで、ホットミールもそこそこ充実していたが、ここではフルーツとパイナップルジュースだけパパッと頂いてゲートへと向かう。 ...