シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年3月~ IHG アンバサダーステータス特典改善後の初宿泊


うっす!今日は一つ朗報を。昨年末にツイッターでつぶやいた、IHGアンバサダーステータスの追加特典についてっす。

IHGアンバサダーは年会費が必要なステータスとはいえ、マリオットやアコーのプラチナ、ヒルトンのダイヤモンドのようにラウンジアクセスが付くわけではないですからね。朝食だけでも頂けるようになるのは非常にありがたい。

いつから始まるの?昨年末の段階では、2019年初頭からとだけ公表されていた。


それが…ようやく2019年3月1日から追加ベネフィットが適用されるようになりました。

【従来のベネフィット】

1カテゴリーのルームアップグレードギャランティー
16:00までのレイトチェックアウト
無料週末宿泊バウチャー
会員専用チェックインデスク
フルーツ盛り(プラチナ・スパイア会員の中国滞在時のみ)
無料のミネラルウォーター
無料のインターネット

【追加ベネフィット】
IHGプラチナステータスの付与
1滞在につき最大US$20相当の飲食クーポン
アンバサダー特典のギャランティー
週末無料宿泊バウチャーの電子化
毎日1名分の朝食無料(中国のみ)
飲食代金15%オフ(中国のみ)

飲食クーポンの金額はホテルの所在地に拠って異なる模様。日本円での金額は2019年3月10日現在のレートで計算したものですが、アジア圏は軒並み金額を低めに抑えられている印象を受けますね…。まぁルームレート自体が低めだから致し方がないか。

GBP15(2,170円)
THB600(2,100円)
AUD25(1,960円)
JPY2000
HKD135(1,910円)
SAR70(2,070円)
EUR15(1,870円)
MYR50(1,360円)
IDR180,000(1,420円)
VND280,000 (1,350円、ダナンを除く)

また、朝食が無料になる中国のインターコンチネンタルでは、スパイアアンバサダーのみRMB120(2,000円)のバウチャーが配布される。
参照サイト:https://www.ihg.com/intercontinental/content/us/en/ambassador/new-benefits


3月中に中国のインターコンチネンタルホテルに泊まってきたいと思います。Faster Promotionのお題の一つである「4ブランド制覇」もクリアしないといけないし。

…早速、中国の某インターコンチネンタルにチェックイン。

ひだり みぎ
スーペリアからクラブジュニアスイートへのアップグレード(ただし、アップグレードによるクラブルームなので、ラウンジアクセスは付かず。)、ウェルカムドリンククーポン120元分の飲食クーポン朝食フルーツ盛りなど、特典モリモリだった。
ちな宿泊レートは2,000ポイント付きでRMB677(≒11,000円)⁺⁺。ミスターリベーツによるキャッシュバックが1,100円、飲食バウチャーRMB120元(≒2,000円)、獲得IHGポイント4,000リワードポイント(≒2,000円)に加えて朝食まで付くことを考えると鬼安いっす。

朝食にホイホイ釣られる乞食さんなもんで、今年は中国出張時はインターコンチネンタルを積極的に利用していきたいと思います。

Related posts (関連記事):

リッツカールトン広州クラブルーム宿泊記/Ritz-Carlton Guangzhou
見切りオープン感たっぷりで残念だったニッコー広州からリッツカールトン広州へと移動する。近くのフォーシーズンズと迷ったが、クラブフロアの値段差が決め手となり比較的お手頃だったリッツに決定。やたらと現代的...
ヒルトンHオナーズ 上級会員修行の裏道
日本でも名の知れた大型ホテルチェーンの一つ・ヒルトン。上級会員ステータスは欲しいけど厳しい修行は勘弁というヘタレな怠け者の気持ちを慮ってか、ヒルトンではヒルトンHオナーズVISAゴールドカードやプラチ...
トップランドホテル(Topland Hotel)@ピッサヌローク
スコータイへの中継地点にあるピサヌロークではトップランドホテルという宿泊施設に泊まることに。宿泊費はアゴダでの予約で朝食込みで一泊あたり4,000円弱だったかな。 ホテルに着くと予想以上の...
2017年一発目 マリオット メガボーナス&SPGプロモ
えー、遅ればせながら明けましておめでとうございます。カシュガル・クチャ・ハミ・ウルムチ・敦煌・西安とシルクロードを西から東に巡った一週間半の短期旅行を終え、無事に社会復帰を果たしました。 昨年度...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする