バンコクエアウェイズ PG710 マンダレー⇒バンコク 搭乗記

1週間超に渡るミャンマー旅行も遂に最終日を迎え、この日はマンダレーからバンコク経由で羽田へと帰還する。


先ずはバンコクエアウェイズでマンダレー⇒バンコク間の635マイルを飛ぶ。635マイルとなると新千歳⇒名古屋以上、新千歳⇒大阪未満の距離で、地味に2時間以上かかってくる。


マンダレー国際空港へは宿泊先で手配頂いたタクシーで。市街地から南に40km以上も離れており、運賃も12,000チャット(≒1,000円)と交通機関を比較的安く利用できるミャンマーにしてはお高め。まぁ40km超をタクシーで走って料金1,000円とか先進国に比べれば鬼安いんだけど。

マンダレー国際空港

ひだり みぎ
途中で渋滞に巻き込まれながらも1時間程度で到着したマンダレー国際空港。ここは三菱商事とJALUXが主導するコンソーシアムが空港の補修改善・運営・維持管理を請け負っているそうだが、広告関係は中国系メーカーのものがやけに目立つ。


流石はジャパンクオリティ、“マンダレー国際空港のイメージを向上する為に…”ポーターサービスを根絶したようだ。途上国の空港あるあるで、客の荷物を盗み取るようにしてちょっとだけ運んだだけで高額請求をしてくるようなポーターもいますからね。先ずはここにメスを入れたのかなw ジャカルタのスカルノハッタ国際空港あたりもあのポーター達がいないだけで少しは雰囲気が変わりそうなもんだがなw


空港自体はわざわざ日系民間資本が管理する必要があるんかよと思わせるような小さな規模。こんな年間利用者数が100万人そこいらの小さな都市の空港の管理利権をおさえたところで金の生る木になるとは思えんので、特に三菱商事はこの受注だけで得を取ろうとしたわけではないのでしょう。これからもがっつがつミャンマーの発展に貢献していって下さいませ。

チェックイン


今回利用するバンコクエアウェイズは似たような時間帯にチェンナイにも飛ばすようで、チェックインカウンターには行列ができていた。しかし、何故だかオンラインチェックインしてたらプライオリティレーンが使えたようで、行列を後目にサクッと搭乗券を発行頂けた。

ひだり みぎ
JALへのマイル登録手続きや座席の事前指定もばっちりできるので、事前のチェックインをお勧めする。


フライト出発時刻の24時間前~1時間前まではモバイルチェックインが可能。

ひだり みぎ
搭乗券を入手し、保安検査と出国手続きも問題無くクリアして制限エリアへ。一応は国際空港とあってそれらしい免税店が並んでいるが、商品の品揃えはしょぼい。誰もわざわざマンダレーで化粧品とか買っていかないっしょ。

ラウンジ:Cafe de Mandalar

バンコクエアウェイズではエコノミークラスの乗客でもラウンジが利用できる点については先日にご紹介をさせて頂いたばかりだが、これって自社ラウンジの無い空港でも提供されるサービスなのな。気合入り過ぎだわ。

マンダレー国際空港の指定ラウンジはCafe de Mandalar。

ひだり みぎ
ただ、案の上、激混みっすわな。全席エコノミークラスのA320(座席数162)がヤンゴンとチェンマイに飛び、共に搭乗率を50%と低く見積もっても162人が利用対象者となるわけですから。下手したら、ラウンジの外の方が人口密度が低くて居心地が良いという逆転現象も発生し得るぞ。


このラウンジは基本的にはレストラン&カフェとして運営されてるので、ラウンジ利用客用のミールコーナーも激狭。ミールも具が殆ど無い貧弱極まりないハムサンドイッチ、ポップコーン、スイカ、バナナに、ドリンクは水、オレンジジュース、ミロ(みたいなもの)のみと、期待はしてはいけません。なんたって誰だって入れるラウンジですからね。

ひだり みぎ
誰でも入れる大衆ラウンジなので、文句を言うのはお門違い。寧ろクッソ安い格安運賃で乗ってるのにラウンジに入れてくれてありがとうくらいの感謝の気持ちでいた方が良いでしょう。


こんなしょぼメシ誰が食うんじゃ!という御仁には有料メニューも用意されている。隣の香港人が点心のしょぼさにガチ切れてたので内容は推して知るべしであるが。てか、こんなとこで点心を頼む方が間違いだと思うけどなw

【Cafe de Mandalar】
Services Hour : 08:00 – 18:00
Location : Cafe De Mandalar, International Departure Area.

フライト:PG710 マンダレー⇒ヤンゴン

ひだり みぎ
ミャンマー入りする際に利用したバンコク⇒ヤンゴン路線と同じく機材は全席エコノミークラスのA320。機体は現地人のビジネスマン、白人旅行者、謎の華僑たちでほぼほぼ埋まっていた。

ひだり みぎ
機内食は蝦カレー。普通に美味しかったし、サラダやデザートのボリュームもあって非常に満足できる内容だった。今回利用するまでバンコクエアウェイズってLCC寄りのキャリアかと思ってたけど、とんだ間違いだったようだ。これはAsia’s Boutique Airlineですわ。


また、客室乗務員さんの愛想も抜群に良ければ、機内販売のオリジナルグッズに入った飛行機マークのロゴも地味に格好良い。今になって思うとどこで着る機会があるのだと思うのだが、Tシャツまで買ってしまった。

ひだり みぎ
Asia’s Boutique Airline、お勧めです。


バンコクで降機した先ではローヤルブータン航空も捕獲できたし。大満足でミャンマー旅行を終えることができました。

Related posts(関連記事):

搭乗記 シンガポール航空 SQ494 B777-300ERファーストクラス シンガポール⇒ドバイ
シンガポール航空のプライベートルームでのまったりタイムを終え、ドバイ行きのSQ494便に乗り込みます。ええ、最終目的地はポルトガルだというのに何故だか次のフライトはドバイ行きなんですw 機材は香港⇒シンガポール便と同じくB777-300ER。ここでもA380のスイート搭乗ならず、無念…そう思って乗り込むと、Welcome Back Mr.ポンズ~とクルー一同が笑顔で迎えてくれ落ちたテンシ...
JL752 ハノイー成田 B787-8(SS8) スカイスイート787(Sky Suite 787) 搭乗記
ハノイから帰りの便は社畜殺しの短距離レッドアイであるJL752。現地時間00:25(日本時間02:25)出発で成田到着が07:10と飛行時間04:45ですからね。ハノイで退勤して一次会接待までした後に機上の人となり、ちょっと仮眠をとったと思ったら着陸前にネクタイ締めてから出社…なんて激務も辞さないモーレツサラリーマン御用達の便である。 2014年末に完成したハノイ・ノイバイ国際空港第2タ...
MH0073 マレーシア航空ビジネスクラス B737-800 香港―クアラルンプール
今回のシンガポール出張は格安マレーシア航空がCX/BA修行で使えるか見極める為に、クアラルンプールでの打合せとくっつけてMHで旅程を組んでみた。 MHのCクラスでHKG-KUL-SIN-KUL-HKGと飛んだ場合にCX/BA/JLでそれぞれ獲得できるポイントは以下の通りとなる。CXは2016年4月15日以降の新システムで算出した。 獲得P エメラルド到達に必要なP数 ...
名古屋⇒成田 JL3084 セントレアエアラインラウンジ
バンコクからのJL738で名古屋に飛び、続いて14:50名古屋発の成田行きJAL3084で東京へと帰還する。やたらと長い名古屋でのトランジット時間も、NGO-BKKのダブルFOPの為だと思えば苦にもならん。なんたって名古屋-バンコクの一往復で20,000FOP越えですから。 久しぶりのNGOでは上半身裸のクリロナによるお出迎えがw。 中部国際空港セントレアは4階建てのビルになっている。...

「バンコクエアウェイズ PG710 マンダレー⇒バンコク 搭乗記」への2件のフィードバック

  1. ランキングから来ましたtakeshiです。
    バンコクエアウェイズはエコノミー
    でもラウンジが利用できるんですね。
    初めて知りました。とてもよいですね。
    また訪問させて頂きます。

    1. Takeshi様

      コメントを頂きありがとうございます!
      やっぱり無料開放されているだけあってラウンジ自体は大したことありませんが、乗客全員をラウンジに招待するという試み自体が面白いですよね!
      アジアのブティックエアラインと自称するだけあって、随所に拘りとプライドが見れるナイスなエアラインでした~。

      ポンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。