マレーシア航空 B737-800ビジネスクラス 香港⇒クアラルンプール⇒シンガポール

この日は香港からシンガポールへと移動。マレーシア航空ビジネスクラス(Zクラス)がプロモ価格で随分と安くオファーされていたので、直行便ではなくクアラルンプール経由で移動することに。キャセイの直行便エコノミーVクラスより安かったくらいだったんでw

ひだり みぎ
クアラルンプールでの乗継時間は国際線のMCT(最低乗継時間)ぎりぎりのジャスト1時間ということで、香港⇒クアラルンプール便が遅れないことを祈りながら空港にてチェックイン。


香港国際空港では久しぶりにキャセイのWINGで腹ごしらえ。以前は月に何度も利用していた香港国際空港。最近ではめっきり利用機会が減ってしまったので、ここぞとばかりにメインのクリスピーチキンをがっつかせて頂いた。

胃袋を満たし、搭乗ゲートを確認するとまさかの200番台で、2016年2月にオープンした比較的新しい搭乗棟・ミッドコンコースへと移動する羽目に。ミッドコンコースは不便な離れ孤島にある為、香港エクスプレスやバニラエア、ジェットスター、ピーチなどのLCCのみが利用してるのかと思っていたが…流石はマレーシア航空である。
ひだり みぎ

搭乗開始時刻から5分程遅れてゲートに着くと、出発が20分程の遅延になるようで搭乗は始まっていなかった。

香港⇒クアラルンプール

機材は以前に乗った時と同じB737-800。



結局、搭乗開始は15分遅れ。乗継時間がタイトになってしまった為に客室乗務員に相談すると、ちょうどこの便がクアラルンプールに着いた足でシンガポールまで飛ぶ計画になっているので心配無用とのこと。客室乗務員さんもシンガポールまでお供してくれることになるらしいw


ということで安心して着席。乗継便に間に合わないのかと思ってこのシートばりに青ざめたわ。まぁ乗継便に間に合わなかったところでシンガポール行きの次便に振り替えてもらえるとは思うけど。

それにしても懐かしいな、マレーシア航空は。実に二年ぶりの搭乗である。

モニターもレトロで別の意味で懐かしい。


かろうじて電源は完備。

機内食はアペタイザーのサテー後にガーデンサラダとピーナッツバターケーキとメインが配膳される。メインは「Chicken Rendang」「Wok-Fried Seafood」「Farfalle Pomodoro」の三択で、既に腹ごしらえを済ませていたことから軽めのFarfalle Pomodoro(マトソースのファルファーレ)を選択した。
ひだり みぎ
久しぶりのマレーサテー。楽しみにしていたのだが、残念ながら妙に肉が硬くなっていた。メインは軽めだと思ったらかなりのボリューム。胃袋の容量的には食べれないことはなかったが、これだけの量のパスタだとどうしても途中で飽きてしまう。

ドリンクリスト。
ひだり みぎ
シャンパンはコルドンブルー。この他、ソフトドリンクもそれなりに充実。


マレーシアらしく白コーヒーやミロ、テータリックも用意されているのが特徴的。また、クアラルンプール発便ではピンクグァバジュースなんてのも振る舞われる。

ひだり みぎ

機内販売ではマレーシア王室御用達のピューターブランドであるロイヤルセランゴールとウォルトディズニーとのタイアップ企画として、スターウォーズの限定商品が販売されていた。錫合金ならではの重厚感と精巧な造形美で胸アツになる逸品揃いなのだが、けっこう値が張るのな。

ひだり みぎ
フライトは特にトラブルも無く順調に飛行。窓を開けるとやけに低空飛行をしていたようで、ベトナムの海岸線を見下ろしながら南下する。


南シナ海に抜け、マレー半島上空に差し掛かると景色は一気に東南アジアらしくなり、高密度に群生するアブラヤシを見下ろしながらクアラルンプール国際空港へとランディング。


降機時にはきちんと座席クラス間のブロックもあり、JALのようにエコノミークラスから雪崩のように降機を急ぐ乗客が流れ込んでくることはない。

クアラルンプール⇒シンガポール

クアラルンプールからも同じ機体での移動となるが、一旦降機してから乗り直し…

ハローアゲイン!ということで同じ客室乗務員のお出迎えを受ける。同じ客室乗務員二連発とか、なんとなく気恥ずかしいな。


クアラルンプール-シンガポール間の飛行時間は1時間。短距離便なので機内食はメニューも無く、軽食のパッサパササンドイッチとソフトドリンクのみ。お世辞にも美味しいものではなかったというか、オブラートに包まず申し上げると不味かった。小学校の給食レベル。

結局、クアラルンプールからの出発も遅れたので、シンガポール到着は1時間遅れとなった。

なんだかんだ経由便は疲れるけど、この景色を見ると「ヒャッハー!シンガポール!」と気分が盛り上がり元気になる。

Related posts(関連記事):

2016年 春夏JAL国際線フライト限定 NARITAサンクスキャンペーン
ちょいと仕事が立て込んでしまっており、頂いたコメントへのご返答が遅れてしまいました。いつものことながら、申し訳ありません。 先程ですね、やっとこさ一息つけまして、何気なく愛しのマイル口座を見てみたのですが、予想以上にマイル残高があって滞在先で思わず雄たけび上げちゃいましたw。明細を見てみると、登録したことすら忘れていた成田サンクスキャンペーンによる嵩上げ効果によるものらしい。 というこ...
JWマリオット香港 エグゼクティブルーム宿泊記
去年、香港のホテル代が超高騰し、どこもかしこも吐き気を催すような強気価格を設定してた頃に泊まったJWマリオット香港。たまたま香港での週末の予定が急にぽっかりと空いてしまったので、当日にラウンジアクセス付きのエグゼクティブルームをポチって即ホテルへと移動した。シングルベッドだけの極狭モーテルですら1万とかする狂気の香港でマリオットも多聞に漏れずにお高かったが、ちょうど前週に大きなプロジェクトを完遂し...
広州ー羽田 JL88 スカイスイートB767 ビジネスクラス搭乗記
広東省各都市での巡業を終え、いつもの日本航空便で広州から羽田へと帰還する。 この広州-羽田便には早い段階でスカイスイート搭載機材が投入されるなど、なんだか並々ならぬJALのヤル気が伝わってくる。殆どの企業はひと昔に比べて出張の際のヒコーキ運賃に対して厳しくなってると思うんだが、それでも仕事での利用客が多い路線は平均単価が高くオイシイんかね。ダブルデイリーで飛ばしてるジャカルタ便しかり、サラリ...
JL720 ジャカルター成田 スカイスイート767 ビジネスクラス搭乗記
ジャカルタからの帰国はJL720のスカイスイート767で。朝04:30にホテル出発し、ジャカルタ名物・暴走狂ドライバーによる荒~い運転で夜闇に包まれたスカルノハッタ航空へと移動する。 空港到着後の荷物検査を経てC客専用のプレミアラウンジ直通プライオリティチェックインカウンターへ。 しかし、JALはプライオリティカウンターが使えないとのことで敢え無く撃退され、せっかく空港の端っこまで来た...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。