ドーハ⇒パリ カタール航空A380ファーストクラス搭乗記

アルサファファーストクラスラウンジで夜を明かし、07:35発QR039便でドーハを離れパリへと飛び立つ時がやってきた。



機材はバンコク⇒ドーハ便と同じく巨艦A380。パリまでは意外と近くて7時間20分の空の旅となる。


1週間ぶりのカタール航空Fシート。今回は座席の説明は省きますので、詳しくは下記のバンコク⇒ドーハ便の記事をご覧頂ければ。

今回の担当CAはボーイッシュでキュートなタイ人女性で、本日は他にもタイに加えカナダ・フィリピン・タイ・アラブ・フランスから集結した多様なクルーが揃っているという。このダイバーシティあるクルー編成から生まれるイケイケグイグイ感がカタール航空の魅力である。

座席へと案内され着席。今回は1Aと2Aにそれぞれヨーロッパ系ビジネスマン風の男性が乗っていて、Fキャビンの乗客は合計3名とのこと。たっぷり飲んで食べて楽しんでくださいね~と素晴らしい歓迎を受ける。


席に着き、先ずはお決まりの苦い苦~いアラビアンコーヒーを目覚ましに一杯。ブラックブラックの1000倍は目覚まし効果があるね。一瞬で眠気が吹っ飛んだ。

ひだり みぎ
アメニティポーチも待望のネイビーを頂けたし、本日は上々の立ち上がり。


バンコク⇒ドーハのアメニティはまさかのキャメル色一択だったからな…。

ただ、機内食は朝食仕様でちょっとパンチが弱いラインナップとなっていた。

Appetiser:
– Seasonal Fresh Fruits
– Choice of Breakfast Cereals
– Greek Yoghurt, Blueberry Compote
– Bircher Muesli
– Smoked Turkey and Beef Pastrami with Emmental Cheese

Main:
– Traditional Arabic Breakfast
– Vanilla French Toast with Apple and Raisin Compote
– Paneer Bhurji with Aloo Matar Poha
– Create Your Own Breakfast(卵料理と各種サイドメニューを選択)

Light Option
– Selection of Hot Arabic Mezze
– Cajun Chicken Salad with Toasted Sweet Corn
– Ricotta Cheese Filled Pasta with Sundried tomato, Kalamata, and Olive
– Falafel Wrap with Tahina Dressing
– Cheese Selection
– Selection of Indulgent indivisual Desserts

先ずは手始め。危険な香りが上空まで漂ってきそうなイラク・トルコ国境辺りで手始めにLight Option Mealのメッゼをオーダー。

軽めにスタートしようとしたのに全然Light Optionに見えないボリュームのメッゼがやってきて、こりゃあ本気出さねばとベルトの穴を緩めて挑む。


続いてもLight Optionから中東風ケイジャンチキンサラダを頼んでみる。ライムが絞られたピコ・デ・ガヨがたっぷり乗っていて見た目はサッパリしたサラダなんだけど、チキンはチポトレの味が強烈なこれまた目の覚める一品。


せっかくなんで今日は最後まで中東料理で押し通すと決め〆にファラフェルをお願いすると、CAの方が物凄く怪訝な顔して私の出身地を尋ねてきたw ミドルイーストご出身でしたかって?やっぱ中東料理はアラブな人たちしか注文しないんだな。確かに日本人の味に合うかと言ったらちょっと微妙で、ここまで中東料理一辺倒に頑張り過ぎたことを少し後悔しながら頂きました。

朝からこれだけ食べて胃袋はパンパンだが、旨い酒は別腹なのでと食べ終わりにバーラウンジに突撃。

ひだり みぎ
わざわざタイ人のCAさんがビジネスホテルの後ろに設置されたバーラウンジまでエスコートしてくれて、「ファーストクラスパッセンジャーのミスター〇〇ですよー」とバーテンスタッフに紹介されたのは恥ずかしかったw

ひだり みぎ
つまみや軽いデザートはテーブルの上に常備。


お勧めを頼んだらスクリュードライバーがやってきた。この爽やかな一杯で口直し。


とりあえず一杯だけやって自席へと戻ると消灯タイムになっていたので、自分もパリに着くまで少し休むことに。食っては寝、食っては寝の豚まっしぐらなフライトだけど、正月休みくらいぐうたらで自堕落な過ごし方したってバチは当たらんでしょう。


改めて見ると長いわこのシート。どんなに頑張って前屈してもアップライトポジションからだと画面横のコンセントまで届かないのが逆に不便だったけど。


ということで、なんだか食べて飲んだ記憶しか残らないフライトだったけど、無事にパリまでやってきましたよっと。

パリでは空港近くの宿に一泊だけしてから明日ロンドン経由で香港まで戻りやす。

Related posts(関連記事):

タイ国際航空 B747-400 ビジネスクラスアッパーデッキ 搭乗記
TG404でシンガポールからバンコクに飛び、ジャンボF席の余韻に浸る間もなくすぐさま香港行きのTG606へとお乗継。 ちょこっとだけ乗継便の搭乗開始まで時間があったので、ゲート近くのロイヤルシルクラウンジに寄ってみることに。 スタイリッシュなデザインのラウンジで、ホットミールもそこそこ充実していたが、ここではフルーツとパイナップルジュースだけパパッと頂いてゲートへと向かう。 ...
ルンビニ日帰り旅行を終え、イエティ航空便でカトマンズへ
無事に(?)仏教四大聖地の一つであるルンビニの見所周りを終え、少々予定より早いがカトマンズへと引き返すことに。もう少しルンビニにいたら悟りを開けてたと思うんですけどね。今必要なのはニルヴァーナよりもスリープなもんで。 先ずはルンビニからバイラワ空港へ向かうバスのターミナルへ、相変わらず歩いた方が速いようなゆっくりペースで凸凹道を走る。この細身でか弱いご老人、職業と自身の能力がマッチしてな...
搭乗記 キャセイパシフィック ビジネスクラス ドバイ⇒香港
2018年年末年始旅行もこれで最後。先ずはキャセイパシフィックでドバイから香港へと戻ります。
広州ー洛陽 南方航空CZ ERJ190 ビジネスクラス搭乗記 洛陽 鄭州 開封旅行1
2017年の端午節は4連休を取って洛陽・鄭州・開封という中国4000年の歴史の舞台として繁栄した河南省の古都を巡る小旅行をして参りました。洛陽は東周・後漢・西晋の、鄭州は商の、開封は北宋のそれぞれ首都として栄えた中原の歴史ある町で、三都市とも中国八大古都(洛陽・鄭州・開封・西安・北京・南京・杭州・安陽)に名を連ねる有名な観光地である。今回は中でも特に中国史を学習したことがある方なら誰でも知ってる洛...