シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バガンからPyi Taw Aye社のバスでマンダレーへ


ここ二日間でバガンの町を十二分に楽しみ満足したので、この日は09:00発のバスで次なる目的地であるマンダレーへと移動することに。

バガン⇒マンダレーへの交通手段


バガンからマンダレーまでは直線距離で160km程で、バス以外に鉄道・フェリー・飛行機でも移動可能となっている。
鉄道:所要時間が8時間と遅い。
フェリー:所要11時間と遅い&川の水量が少ない乾季は欠航リスクが高い
飛行機:遅延が怖い&マンダレー空港が市街地から30Km以上離れている

それぞれ一長一短だけど、ざっと調べた感じだと消去法でバスが良さげという結論に。所要時間5時間で、運賃も9,000チャット(≒720円)と安く、更にはバガンの宿でのピックアップ&マンダレーの宿にドロップオフというドアトゥドアサービスになっているんだと。事前にバスチケットの購入もできるmyanmarbusticket.comで確認したところによると、05:00発~20:30まで一日17便もあるので、乗りっぱぐれる心配もなさそうだし。

バガンからマンダレーのバスの時刻表

参考までに、この日のバスの時刻表は下記の通り。シーズンや曜日によっても運行スケジュールが変動するかと思うので、移動する日が決まったらmyanmarbusticket.comで最新のスケジュールをご確認頂ければと。

05:00発10:00着 OK BUS, US$8.6
05:30発10:30着 Moe Thout Tun, US$8.6
07:00発12:00着 Moe Thout Tun, US$8.6
08:00発14:00着 Aye Chan Maung, US$7.3
08:30発13:30着 OK BUS, US$8.6
09:00発14:00着 Moe Thout Tun, US$8.6
09:00発15:00着 Pyi Taw Aye, US$8.2
12:00発17:00着 Moe Thout Tun, US$8.6
12:00発18:00着 Pyi Taw Aye, US$8.2
13:00発18:00着 OK BUS, US$8.6
14:00発19:00着 Moe Thout Tun, US$8.6
14:30発20:30着 OK BUS, US$8.6
14:30発20:30着 Pyi Taw Aye, US$8.2
16:00発21:00着 OK BUS, US$8.6
17:00発22:00着 Moe Thout Tun, US$8.6
17:00発23:00着 Pyi Taw Aye, US$8.2
20:30発01:30着 Moe Thout Tun, US$8.6

PYI TAW AYEのバスでバガンからマンダレーへ

ということで宿泊先ホテルでバスを予約してもらったところ、大手のバス会社ではなくPYI TAW AYEという名前からしてローカル感丸出しのバス会社運航便しか取り扱っていないとのことだった。問題ないとは思うけど…

Pyi Taw Aye運航便でもバガンでのピックアップサービスとマンダレーでのドロップオフサービスはあるみたいなので、ホテルのフロントスタッフを信じてPyi Taw Ayeでお願いすることに。

バスの出発は09:00で、08:30にバスターミナル行きのピックアップタクシーがロイヤルホテルまで迎えに来てくれる。

しかしまぁこれが…乗り合いバン的なのを予想していたのだが、まさかの軽トラ。まさかこれでマンダレーまで行かないっすよねw

ひだり みぎ
隣の人のバックパックが邪魔で足の置き場もないような狭い車内というか荷台の上で揺られること15分、バガンのバスターミナルに到着した。

ひだり みぎ
ここから韓国が世界に誇る現代社製ミニバスでゆっくり5-6時間かけてマンダレーまで。道路の舗装状態の劣悪さも重なりピックアップの荷台よりは乗り心地マシかな程度の代物だけど、マンダレーでも宿泊先にドロップオフしてくれることを考えれば文句は言えんか。なんたって運賃700円なわけですから。

シートの配列は1-2で、ソロ観光客には自動的に後方シングル席があてがわれているようだった。前方席は途中で乗車降車する客専用でリザーブされているのかな。

ひだり みぎ
バガンを発った時には車内ガラガラでイケるやんコレ!と余裕すら感じたものだが、沿線の村落に住まう方々を次々にピックアップしていって気づけば補助席まで全埋まりで窮屈極まりなし。観光客専用のバガン直行バスじゃないようで、そこらへんで乗せたり降ろしたりを繰り返すのでとにかく遅い。


これがバガン郊外を抜けたあたりから一転して猛スピードに。舗装状態が悪いので上下の揺れが激しいし、前方に遅い車が走っていると、右に左にと車道をはみ出して追い抜こうとするので左右にも大きく揺さぶられる。乗客を乗せたり降ろしたりして生じた時間のロスを取り戻さんとしてるのか、とにもかくにも凄まじい爆走ぶりである。

ひだり みぎ
川を渡り、砂漠の中を突き進み…牧歌的な景色の中を走っていると知らない間に眠ってしまい、皆ごそごそと降車するのに気づいて目が覚めた。

ひだり みぎ
10:30。窓の外に目をやると、停車スポットに着くなり商品満載の籠を頭の上に載せたまま歩くバランス感覚優れた物売りの方々に完全包囲されていて、自分がミャンマーにいることに気が付く。


頭に物資を載せたまま、手を使わずにハンズフリーですたすたと歩いていますからね。これは曲芸と言っても良いでしょう。

ひだり みぎ
11:50、ローカルレストランでのランチタイム休憩を経てマンダレー市街地へ。

マンダレー市街地に入ると、南から北へとバガン市街地を北上しながら乗客を一人一人降ろしていく。自分は比較的早めに降ろして頂くことができ、バガンをでてちょうど5時間が経過した14:00にのEmperor Hotelへと到着した。

いやー良いね、このドアトゥドアサービスは。

ちょっとスピード出し過ぎだし揺れに揺れて恐怖感を覚える時もあるけれど、バガン⇔マンダレー間の移動はバスがお勧め。


Booking.com

Related posts (関連記事):

バンコクエアウェイズ ブティックラウンジと搭乗記 バンコク⇒ヤンゴン
2月に1週間の休みが取れたんで、アジア最後のフロンティアことミャンマーのヤンゴン⇒パガン⇒マンダレーを周遊してきやした。 タチレク、ミャワディーへの小旅行に次いで3度目のミャンマーに胸高鳴る30...
ヤンゴン市内のシャン料理の名店 Shan Yoe Yar(シャンヨーヤー)
ヤンゴンでの最後の晩餐は、宿泊先のシャングリラホテル直結のショッピングモールに入るシャン料理の名店“Shan Yoe Yar シャンヨーヤー”で摂ることに。 多民族国家であるミャンマーには民族な...
バガンのニャウンウー村(Nyaung-oo)でのメシのサケ
この日は滞在先のニャウンウー(Nyaung-oo)の町をぶらぶらと。 長距離バスターミナルと空港のあるニャウンウーはバガンの玄関口であり、同時にバガン最大の観光拠点。安宿~中級宿・旅行会社・レン...
バガンビューイングタワーから眺めるサンセット
バガンでの最終日は、バガン遺跡地区の東の外れに建つバガンタワーことバガンビューイングタワーまでサンセットを見にいくことに。 バガンタワーは、観光の目玉にと2005年にオープンした高さ61mの展望...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする