インターコンチネンタル マスカット(InterContinental Muscat)宿泊記

マスカットでの初日の宿はオマーン湾に面したインターコンチネンタルマスカット。

本当はオマーン国王によって建てられたというAl Bustan Palace a Ritz-Carlton Hotelに泊まりたかったのだが、前年ながらリノベーションの為に長期休業中だったので、仕方なくインターコンチネンタルを代打として起用することに。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
天井まで吹き抜けとなった開放的なロビー。スタイルが一昔も二昔も前の五つ星ホテルといった感じだったんで創業年を伺ったところ、建物は今年で築40年になるんだと。最後のリノベからも10年近く経過しているし、随所に古臭さが感じられてしまう。

ひだり みぎ
館内はマスカットを題材にしたオマーンアートやアラビアンなインテリアがさりげなく飾られている。立地的にもリゾート風かと思ったけど、どちらかといえばビジネススタイルに寄せたコンセプトになっているようで、宿泊客は観光客よりもビジネスマンが多いようだった。


ウェルカムドリンクはデーツと共に頂くアラビアンコーヒー。デーツを眺めてたら「お一ついかがですか」と一人の男が吹っ飛んできた。白いワンピース+オマーンハットを着用してどっからどう見ても外で普通に歩いてるようなオマーン人なんだけど、言動から察するにどうもホテル職員らしい。どうやらホテルスタッフは背広組と伝統衣装組の2種類に分かれているようだ。


遺影みたいな国王の写真に見守られながらチェックイン。部屋はオマーン湾側のエグゼスイートにU/Gして頂けたが、やはり規定通りラウンジアクセスは有償オファー(OMR20≒JPY6,000)だった。夜は外食予定だったし、パッと見た感じラウンジがショボかったので、今回はラウンジは敬遠して明日の朝適当にホテル内のレストランで食べお金を落とすことにした。


エレベーターホールでも国王に見守られながら用意された部屋のある3階へ。中国のホテルに毛沢東やら習近平の写真とかが掲げられてたらドン引きするけど、オマーンに於けるスルタン画はインテリアの一種くらいの感じで上手い具合に周囲に溶け込んでるのが面白い。

部屋:エグゼクティブスイート


入って正面がリビングルーム。古いながらも重厚感ある家具が並んでいて、出来る大人の執務室といった感じ。

ひだり みぎ

ブラウン系の色で統一されていて落ち着きのある部屋で、鏡の縁やスタンドライトの脚の部分なんかにちょこちょことしたオマーン的要素が見られるのが面白い。

ひだり みぎ
ミニバー。一応5つ星ホテルだけあってお酒も用意されているが、やっぱり高い。


日本での市場価格が500円でもイスラム圏では5,000円にもなるかもしれんからな。後になってのサプライズを避ける為にも抜かりなくチェックする必要がある。


ベッドルームも広々してて、普通のスーペリアルームの広さがある。贅沢にも二部屋分使ってるんだな、エグゼスイートは。最安値の部屋から3段階もアップグレードして頂き感謝感謝である。


バルコニーもリビング・ベッドルームの両方に設置されていて、オマーン湾からのしょっぱい海風を浴びながらくつろぐことができる。

ひだり みぎ

ベッドルームの横に設けられたウェットエリアで特筆すべきはビデの存在か。トイレの横のアレ、便器のような、流し台のような微妙な形をしたアレっすわ。足とかちょちょっと洗い流すのにも便利なので、来たるべきオマーン国際女子マラソン開催に向けインフラ設備を整えたということだろうか。

プール・ビーチ

ひだり みぎ



プールサイドにはトマトというオープンエアーのレストラン&バーがあり、子供を遊ばせる白人のお父さんお母さんで朝から賑わっていた。オマーンという言葉の響きだけでエロく聞こえてしまうようで本当に申し訳ないのだが、オマーンで飲むマンゴージュース、自然の酸味があり美味しかった。カクテル一杯OR4.0~(≒JPY1,200)と手頃な価格設定だし、部屋で飲むよりよっぽど良いわ。


プールの一番奥にはオマーン湾のビーチに繋がるドアがあり、ルームキーで気軽にビーチにアクセスできるようになっている。

黄昏のオマーン湾は雰囲気抜群。
ひだり みぎ
ここから対岸のイランまでは僅か300km、船でサクッとイランまで行けるなら行ってみたかったのだが。


波も穏やかだけど、この時期のオマーンの朝晩は比較的過ごし易いどころか薄ら寒いくらいで、この晩の気温は17℃と泳ぐにはちと寒すぎるか。


故に、冬のビーチは泳ぐところではなくサッカーをするところらしい。なんか「仮想サウジ」「仮想イラン」みたいな感じで結構よく日本代表とも試合してるイメージのサッカーオマーン代表。あまり強くはないけど国民のサッカーに対する関心は高いらしく、新聞でもサッカーネタをよく見かけた。


オマーン代表は無事にガルフカップ決勝に進出したのだが、決勝戦観戦の為に試合前日に出発した特別機は国王の計らいにより全席無料だったらしい。そりゃあ国王愛されますわw


翌朝…ビーチに出てみると、どこか物悲しい雰囲気を醸し出していた黄昏時とは違い、空気も澄んですがすがしい表情のビーチを見ることができた。

ホテルを出て左手に数分のところには、ジャハラート・アル・シャティ・コンプレックスという小さな小さなモールがある。
ひだり みぎ

スタバやサブウェイも入居するほか、高品質な土産物が揃うオマーニヘリテージギャラリーも。


ここでの国王はモザイクタイルで描かれてちょっとおしゃれ。

所感

ルイやマトラといった旧市街地方面で遊ぶにはちょっと不便で、ホテル内でゆっくり休んだりビーチでのんびり黄昏れたいという方向けのホテルである。せめて市内へのシャトルバスがあったらな…。

インターコンチネンタルマスカット(InterContinental Muscat)


Booking.com



住所:P.O. Box 398, Al Kharjiya Street, Al Shati Area, Muttrah, Muscat.
電話:+968-24-680000
ホームページ:https://www.ihg.com/intercontinental/hotels/jp/ja/muscat/mscha/hoteldetail


Booking.com

Related posts(関連記事):

クラウンプラザリゾート サラーラ(Crown Plaza Salalah)宿泊記
ウバール・ルブアルハリ砂漠巡りを終え、サラーラ市内のホテルへと移動する。前日に香港を発ってから30時間近く、まともに休みなくノンストップで来たのでもうへっとへとである。 サラーラはコスモポリタンなドバイやドーハと違い、イスラム装束を身に纏った純血アラブ人とちょっと緩いイスラム装備をしたパキスタン人ばかりという印象。男はまつ毛びっしり鼻毛びっしりお目めパッチリ、女は妖艶豊満メイクバッチリで...
2017年度マリオット カテゴリー変更
SPGのカテゴリー変更と合わせて、マリオットのカテゴリー変更についてもご案内しておこう。 【概要】 ・1,000ホテル超でカテゴリー変更 ・内、60%でカテゴリーアップ ・内、40%でカテゴリーダウン ・新カテゴリーの適用開始日:3月7日 ・公式サイトの案内ページ:こちら 1,000ものホテルでカテゴリー変更且つ約60%でカテゴリーアップと聞くと「うげぇ」と吐き気を催して...
ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴン クラブフロア宿泊記
この日のホーチミンでのお宿はマリオット系列のルネッサンスリバーサイドホテルサイゴン。シェラトンサイゴンと並ぶホーチミンの二大「日本人ツアー客様御用達ホテル」である。 モンゴル軍を3度に渡って撃退したという地元の英雄・チャンフンダオ像の傍、サイゴン川に沿って走るTon Duc Thang通りに聳え立つタワー型の同ホテル。オペラハウスから雑貨店がひしめくドンコイ通りを歩いて10分程という立地で、...
ザ・ポートマン・リッツカールトンホテル上海 Portman Ritz Carlton Shanghai 宿泊記
この日の上海での宿泊先はリッツカールトン。2箇所ある上海のリッツカールトンのうち、今回は静安区のポートマンリッツカールトン上海(上海波特曼麗嘉酒店)のクラブフロアに宿泊する。 場所は高級ブティックやモールが軒を重ねる南京路のランドマーク的複合ビル・上海商城。正確には南京路の中でも西側にある南京西路に位置し、○○故居やら○○旧居が高層ビルと混在するように残る下町風情ある立地にある。 旧居...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。