バンコク ロイヤルオーキッドファーストクラスラウンジ

キャセイパシフィック航空CX751便で香港からバンコクに飛んできて、お次はカタール航空QR833に乗継ぎドーハへと移動する。

今でこそカタール航空の自前ラウンジがオープンしたバンコクスワンナプーム国際空港だが、当時のQR利用客はタイ国際航空のラウンジを使うようにとのお達しがあったんですよね。ワンワールドステータスでキャセイラウンジにも入れると思うけど、以前はタイ国際航空のロイヤルファーストラウンジも使えたという情報を頼りにダメ元でロイヤルFラウンジへと特攻してみることに。

年末休みだからか幸せそうなリア充さん達で込み合う空港の中、人込みを縫うように独り500mほど小走りしてタイ国際航空の本丸・ロイヤルファーストラウンジへ。

しかし…これみよがしにカタール航空のファーストクラスチケットを提示してみるも、敢え無く入室拒否に…。知ってた。

ロイヤルファーストラウンジ入室条件:
タイ国際航空のファーストクラス搭乗者
スターアライアンス加盟航空会社のファーストクラス搭乗者
タイ国際航空運航の国際線に搭乗するロイヤルオーキッドプラスプラチナ会員

やっぱダメですよね。「色々と調べてみたけどやっぱダメ。カタール航空のボーディングパスではロイヤルファーストラウンジは入れないので、コンコースEにあるタイ国際航空のファーストクラスラウンジをご利用下さい」と。あっけなく門前払いをくらってしまう。


ということで、またしても小走りで案内を受けたEコンのロイヤルオーキッドラウンジへ。


ここはファーストクラスラウンジと言ってもビジネスクラスラウンジの一角をファーストクラス用にロープで隔絶して作ったなんちゃってファーストクラスラウンジっすわ。

ひだり みぎ
それでも、利用客は同じくドーハに向かうと思われるインド人の野郎1人と私のみで落ち着けるっちゃ落ち着ける。ラウンジスタッフもアテンティブで食べ物や飲み物のオーダーを聞きにきてくれるし。


ひだり みぎ
セルフサービスのミールは意外にタイっぽいお洒落なカクテルサラダやスイーツがあったりして、小腹を満たすには丁度良い。

ひだり みぎ
しょっぱい内容ながらもオーダー制のホットミールメニューがあったのでマッシュルームとケールのオイスターソース炒めを頼んでみたら、ファミレス以下・給食以下のレンチンミールレベルで本当にしょっぱかった。今日日コンビニの弁当だってもっと良い味出してるぞ。

ひだり みぎ

ドリンクカートにはロイヤルサルート21年物もあったりとそれなりに豊富。


ひだり みぎ
ただ、やっぱりオーダー物のホットミールがなぁ…。期待外れに終わったモヤモヤを吹っ飛ばすべくシャワーを浴びてから深夜便へと乗り込むことに。まかここでの不完全燃焼は機内で取り戻しまっせ!



ドーハ⇒サラーラ便のボーディングパスも発行してもらい、いざ初のカタール航空ファーストクラスへ!

Related posts(関連記事):

ロイヤルヨルダン ビジネスクラス バンコクー香港 A330 RJ182 搭乗記
ロイヤルヨルダンでバンコクに来て、本当に何もせずにロイヤルヨルダンで来た道を戻る。せめて有給をくっつけてもう一泊すべきだったか…。根性の無い自分にはタッチ100連発修行みたいなマネは絶対にできんわ。 チェックインカウンターに着くと、往路と同じく酷い閑散ぶりに心配になる。これだけ広々としてるのに他に手続きしてる客が一切いないというwww。これはきっと、アンマンから通しで香港に向かう乗客で...
日本人の夜の城・メリディアンバンコク宿泊記
ずいぶん前に週末キャンペーンで連泊したメリディアンバンコク。ホテルのホームページでは「バンコクのビジネス地区、シーロムに位置」なんて紹介されているが、どちらかというと「日本人向け歓楽街のタニヤや、怪しげな夜店が密集してネオン輝く猥雑なパッポン通りに近接した夜遊びエリアに位置」と表現した方が適切かと。パッポンやタニアで遊ぶ分にはクラウンプラザ(旧パンパシフィック)と並んで最高のホテルである。 ...
プルマン バンコク ホテルG クラブフロア宿泊記
えー、暫くホテルの宿泊記が続いておりますが、この日もバンコクのプルマンホテルGの宿泊記を…。履いて捨てる程コスパの高い外資系5つ星ホテルのあるバンコクでプルマンを選んだきっかけはコレ。 フランスからわざわざアコーのプラチナカードとモレスキンの手帳が送られてきた。残念ながらカードも手帳も使う機会はなさそうだけど、何だか申し訳ないから久しぶりにどっかアコー系列のホテルに泊まることにするか pic...
アジアティーク リバーフロント
バンコクの夜の楽しみの一つであるナイトバザール。2010年に完全クローズしてしまった巨大ナイトマーケット・ルンピニナイトバザールに代わる新たなバンコクの夜の顔として、チャオプラヤー川沿いに『アジアティーク ザ リバーフロント』がグランドオープンしました。 時は19世紀、タイが未だシャムを国号としていた時代の事、アジア近隣諸国に欧州列強諸国の植民地化の波が押し寄せる中、当時のチャクリー王朝の王...