バンコク ロイヤルオーキッドファーストクラスラウンジ

キャセイパシフィック航空CX751便で香港からバンコクに飛んできて、お次はカタール航空QR833に乗継ぎドーハへと移動する。

今でこそカタール航空の自前ラウンジがオープンしたバンコクスワンナプーム国際空港だが、当時のQR利用客はタイ国際航空のラウンジを使うようにとのお達しがあったんですよね。ワンワールドステータスでキャセイラウンジにも入れると思うけど、以前はタイ国際航空のロイヤルファーストラウンジも使えたという情報を頼りにダメ元でロイヤルFラウンジへと特攻してみることに。

年末休みだからか幸せそうなリア充さん達で込み合う空港の中、人込みを縫うように独り500mほど小走りしてタイ国際航空の本丸・ロイヤルファーストラウンジへ。

しかし…これみよがしにカタール航空のファーストクラスチケットを提示してみるも、敢え無く入室拒否に…。知ってた。

ロイヤルファーストラウンジ入室条件:
タイ国際航空のファーストクラス搭乗者
スターアライアンス加盟航空会社のファーストクラス搭乗者
タイ国際航空運航の国際線に搭乗するロイヤルオーキッドプラスプラチナ会員

やっぱダメですよね。「色々と調べてみたけどやっぱダメ。カタール航空のボーディングパスではロイヤルファーストラウンジは入れないので、コンコースEにあるタイ国際航空のファーストクラスラウンジをご利用下さい」と。あっけなく門前払いをくらってしまう。


ということで、またしても小走りで案内を受けたEコンのロイヤルオーキッドラウンジへ。


ここはファーストクラスラウンジと言ってもビジネスクラスラウンジの一角をファーストクラス用にロープで隔絶して作ったなんちゃってファーストクラスラウンジっすわ。

ひだり みぎ
それでも、利用客は同じくドーハに向かうと思われるインド人の野郎1人と私のみで落ち着けるっちゃ落ち着ける。ラウンジスタッフもアテンティブで食べ物や飲み物のオーダーを聞きにきてくれるし。


ひだり みぎ
セルフサービスのミールは意外にタイっぽいお洒落なカクテルサラダやスイーツがあったりして、小腹を満たすには丁度良い。

ひだり みぎ
しょっぱい内容ながらもオーダー制のホットミールメニューがあったのでマッシュルームとケールのオイスターソース炒めを頼んでみたら、ファミレス以下・給食以下のレンチンミールレベルで本当にしょっぱかった。今日日コンビニの弁当だってもっと良い味出してるぞ。

ひだり みぎ

ドリンクカートにはロイヤルサルート21年物もあったりとそれなりに豊富。


ひだり みぎ
ただ、やっぱりオーダー物のホットミールがなぁ…。期待外れに終わったモヤモヤを吹っ飛ばすべくシャワーを浴びてから深夜便へと乗り込むことに。まかここでの不完全燃焼は機内で取り戻しまっせ!



ドーハ⇒サラーラ便のボーディングパスも発行してもらい、いざ初のカタール航空ファーストクラスへ!

Related posts(関連記事):

日本人の夜の城・メリディアンバンコク宿泊記
ずいぶん前に週末キャンペーンで連泊したメリディアンバンコク。ホテルのホームページでは「バンコクのビジネス地区、シーロムに位置」なんて紹介されているが、どちらかというと「日本人向け歓楽街のタニヤや、怪しげな夜店が密集してネオン輝く猥雑なパッポン通りに近接した夜遊びエリアに位置」と表現した方が適切かと。パッポンやタニアで遊ぶ分にはクラウンプラザ(旧パンパシフィック)と並んで最高のホテルである。 ...
Wホテルデビュー W Hotel Bangkok宿泊記
今年の清明節は3連休を利用してバンコクへと逃亡。SPGプラチナチャレンジの修行も兼ね、滞在先はWバンコクにすることに。Wホテルは自分にはヒップすぎるというか、イケイケ過ぎて落ち着かないデザインホテルというイメージで敬遠していたが、食わず嫌いは良くないよね、ってことでWデビューしてみることに。 タイの首都バンコクの中でも大使館やガラス張りの高層オフィスビル、金融機関などが集中するビジネスディス...
ホリデイインエクスプレス バンコク スクンビット 11 宿泊記
本日取り上げるのは去年末に泊まったIHG系のホリデイインエクスプレス バンコク・スクンビット11(Holiday Inn Express Bangkok Sukhumvit 11)。2014年12月オープンと、3か所あるバンコクのホリデイインエクスプレスの中で最も新しいプロパティとなる。 アロフトやファイヤーハウスなんかがあり、タンクトップやパロディー系シャツを着た旅人系ファランが多く生息す...
由緒ある寺とみせかけたスーツ詐欺の拠点 ワット・イン
バンコク国立博物館前で自称ブッディスト英語教師に声をかけられ、トゥクトゥクにて近隣の仏陀を見て回ることになったのは先のスーツ詐欺(!?)に関する記事の通りだが、グーグルで検索し、位置関係や寺院情報から割出した結果、どうやら最初に連れられた寺院はワット・インタラヴィハーン(通称ワットイン)であることが分かった。 トゥクトゥクに揺られる事10分程であろうか、どうやら最初の寺院に到着したようだ。 ...