シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンコク ロイヤルオーキッドファーストクラスラウンジ


キャセイパシフィック航空CX751便で香港からバンコクに飛んできて、お次はカタール航空QR833に乗継ぎドーハへと移動する。

今でこそカタール航空の自前ラウンジがオープンしたバンコクスワンナプーム国際空港だが、当時のQR利用客はタイ国際航空のラウンジを使うようにとのお達しがあったんですよね。ワンワールドステータスでキャセイラウンジにも入れると思うけど、以前はタイ国際航空のロイヤルファーストラウンジも使えたという情報を頼りにダメ元でロイヤルFラウンジへと特攻してみることに。

年末休みだからか幸せそうなリア充さん達で込み合う空港の中、人込みを縫うように独り500mほど小走りしてタイ国際航空の本丸・ロイヤルファーストラウンジへ。

しかし…これみよがしにカタール航空のファーストクラスチケットを提示してみるも、敢え無く入室拒否に…。知ってた。

ロイヤルファーストラウンジ入室条件:
タイ国際航空のファーストクラス搭乗者
スターアライアンス加盟航空会社のファーストクラス搭乗者
タイ国際航空運航の国際線に搭乗するロイヤルオーキッドプラスプラチナ会員

やっぱダメですよね。「色々と調べてみたけどやっぱダメ。カタール航空のボーディングパスではロイヤルファーストラウンジは入れないので、コンコースEにあるタイ国際航空のファーストクラスラウンジをご利用下さい」と。あっけなく門前払いをくらってしまう。


ということで、またしても小走りで案内を受けたEコンのロイヤルオーキッドラウンジへ。


ここはファーストクラスラウンジと言ってもビジネスクラスラウンジの一角をファーストクラス用にロープで隔絶して作ったなんちゃってファーストクラスラウンジっすわ。

ひだり みぎ
それでも、利用客は同じくドーハに向かうと思われるインド人の野郎1人と私のみで落ち着けるっちゃ落ち着ける。ラウンジスタッフもアテンティブで食べ物や飲み物のオーダーを聞きにきてくれるし。


ひだり みぎ
セルフサービスのミールは意外にタイっぽいお洒落なカクテルサラダやスイーツがあったりして、小腹を満たすには丁度良い。

ひだり みぎ
しょっぱい内容ながらもオーダー制のホットミールメニューがあったのでマッシュルームとケールのオイスターソース炒めを頼んでみたら、ファミレス以下・給食以下のレンチンミールレベルで本当にしょっぱかった。今日日コンビニの弁当だってもっと良い味出してるぞ。

ひだり みぎ

ドリンクカートにはロイヤルサルート21年物もあったりとそれなりに豊富。


ひだり みぎ
ただ、やっぱりオーダー物のホットミールがなぁ…。期待外れに終わったモヤモヤを吹っ飛ばすべくシャワーを浴びてから深夜便へと乗り込むことに。まかここでの不完全燃焼は機内で取り戻しまっせ!



ドーハ⇒サラーラ便のボーディングパスも発行してもらい、いざ初のカタール航空ファーストクラスへ!

Related posts (関連記事):

バンコクのスーツ詐欺(!?)2
前回からの続き。トゥクトゥクの運ちゃんに連れられて寺院2⇒スーツ屋に移動します。 それにしても国立博物館前で会った教師と仏陀2であった銀行員、そしてトゥクトゥクの運ちゃんの間で見事に一糸乱れぬ連携が...
デュシタニ・バンコク宿泊記 伝統的?いや、ただ古いだけ。 Dusit Thani Bangkok
週末バンコクの最終夜の宿はタイの帝国ホテルとも称される伝統あるデュシタニ・バンコクに泊まることに。一昨年に泊まったタイ内資ホテルのスコータイが良かったし、一度くらいはデュシットのフラッグシップホテルを...
日本人の夜の城・メリディアンバンコク宿泊記
ずいぶん前に週末キャンペーンで連泊したメリディアンバンコク。ホテルのホームページでは「バンコクのビジネス地区、シーロムに位置」なんて紹介されているが、どちらかというと「日本人向け歓楽街のタニヤや、怪し...
抜群のリゾート感に癒される ケンピンスキーサイアム クラブルーム宿泊記
ずーっと前から気になってたケンピンスキー・サイアムのクラブルームに泊まってみた。取引先のお偉いさん曰く、誰もが認めるバンコク一、否、アジア一のラグジュアリーシティーリゾートホテルとのことだ。中毒性があ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする