シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港で食す二郎インスパイア系ラーメン@混乱拉麺


この日は香港滞在中だったのですが、無性にニンニクを食べたくなるというニンニク中毒症状が現れてきましてね。これは日本に帰ってラーメン次郎に行くまで待てんと、海を越えた香港でもニンニクマシマシが楽しめることで有名な二郎インスパイア系ラーメン屋に行ってみることに。

その名も混乱ラーメン(Confusion Ramen)。

二郎系ラーメンを食べるという目的だけの為にわざわざ深水埗までやって来ましたよ。

深水埗は秋葉原の裏道的香港電気街として知られている。
ひだり みぎ
巨大なビルに囲まれた狭い路地の露店で見たこともないデバイスや、どこで拾ってきたのか分からないようなボロッボロの中古電気製品なんかが売られてる。

ひだり みぎ
ひだり みぎ

他にも多く売られている海賊版DVDや胡散臭い仏具品なんかのしょうもない商材を尻目に歩いて混乱ラーメンを目指す。

駅から歩いて5分程、混乱ラーメンの店舗を発見。

店主の二郎へのアツい想いがヒシヒシと伝わってくる黄色い看板で非常に分かり易い。


とにかくここでは死ぬ程ニンニクが食えるようで入り口には仰々しくも警告が掲示されていて、以下のいづれかに該当する方は入店をご遠慮下さいとのことだ。

1. 食欲があまりない。
2. 太麺が嫌い。
3. 背油が嫌い。
4. もやしが苦手。
5. これからお客さんと打合せがある。
6. これから彼女とデートする。

いずれの条件にも該当しないことを確認の上で入店。

店内はカウンター席だけで20席弱くらいはあろうだろうか。ランチの時間帯だけあって香港の若いジロニアンたちで賑わっている。


メニューは写真と日本語表記付き。やはりニ郎インスパイア系だけあって有料のトッピングだけでなく、野菜・ニンニク・背油の量を“不要”“正常”“二倍”“三倍”から選べる無料サービスが用意されている。二倍がマシマシで三倍がチョモランマといったところだろう。

ひだり みぎ
ふと壁に目をやると、三倍野菜を注文する場合は残さないでとの当然の注意書きが。ネタ的には3倍野菜を選ばないといけないんだろうけど、野菜山盛りのチョモランマの写真を前に怖気づいてしまい、この日の胃袋のコンディションも考慮して混乱全部入りラーメン野菜二倍・ニンニク三倍・背油三倍で妥協することに。


待つこと5分、混乱全部入りラーメン(野菜二倍・ニンニク二倍・背油三倍)が目の前に現れた。

ひだり みぎ
チャーシューが薄切りながらも表面積が大きくボリューム満点のように見えるが、これくらいであれば想定の範囲内。他の具もメンマ・ノリ・コーン・味玉にバターとスタンダードな内容だし。ちょっと想定外だったのは背油が肉の脂身の角切りだったことと野菜がキャベツ無しで中国の痩せ細ったモヤシオンリーだったことくらいだろうか。この程度なら万全の調子じゃなくとも全部乗せ三倍コンボも行けたかもしれん。

麺は太麺と中太麺とで選択できるようだったが、この日は太麺が切れていたので中太麺に。

スープは味噌ベースの豚骨味といった感じだしベースの出汁が弱いので次郎の味とは異なるし、背油が角切りだったこともありスープのコクという点ではイマイチ。

ただ、やっぱりニンニクの効いたラーメンってたまーにどうしようもなく食べたくなるもんなんででね。二郎の味とは異なるけど、軽いニンニク病が発症した場合に日本に帰らずとも香港で応急処置を受けられるようになったという意味では非常に有難いお店である。

【混乱ラーメン(Confusion Ramen)】

住所:深水埗欽州街52-54号平安大廈(Peace Building, 52-54 Yen Chow Street, Sham Shui Po)
営業時間:12:00-15:00、17:30~21:00
ホームページ:https://www.facebook.com/confusion.ramen/

Related posts (関連記事):

東洋の魔窟(?)九龍城砦
かつて、と言ってもそうは遠くない昔、どの国の法も及ばず、警察官すら干渉できない『あらゆる悪の巣窟』なる巨大スラム建築群が香港に存在しました。そのおどろおどろしい悪評は海を越え、遠く日本でも伝説的評判が...
行貨(正規品)か水貨(個人輸入品)か…@先達広場
日本から持ち込み、中国で脱獄をして4年以上も使ってきたiphoneがいよいよもって不調を来し始めてきたので、久方ぶりに携帯電話を買い替えることに。向かった先は香港のMTR旺角(モンコック)駅近くの先達...
JWマリオット香港 エグゼクティブルーム宿泊記
去年、香港のホテル代が超高騰し、どこもかしこも吐き気を催すような強気価格を設定してた頃に泊まったJWマリオット香港。たまたま香港での週末の予定が急にぽっかりと空いてしまったので、当日にラウンジアクセス...
オヴォロ・サウスサイド香港(Ovolo Southside Hongkong)宿泊記
本日は香港島の南岸側にあるデザインホテル・オヴォロ サウスサイドのご紹介。ここは一泊1万円ちょいと香港のホテルにしてはお安いだけでなく、無料特典満載で意外と重宝するんです。 無料特典: ・館内...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. いち より:

    初めてコメントさせて貰います。
    中国駐在ですが、噂を聞きつけ期待して行ったらガッカリしました。
    (あれはあれで美味しいですが)
    やっぱり海外で二郎は難しいんでしょうかね。。。

    別の記事も拝見させて頂きましたが
    現地に住んでいても知らないことばかりで
    よく調べられているなぁと頭が下がる思いです。
    色々と勉強になりました。

    • ポンズ より:

      いち様
      貴重なコメントを頂いていたのにもかかわらず、ご返答が大幅に遅れてしまい申し訳ございません!

      やっぱり本物の二郎の味を期待して行ってしまうと失望しちゃいますよね…本物丸パクリで出しちゃうと、現地人受けしないといった大人事情があるのでしょうか…

      それにしても、中国駐在とは羨ましい!
      私も駐在時代は毎日がネタだらけで、刺激たっぷりの濃い~経験をたっぷりとさせて頂きました。
      面白いネタがありましたらどうぞお教えくださいませ~~。

      これだけお返事が遅れてしまってお願いするのも大変恐縮ではございますが…今後とも、宜しくお願い致します!
      ポンズ