B級テーマパーク 天龍八部影視城 雲南省旅行20

この日はちょっとアクティブに、蒼山の麓にある中華映画の撮影ロケ地兼テーマパークである天龍八部影視城と大理白族により霊峰と崇め奉られる蒼山を見て回ることに。


先ずは大理古城からタクシーで天龍八部影視城へ。地図を見たら蒼山へのロープウェイ乗り場が影視城近くにあるので、影視城を見てから蒼山に登る計画で。


さっそく影視城への入場券を買い求めに行くとガッカリな告知が…入場料が52元⇒26元と半額になる一方、女真部落・西夏城・日本四僧塔といった影視城内の見所の殆どが改修中なんだと。こりゃあ・大切な国慶節の観光のピークまでに改修を終えれんかった現場責任者の安否が心配でならん。


楽しみにしていた女真部落・西夏城が観られずに大いに失望しながらも、入園料半額というメリットの部分をありがたく思うようにして入園する。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
くぅ~、たまらんこの超B級感。大部分が改修中につきクローズとなってしまってるが、残る一部分だけでもこの荒廃したダメダメな感じは十分に味わうことができる。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
道路脇に建つ建物の一つ一つが実演コーナーの舞台となっていて、中では民族衣装を身に纏ったオジサンオバサンたちが気怠そうに三味線風の楽器を弾いたり茶を淹れたりしてるんだが、やはり工事中につきツアー客がいないからだろう、誰も彼・彼女らを見る観光客がいなくて居た堪れない気持ちになる。


こんなにイベントが目白押しらしい。他にも酸っぱい借衣装を着ての記念撮影コーナーなんかも充実していて、酸っぱいB級テーマパークのよう。


全体を俯瞰する為に入り口の城門に登ってみた。

ひだり みぎ

入り口から一直線に伸びる大理街の左右に細々とした展示コーナーや実演コーナーの建物が並び、この大理街の一番奥に徳勝門と皇宮がある。天皇制でもない中国の大理で皇宮とは一体どういうことか定かでないが、行ってみることに。


ひだり みぎ
ハリボテ感漂う徳勝門をくぐると、奥の方からなにやら打楽器を叩く音が聞こえてくる。どうやら何かしらのイベントが開催されているようだ。


ひだり みぎ
ふむ、これは…大根役者による時代劇は披露されているものの、学芸会レベル以下の内容でお金を払う価値の無い内容。口パクにもほどがあるってくらい録音された音を流してるだけだし、肝心の格闘シーンなんかの演技も気怠そうでキレが全く無い。やはり観客が少なく演者の気持ちが乗っていないのだろうか。


時代劇なのに演者の一部はまさかの私服のプリントTシャツ姿だしw


しかもこのプリントT野郎、最後まで戦いに勝ち続ける主役だったしw

まぁこの入園料ならこれくらいのクオリティでも仕方がないのかな。行かれる方はB級テーマパークと割り切って入園下さい。

【天龍八部影視城】

入場料:52元



Booking.com

Related posts(関連記事):

CZ374 中国南方航空A321 ビジネスクラス ホーチミンシティ―広州
帰りももちろん南方航空。南方航空では珍しい直前のシップチェンジで、機材は往路のB737-800ではなくA321になりましたと。関西⇔広州や名古屋⇔広州でも飛んでるやつだ。まぁ同じナローボディー機で大差はないだろうが、念のために南方航空の公式サイトで拾った情報で両機材の比較をしてこう。 航空機型式: B737-800 現在の保有機数 53 予定保有機数 48 ...
大連開発区から日露戦争の最激戦区・旅順へ
今日は早起きして朝一のバスで旅順へと向かう。 日露戦争の最激戦地として歴史の教科書に登場する旅順は、海外情報に詳しくなくとも名前だけは聞いたことがあるという方も多いと思う。旅順は遼東半島の最南端に位置し、現在は大連市旅順口区として大連市の中の一行政区となっている。総面積506km²、人口約26万人で、大連市中心部からは約45キロの地方都市だ。太古から天然の良港として知られていた旅順は小さな漁...
ホリデイイン 広州エアポートゾーン(広州富力空港仮日酒店)宿泊記
この日は夜に空路で広州に降り立ったので、空港近くのホリデイイン広州エアポートゾーンというIHGホテルに泊まってみることにした。最安値のスーペリアで4,000ポイントと朝食込みで528元。ボーナスポイント無しで事前予約の最安値レートはRMB426。100元の差で朝食と4,000ポイントが付くならボーナスポイント付きプラン一択だろう。 中国南方航空のB738で西安から広州へ飛び、ホリデイイン...
中山市民衆鎮
今さらながらですが、中山市は6つの県轄区と18鎮から成る地級市です。基本的には私の行動範囲は県轄区の中の石岐区・東区・西区がメインですが、今日はマイナーな民衆鎮まで冒険してくることにしました。 中山市の北東部に位置する民衆鎮では河川が縦横に入り交じり、かつての珠江デルタ地帯でごく当たり前にみられた風景が未だに保存されています。 ここら一帯は「嶺南水郷」呼ばれ、広東地区有数の水郷...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。