シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高速鉄道で楽山から成都へ移動 楽山・成都旅行5


楽山大仏東方仏都の観光を終えてから3路のバスでホテルへと帰還。シャワーを浴びてから高速鉄道で忙しなく成都へと移動する。ほんとは仏の町・楽山でもっとゆっくりしたかったんだけど、残念ながら時間の制約があり今回の楽山での滞在時間は24時間も取れんかった。


ホリデイインの最寄り駅でバスを待ってたら爺さんコンビに家買わねーかーとしつこく声をかけられた。広告を持って町を練り歩き、相手が外国人だろうとすれ違う人に対して見境なしに声をかけまくっているらしい。外国人で言葉の理解が不十分な私にしつこくしてきたのもビックリしたが、明らかに未成年な女性にまで果敢にアタックしてたのも草生えたわw。


ホリデイイン楽山から楽山高鉄駅へは3路のバスで移動。3路は駅と大仏の入り口とを結ぶ路線で、途中にバスターミナルにも停まることから旅人御用達路線となっている。

楽山高鉄駅は市街地西郊にあり、ホリデイインやバスターミナルからは3路のバスで20分程の距離になる。成都と楽山・峨眉山の世界遺産を結ぶ高鉄は2014年12月に開通したばかりで、駅は真新しい。

高鉄での移動は早くて快適だけど、楽山市街地からは少し離れるし、バスより本数が少ないのがデメリット。

ひだり みぎ
成都南までこの日は07:50発から22:05発まで全17便。運賃は便によって多少の違いはあるが、自分が乗ったC6308は二等席(普通席相当)=51元・一等席(グリーン車相当)=61元・特等ビジネスクラス席=118元となっていた。前日に利用した成都空港から楽山へのバスの運賃が46元だったので、まぁ妥当な価格帯だと思うし、グリーン席相当の一等席に関しては普通車相当と値差も小さく、寧ろ安くすら思えてくる。

【2017年10月末時点での時刻・運賃表】

便名楽山発成都東着二等席運賃一等席運賃商務席運賃
C630207:5009:0954元65元125元
C630409:0110:1554元65元125元
C635210:0511:1354元65元125元
C625610:3411:2851元61元118元
C630610:5812:2354元65元
C625811:2712:2351元51元118元
C630812:4113:5654元65元
C626013:1614:1654元65元
C631014:0715:2754元65元125元
C626215:0016:1954元65元125元
C631215:3716:5054元65元125元
C626416:1117:4154元65元125元
C635617:0218:2151元61元118元
C631417:5819:0454元65元
C626618:4019:3351元61元118元
C631618:5119:5654元65元
C627020:5422:0754元65元125元
C627221:1622:2854元65元125元
C627422:0523:0454元65元125元


外国人は発券機を使うことができないので、仕方なく順番待ちして有人窓口で発券する。ここで高鉄ビジネスクラスデビューを!と意気込んでいたが、残念ながら今回乗車した便はビジネスクラス席を搭載していなかった…。


今回の1時間程度の移動だと無用の長物だけど、ビジネスクラスシートはフルフラットになるんすよね。


今回乗るのは12:41楽山発のC6308。ETA成都南は13:44と、1時間で着いてしまう。往路で渋滞に巻き込まれ3時間かかったバスより全然早いわ。


入口でパスポートと乗車券を見せて手荷物検査を突破。だだっ広いホールで人民様と一緒に鉄道の到着を待つ。

ひだり みぎ
鉄道到着の20分前にプラットホームへの人民大移動が始まったので、小生も人の流れにならってホームへと向かう。全席指定席なのに我先にとホームへと急ぐ人民様は一体なんなんだといつも思うんだが…。下車する乗客が下り終わるまで待つわけもなく、ドアが開いた瞬間にドアに突っ込んでいくスタイル。

人民の波にもまれながら二等車車両に乗車。


日本の新幹線と変わらぬ横3-2席の配置で、座席番号の振り方もABC-DE。ただ、壁側にも車端にも電源はなく、機内誌も用意されていない。あるのはゲロ袋のみ。

ひだり みぎ
定刻ぴったしに走り始めた鉄道は徐々にスピードを上げ、四川省の農業地帯を北に向かって走っていく。振動も少なく静かで、運転が激しく荒いバスよりもだいぶ快適だ。昨日のバスの運転手はクラクションもドでかくて道中寝れやしなかったからな。


成都と峨眉山を結ぶ今回利用した鉄道は時速200kmまでの都市間高速鉄道。デッキ最前列にはディスプレイで案内も入るし、中国語・英語でのアナウンスも分り易い。


13:40、定刻よりちょっと早く成都南に到着した。この後、高鉄は成都東へと向かっていく。

ひだり みぎ
ここからは高鉄駅に隣接した地下鉄の火車南駅に進み、地下鉄1号線で本日の宿泊先JWマリオットの最寄り駅・天府広場へと移動する。いやー、便利だわ、楽山⇒成都の高速鉄道。幾ら楽山大仏は混んでいるとはいえ、これなら成都から楽山への日帰り旅行も全然可能だろう。



Booking.com

【2017年成都・楽山旅行記】












Related posts (関連記事):

偽物市として有名な羅湖商業城での買い物体験
買物公園駅でのウィンドウショッピングも終えて、深センの羅湖に戻ってきました。 ここは香港とのイミグレがあるだけでなく、中国各地への鉄道や中長距離バスの発着地点となっており、人混みでごった返してい...
激しすぎる5D映画
前々から気にはなっていたのですが… 岐江沿いにある5D映画館。『王日韓流』という何ともテーマを絞れていない服飾商店の脇を入ったところにあります。今日のオリンピックの男子サッカーエジプト戦の前...
ハノイからラオカイ経由でサパ&バックハーへ
今年の端午節はハノイを経由してラオカイ、バックハー、サパなどベトナム北部への観光に出ると決めていたのだが、ここにきて南シナ海を巡って中越間の関係がきなくさくなってきた。ラオカイは中国は雲南省河口市と国...
クチャの荒野に忽然と建つクズルガハ烽火台
続いて向かうはクズルガハ烽火台。 今から2000年以上前の前漢時代に敵の侵入を知らせる為に造られた烽火台で、烽火台としてはシルクロード最古と言われる遺構である。 スバシ故城から南西方面に20キ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする