ホリデイインエクスプレス楽山 宿泊記 楽山・成都旅行2

楽山でのお宿はIHG系列のホリデイインエクスプレス楽山(楽山広場智選假日酒店/Holiday Inn Express Leshan)にすることに。楽山のバスターミナルに近いのと、IHGのポイントを貯めたかったのが主な選定理由。宿泊費用も税サ込みでRMB260と安かったし。

主だった観光地からは少し距離があるが、楽山汽車客運中心駅(楽山バスターミナル)から真っ直ぐ500メートル歩くだけという立地に惹かれた。

高鉄駅や楽山大仏もバスで一本だし。夜遅くや朝早くにバスターミナルを利用する方には特にお勧めできる。



ひだり みぎ
ほお。250元(≒4,300円)または10,000IHGポイントで泊まれる地方都市のホリデイインエクスプレスにしては随分と立派な外観である。

ひだり みぎ
立派なハードに対してソフトは…。サービスを極限まで簡素化したHIEXなのでポーターなんて当然ながらいないし、エントランスの重たい回転ドアも自分で押して開ける必要がある。

ひだり みぎ
ロビーは清潔で広々。スタッフもフレンドリーでアテンティブ。スタッフは皆さん地元の方らしくてホテル近くのレストラン事情なんかの事情にも明るかったし、大変助けられた。やっぱり観光地の外資系ホテルだけあってフロントスタッフは旅人慣れしてるわ。



ランドリーや自販機の商品価格もリーゾナブル。もちろん外で買うよりは高いけど、ここで利益を出すようなことはしてないこと感じられる良心的価格設定。

ひだり みぎ
当ホリデイインエクスプレスでは全室スタンダード仕様なのでアップグレードは無かったが、高層フロアの部屋を用意しましたよーと言われてクッソ遅いエレベーターで部屋へと移動する。

部屋:1 QUEEN BED STANDARD ROOM

ひだり みぎ
32㎡。部屋の造りは全室同じで、せいぜい1つのクイーンベッドか2つのシングルかとベッドタイプが異なる程度。

ひだり みぎ
窓際のソファーからは隣のマンションで生活する人々の様子を間近に観察することができるw

ひだり みぎ

ひだり みぎ
ウェルカムフルーツ(リンゴ・トマト・パイナップル)とスイーツ。もちろんインスタントコーヒーとティーもケトルと共に用意されている。

ひだり みぎ
こちらはホテルのオリジナル観光マップとルームサービスメニュー。ルームサービスは凄く安かったし疲れてたので注文したかったのに、「シェフが休み」という驚愕の理由によりサービスが提供できないと断られたw 労働節だからね、仕方ないねw

ひだり みぎ
他はクローゼットも水周りも見事なまでのホリデイインエクスプレススタンダード。

ひだり みぎ

水周りも教科書通りのホリデイインエクスプレススタンダード。ラックスのシャンプー兼ボディーソープ・ハンドソープ・歯磨きセット・櫛・シャワーキャップくらいしか用意されていない。

周辺環境


シェフがお休みなので、ホテルスタッフに聞いて近くで一番賑やかとされる嘉興路をブラリと訪ねてみた。

ひだり みぎ

店内ではなく軒先でワイワイガヤガヤと宴会するのがチャイナスタイル!

ひだり みぎ
ひだり みぎ
どこも繁盛してるし、皆さん声のボリュームをマックスにして離されるので、凄く賑やかに見える。直ぐ隣にいるのに100m先まで届かせるくらいの勢いで話してますからね。



宴会の席で賑わう観光地の大衆店にボッチで入るのも躊躇われたので、露店で果物買って串物買って。でもまだ胃は満たされぬ。


ひだり みぎ
一人でも良いよー、食べてきなーみたいなノリで声かけてくれた店に入ってみたのだが、よりによって鍋の店。祝日に観光地で一人鍋開催!

四川省だけあって周りの客は顔を真っ赤にして真っ赤な鍋を食べてたので、唐辛子は鍋に入れずに別にして持ってきて下さいとお願い。

10元の鮮肉鍋をベースにオプションで牛タン(10元)を追加。これにビール大瓶を頼んで28元(500円)で満腹になれる幸せ。

朝食


翌日は朝一で楽山大仏を拝みに行く必要があったので、朝食はパパッとホテルで済ませることに。ホリデイインエクスプレスは宿泊者全員に朝食が付くのをウリの一つとしたバジェットホテルなんで、大衆的な料理が並んでしまうホテルが殆ど。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ


なんか所狭しと小さなテーブルに色々な料理が並んでいたけど、どれも例外なく美味しくなさそうだし、実際に食べてみて美味しくないw

まぁでもこんな地方都市でもグローバルスタンダードな部屋とスタッフが迎えてくれるというのは安心できますよね。決してラグジュアリーな滞在というわけではないけれど、当たり外れなく常にぶれないHIEXのブランドコンセプトをこれ程までに心強く思ったことは今までなかったっすw

Holiday Inn Express Leshan City Square


Booking.com


住所:No. 399 West Baiyang Road, Shizhong District, Leshan
中国楽山市市中区柏杨西路399号
電話:+86 833 2401888
チェックイン/チェックアウト: 14:00/12:00
公式サイト:こちら


Booking.com

【2017年成都・楽山旅行記】












Related posts(関連記事):

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)
ウドンタニでのお宿は鉄道駅近くのカビンブリ・グリーン・ホテル。北に行けば行くほどホテルの値段が安くなっていくようで、2015年開業とオープン間もない清潔なホテルなのに朝食付きで込々3,000円。日本人感覚的には非常にお値打ち感のあるホテルである。 バービア街・鉄道駅・UDタウンから徒歩圏内、セントラルプラザは目の前、コンビニ徒歩1分、空港まで車で10分と絶好の立地にあり、ウドンタニ観光の...
ミスターリベーツ(Mr. Rebates)夏のトラベルプロモ
えー、夏休みの旅行計画を練られている皆様に朗報。先に実施されていたバレンタイン企画・母の日企画が終了して還元率が通常モードに戻ってしまっていたMr. Rebates(ミスターリベーツ)ですが、この度、Summer Vacation Travel Cash Promotionなるプロモが開催されるにあたり、ホテル・レンタカー関連案件を中心に再びキャッシュバック率が引き上げられることになりました。 ...
2017年一発目 マリオット メガボーナス&SPGプロモ
えー、遅ればせながら明けましておめでとうございます。カシュガル・クチャ・ハミ・ウルムチ・敦煌・西安とシルクロードを西から東に巡った一週間半の短期旅行を終え、無事に社会復帰を果たしました。 昨年度は隙あらば短期旅行にホテルステイ!の姿勢を貫き通し、SPGプラチナ75ナイト、アコープラチナ・IHGスパイア・JALダイヤモンドと、年初に掲げた目標は概ねクリアすることができました。(今日は「ですます...
カタール航空アルサファファーストクラスラウンジ(Al Safwa First Class Lounge)
ドーハに着いて先ず向かうはドーハ名物・カタール航空のアルサファファーストクラスラウンジ(Al Safwa First Class Lounge)。 このアルサファラウンジ、何が特別かって、羽田や香港のファーストクラスラウンジとは異なりワンワールド上級会員ステータスの印籠をもってしても入ることはできず、ファーストクラス利用客のみが入室を許されるという敷居の高いが高く特別なラウンジなんですわ。バ...