シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サービスアパートっぽいアナンタラ バンコク サトーン 宿泊記


本日はロケットマイルがプロモをバンバンと打ち出してた頃にマイル目的で一泊したアナンタラ・バンコク・サトーン(Anantara Sathorn Bangkok Hotel)の宿泊記。1年以上も前のことなのでうる覚えだが、2泊2万円弱の宿泊費で4,000マイル近くを荒稼ぎできたと記憶する。

そのアナンタラであるが、タイでバーガーキング等の外食店やJWマリオット等のホテル運営を手がける米系企業マイナーインターナショナルなる組織が運営してるのだと。アナンタラと言えばバリ・モルディブ・スリランカ・ホアヒン・プーケットといったリゾート地を中心に展開するホテルチェーン。自分の中ではドゥシタニのリゾートホテル版みたいなザックリとした勝手なイメージを持っていたんだけど、実は米系企業の運営ホテルだったんだな。白人目線から見て楽しめるアジアンリゾートホテルといったところか。何がマイナーインターナショナルやねん、怪し過ぎるわ!と思ったら、楽天でも株の取り扱いがあって株価が不況知らずで凄い伸びててワロタ。

参考サイト:楽天証券アセアン株式MINT nマイナーインターナショナル



30あるアナンタラホテルの中の1つ、アナンタラバンコクサトーンは自分の中のリゾートホテルというアナンタラのイメージとは異なり、どちらかと言えばショッピングやビジネス街的要素の強いシーロム地区にある。BTSの最寄り駅はチョンノンシー駅で、そこから徒歩約10分。日中のバンコクを歩くには厳しい距離である。BRTのバスなら停車場が目の前だけど。あと、ホテル前の大通りは中心部へ向かう方向にしか曲がれない為、必然的に渋滞に飛び込む格好となるので通勤ラッシュ時の移動が必要な場合は考え物。

建物はツインタワー仕様となっていて、そのうちホテルの宿泊棟は37階建てで全310室。その割にロビーは小ぶりでフロントスタッフも少ないので、チェックインには10分弱程待たされた。まぁ14:00というチェックイン・チェックアウトで一番込み合う時間帯だったので、仕方がないところか。

ひだり みぎ
フロントから奥まったところにあるロビーバーはバンコクのホテルバーらしくチャラエロい雰囲気。築年数10年ということだったが、ロビーは改修を経ているのかデザインに古臭さは感じなかった。

部屋のカテゴリーは全8タイプ。
anantala
カサラと名の付く部屋だと所謂クラブラウンジ的なカサララウンジにアクセスできるらしい。マイル単価重視の自分はもちろん最安値部屋の予約…だったのだが、何故か知らんがチェックインを担当してくれた方と波長があったからか、アップグレードしますわいということで、何故だか39㎡の最安値プレミアから高層階の121㎡スカイラインツーベッドスイートに6段階アップグレードされたw。ホテル直予約でもないのに本当に恐縮だ。(ツーベッドスイートよりラウンジアクセス付きシングルルームの方が良かったけど


もうすぐ部屋を用意するのでロビーバーで待っててねと言われ、パソコン広げて待ってたら随分と凝ったウェルカムドリンクと御絞りがやって来た。なんなんだこの厚遇は!

部屋:2ベッドルーム・スイート(121㎡)

ドアを開けるとまずはリビングとダイニングが一つになった広い部屋がある。リゾートのイメージが強いアナンタラにあって、都会のオアシス的デザインなのかとも予想していたが、どうやらサービスアパートメント仕様のようだ。実際、ツインタワーのもう一方はレジデンスとしても貸し出しているようだし。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
老朽化が気になるかなーとも懸念していたけど、全然全然。高級5つ星ホテルでも1諭吉で泊まれるバンコクにあってシングルユースの場合でのコスパは特に優れてるとも思わんが、ファミリーユースで泊まるサービスアパートメントとしては非常に優秀な部類に入ると思う。


キッチンや家庭用サイズの冷蔵庫もあり、ダイニングスペースも広く取ってある。食器に調理器具なんかも一通り揃っているので、外で買ってきた料理を部屋の中で食べるのも没問題。


棚の左には扉の付いたウォークインクローゼット的な荷物置き場も。


ひだり みぎ
リビングに設置されたバルコニーも広々。ホテルロビーフロアの指定喫煙スポットまで降りて煙草を吸う必要もなく、バンコクの町を見下ろしながら堂々とプカプカできるようだ。自分は吸わんけど。



第一のベッドルームはツインベッド仕様。

ひだり みぎ
第二のベッドルームはキングベッド仕様で、窓に面してデスクとテレビ、小さめのソファーも用意されている。

ひだり みぎ
第二のベッドルームからアクセスするバスルーム。

ひだり みぎ
やっぱりホテルというよりもサービスアパートメント的な位置づけなんだろうな。バスアメニティも備え付けのものだし、歯ブラシや髭剃りといったホテル生活には必要となってくるアメニティも準備されていない。ホテル敷地内にファミマが入ってるので、仕方なくデンタルキットはそちらで買いそろえた。

館内施設

ひだり みぎ

このホテルでの滞在のハイライトは40階の屋上にオープンしたルーフトップバー・Zoom Sky Barでの一杯になるだろうな。マリオットのルーフトップバーよりも空いてるし、音響と360℃に広がるバンコクの迫力ある夜景がマッチして中々エキサイティングな雰囲気の中で飲むことができる。

営業時間:17:30-01:00

ひだり みぎ
朝食はサービスアパートメントにしては十分な内容だし、プールサイドで陽に当たりながら食べられるのもポイント高い。また、二日目に頼んだ朝食のオムレツがスクランブルエッグみたいで独創的だったw

所感

高級ホテルお高めなベトナムやミャンマーでこの価格・このランクならコスパ良し!と書けるけれど、同価格帯で5つ星ホテルに泊まれるバンコクでは特に優れたコスパでもないかと。ファミリーユースのサービスアカウントとして使うか、他のところに泊まって夜はアナンタラのルーフトップバーに顔出してみる的な使い方が正解だと思う。

アナンタラ バンコク サトーン(Anantara Bangkok Sathorn)


Booking.com


公式ウェブサイト:https://bangkok-sathorn.anantara.jp/
住所:36 Narathiwat-Ratchanakarin Road, Bangkok 10120
電話:+66 2 210 9000


Booking.com

Related posts (関連記事):

チェンラーイの街をぶらぶら→時計塔にナイトマーケットに
チェンラーイの街は交通量は意外と多いが、街の規模は普通の一地方都市程度でごくごく狭い。旧バスターミナルを中心に旅行者が動く範囲はせいぜい500m程度のものであり、今日一日で街の殆どの場所を網羅した感が...
ラオスの大地に建つ中国資本のカジノリゾート
切っ掛けは取引先の方の一言。先月、マカオのポルトガル料理屋で食事中、急にラオスのカジノの話を振られた。「国慶節のラオスはどうでしたか、ラオスにもカジノあるんですよね。」と。へー、そうなんですかー、ラオ...
オピウム博物館で学ぶゴールデントライアングルと麻薬王の歴史
中国成金による趣味の悪いカジノで儲けた20000バーツを握りしめ、ラオスの金三角経済特区からゴールデントライアングルのタイ側へと生還した。黄金の三角地帯ことゴールデントライアングルはインドシナ半島の密...
ホテルインディゴ香港島 宿泊記
この日は気分的に一風変わったユニークホテルでのユニークな宿泊体験を体が強く欲していたので、ゴキゲンムード全開のデザイナーズホテル・インディゴ香港島に泊まってみることに。前々から気にはなっていたんですけ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする