深センJWマリオットホテル(深圳金茂JW万豪酒店)宿泊記

この日はツイッター等々でお世話になっているホテラーマイラー界の大御所様の訪中スケジュールに合わせて小生も深セン入り。JWマリオット深センホテルに泊まり、ラウンジでオフ会を催す運びとなった。

深センには宝安空港傍にもJWマリオットがあるが、今回お会いさせて頂く方が羅湖にお泊りとのことだったので市内に近い方のJWマリオットを選択。車公廟駅と地下鉄香蜜湖駅の中間地点にあり、マリオット系列のホテルの中では羅湖からのアクセスが一番楽なホテルになる。

ひだり みぎ
宝安空港からの距離は30Km弱。タクシーで走った場合の運賃は道路状況に左右されるが、約80-90元程度が相場だろうか。中国の地下鉄路線の中でも最長且つ最速とされる11号線が開通して車公廟駅まで空港から地下鉄一本でアクセスできるようになったので、運賃7元の地下鉄で移動することで移動費の節約も可能。

ひだり みぎ
深南大道に面して寄り添うように建つ多数の高層ビルの中の一つがJWマリオット深セン。カテゴリー3にしてはえらく立派な外観です。

ロビー

ひだり みぎ
入っていきなりなんか凄いw。狭くて天井も低いんだけど、造りが何ともダイナミックというか…なんやねんこの乱立する黄金の柱w これこそがJWマリオットが誇る時代を超越したクラシックで洗練されたワンランク上のデザインですねw

ひだり みぎ
iPhoneゴールドがバカ売れしてプレミア価格が付くようなお国柄だからなぁ…。ゴールデンゴールデンしてて、金茂集団が運営するホテルだけあって如何にも中国の高級ホテルといった雰囲気だ。なんか金運が上がりそうというか金茂だけに金が茂りそうというかw

部屋:エグゼクティブスイート

ひだり みぎ
アップグレードされ用意されたスタジオスイートはロビーの内装と違いゴールドゴールドしてなくて助かったw。水槽で金魚が泳ぎ竜のオブジェが踊るみたいな風水ルームだったらどうしようと冷や冷やしたわ。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
眺めが良く開放的なトイレとお風呂。利用時にはカーテンを下ろさざるを得ませんが。

ひだり みぎ
【プラチナベネフィット】

エグゼクティブラウンジでのビュッフェ式コンチネンタルブレックファースト 06:00-11:00
オードブル 17:30-19:30
カクテルタイム:17:30-21:30
会議室の無料利用(2時間)
靴磨き・アイロンサービス(1滞在あたり衣類2点)
等々

ラウンジ

1名だけだがラウンジへはゲストの帯同も認められているので、オードブルタイムは大御所を伴い参戦。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
長時間に渡りポイント修行に関する御助言等々を頂き、大御所が宿泊先に戻られたのは日も変わって02:00だったというw。お疲れのところご足労お掛けした挙句に長期拘束してしまい申し訳ございませんでしたw。またお目にかかれる日を楽しみにしております!

深センJWマリオットホテル(深圳金茂JW万豪酒店)

Booking.com


ウェブサイト:こちら
住所:深セン福田区深南大道 6005 号
電話:+86-755-2269-8888
マリオットカテゴリー:3


Booking.com

Related posts(関連記事):

シェラトングランド ジャカルタ ガンダリアシティ クラブフロア宿泊記
この日のお宿は2015年11月にジャカルタ南部にオープンしたシェラトングランドジャカルタ ガンダリアシティ(Sheraton Grand Jakarta Gandaria City Hotel)。ホテル名が示す通り大型複合施設ガンダリアシティの一角にあり、食事にもショッピングにも困らず快適な出張生活を過ごせる便利さがウリのSPGホテルである。近くに住まわる駐在員も多く、出張者はここに泊めとけば良い...
スコータイの民宿 Baan Georges Hotel
スコータイでの宿はBaan Georges。「バーン・ジョージ」とはタイ語で「ジョージの家」くらいの意味。てっきりご主人のお名前がジョージなのかと思い、チェックイン時に「ミスタージョージ、今日から5日間、宜しくお願いします!」と元気よく挨拶したところ、「Hi! I'm Luke(やぁ。私はルークです)」とハニカミ笑顔で返事された。ジョージはここの飼い猫の名前らしい。 そんなルークの館こと...
ウェスティンホテル東京 クラブフロア宿泊記
ヱビスビール記念館でヱビスビールを堪能した後は、恵比寿ガーデンプレイスの一番奥まったところに建つウェスティンホテル東京へ。恵比寿駅東口改札からスカイウォークで5分ほど移動し、そこからジョエル・ロブションの脇を抜けるか地下のプロムナードを通ってのホテルへのアプローチとなる。地下を通れば雨でも濡れずに移動できるのはありがたいが、歩いたら10分程と、駅からは少々距離があるかな。 高級ホテルは...
インターコンチネンタル東京ベイ クラブフロア宿泊記
この日はインターコンチネンタル東京ベイのクラブフロアでマッタリホテルステイを楽しむことに。 宿泊費は一泊US$272.12⁺。Mr. Rebatesで費用の10%(US$27.21)が還元されるので支出の合計はUS$244.92⁺。素泊まりならUS$170台後半から様々なプランがあったが、ロイヤルアンバサダーでもない限りSPGのように最安値部屋ではラウンジアクセスが付かないのでクラブフロアに...