Eldora Hotel Hue (エルドラホテル フエ)宿泊記

世界遺産グエン朝王宮を有すベトナムきっての観光名所フエ。さぞかしホテルオプションは豊富なのだろうと思ったが…残念ながらフエには所謂グローバルチェーン系のホテルが進出しておらず、泣く泣くベトナム内資系で一番まともそうなエルドラホテルをBooking.comで予約した。チェーン展開しているわけではなく、フエだけで運営するミニブティックホテルらしい。



ひだり みぎ
土地勘が無かったしベトナムはタクシーが安いので、空港からホテルやレストランが密集するフエ新市街地に建つエルドラホテルへはタクシーで。そして着いてみて驚いた。全81室のブティックホテルと聞いていたが、古都フエのイメージをぶっ壊すような立派な白亜の高層ビルが聳え立っているではないですか。重厚で見た感じ安っぽいハリボテ感もあまり無いし、これはイメージとは違ったが意外に期待できそうだ。


ひだり みぎ
ひだり みぎ
ロビーもヨーロピアンテイストで優雅だし、パリッとした制服に身を包んだ各スタッフもベトナムでは珍しくプライドを持って勤務してそうな対応をしてくれる。ドアマンなんてこれでもかっていうくらいキビキビ動いてて新鮮だった。

フロントにBooking.comの予約表とパスポートを提示し、ウェルカムドリンクとして運ばれてきたギンギンに冷えたモクテルを飲みながらのチェックイン。「あれ?本日はお一人様ですか?…」なんて哀れみに満ちた申し訳なさそうな表情だけが余計だったかなw

当日にチェックインされる方へのウェルカムボードもあるんだけど、やっぱり皆さんMr.〇〇とMs.〇〇と書かれててカップルで泊まられるみたい。これだけでも虚しくなるのに、ボッチで泊まる自分の欄にはMr.ポンズ and Partnerとか書かれてたw 一人で泊まるのに二人で泊まる前提となっててヒドイw。勿論ウェルカムドリンクもご丁寧に二人分用意されてきて、チェックインの時に一人であることを告げたらめっちゃ怪訝な目で見られたしw 完全なるボッチ差別(泣

部屋:デラックスシティビュー


ひだり みぎ
あー、こりゃそうだわ。男一人でこんなネオクラシックスタイルでエレガントなホテル泊まらんかw。なんかごっついロマンチック系なホテルで虚しくなってきた。

ひだり みぎ
これだけ大きな建物だけど81室しかないので、一部屋一部屋が大きい。最安値部屋でもこの広さである。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
流石ベトナムの内資ホテル。ベトナムの飲料品物価の安さも手伝って、ミニバーの価格もミネラルウォーター=20,000ドン(≒100円)・コーラ=30,000ドン(≒150円)・ハイネケン/Hudaビール=40,000ドン(≒200円)と良心的。


浴室も2014年開業とオープンから3年足らずなので大変綺麗。

ひだり みぎ

この手のデザインは一歩間違うとラブホチック的になるリスクも抱えるが、エルドラホテルは家具調度品も上品に纏めているために下品さは感じなかった。

ひだり みぎ
景色ものんびりしてて安らげるし、慰しの為の小旅行にはぴったりだ。

朝食

明日の朝食会場でも「え、貴方お一人でのご利用ですか?」なんて哀れみ面で言い放たれるんだろうなと思ったけど、同情めいた表情されただけで何も言われずに席へと案内された。
ひだり みぎ

ひだり みぎ
ひだり みぎ
歴史ある古都の宮殿風ホテルなんで洒落た宮廷料理なんかも出てくるのかなぁなんて密かに楽しみにしてたんだけど、ごくごく一般的な内容だった。麺もフエ名物のブンボーフエじゃなくフツーのフォーだったし。でも、フルーツや野菜は新鮮だったし、二日とも美味しく頂いた。

プール

ひだり みぎ
狭くて他に利用客がいると気まずいけど、宮殿のようなすっごいゴージャスな雰囲気の中で泳がせてくれる。

ひだり みぎ
見晴らしの良いルーフトップのスカイバーも雰囲気良い。

3-4星ホテルの多いフエだと一泊3,000-4,000円もあれば最低限快適に過ごすホテルに泊まることができる中でエルドラホテルは一泊7,000-8,000円と強気なお値段で、この値段をどうとるか。正直、男一人だとここまでのホテルに泊まる必要もないかとは思うけど、泊まったとしても後悔はしないレベルのホテルではあると思う。まぁやっぱりどちらかといえばご家族・カップル向けになるかなぁ。

【エルドラホテル/Eldora Hotel】

Booking.com


住所:60 Ben Nghe street
電話:+84 54 3866 666
ウェブサイト:http://eldorahotel.com/
チェックイン/チェックアウト:14:00/12:00


Booking.com

【2017年フエ旅行記】











Related posts(関連記事):

チャーターハウス コーズウェイベイ香港(銅鑼灣利景酒店) 宿泊記
この日は珍しく非グローバルチェーンのバジェットホテルに泊まることに。というのも、何故かこの日はSPG・IHG・マリオット・アコー・シャングリラとほぼ全滅で、辛うじて空室があったSOHOとコーズウェイベイのホリデイインエクスプレスも共にHK$2,000弱という強烈なルームレートになっていたので…。HIEXに一泊3万も払うとか屈辱的ですらあるじゃないですか。ということで、全体的に宿泊費が高かった香港の...
宿泊記 湾岸都市のアーバンオアシス インターコンチネンタル ドーハ ザ・シティ
ドーハに着き、カタール航空のアライバルラウンジであっつあつのシャワーを浴びてから宿泊先のインターコンチネンタルホテルへと移動する。 ドーハにはInterContinental Doha, InterContinental Doha Regidence, InterContinental The Cityと狭い範囲の中に3か所のインターコンチネンタルがあるが、今回泊まるのはディプロマテ...
【続報】SPGのエクスクルーシブオファー
いやはや、つい先日にエクスクルーシブオファー祭りを開催したばかりのSPGが、敗者復活戦なのか知らんがエクスクルーシブオファーのセカンドラウンドを催しているとの噂が巷に広がっている。 当選発表は以下のリンクで。当たる保証はないが、興味のある方はダメもとでお試しあれ。 リンク1 リンク2 残念なことにYTD29泊+6泊の予約持ちの当方はいずれも見事に不発。しかし、読者様の中には前回のオファ...
グランドハイアット ジャカルタ宿泊記(Grand Hyatt Jakarta)
今日はホテルのハシゴでマンダリンオリエンタルから対面のグランドハイアットへと移動する。 マンダリンオリエンタルから見たタムリン通り、日曜日ということで歩行者天国になっていて、物凄い数の人が目的も無さそうに適当に練り歩いてる。この歩行者天国は午前中いっぱい。車が走り出すとスーツケースを転がしてのタムリン通り横断は絶望的に難易度が高くなってしまうので、今のうちにハイアットへ移動してしまおう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。