シェラトン西安賽瑞城北(シェラトン西安ノースシティ)宿泊記

ウェスティンソフィテルとマットレスランのバトンを繋ぎ、西安での最後の宿・シェラトン西安賽瑞城北(シェラトン西安ノースシティ)へと御引越。


宿泊に際して持て余していたスイートナイトアワードを申請していたものの敢え無く撃沈。その上にチェックイン当日の朝にシェラトンから凄く微妙な日本語で電話がかかってきて、曰く、「大きな部屋は準備できない。申し訳ない。」と。


流石に今回はスイートアップは諦めていたんだけど、ホテルに移動中ウェブでカンニングしたら85-100 ㎡のエグゼスイートが準備されてることになっているが果たして…。

場所は市内北部の観光名所・明宮国家遺址公園近くにあり、西安鉄道駅へも3km程度というアクセスで立地条件は悪くない。
ひだり みぎ

SPGカテゴリー=2・1泊519元~のホテルにしては非常に立派な建物。487室の大型ホテルでスイートも52室あるんだからアップグレード間違いなしだろと高を括る。

ロビーも立派だし、チェックインするなり先に電話をくれた日本語を話せる女性スタッフとマネージャーが搭乗して熱烈歓迎を受ける。
ひだり みぎ

更に小生がお腹を空かせていると知るなり、前述の日本語が話せるスタッフがホテルから徒歩五分の所にあるオススメ麺屋までエスコートしてくれるなど、やたらと丁重に扱って頂いた。極寒の雨の中の対応ですからね。「雨降ってるし一人で大丈夫ですよ」と伝えているのにわざわざ付き添って頂いたんですから何とも献身的で感動ものの対応である。

ひだり みぎ

掃除が行き届いておらず埃の溜まった場所がゲストの目の届く範囲にあったけど、ハード面も大理石張りで豪華な造り。ドアも何だか高級感あってテンションが高まりますしね。

部屋:エグゼクティブスイート

部屋は25階のエグゼスイート。先述の通りスイートナイトアワードが却下された上でのアップグレードだった為、アワードチケットが消費されないという神対応である。

ドアを開けると正面がリビング。なんて言うかな、キャビネットの木の温もりや柔らかな照明もそうだけど、ソファやカーペットの質感も合わせて凄く優しく温もりのある印象を受ける部屋である。


テレビ正面にふかふかソファととパーソナルチェアが配される他、一番奥の窓際にも一人掛けソファとワークデスクのチェアが配置されている。幅が狭く奥に長い造りだからか、敷地面積程の広さは感じない。

ひだり みぎ
ミニバーの準備は大したことないが、ウェルカムフルーツはガッサリどっさりで、僅か一泊の滞在ではとても食べきれない。

ひだり みぎ
お次はリビングのお隣にあるベッドルーム。こちらもリビング同様の温もりあるモダンエレガントなデザインで、非常に居心地は良いのだが、ベッドが少しヘタってしまっているのはどうしてだろう。いつも思うのだが、リネン類の質とかも含めてシェラトンのスイート・スリーパーベッドは場所によって質がマチマチな気がするんだよな。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
西安総ラブホテル化?何気無くベッド脇の引き戸を開けたら陝西省衛生計画生育委員会無料提供と書かれたコンドーム二個とエイズ予防に関する啓発本が収納されていた。エイズ対策に躍起になる官庁から西安の各ホテルにお達しが下されているらしく、中国共産党のサービスによるものらしいが…。


窓際からの展望は少し残念かな。25階なので見晴らしにも期待できるかと思いきや、周りも軒並み高層なので無機質な高層ビルビューだった。流石は大都市西安である。

ひだり みぎ

バスルームもバスタブの足下にミラーテレビ化した鏡がはめ込まれるなど豪華な造り。

ひだり みぎ
ただ、全てを台無しにしてくれるこの錆水ね。

湯を出し続けても延々と放出されてくる錆水が醜すぎる。バスタブが純白だから余計にグロさが際立つわ

クラブラウンジ

営業時間は06:30-23:00で、朝食・カクテルアワーのサービスを受けられる。
ひだり みぎ
高級感あるレセプションで、タンクトップ・バスローブ・スリッパでの来訪客はこちらで入室拒否にあうので要注意。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
自分の好みのダークブラウンを基調にした高級感ある大人の雰囲気だ。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
カクテルアワーは味は冴えないが酒の肴になるような多数のホットミールの他、フルーツ・ナッツ・チーズ・サラダバー・ペストリー・寿司・各種デザート・スープも揃うなど驚きの充実ぶり。17:00-20:00と開催時間も長く、独り飲みの居酒屋かのように長居する洋中サラリーマンの単独利用客が多し。確かにウェスティンと比べると格は落ちるけど、カテ2にしては十分すぎる内容である。



ドリンクの種類は最低限レベル。

朝食


ラウンジではなくロビーフロアにある朝食会場のFeastへ。

ひだり みぎ

特筆すべき点は特に何もない平凡な内容だけど、強いて挙げるとしたら中華セレクションに強みがあり、西安風ハンバーガーこと肉夹馍も取り放題。まぁ、ザ・凡庸な内容なので、優雅で豪華な朝食を期待すると失望するかもしれないな。

所感

近所でバンバンと建設工事が行われていたので、近所の水道工事の影響かもしれないけど、錆水だけがちょっとね…。他はSPGカテゴリー2のプロパティにしては十二分過ぎる程に頑張っていたただけに、水質だけが勿体なかったかな。城壁の西側にもシェラトンがあるけれど、プロパティ的には城壁の北側にあるこちらの方が高級感があってお勧めできると思う。

シェラトン西安賽瑞城北


Booking.com


住所:中国西安未央路32号
電話:86 29 8886 6888
SPGカテゴリー:2


Booking.com

【2017年新疆・敦煌・西安旅行記】











Related posts(関連記事):

古都・佛山の街並み
祖廟の東側出口を抜けたら、上海の新天地を彷彿とさせる石組の建物が立ち並ぶ一角に出た。 本家本元の上海新天地同様にモダンアレンジされた租界風の街並となっていて、道の両側にハイセンスで洒落たカフェやショップが並んでる。 まんま新天地のパクリじゃんかと思ったら、本当に佛山版の新天地だった。その名も嶺南天地だと。百度地図で現在位置を確認したところ、次なる目的地である梁園へは嶺南天地を...
ウェスティン琶州(広州) スイートルーム宿泊記
この日は広深港高速鉄路で深セン福田から移動し、18:26に広州南駅に到着した。宿泊先は広州南から25km離れた琶州にあるウェスティン。広州南駅は市街地と離れすぎだろ!と運転手に当たり散らしながら、恐らく19:30までであろうウェスティンのカクテルアワーに間に合わせられるよう時速100Kmでタクシーを琶州へと走らせる。 渋滞に巻き込まれぬよう高速を走ってもらい何とか19:15にホテルへと到着し...
大理の代名詞的存在・崇聖寺三塔 雲南省旅行18
大理古城を満喫した後は、大理のアイコン的観光地として世界中の観光客を惹き付ける大理崇聖寺三塔へと移動する。 三塔は古城からも歩いて行ける範囲にあるけれど、ヘタレな自分は古城西門から三塔専線という公共バスにて移動。着くなり駐車場に停まるミニバンや観光バスの多さに早くも驚かされた。なんたって国家AAAAA級の景区ですからね。実際のところA*5の格付がどれくらい凄いか分かりませんが、権威主義的社会...
宿泊記 ヨルダン一のオシャレホテル Wアンマンでのヒップな夜
二日間過ごした歴史ある名門ホテル・インターコンチネンタルを離れ、2018年4月オープンの最新鋭ホテル・Wアンマンへとマットレスラン。ヒップでポップな夜の幕開けだ。 場所は新市街地側の丘の上。アンマンで一番高いとされる高層ビルに入ってる。 Whatever, whenever!地味な石灰岩で作られた低層家屋ばかりが立ち並ぶアンマン市内にあって、ここだけ完全に別世界。 中に入っ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。