クチャの荒野に忽然と建つクズルガハ烽火台

続いて向かうはクズルガハ烽火台。
今から2000年以上前の前漢時代に敵の侵入を知らせる為に造られた烽火台で、烽火台としてはシルクロード最古と言われる遺構である。

スバシ故城から南西方面に20キロ程だろうか。

北は荒涼とした荒山の麓に広がる丘陵地帯が続き、南はタクラマカン砂漠に向けて渺々たるゴビが広がっている。


見渡す限りに広がる荒野に一筋の道路がずーっと地平線まで繋がっているというワイルドな場所。

暫く何もない荒野が続いた後、遠くに石油・天然ガスのコンビナートが見えるようになってきた。そう、全国一の天然ガス産出量を誇る新疆の中にあり、ここクチャ県はタリム盆地北部の石油・天然ガス構造帯の中心なのである。
ひだり みぎ
西部大開発政策開始以降にパイプライン敷設や送電線建設などが加速度的に進み、今では油田開発が年10%超という経済発展の牽引役となっている。


重要な資源開発拠点だからかセキュリティが厳重で、所々でゲートがあったりセキュリティチェックのポイントがあったりする。パスポートを持ってきて正解だった。


ゲートを越えた辺りから赤土の悪路が続くようになったのだが、ここでもお構いなしに猛スピードで爆走する運転手。ちょっと怖くなってくる。

何も無い荒野から細道に入ると、岩石の広陵の上に忽然と建つ烽火台が現れた。高さ15m程はあるだろうか。当時は辺境警備上の必要性から15キロ間隔で設けられていたが、現存するのはこの一基のみとのことである。

漢の西域経営にとって、往事の亀茲国は最重要拠点。匈奴との戦い・諸オアシス都市との抗争の最前線だったからな。前漢が西域都護府を置いた鳥塁から亀茲国へ向けての防衛線に等間隔で烽火台が建設されたそうだ。狼煙というくらいだから、日中はオオカミの糞を火種に煙を上げていたのだろう。各種通信手段が発達した今では煙を利用するなど原始的な方法とも思えるが、現代でも発煙筒や海難救助の信号弾でも煙が利用されているからな。最近の実験では、風向きによっては一時間で数百キロ先まで煙が伝わったいった結果も出てるみたいだし、有事の急報としては十分に機能してたのだろう。


ただ、このクズルガハ烽火台の由来に関しては、どうやら別の物語もあるようだ。その昔、亀茲国の王が寵愛する娘の死を予言され、その娘を守る為にこの烽火台を造り匿ったのだと。死を予言された18歳の誕生日に、国王が贈った果実籠の中に潜んでいたサソリに刺されて予言は的中、というオチ付きの伝説である。

そんな物語も本当に思えるこの烽火台の佇まい。スバシ故城の遺構とは異なり、日干し煉瓦ではなく、藁や木材と共に土を固めながら築き上げていくという工法が取られているようで、所々に葦や木材の露出が見られる。
ひだり みぎ
上部の木材は望楼の梁だろうか。近くから見上げたら結構な高さだよなぁ。

ひだり みぎ
その烽火台が建つ崖下には干上がった塩水渓谷が広がる。

その渓谷の向こうにはクズルガハ千仏洞がある筈だったが…オフシーズンだからか閉まっているとのことで訪問ならず。運転手が早く帰りたいあまりに嘘をついた可能性も否めないが、ここは彼を信じて次なる目的地であるキジル千仏洞へと急ぐ。

【クズルガハ烽火台】



Booking.com

【2017年新疆・敦煌・西安旅行記】







Related posts(関連記事):

宿泊記 W上海外灘ホテルでのアバンギャルドな夜 
この日は待ちに待ったW上海へ。 2017年6月30日に世界で52番目のWホテルとしてオープンしたW上海-外灘(上海外灘W酒店)。 Wホテルと言えば、大胆で革新的なイケイケデザインで人気を博すラグジュアリーデザインホテル。常に流行の最先端を走る世界でも有数の刺激的な都市・上海とWホテルとの相性は良さそうなので、ずっと上海でのWホテルが開業する日を心待ちにしていたのである。 上海でのWの...
西安近郊で感じる歴史ロマン 半坡遺跡と半坡博物館
黄河中流域に於いて紀元前5000年から紀元前3000年の新石器時代に栄えた仰韶文化。仰韶文化の史跡といえば仰韶遺跡が本家本元であるが、1953年に西安郊外で発掘された半坡遺跡も、その環濠集落跡と彩文土器等の出土品から仰韶文化に属するものと考えられている。 せっかく西安まで来たのである。観光地としての知名度は高くないみたいだが、世界四大文明の一つである仰韶文化時代の遺跡を見に行かないのは勿体な...
中距離バスで大理から昆明まで 雲南省旅行22
シャングリラ⇒麗江⇒大理と茶馬古道を下る旅も佳境を迎え、いよいよ明後日早朝昆明発の飛行機に備えて昆明へと移動する時がやってきた。 昆明への移動手段は鉄道にするかバスにするか…。宿の姉御に相談したところ、バスの方が楽だし早いとの助言を受けたので、古城ターミナルからバスでの移動とすることに。大きく膨んだ土産物用鞄を持って古城エリアからバスで1時間かけて鉄道駅に向かうのも億劫だったし。 昆明...
香港国際空港行きフェリーのファーストクラス…
さて、今回、訳ありで珠海から香港国際空港に直接乗り入れるフェリーに乗船することになった。今日はやけに霧っぽいので濃霧を理由に欠航の恐れがあったが、何とか運行してくれるようだ。 珠海の九州港。タイに向かう大陸人団体旅行客が多数、一階のフロアを占拠してて、BOSE無しには耐え切れないほどのノイズレベル。どうして当地の人間は近距離でもああも大声で喋りたがるのか。 ここ九州港から香港空港行...