カシュガル地区博物館に行ってみた

せっかく文化的・歴史的に興味深い場所に来ているので、博物館の訪問はマストでしょう。ということで次はカシュガル地区博物館へと向かう。


カシュガルの市街地中心から東に1キロほど行った塔吾古孜路にある。立派な建物で、警備も厳重。外観の写真を撮ろうとしていたところを捕獲され、入り口にいた警備員に軽い尋問を受ける。その後、暫くのパスポートと荷物チェックの後に容疑が晴れ、無事に入館を果たす。


警備グッズ満載の物々しいエントランスw


恐る恐る建物の中に入ってみると、いきなりのジャブとして入って正面の一番目立つ箇所にニコニコ笑顔をした習近平主席の写真の数々を掲示してやがる。どれもこれもウイグル族の小学校や地元農家や小学校への慰労訪問の様子などなどがわざとらしく収められた画像ばかり。凄い分かりやすいな~。


「堅持各民族共同団結奮闘 共同繁栄発展」みたいな中共イデオロギーを謳ったデカデカとした看板も町中至る所に掲げられているしな。民族平等・民族団結・民族区域自治・各民族との共同繁栄は偉大なる中国共産党が掲げる民族政策の基本内容ですからね。

そんな共産党色に染まったカシュガル地区博物館、1階では主にウィグル族の風俗習慣が紹介されており、2階には新疆各地からの出土品が展示されている。

漢族経営の建築業者が建設工事を請け負ったのだろう、造り自体は中国地方都市の地域博物館とほぼ同じ。

ひだり みぎ
なんかウイグル族の文化を表した展示物もあるけれど、ケバブを焼いたり、ナンを頭上運搬したり…。漢族が考えるウイグル族の生活だろ、これ。


街頭髭剃り?

馬鹿馬鹿しい内容の一階展示コーナーは早々にすっ飛ばし、文物の並ぶ二階へと進む。

二階の入り口には目の痛くなるギラギラしたネオンでシルクロードが示されているが、これらは別に博物館に来なくとも知り得る内容で、目新しい情報は殆ど無い。

ひだり みぎ
出土品の数々とされる展示品の質も限りなくしょぼい。出図や説明も殆ど書かれてないし、見るからに最近作ったばかりのレプリカばかり。

ひだり みぎ
突厥語に関する学術書にユースフ・ハーッス・ハージブによるクタドグ・ビリク(幸福になる為の知恵)。これ、表紙だけそれらしく作ってあるけど、中身は全部白紙なんじゃないだろうかと予想する。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
内容が無いよー。なんて中身の無い博物館なんだろう。

漢族が知るウイグル族についての展示物が並ぶだけで、入場無料とはいえ内容が薄すぎる。敢えて訪問する必要はありません。

【カシュガル地区博物館】

住所:19 Tawu Guzi Rd, Kashi Shi, Kashi Diqu, Xinjiang Weiwuerzizhiqu
電話:2654727
入場料:無料
開場時間:10:00-14:00・16:00-20:00(5-9月)、10:30-14:00・16:00-19:00(10-4月)



Booking.com

【2017年新疆・敦煌・西安旅行記】











Related posts(関連記事):

広州ー洛陽 南方航空CZ ERJ190 ビジネスクラス搭乗記 洛陽 鄭州 開封旅行1
2017年の端午節は4連休を取って洛陽・鄭州・開封という中国4000年の歴史の舞台として繁栄した河南省の古都を巡る小旅行をして参りました。洛陽は東周・後漢・西晋の、鄭州は商の、開封は北宋のそれぞれ首都として栄えた中原の歴史ある町で、三都市とも中国八大古都(洛陽・鄭州・開封・西安・北京・南京・杭州・安陽)に名を連ねる有名な観光地である。今回は中でも特に中国史を学習したことがある方なら誰でも知ってる洛...
中国人の“非文明的”マナーTOP10
昨日のエントリー『頑張れ中山市精神文明建設委員会』とも関連しますが、今日は中国人が選ぶ『中国人の“非文明的”マナーTOP10』をご紹介させて頂きます。果たして、彼らは自覚症状があるのでしょうか。 先ずは10位から ●第10位 =船や飛行機、ホテルやレストランなどの公共スペースで携帯電話で大声を張り上げて喋ったり、飲み罰ゲームで騒ぐ。 ・まさか大声が10位とは!私の耳の直ぐ隣で大声で話さ...
陝西歴史博物館
碑林博物館の拝観を終え、今度はバイタクに乗って陝西歴史博物館へ。 最初、8元と言われたんだが、反射神経的に値切り交渉を試みたら凄い剣幕で怒られ、結局ドライバーの言い値で走ってもらうことに。「60過ぎの老いぼれがはした金を値切ると思うか!?何たる非礼、この小僧め。」くらいの感じの事を湯気立てながら怒鳴りつけてきた強面のベテランドライバー、そのはした金を支払った際に見せた最高のホクホク顔が脳裏に...
カシュガルのバザールで防寒具を調達する
中国の中の異国、カシュガル。 辺りに立ち込めるワイルドな羊肉と強烈な香辛料の匂い、どこからともなく聞こえてくる楽し気な民俗音楽、町を行き交うエキゾチックな顔立ちのトルコ系の人々にロバ、そして各所に配備された武装治安維持隊。複雑な事情を抱えた実に異国情緒に溢れる町である。 残念極まりない内容で痛く失望させられたカシュガル地区博物館より、寧ろカシュガルの町を歩いていた方がウイグルの生活の息吹が感...