シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TG601 タイ国際航空ビジネスクラス搭乗記 B777-300 香港ーバンコク


今回利用するTG601の搭乗口はラウンジからほど近い44番。ということで、時間ぎりぎりまでロイヤルオーキッドラウンジでまったりし、搭乗開始時刻3分前に漸く重い腰を上げてゲートへと移動する。


ゲートに鎮座するは予定通りのB777-300。外見は羽も胴体も長くシュッとしたイケメンなんだけど、残念ながら中身はオールドスタイルでシェル型ライフラット。同じ773でも長距離仕様でフルフラットの777-300ERが来ないかと密かに期待もしていたのだが、やっぱり単距離の香港-バンコクは大体B773が殆ど。まぁしゃあないでしょう。


エコ利用でもスタアラゴールドなら優先搭乗資格があるのだが、列に並ぶ優先搭乗有資格者は3名のみ。ゲート到着と同時に搭乗開始となり、スムーズに機内へと乗り込めた。


BOEING 777-300 (7732/77R)の総座席数364席のうち、34席がビジネスクラス相当のロイヤルシルククラスとなっている。

ロイヤルシルクの座席配列は2-2-2-の最前列以外は2-3-2で全34席あるものの、本日の搭乗者数はゲートクローズギリギリになって乗り込んできた金満6人家族と自分を含めて僅か9人。まぁたかが2時間40分のフライトなんで、エコ席でも十分だもんな。

*当画像は次に乗るBKK-SINで撮ったもの。


今回の座席は窓際席の12A。ラウンジエントランスのショッキングピンクに近いド派手なパープルとは違い、落ち着きある深い紫色のファブリックがイカしてる。

シート幅は51cmで、最大傾斜角は163°。飛行時間数時間程度の日中便だと深くはリクライニングしないのでライフラットでも良いんだけど、やっぱり窓際席でも通路へのアクセスが欲しかった。


*当画像は次に乗るBKK-SINで撮ったもの。

肘かけに設置されたシートリクライニングの調整パネルでは、背もたれだけでなく、頭部・背中・脚の部分を好みの角度に調節可能。また、他方のアームレストの下部には隠れるようにしてユニバーサルタイプのコンセントが配されている。
ひだり みぎ
*当画像は以前に乗ったHKG-BKK便で撮ったもの。


シートピッチはエコ席の2倍近い155cmあり足元は広々だし、スクリーンの大きさも必要十分。B773では最新鋭機と比べ機内エンタメのプログラム数も少ないが、それでも65種類の映画・150種類のテレビ番組・185種類の音楽アルバム・31種類のゲームが楽しめる。


足元広々!シェルタイプで座席クッションが前方にスライドすることでリクライニングするので、席を倒すのに後ろの人に気兼ねする必要がないし、前の席が倒れてくることもない。


座席に着き一段落すると、早速スムーズ・アズ・シルクなロイヤルシルククラスのサービスが開始され、エレガントなタイドレスを身にまとったタイ人マダムがタイスマイル全開でウェルカムドリンクとおしぼりを配って回る。

CAの方の洗練されたスムーズなサービスに感銘を受けるも、フライトはスムーズじゃない!香港名物・離陸の順番待ちの刑に処され、ちょっと出発が遅れそうなんでシャンパンもう一杯どうぞーなんて言われ、二杯目のシャンパンが注がれる…。

本日は15:05バンコク着からの16:35発という乗継スケジュール。やべーよー、シンガポールのホテルは日程変更不可のレートで予約しちゃってるよーなんて焦り始めた頃に漸くプッシュバックで機体が動き出す。


出発の遅れはTGの責任ではないが、水平飛行になったタイミングで「全力で遅れを挽回しまっせー」と心強い機長アナウンスが入る。と、同時に、三杯目のシャンパンがやってきた。


シャンパンのお次は機内食。HKG-BKKは単距離路線だけどコースになっていて、先ずはホカホカパンとクラッカーと合わせてアペタイザーのターキーブレストサラダがサーブされる。セロリ・パクチー満載で美容健康に良さそうなスターターだ。

メインはガーリックソースを和えたチキン。いや、存在感的にはブロッコリーが主役か。どうしてもひたすらデカいブロッコリーに目が行ってしまう。

もう一つの選択肢であるタイカレーは相当な辛さだったようで、隣の白人が顔を真っ赤にしてヒーヒー言いながら食べていて、最後に「明日は下痢決定だよ。」なんて下品なことをつぶやいてた。

ひだり みぎ
うぅ~食べたー。完食の達成感も束の間、「あなたはこれを食べなさい」と命令形でお仕置き(?)のチーズプレートとチーズケーキがやってきた。これはもう別腹、難なく胃袋へと流し込む。

食後のコーヒーまできっちり頂き、後はバンコク到着を待つのみ。

バンコクをスルーして南下を続ける飛行機。このままシンガポールまで行っちゃうんじゃないかと思わせた矢先に急旋回、空港へと降下を開始する。


メリディアンスワンナプームを左手に身ながら高度を下げ…。


定刻より30分遅れでスワンナプーム空港に到着した。


くっそ広いスワンナプーム。到着ゲートから乗継保安検査場まで1キロ弱もあり、歩いても歩いても一向に検査場が見えてこない!もたつく胃袋がたっぷたっぷするけどトランジットに間に合わせるためにダッシュダッーシュダッシュだ!

Related posts (関連記事):

CX765 HKG→SGN エコノミークラス
今日はCX765でサイゴンへと向かう。この便、CXだけでは席を捌ききれないのか、やたら多くの航空会社によりコードシェアーされた寄せ集め便となっていて、アナウンスがとにかく長い!早口のアナウンスを一生懸...
CX766 A330(A33G)で二階級特進のインボラ発生
3月に続いてのホーチミン出張からの戻り。前回はB777-300(77H)がホーチミンに降臨して大いに喜ばせてくれたが、今回はA330(A33G)が舞い降りた。なんだか最近のホーチミンは当たり機材が多く...
JL35 羽田ーシンガポール B767-300(SS6)エコノミークラス スカイワイダー搭乗記
さぁさぁ、待ちに待った3連休。新たにSPGと提携したデザインホテルズに3泊するとSPGのカテ5以下のホテルで使える無料券が貰えるというデザインホテルズ販促プロモの攻略を兼ねたプチ観光目的でシンガポール...
搭乗記 ウズベキスタン航空ビジネスクラス B767-300ER タシュケント⇒ブハラ
ふう。ようやく退屈なタシュケントの町を離れてブハラへと移動できる日がやってきた。 首都タシュケントからブハラへの移動はウズベキスタン航空で。 元々は高速鉄道での移動を計画してて、わざわざタ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする