シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サフラン ホーチミン Saffron Mediterranean Bistro


今日は出張飯ネタで、ホーチミン市内1区のハイバーチュン通り(Hai Ba Trung Street)にある地中海料理屋・サフラン(Saffron)のご紹介。


シェラトンから歩いて3分、Annam Gourmet Marketの対面に建つ小洒落た赤煉瓦造りの建物がサフランになる。市内中心地の人気店ということでいつも賑わっているようだが、この日は時間が遅めということもあって席の半分ほどは空いていた。

地中海料理と言えば、地中海沿岸諸国の中でもモロッコ・ギリシャ・スペイン・イタリアあたりの食文化を強く受け、海の幸やオリーブ、チーズなんかがふんだんに使われているという印象なんだが、サフランでは果たしてどのような料理が食べられるのか。

かなり手狭な店内に小さな机と椅子がぎっしり詰まってて、収容人数はそこそこ。照明を落として良いムードだし、利用客は落ち着いた欧米系の方々ばかりで雰囲気は◎。

ひだり みぎ
天井には素焼きの蛸壺が埋め込まれている。西欧ではタコなんて食べないどころか忌み嫌われてると思ってたけど、スペインやポルトガルなどの地中海沿岸諸国ではタコを食用としてるらしい。


メニューは豊富で、トルコ・ポルトガル・ギリシャなんて文字が入った料理名もチラホラ。馴染みの無い料理名が数多く並んでいるが、一つ一つに簡単な解説が付いているので料理のイメージは湧きやすい。

席まで案内され着席すると、直ぐに別のスタッフによりメニューとアペタイザー・ウェルカムドリンクのシャンパンが運ばれた。

アペタイザーのパンはフランスパンのようで表面固めで中フワフワ。こいつを甘さ控えめのパンプキンのディップに付けて食べるのだが、これがなかなかどうしtシャンパンやモヒートに合うもんだ。

そして、ミールはCheese Saganaki・Moroccan Chicken・Saffron Riceを注文。

先ずやってきたのはチーズサガナキ。サーブされる直前にショットグラス1杯のアルコールを注ぎかけ、豪快にフランベ。チーズの焦げた香ばしい匂いが食欲をそそる。


フェタをフライパンでこんがり焼いた一品。見た目はショボいけど、トマトの下に敷き詰められたバジルペーストとトロッと溶けだした分厚いフェタチーズのコンビネーションが絶妙な逸品だ。


続いてサーブされたサフラン米にオリーブとスパイスやレモンの果汁等と共にじっくり煮込んだモロッカンチキン。ちょっぴりピリ辛で赤ワインとの相性も抜群。


デザートはトルコ風クリームブリュレ。濃厚なカスタードが癖になりそうだったけど、どこら辺がトルコ風なのかはグルメじゃない自分には分からず。

本日のお会計は、モヒートと赤ワインのグラス3杯と合わせて約5,000円。現地物価を考えるとちょい高めだけど、本格的な地中海料理が食べれて大満足の夜だった。日本食・ベトナム料理に飽きた際にはお勧めできるエスニック料理屋である。

Saffron Mediterranean Bistro

住所:51 Hai Bà Trưng, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh
電話:+84 8 3824 8358
営業時間:11:00~Late (L.O.23:00)
ウェブサイト:www.saffronvietnam.com/

Related posts (関連記事):

ベトナムアートとベトナムカフェ
今日は土曜日。15:00に仕事が終了し、一旦ホテルに戻って着替えてからホーチミン市内の散歩に出かけました。常夏のホーチミンではあるが、市内は緑が多く日陰は快適なので、ウォーキングをしていて気持ちが良い...
ホアンキエム湖に纏わる伝説
歩いて市内中心部にあるホアンキエム湖まで戻ってきた。ホアンキエム湖は太極拳をするお年寄りや、抱き合う若いカップル、はしゃぐ子供たちなど、地元の老若男女が思い思いの時間を過ごす憩いハノイ市民の憩いの場の...
バオダイ宮殿で古き良きインドシナに思いを馳せる
タイトルにあるバオダイとは、ベトナム最後の皇帝としてベトナム史に名を馳せる歴史的有名人だ。バオダイを漢字で表記すると保大(やすひろ!?)となり、何だか一気に妙な親近感が湧いてくる。 ここで、保大...
ハノイ新国際線ターミナルから香港 VN592 A321 ビジネスクラス
2014年12月31日、ノイバイ空港新国際線ターミナルの運用が開始され、陰気臭すぎたベトナム首都の玄関口の装いがようやく一新された。今回の新ターミナルは地上4階・地下1階建てで、旅客処理能力はら倍増超...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする