ベトナムの地ビールが味わえるPasteur Street Brewing

この日はホーチミン市でベトナムの地ビールを飲みに行ってきた。缶ビール1本100円弱とミネラルウォーター並みの価格でビールが飲めるベトナムだが、南国の気候に合わせて水が如くガブ飲みできるような軽くて薄いテイストのものばかり。濃く味わい深いビールなど皆無だったんだけど、昨年くらいから遂にベトナムにもクラフトビールブームの波が押し寄せてきたようだ。その火付け役が2015年にパスター通りに開業したクラフトビアの専門店・Pasteur Street Brewing Company。アメリカ人オーナーがクラフトビール文化をベトナムに植え付けたいと考え醸造所とビアバーの営業に乗り出したんだとか。

場所はレックスホテルの裏側、パスター通り沿いの細い路地の中の雑居ビルの二階。市内中心地にありドンコイやバックパッカー街からも歩けない距離ではない。

引っ切り無しに往来するバイクの嵐を潜り抜け道路を横断。命懸けの移動で目当てのビールバーを目指す。


パスター通りに着きこれで安全かと思いきや、歩道にもかかわらず前方からバイクの嵐が…。歩道なのにスピード緩めずにバイクを走らせるんじゃない!!

ひだり みぎ
パスター通りをレタントン方面から南の方角に歩いていると、怪しげな細道に案内があった。「え?こんなところに?」と思うような暗く狭い路地を入ると左手に2階へと続く階段を発見。


本当にここであっているのか?と思いつつ階段を上がれば、鰻の寝床のように細長いバービアが現れた。


客は100%欧米系の白人で、この日は週末ということもあり大盛況。入店当時は空席も目立っていたが、その後すぐにほぼ満席。立ったままでもいいから飲むわ~って感じでビール片手に立ち話に興じる白人のオッサンの姿もチラホラとw

ひだり みぎ
この日、用意されていたビールは全12種類。パッションフルーツを用いたPassionfruit Wheat Aleや、マルゥチョコレートとK’hoコーヒーを使ったChocolate Coffee Brown Aleなど、他では絶対に味わえないベトナムならではの素材を活かして開発された拘りのオリジナルビールのみが取り扱われている。

先ずは手始めに175mlグラスで6種類のクラフトビールが味わえるサンプラーを注文。メニューから6種のビールを選択し、速攻でタップから注がれた美しきビール達がサーブされてきた。全て異なる香り、異なる色、異なる味。飲む前からテンションが上がるじゃないですか。
ひだり みぎ
今回は「Jasmine IPA」「Saigon Summer Ale」「Toasted Coconut Porter」「PSBC Double IPA」「Saigon Summer Ale」「Ale」「Cyclo Imperial Chocolate Stout」の6種類を選択。いずれも元の素材の味が生かされながらも主張しすぎない絶妙なテイストだったが、特に印象に残ったのはJasmine IPA・Double IPAの二つ。ジャスミンIPAは柑橘系のフローラルな香りで苦みの中に仄かな甘味があり飲み易く、ダブルIPAはモルトの甘味と旨味がぎっしり濃縮された飲み応えのある一杯。

ひだり みぎ
ミールの方は…ビールバーなんで期待はしていなかったが、やっぱり余り充実しているとは言えず、サンドウィッチや軽い揚げ物などの簡単な料理がメイン。味も、この日に食べたハンバーガーとデザートは正直余り美味しくなかった。


最後はマルゥチョコレートを使ったChocolate Coffee Brown Aleをアラカルトで。アラカルトは175ml・400ml・500mlと3種類のサイズから選択可能。

主食にもなり得るバーメニューも用意されているとはいえ、やっぱり2件目としてビールだけを楽しむ使い方が良いのではないだろうか。ベトナムビールに飽きたという方、是非Pasteur streetでベトナムでしか味わえないビール体験をお楽しみください。

【PASTEUR STREET BREWING COMPANY】

ホームページ:http://pasteurstreet.com/
住所:144 Pasteur,P.Ben Nghe,Dist1,HCMC
電話:08-3823-9562
営業時間:11:00~22:00

Related posts(関連記事):

バオダイ宮殿で古き良きインドシナに思いを馳せる
タイトルにあるバオダイとは、ベトナム最後の皇帝としてベトナム史に名を馳せる歴史的有名人だ。バオダイを漢字で表記すると保大(やすひろ!?)となり、何だか一気に妙な親近感が湧いてくる。 ここで、保大さんの波乱万丈なキャリアを振り返ってみよう。時は1913年、当時のベトナムの王朝である阮朝の皇子のボンボン息子として生まれ、幼少期~青年期を宗主国のフランスで過ごすも、戦時の動乱期に反仏クーデターを発...
ロマン溢れるベトナム南北統一鉄道
南北に長~い国土を持つベトナムの南北統一鉄道は、北は首都ハノイから南は商都サイゴンまでの1,726Kmを結ぶベトナムの大動脈。辺り一面に広がる青々とした水田や深い緑に包まれた椰子林、白浜とコバルトブルーの海水が広がる東シナ海を見ながら列車は今日も走り続けています。ベトナム南北統一鉄道…名前を聞くだけでロマンを感じます。 今すぐにでも南北統一鉄道でのベトナム横断旅行に繰り出したいのだが、有給す...
中国南方航空 CZ367 広州ーホーチミン B738ビジネスクラス
本日は広州市内での打合せ後、20:05発ホーチミンシティ行きのCZ367で移動する。 打合せが長引いてしまった為に時間ギリギリのチェックイン。チェックインカウンターに着いた時はフライト1時間前。こっちは冷や汗もんに焦っていたが、受付は全然慌てる様子も動じる様子も無く、普通に「ゲートは○○番なんで。では行ってらっしゃい。」的な事務処理で終了。そうだよな、この国ではフライト1時間前のギリギリ...
ダラット市民の台所・ダラット市場
ダラット2日目、余りの寒さの為に朝06:00に起床、ホテルの朝食に出た高原野菜サラダと野菜スープを胃袋に流し込む。甘味のある人参に玉ねぎ、そして新鮮な緑の高原野菜…普段は中国で汚染まみれの毒物ばかり食している私にとっては何よりの御馳走だ。今回のだラット旅行で、寿命が延びたと思う。 07:00、ぼちぼち陽が出てきたのでダラットの中心地にあるダラット市場へと足を運ぶ。新鮮野菜の朝飯に澄んだ高原の...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。