シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーチミン市で食べるインド料理 ガネーシャ(Ganesh)


この日は無性にインドパワーを注入してもらいたくなり、本格インドカレーが楽しめるハイバーチュン通りのガネーシャへ。ホーチミン市は必要以上に日本食屋が乱立してて、週の殆どは会社の人間と日本食を食べることになるので、ぼっちでのディナー機会はエキゾチックにキメたいのである。


バックパッカー街のBaba’s KitchenやMumtaz Indian Restaurant 、Ngo Duc Ke Streetに移転したTandoorなどなど、ホーチミンには本格インド料理が楽しめるレストランが揃っているんだけど、自分的には立地も含めてガネーシャ派。

店内も程良くお洒落なガネーシャ、実はフエやダラットなんかにも出してるチェーン店で、手広く四川風炒飯や福建麺なんかも出したりしてる。ホーチミン支店のメニューはこちら。インド料理屋の福建麺とか邪道極まりないだろう。

この日はクローズ間際の入店だったからか、カラフルでモダンな店内には客一人。なのに店員は何故だか大勢いて、自分がメニューを見てる間、4人も5人もずっと自分のテーブル横に張り付いていた。別に何をしてくれる訳でもなくただただ突っ立って私の注文を待つだけでしたけど。

ひだり みぎ
店内はヒンドゥ語文字が書かれてたりと、象の刺繍アートが飾られていたりとインド要素たっぷり。店員は100%ベトナム人だけど。


もちろん、店名にもあるガネーシャも祀られている。が、顔がちょっと違う気が…。ユーモラスな顔立ちの人間にも見えてくる気がしてくるというというか、なんとも見れば見るほど不思議な気分になってくるガネーシャ神である。


よく見たらガンジーとホーチミン叔父さんの遺影ちっくな肖像画まで飾れてるし…。

肝心のメニューであるが、北インド・南インドのカレーを中心に充実。具材も野菜・チキン・ラム・海鮮と幅広い。これでインドのビールなんかも置いててくれればインドムードが高まるんだけどな。

この日の晩餐はチーズ&ガーリックナン(VND55,000)・バターチキン(115,000)・マンゴーラッシー(55,000)の3点+デザート。いつも現地在住インド人利用客で繁盛しているからカレー類はスパイスを効かせたガチな味付けなんだけど、この日の3点はどれも癖の無いマイルドな味付けで食べ易かった。


デザートはインドアイスことKulfi(クルフィ)。インドのスイーツは甘すぎたりスイーツなのにスパイスが入ってたりしてハズレが多いのだが…。ガンジーとホーチミンの遺影に見守られながら恐る恐る口にしてみると、薄~いカルダモンのような味で全く美味しくない。濃厚さとかは全くの無煙、とにかくカチンコチンに固いだけの代物だった。


最後、会計を頼むとフィンガーボウルともみ殻のようなフェンネルがやってくる。フェンネルは適当に手で摘んで口の中に放り込みぼりぼり食べるもので、口直しや消臭・消化促進効果があるらしいのだが…。せっかくのお口直しなのに、残念ながら日本人の口には合わないと思う。

デザートはアレだけど、バターチキンとナンは普通に美味い。市内のド中心にあるので、ホーチミン市でインドパワーが必要なら是非ガネーシャへ!

【ガネーシャサイゴン(Ganesh Ho Chi Minh City)】

住所:38 Hai Bà Trưng, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh, ベトナム
電話:+84 8 3823 4786
営業時間: 11:00–14:30/ 17:30–22:30
ウェブサイト:www.ganesh.vn

Related posts (関連記事):

チャンパ王国の聖地跡・ミーソン遺跡
今日は、シンツアリストで申し込んだミーソン遺跡ツアーに参加する。遺跡で朝日を見る洒落たツアーなんかもあるようだが、私のようなおっさんには早起きは億劫だし、ここは無難に通常のツアーを選択。07:40にホ...
中国南方航空 CZ367 広州ーホーチミン B738ビジネスクラス
本日は広州市内での打合せ後、20:05発ホーチミンシティ行きのCZ367で移動する。 打合せが長引いてしまった為に時間ギリギリのチェックイン。チェックインカウンターに着いた時はフライト1時間...
ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴン クラブフロア宿泊記
この日のホーチミンでのお宿はマリオット系列のルネッサンスリバーサイドホテルサイゴン。シェラトンサイゴンと並ぶホーチミンの二大「日本人ツアー客様御用達ホテル」である。 モンゴル軍を3度に渡って撃退...
ミンマン帝陵 フエの世界遺産巡り2
カイディン帝陵のお次はミンマン帝陵へ。 ミンマン帝陵は西洋文化と欧州先端技術を導入した代わりに介入を許した初代とは打って変わって中国の制度や文化を積極的に取り入れることでグエン朝の基礎を築いた第...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする