ホーチミン市で食べるインド料理 ガネーシャ(Ganesh)

この日は無性にインドパワーを注入してもらいたくなり、本格インドカレーが楽しめるハイバーチュン通りのガネーシャへ。ホーチミン市は必要以上に日本食屋が乱立してて、週の殆どは会社の人間と日本食を食べることになるので、ぼっちでのディナー機会はエキゾチックにキメたいのである。


バックパッカー街のBaba’s KitchenやMumtaz Indian Restaurant 、Ngo Duc Ke Streetに移転したTandoorなどなど、ホーチミンには本格インド料理が楽しめるレストランが揃っているんだけど、自分的には立地も含めてガネーシャ派。

店内も程良くお洒落なガネーシャ、実はフエやダラットなんかにも出してるチェーン店で、手広く四川風炒飯や福建麺なんかも出したりしてる。ホーチミン支店のメニューはこちら。インド料理屋の福建麺とか邪道極まりないだろう。

この日はクローズ間際の入店だったからか、カラフルでモダンな店内には客一人。なのに店員は何故だか大勢いて、自分がメニューを見てる間、4人も5人もずっと自分のテーブル横に張り付いていた。別に何をしてくれる訳でもなくただただ突っ立って私の注文を待つだけでしたけど。

ひだり みぎ
店内はヒンドゥ語文字が書かれてたりと、象の刺繍アートが飾られていたりとインド要素たっぷり。店員は100%ベトナム人だけど。


もちろん、店名にもあるガネーシャも祀られている。が、顔がちょっと違う気が…。ユーモラスな顔立ちの人間にも見えてくる気がしてくるというというか、なんとも見れば見るほど不思議な気分になってくるガネーシャ神である。


よく見たらガンジーとホーチミン叔父さんの遺影ちっくな肖像画まで飾れてるし…。

肝心のメニューであるが、北インド・南インドのカレーを中心に充実。具材も野菜・チキン・ラム・海鮮と幅広い。これでインドのビールなんかも置いててくれればインドムードが高まるんだけどな。

この日の晩餐はチーズ&ガーリックナン(VND55,000)・バターチキン(115,000)・マンゴーラッシー(55,000)の3点+デザート。いつも現地在住インド人利用客で繁盛しているからカレー類はスパイスを効かせたガチな味付けなんだけど、この日の3点はどれも癖の無いマイルドな味付けで食べ易かった。


デザートはインドアイスことKulfi(クルフィ)。インドのスイーツは甘すぎたりスイーツなのにスパイスが入ってたりしてハズレが多いのだが…。ガンジーとホーチミンの遺影に見守られながら恐る恐る口にしてみると、薄~いカルダモンのような味で全く美味しくない。濃厚さとかは全くの無煙、とにかくカチンコチンに固いだけの代物だった。


最後、会計を頼むとフィンガーボウルともみ殻のようなフェンネルがやってくる。フェンネルは適当に手で摘んで口の中に放り込みぼりぼり食べるもので、口直しや消臭・消化促進効果があるらしいのだが…。せっかくのお口直しなのに、残念ながら日本人の口には合わないと思う。

デザートはアレだけど、バターチキンとナンは普通に美味い。市内のド中心にあるので、ホーチミン市でインドパワーが必要なら是非ガネーシャへ!

【ガネーシャサイゴン(Ganesh Ho Chi Minh City)】

住所:38 Hai Bà Trưng, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh, ベトナム
電話:+84 8 3823 4786
営業時間: 11:00–14:30/ 17:30–22:30
ウェブサイト:www.ganesh.vn

Related posts(関連記事):

ほのぼのとしたホイアン民俗博物館
続いて、南国風の椰子の木が立ち並ぶ川辺のバクダン通りにやってきた。ライトアップされた光が川面に見事に反射される夜も幻想的で美しかったが、日中は日中で切り絵の中の世界のようなノスタルジックな雰囲気が漂い、散歩をしていてワクワクする。きっと、江戸時代の朱印船商人も遠くホイアンの地で同じような感想を持ったに違いない。 木彫りの工芸村・キムボン行きの船乗り場。地元民がバイクもろとも乗船...
エネルギッシュなホーチミンの中華街
日曜日は朝一でホーチミンの中華街であるチョロンに向かいました。 チョロンへは1番のバスで向かいます。チョロンまではVND 4,000 (≒16円)でした。目的地までの走行距離が18Km以下であればVND 4,000、 18Km以上であればVND 5,000のようです。 市内から10分も走ればベトナム語・英語に加えて中国語の看板も見えてきます。 HCMCの中華街は17世紀の末に広...
タンソンニャット国際空港
もう何度目になるのか…今日から仕事でホーチミンに向かうこととなりました。今回はホーチミンの空の玄関口であるタンソンニャット国際空港はベトナムの商都ホーチミンの国際空港かよ!と疑ってしまう小規模なタンソンニャット国際空港のご案内。 タンソンニャット国際空港:ホーチミンの国際空港で、ベトナムのフラッグキャリアーであるVietnam Airlineのハブ空港となっています。市街中心部から北方約8k...
ベトナム少数民族の住宅展示場・民族学博物館
ベトナムで小物屋巡りをして目につくのが鮮やかな色糸で刺繍を施された民芸品。売り子曰く「これは少数民族の○○族が~」と言われますが、そう言われても全くもってピンときませんよね。だって○○族って言われても知らないしイメージ湧かんもん。ハノイからは少数民族の村巡りツアーなんてのも開催されているので参加して見たかったが如何せん時間が無い…そんな私にぴったりな博物館がハノイ市内にあるようだ!その名も民族学博...