キャセイドラゴンで行くインボラ狙いの週末台湾

かなーり前の話になるけれど、キャセイドラゴンで行く週末弾丸台湾旅行なんてのもやってたので、記録として残しておく。とにかくむしゃくちゃしてて、とにかくどこかに飛んでいきたかったんすよ。できれば安くて、近くて、金曜終業後に香港のファーストクラスラウンジを満喫した上で飛んでいける場所。それが台湾だった。

香港⇔台湾は話題のAviosが有効活用できる路線でもあるのだが、この日は有償最安値(往復込々1.7諭吉)でポチって行くことに。直前の空席状況的に、9割以上の確立でインボラ来るんじゃないかなぁと期待もしてみたり。

[table id=108 /]
Avios発券での出費はこんな感じ。JL国内線とか、他社単距離路線で非常に使い勝手の良いプログラムである。

移動日当日、金曜日終業後に空港へ行くと、「満席ですの~」からのインボラ発生。因みにキャセイのマルコポーロは1年の休学期間中なので、マイル登録はJALエメラルドで。他社会員にも優しいKA様、どうもありがとうございます。

ラウンジ

ひだり みぎ
出発前はイソップのバスアメニティ目当てにゲートから離れたピアラウンジまで遠征。


台湾到着まで胃袋が持ちこたえられず、シャワーを浴びてからビールと食事を頂くことに。

ひだり みぎ
安定のビーフバーガーにストロベリータルト。至福の時を迎え感無量。

往路便

食後はマッサージまでしてもらっちゃってからド満席のA330(A33R)に御搭乗。そういや絶対A320飛ばすマンなキャセイドラゴンでA333に乗るのは初めてだな。

それでもやっぱりC席はリージョ仕様なのね。2×2×2の7列で合計42席、この日は見事に満席御礼である。

ひだり みぎ
着席するなりウェルカムドリンクのRose Infinitiを頂き、佛山が生んだ稀代のカンフースター・イップマンの映画を鑑賞する。1時間25分の単距離フライトなので、機上で映画を一本見終えるには離陸まで待ってはいられません。

ひだり みぎ
動けるデブことサモハンキンポーの相変わらずのキレッキレな演技にビビりつつ離陸。こいつ、半世紀は最前線で活躍し続けてるんじゃないか?その精力的な活動はもちろん、凄い運動量なのに益々お肉を蓄えていくのが凄い。

サモハンキンポーの魂の演技で食事どころじゃなかったけど、離陸後すぐに機内食が配給される。
ひだり みぎ
90分弱の単距離フライトにしてはしっかりしたメニュー。

[table id=107 /]
メインはチキンかSoleの二択で、この日はヒラメのクリームソース和えを選択。チキンの方はハイアットリージェンシー尖沙咀の凱悦軒という中華レストランのセレクションメニューなんだと。自分の視界の届く範囲内では誰も選んでなかったけど。


機内食を食べ終え食後のコーヒーを楽しんでいると、直ぐに飛行機は着陸態勢に。食べて飲んでイップマンの映画見て、フライト前のラウンジも含めて素晴らしい金曜日だった。

復路便

帰路は空港に着いた時点でインボラを確信。チェックインカウンター込み過ぎなんだもん。

そして、読み通り発行されてきたC席券。毎度毎度ありがとうございます。


カラスミ、オカラチップスなどの土産物を買い込み、高雄のドラゴンラウンジへ。

ひだり みぎ

ラウンジ飯。オーダー制のホットミールもあったけど、ここでは自粛。機上で見るイップマン2のエピソードをネットで漁って時間を過ごす。

今回は身軽でオーバーヘッドコンパートメント争いをする必要もなかったので、最後の最後までラウンジで寛ぎファイナルコールで御搭乗。

直ぐに真っ赤な制服がお似合いの美白CAさんがウェルカムドリンクを持ってきてくれる。格安クラスでの予約からのアップということに罪悪感すら感じてしまう素晴らしく丁寧で心のこもった対応だった。

周りを見渡すと、ほぼ全席が小太りでスカした中華系オジサンで埋まってる。こりゃあ復路もCAさんは大変そうだ。

…ということで、離陸後そうそうに開始されるミールサービス。C席だけで40人はいるであろう乗客に1時間半で給仕を終えられるのか。

手際良くテーブルクロスが敷かれた後はフルーツとブレッドが先にサーブされ、メインはカートに乗せられ効率よく配布されていく。

実物が見れるこの配給方法はイイね。メニューと睨めっこするだけで中々決断できない優柔不断な者でも現物を見りゃ一発だし。


復路も白身魚。テタンジェと共に。


最前列から二列目に陣取った自分は陸豊手前で余裕の完食。後ろの方に座っちゃったら早食い競争状態で大変だと思うんで、インボラなのに前方席をあてがっていただき感謝感謝。

息抜きの弾丸旅行もたまには良いですね。週末台湾旅行は

Related posts(関連記事):

旅行妄想病発病 ワンワールド世界一周って意外と安いじゃないですか
あぁぁぁあああぁ、旧正月にダナン・ホイアン行ったっきり旅行らしい旅行ができてないからか、溢れ出る旅欲を抑えきれなくなってきてる。夜な夜な行きたい国リストを眺めては旅先に思いを馳せるという旅行妄想病を患い、気付いたら貴重な睡眠時間を削ってワンワールドの世界一周旅行の旅程なんか作ってる始末。 【ワンワールド加盟航空会社(全15社)】太字が妄想旅行内で利用する航空会社。 日本航空(日本)、アメリ...
JL856 スカイリクライナーで行く広州⇒成田 搭乗記
今回の日本への一次帰国は久方ぶりのJL。搭乗予定のJL856の機材を確認したところ、不快リクライナーことスカイリクライナーじゃあありませんか。スカイリクライナーは成田⇔広州の他、羽田⇔ソウル、羽田⇔台北の短距離767-300に搭載されているガッカリ系のビジネスクラスシートだもんで、テンションガタ落ち。キャセイを味わってから尻贅沢病に罹ってしまい、そんぞそこりゃのシートじゃ朕のケツは満足しなくなって...
羽田-香港 JALプレミアムエコノミー搭乗記 JL029
この日の香港への移動は久しぶりのJALプレミアムエコノミー。 なんか最近やたらとプレエコ推しなのか、すっごい頻繁にプレエコセールが開催されているんだわ。東南アジア方面への短期滞在ならダイナミックパッケージのC席を買った方が絶対にお得だと思うけど。 スカイシェルはB777-200ER型機のうちスカイスイート仕様への改修が済んでいない旧機材のみで見られる絶滅危惧種。今や香港便での運用も...
JL720 ジャカルター成田 スカイスイート767 ビジネスクラス搭乗記
ジャカルタからの帰国はJL720のスカイスイート767で。朝04:30にホテル出発し、ジャカルタ名物・暴走狂ドライバーによる荒~い運転で夜闇に包まれたスカルノハッタ航空へと移動する。 空港到着後の荷物検査を経てC客専用のプレミアラウンジ直通プライオリティチェックインカウンターへ。 しかし、JALはプライオリティカウンターが使えないとのことで敢え無く撃退され、せっかく空港の端っこまで来た...