JAL-中国東方航空 路線限定ボーナスマイルキャンペーン

はい、今日も誰得情報配信のお時間がやって参りました。本日のお題はみんな大好き中国東方航空(!?)のボーナスマイルキャンペーンであります。東方航空はスカイチーム所属だけど、地味にJALとも提携してて、東方航空便でもJALマイルが貯まるんです。

積算率:

*コードシェア便はMU便名でJLが運航する便のみ積算対象。
*FOPは溜まりませーん。
参考サイト:https://www.jal.co.jp/jmb/earn/travel/flight/mu.html

で、今回のボーナスマイルキャンペーンですが、タイトルを読んで字の如く、一部路線のみを対象にボーナスマイルが付与されるといった内容になってます。
対象路線:
日本発着路線:関西-北京/西安/昆明・中部-西安
中国国内線:北京/西安/昆明発着の中国国内線

キャンペーン内容:
フライトマイルと同マイル数がボーナスマイルとして積算される。
例えばの例として挙げられているのが、関西-北京-西安-関西というルートをCクラスで飛んだ場合。通常3,977マイルが積算されるところ、今なら7,954マイルが稼げますよ、と。回数無制限みたいなんで、大陸でバンバン飛ぶ自分みたいな方にはお勧めのプロモだとは思う。後述の通り安めの予約クラスも対象だし。

対象予約クラス:
MU便:F / U / P / J / C / D / I / W / Y / B / M / E / H / K / L / N / R / S
JALコードシェア便:F / A / J / C / D / X / I / W / E / Y / B / H / K / M / L / V / S / O / G / R

キャンペーン期間:
2017年2月9日(木)~2017年4月20日(木)(搭乗日)

残念。つい先週に敦煌-西安というMUの超マイナー便を利用したばかりだった。対象期間中にMU便を利用予定の方、ボーナスマイルを得るにはキャンペーンに事前登録する必要があるので、登録漏れせぬよう注意下さい。
キャンペーン登録サイト:https://www.jal.co.jp/121campaign/mu_bmile/

因みに…西安へはJALマイルの特典航空券で飛べたりもします。東京から西安往復「中国悠久の歴史に思いを馳せる旅」で21,000マイル。快適な空の旅という訳にはいかないと思うけど、西安の町自体は古都の薫りプンプンで良かったですよ。


PM2.5の指数が貫禄の600μg/㎥越えと大気汚染が殺人級でしたが!

Related posts(関連記事):

JL752 ハノイー成田 B787-8(SS8) スカイスイート787(Sky Suite 787) 搭乗記
ハノイから帰りの便は社畜殺しの短距離レッドアイであるJL752。現地時間00:25(日本時間02:25)出発で成田到着が07:10と飛行時間04:45ですからね。ハノイで退勤して一次会接待までした後に機上の人となり、ちょっと仮眠をとったと思ったら着陸前にネクタイ締めてから出社…なんて激務も辞さないモーレツサラリーマン御用達の便である。 2014年末に完成したハノイ・ノイバイ国際空港第2タ...
搭乗記 エミレーツ航空 A380ファーストクラス 香港⇒ドバイ
さて、いよいよエミF旅行の始まり始まり。 エミレーツのファーストクラスは、香港-バンコクの以遠区間で乗ったなんちゃってファーストクラス以来。前回はたかだか2時間程度のFお試しコースでしたが、今回は香港⇒ドバイのナイトフライトコース。メシ⇒サケ⇒シャワー⇒ベッドとエミFサービスをフルコースで楽しめるんじゃないかとドキワクです。 先ずは胃袋のウォーミングアップとばかりにエミレーツラウンジで...
搭乗記 ターキッシュエアラインズ 777-300ERビジネスクラス ドバイ⇒イスタンブール
さぁさぁ、引き続き飛んでいきますよ。HKG-SINのSQファースト、SIN-DXBのSQファーストと続き、今回はお待ちかねのターキッシュビジネス!2016年に航空会社業界のオスカーことスカイトラックスの「ベストビジネスクラスケータリング賞」を受賞したりと気合の入った機内食を出すことで有名なTKですから、胃袋のワクワクドキドキが止まりません! しかもDXB-IST、IST-BCNとターキッ...
イエティ航空ネパール国内線 カトマンズから仏陀生誕の聖地・ルンビニへ
前回のエントリーに記載した通り、安全性ランク一つ星評価のイエティ航空便を利用して日帰りでのルンビニ観光に行くことにしたワイ。 仏教の開祖ブッダの生誕の地で、成道の地ブッダガヤ、初めて説法をしたサールナート、入滅の地クシナーガルと並ぶ仏教四大聖地の一つとされるルンビニ。自分は巡礼意欲ある意識高い系の仏教徒というわけでもないし、それどころか仏教徒ですらないのだが、聖地と言われれば行ってみたくなる...