ハノイ旧市街でB級カフェ・レストラン巡り(Dac Kim・Wanna Waffle・モヒートバー)

ハノイ出張中のとある日曜日、社内接待の為の終日ゴルフ地獄を回避できたので、たまには外でベトナムの活気を味わうのも良いだろうと賑やかな旧市街地の街並をブラブラしてみることに。

朝はハノイ名物ブンチャーの定番・Dac Kim(ダックキム)を攻める。1966年から営業している老舗中の老舗で、世界各国の旅行ガイド本にも漏れなく掲載されている観光客御用達のローカルレストランである。
ひだり みぎ
観光客に屈指の人気を誇る老舗麺専門店というと敷居の高そうな高級店を思い浮かべてしまうけど、実際は旧市街地の古風な街並にしっかりと溶け込んだローカル感たっぷりの店で、一人で入るのにも躊躇する必要無し。寧ろ、観光客面丸出しで店の近くを歩いていると「ダックキムはここよ!」とばかりに手招きされるくらいですからね。

バイクの波が引っ切り無しに往来する小路に並ぶ青と赤のプラスチックテーブルと椅子も店舗の一部で、テーブルにはドカ盛りになった香草・薬味・麺が既にスタンバイしていて、席に着くなり速やかにブンチャーと春巻が運ばれる。速やか過ぎて、注文をする前から運ばれてくるくらいですからね。速やかというか、そもそも注文前に運ぶとかフライングだろと思ったが、他のテーブルの様子を観察していると、来店客には有無を言わさずブンチャーを運ぶ仕組みになっているようだ。メニューがブンチャーと春巻きの二種類だけなんだろうな。春巻きに関してはあたかもセットかのように運ばれてくるが、食べた分はきっちり食後に代金請求されるので、不要であれば箸をつけずに返品しよう。
ひだり みぎ
各テーブルに用意された草の量ヤバすぎだろ。馬じゃあるまいし。こんだけ食ったら体がナメック星人色になるわ。

この武骨な感じの麺料理がハノイ名物のブンチャー。米が原材料のソウメン風の麺を、そのまんま過ぎるネーミングで知られるブンチャースープに漬けて食べる。これがブンチャーがベトナム版つけ麺と呼ばれる所以である。フィッシュソースが効いた甘酸っぱいテイストのスープには炭火で焼いた豚バラ肉や肉団子ががっさり浸っているので、中々の食べごたえである。尋常じゃない量が用意された野菜(香草・レタス)の盛り合わせも食べ放題ですし。

見た目では美味しさが伝わらないとの指摘を受けてしまうと思うのだが、粗雑で不味そうな見た目と裏腹に甘味のあるあっさり薄味スープが香ばしい焦げ味のある焼肉に絡んで結構美味いんです(小並感)。お値段は一杯70,000ドン(≒350円)と「ローカルレストランなのに他店の2倍もして高すぎる!」なんて利用者の声も聞かれるけど、肉の量も他所と2倍なので小生的には余り割高感は感じなかった。肉が多いので麺料理を食べたというか肉を食ったったという感じだし。フォーの存在感に隠れて日本では知名度の低いブンチャーだけど、是非一度はご賞味下さい。

【ダックキム (Dac Kim)】
住所:1 Hang Manh, Hoan Kiem

ひだり みぎ
続いて、店員が美女だったという不純な理由でL’Amoreという店に入ってみた。ラモーレってイタリア語で愛くらいの意味だったと頭の片隅の知識として知っていたので、正直、店に入るまではイカガワシイ系の店かもしれんと内心ドキドキだったw

なんてことはない、ただのスイーツの店なんですけどねw

Mango with Ice Cream(49,000ドン≒250円)。アイスは全20種類から選択可能。店名的にイタリアンジェラードだと思ったんだけど、そんな高級なもんではなく、価格相応な質。
[table id=71 /]

ひだり みぎ
アモーレですきっ腹を満たした後、間髪入れずにホアンキエム湖畔のサークルKに入居してるWanna Wafleで引き続きのカロリー修行。


サークルK店内の階段から3階へ。

ひだり みぎ
ホアンキエム湖を望むテラス席もあり小洒落た雰囲気のカフェで、土産にも使えそうなレトログッズなんかも取り扱われてる。

BLTサンドイッチ(35,000ドン)・抹茶コンボのワッフル(65,000ドン)・マンゴースムージー(45,000ドン)。
ひだり みぎ
ワッフルは流行りのモッフル系なんかな~なんて期待してたけど、香ばしさやフワフワもっちり感はなく、どうも妙にかりかりサクサクとしたベトナムらしい軽~い食感だ。風味もアッサリだし。サンドイッチも然りね。見た目は美しいんだけど、特別にオイシイという訳ではない。

【Wanna Waffle】
27 Dinh Tien Hoang

ひだり みぎ


ワッフルを食べた後は旧市街地を2時間程探索。共産党をテーマにした一風変わったカフェ・Cong Capheで一休憩し…。


〆にフォーの名店に足を運ぶものの、残念ながら売切れ…。


プランBとしてMojito Bar and Loungeで飲みながら独り晩餐することに。

ひだり みぎ
鰻の寝床のように奥に長いハノイの伝統家屋を用いたレトロでムーディーな内部。

ひだり みぎ
何故か所々に展示される埃を被り蜘蛛の巣まみれになったロシアの古書。先のCong Capheでも人民服を着た共産党万歳な店員が働いてたり、Wanna Waffleでもコミュニズムアートの小物が売られてたけど、ベトナムには回顧趣味の広がりから共産主義ブームでも起きてるのだろうか。

メニューを見ると、毛沢東主席モヒートや資本論マルガリータなんかの共産色のあるネーミングのドリンクはないが、ベトナムならではの遊び心あるオリジナルモヒートは数多くラインナップに並んでいる。

独創メニューの中でも代表的なのは「フォーカクテル(右)」(120,000ドン≒600円)にベトナム名産の魚醤を使った「フィッシュソースカクテル(左)」(110,000ドン≒約550円)の二つだろう。フォーカクテルは“フォーフォー”した味にはなってなく、香辛料や薬味のスパイスやライムの酸味とコアントローの甘味が美味い具合に融合して意外や意外に飲み易い。

ひだり みぎ
お勧めはメイソンジャーで供されるイェーガーモヒート、甘ったるいのが好みならバカルディベースでフルーティなShow me the Dong、スパイス系の刺激をお求めならフォーモヒートあたりかな。魚醤カクテルは辛くて癖が強すぎるので、日本人の口には合わなそう。

ひだり みぎ
フィンガーフードはどれも不味すぎて論外も論外なので、食後の軽い一杯で利用するのが良いだろう。

【Mojito Bar and Lounge(モヒートバー&ラウンジ】
住所:19 Nguyen Quang Bich St., Hoan Kiem Dist.
電話:098 955 5522

西洋風のお洒落カフェや正統派レストランからローカル屋台・B級レストランまでなんでも揃うハノイ旧市街。今回はB級カフェと飯屋巡りの一日となってしまったが、旧市街地にはアジアンテイストな雑貨店やハノイならではの小物を扱うハンディクラフトの専門店なんかも密集しているので、次回は土産物屋に絞って見て回りたいと思う。

Related posts(関連記事):

ベトナムの国民食・フォーを本場のチェーン店で食してみる
ベトナムは南北に長いS字状の形をした緑豊かな国土を有す。特に北部では稲作がお盛んで、その恵まれた土壌から味の良い上質な米が豊富に生産される。この米文化を代表する食べ物の一つが日本人でも一度は耳にしたことがあるだろう、フォーである。フォーとは、米粉と水で作られた平打ちの麺を、鶏や牛から出汁をとりヌクマムや香辛料などで味付けをしたあっさりスープで食す麺料理だ。 ホーチミン市内を歩いているととにか...
場末感溢れる田舎町・ビエンホア
前回からの続き。突如の思いつきでベトナム南北統一鉄道に乗り込み、サイゴンの次の停車駅・ビエンホアに辿り着いた。地図も事前情報も無い、文字通りの未知の世界だ。サイゴン都市部から列車で僅か40分、日本で言う横浜や浦和的な郊外都市をイメージしていたが、ところがどっこい、駅には戦乱直後のような混沌とした風景が広がる。どうやら辺境の地まで来てしまったようだ。 民家の様だが詰所か何かだろうか、...
サパで味わう少数民族料理
赤ザオ族の本拠地であるマーチャ村とタフィン村の訪問を終え、一旦市内へと戻って腹ごしらえタイムとする。 バーストリートに行けば洋食レストランも揃っているが、折角なのでサパ料理が食べたいもの。ここサパには特筆すべき名物料理は無いが、周辺の山々で収穫された新鮮な食材を使ったほっこり田舎料理は味わえそう。サパの市場では青々とした野菜山菜にもぎたて果物が並んでいるし、山々には田んぼのあぜ道を歩く牛を見...
ホーチミン市のシャンゼリゼ通り・ドンコイ通り
サイゴン川沿いに建つ英雄チャンフンダオ像から聖マリア教会まで北西に伸びるホーチミン随一の目抜き通り。1Km程度の短い通りの両側に外国人観光客向けの比較的高品質な土産物屋、高級ブランド店やシンボリックなコロニアル建築群が軒を並べるドンコイ通りはベトナムのシャンゼリゼ通りとも呼ばれているとか。今日はバイクタクシー運ちゃん達の執拗な勧誘攻撃を往なしながらドンコイ通りの南端から北端まで歩きぬけてきました。...