イビス バンコク スクンビット4(ibis Bangkok Sukhumvit4) 宿泊記

この日は付き合いでバンコクのナナ(スクンビット・ソイ4)にあるアコー系列の三ツ星ホテル・イビス バンコク スクンビット4に泊まることに。アコー公式サイトの事前決済レート1泊1,240バーツ(≒3,800円)朝食別だったかな。すっごい経済的で、このエリアのバジェットホテルではナナホテルと並んで屈指のコスパの高さだと思う。

ピンク街直結・夜の街ど真ん中で、夜の徘徊に至極便利。レジャー・エンターテインメント施設が周囲に多く、夜のバンコクを歩いて見て回りたいナイトライフ派な旅人向きのホテルである。
ひだり みぎ
ナナプラザ・飲み屋・土産物店・B級レストランに屋台・マッサージ店などが建ち並び、夜まで賑やかな雰囲気だ。


スクンビットのソイ4を入り、JWマリオットを右手に見ながら奥へ奥へ。ばっちりメイクのお姉ちゃんや酔っ払いファランが屯して怪し気な雰囲気だし、ゴミやゲロなんかも散乱してて、小さいお子様連れやお嬢様には刺激が強すぎるかも。


BTSナナ駅からは750m、ナナプラザからは500m弱の距離になるだろうか。オフホワイトとブラウンの外壁を組み合わせた7階建て全200室のこちらの建物がイビス バンコク ナナになる。

館内:
ひだり みぎ
ゆったりとしたロビーはイビスらしく、すっきり爽やかでスタイリッシュな雰囲気。ExpediaのベストコスパランキングBKK編でトップ5にランクインするだけあって、値段の割には悪くないという第一印象だ。

ひだり みぎ
歩いても大した距離じゃないけれど、ナナ駅への無料シャトルバスも走っているし、ツアー会社によるカーレンタルサービスもある。バンコク市内のみの移動だとカムリを4時間借り切って1,600バーツ、パタヤまで片道1,600バーツ、アユタヤまで片道2,500バーツなどなど。

フロントの右手には小さなカウンターバーや有料ネットコーナーもある。
ひだり みぎ
アコー上級会員だとバーコーナーで使えるドリンククーポン・ランドリーサービス20%off・レストランのアラカルトメニュー10%off等の特典が楽しめる。ここら辺の待遇は3,000円台のイビスの割にしっかりしてて好感が持てる。中国のイビスと違ってアコーポイントもしっかり加算できますし。

部屋:スタンダードルーム
ひだり みぎ
ちょっとかび臭い客室はシンプルでコンパクトな造り。21㎡と手狭ではあるけれど、ワークデスク・セーフティボックス・コーヒーお茶セット・無料のボトル水・電子ケトル・薄型液晶テレビ・冷蔵庫と最低限の機能は備わっている。


直ぐ目の前が立体駐車場なのでカーテンを閉めっぱなしにしないとプライバシーが保てない点や、壁が極薄で廊下や隣部屋の声が否応無しに聞こえてくる点はマイナス査定。場所柄、夜中遅く帰ってきて廊下で奇声をあげる酔っ払いが出現しやすいですし。快適な滞在は約束されないので、「この値段でこの立地なら仕方ないな」と割り切れないのであれば利用は勧められん。あくまで3,000円台のバジェットホテルですからね。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
上座部仏教の解説本も用意されている。


仏教の本を置くくらいなら使い捨てスリッパを用意してほしいのだが…。床が硬質のハードウッドだし室内土足利用を想定してるのかな。

ひだり みぎ
バスルームもシンプルで最低限の機能のみ。バスアメニティはラックスのシャンプー兼シャワージェル(シャンプーとシャワージェルじゃなく、シャンプーシャワージェル)とシャワーキャップなので、髭剃りはおろか歯ブラシもないので自前で準備する必要がある。

ひだり みぎ
ドライヤーは全室完備。お湯の出や、水圧に関しては然程気にならないレベル。

朝食:

朝食は06:00-10:30、ロビーフロアのレストラン「イッツオールアバウトテイスト」が会場となる。朝食以外にも営業してるけど、ホテル周りに食事処が揃っているからか、朝食以外は殆ど利用客がいない。食べ放題の朝食が229バーツ(≒700円)と破格のお値段なんだけどなぁ。

ひだり みぎ
スープ・おかゆ・炒飯・マントウ・野菜炒め・サラダ・カオパット・卵料理・果物・ヨーグルト・シリアルなどなど、朝食のバイキングはイビスにしては良い部類に入る。


210バーツとホテルの朝食にしては安いけど、周りにもっと安くローカル料理が楽しめるB級食堂が豊富にあるからなぁ。

所感:
ナナで遊んでホテルではただ寝るだけという使い方なら悪くない選択肢で、3,000円台なら全然アリ。ただ、周りには似たようなバジェットホテルも多いので、5,000円以上だと別のホテルを検討しちゃうかな。同じアコーでもプルンチットにノボテルやナショナルスタジアム駅前に別のイビスもあるし。

イビス バンコク スクンビット4(イビス ナナ)


Booking.com


住所:41 Sukhumvit Road Soi 4, Bangkok
電話:+66 2 659 2888


Booking.com

Related posts(関連記事):

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 宿泊記
今回はかねてから一度泊まってみたかったストリングスホテル東京インターコンチネンタルへ。 場所は品川駅と連絡通路で直結で、港南口徒歩1分。雨が降っても濡れずに移動できるし、駅のアトレやホテル前のセブンイレブンで簡単に引き籠り準備が整う魅力的な立地にある。 今回は引き籠りステイと決めていたので、品川駅のアトレでオムスビとソーセージというチグハグな夕食を買って籠城戦に必要な食糧の備蓄を確保...
スタイリッシュなル・メリディアンサイゴン宿泊記
もうかれこれ7滞在しているメリディアンサイゴン。シェラトンサイゴンは規定によりSPGプラチナの力を持ってしてもタワールームにはアップグレードされないけど、ここメリディアンの上級会員レコグニションは凄まじく、スイートへのアップグレード率は驚異の71%(5/7)を記録する。その上、稀に部屋にシャンパンが用意されてたりと、リピーター客への歓迎が手厚い印象のホテルである。 場所は一区のリバーサイ...
ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ 宿泊記
これも去年の話だけど、バンコクのチャオプラヤ川沿いにあるロイヤルオーキッド・シェラトンに3泊してたんで今更ながら過去の記憶を穿り返して宿泊記を。 マンダリンオリエンタル・ペニンシュラ・アナンタラ・シャングリラと錚々たる面子の高級ホテルが挙って進出する魅惑のバンコク・リバーサイドエリアだが、SPG推しの小生は迷うことなくシェラトンを選択。リバーサイドというと宿泊費が高そうな感じがするが、ちょう...
ワット・プラ・シー・イリヤーボット
続いて一風変わった名前のワット・プラ・シー・イリヤーボットへ。寺院の名であるイリヤーボットというのは4体の仏像という意味を表した言葉だそうで、その名の通り境内には座仏・涅槃仏・立像・遊行仏がセットになって祀られているみたいだ。よう分からんが、4体合体ロボみたいな感じなんだろうか。 入り口を入ると最初に目に飛び込んでくるのは高さ2mはあろうかという柵つきの立派な礼拝堂跡。基壇の上から生い茂...