イビス バンコク スクンビット4(ibis Bangkok Sukhumvit4) 宿泊記

この日は付き合いでバンコクのナナ(スクンビット・ソイ4)にあるアコー系列の三ツ星ホテル・イビス バンコク スクンビット4に泊まることに。アコー公式サイトの事前決済レート1泊1,240バーツ(≒3,800円)朝食別だったかな。すっごい経済的で、このエリアのバジェットホテルではナナホテルと並んで屈指のコスパの高さだと思う。

ピンク街直結・夜の街ど真ん中で、夜の徘徊に至極便利。レジャー・エンターテインメント施設が周囲に多く、夜のバンコクを歩いて見て回りたいナイトライフ派な旅人向きのホテルである。
ひだり みぎ
ナナプラザ・飲み屋・土産物店・B級レストランに屋台・マッサージ店などが建ち並び、夜まで賑やかな雰囲気だ。


スクンビットのソイ4を入り、JWマリオットを右手に見ながら奥へ奥へ。ばっちりメイクのお姉ちゃんや酔っ払いファランが屯して怪し気な雰囲気だし、ゴミやゲロなんかも散乱してて、小さいお子様連れやお嬢様には刺激が強すぎるかも。


BTSナナ駅からは750m、ナナプラザからは500m弱の距離になるだろうか。オフホワイトとブラウンの外壁を組み合わせた7階建て全200室のこちらの建物がイビス バンコク ナナになる。

館内:
ひだり みぎ
ゆったりとしたロビーはイビスらしく、すっきり爽やかでスタイリッシュな雰囲気。ExpediaのベストコスパランキングBKK編でトップ5にランクインするだけあって、値段の割には悪くないという第一印象だ。

ひだり みぎ
歩いても大した距離じゃないけれど、ナナ駅への無料シャトルバスも走っているし、ツアー会社によるカーレンタルサービスもある。バンコク市内のみの移動だとカムリを4時間借り切って1,600バーツ、パタヤまで片道1,600バーツ、アユタヤまで片道2,500バーツなどなど。

フロントの右手には小さなカウンターバーや有料ネットコーナーもある。
ひだり みぎ
アコー上級会員だとバーコーナーで使えるドリンククーポン・ランドリーサービス20%off・レストランのアラカルトメニュー10%off等の特典が楽しめる。ここら辺の待遇は3,000円台のイビスの割にしっかりしてて好感が持てる。中国のイビスと違ってアコーポイントもしっかり加算できますし。

部屋:スタンダードルーム
ひだり みぎ
ちょっとかび臭い客室はシンプルでコンパクトな造り。21㎡と手狭ではあるけれど、ワークデスク・セーフティボックス・コーヒーお茶セット・無料のボトル水・電子ケトル・薄型液晶テレビ・冷蔵庫と最低限の機能は備わっている。


直ぐ目の前が立体駐車場なのでカーテンを閉めっぱなしにしないとプライバシーが保てない点や、壁が極薄で廊下や隣部屋の声が否応無しに聞こえてくる点はマイナス査定。場所柄、夜中遅く帰ってきて廊下で奇声をあげる酔っ払いが出現しやすいですし。快適な滞在は約束されないので、「この値段でこの立地なら仕方ないな」と割り切れないのであれば利用は勧められん。あくまで3,000円台のバジェットホテルですからね。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
上座部仏教の解説本も用意されている。


仏教の本を置くくらいなら使い捨てスリッパを用意してほしいのだが…。床が硬質のハードウッドだし室内土足利用を想定してるのかな。

ひだり みぎ
バスルームもシンプルで最低限の機能のみ。バスアメニティはラックスのシャンプー兼シャワージェル(シャンプーとシャワージェルじゃなく、シャンプーシャワージェル)とシャワーキャップなので、髭剃りはおろか歯ブラシもないので自前で準備する必要がある。

ひだり みぎ
ドライヤーは全室完備。お湯の出や、水圧に関しては然程気にならないレベル。

朝食:

朝食は06:00-10:30、ロビーフロアのレストラン「イッツオールアバウトテイスト」が会場となる。朝食以外にも営業してるけど、ホテル周りに食事処が揃っているからか、朝食以外は殆ど利用客がいない。食べ放題の朝食が229バーツ(≒700円)と破格のお値段なんだけどなぁ。

ひだり みぎ
スープ・おかゆ・炒飯・マントウ・野菜炒め・サラダ・カオパット・卵料理・果物・ヨーグルト・シリアルなどなど、朝食のバイキングはイビスにしては良い部類に入る。


210バーツとホテルの朝食にしては安いけど、周りにもっと安くローカル料理が楽しめるB級食堂が豊富にあるからなぁ。

所感:
ナナで遊んでホテルではただ寝るだけという使い方なら悪くない選択肢で、3,000円台なら全然アリ。ただ、周りには似たようなバジェットホテルも多いので、5,000円以上だと別のホテルを検討しちゃうかな。同じアコーでもプルンチットにノボテルやナショナルスタジアム駅前に別のイビスもあるし。

イビス バンコク スクンビット4(イビス ナナ)


Booking.com


住所:41 Sukhumvit Road Soi 4, Bangkok
電話:+66 2 659 2888


Booking.com

Related posts(関連記事):

激動の時代の貴族の館 ラーンナー建築センター
ワット・チェディ・ルアンの東隣り、ラチャダムヌーン通りに面してラーンナー建築センター(Lanna Architecture Center)がある。先日宿泊したシャングリラチャンの受付嬢に、「どうです?ラーンナースタイルのホテルも良いものでしょう。」なんて聞かれた際に気取って「ええ、良いもんですね。」なんて答えたが、自分の中でラーンナー様式の建築物がどのようなものなのか全く持って具体的イメージが湧か...
フアラムポーン駅から夜行列車でイサーンの果てへ
20分遅れで香港を出たCX751は上空で後れを挽回し、定刻通り16:20にバンコク・スワンナプーム国際空港に到着した。 先のラオス入国にも備えて幾ばくかのラオスキープも手に入れておきたかったが、ここではバーツ⇒キープの両替は出来ずに断念。今回訪問予定のパークセー近辺ではタイバーツも流動しているのでマイペンライ!!と両替商のお姉さん達は口々に教えてくれるが、タイバーツを使ったらべらぼうな悪レー...
コンケンの町
特に目的もなく寄り道することにしたタイ東北部の町コンケンは、政府の肝いりでイーサンの都市開発モデルとして人工的に建設された政策都市。故に街並みは整然と整備されていて、町を歩いている限りとても地方の田舎都市という雰囲気は感じない。 そんなコンケン、立ち寄ってはみたが観光の目玉は正直これと言って全くないw。遠出すれば約1億3千年前の物と考えられる恐竜化石や足跡化石などが出土したプーウィアン国立公...
VIEホテル バンコク Mギャラリー バイ ソフィテル 宿泊記
本日はバンコクのアコー系のVIEホテル バンコク Mギャラリー バイ ソフィテル(VIE HOTEL BANGKOK, MGALLERY BY SOFITEL)での宿泊記をアップさせて頂きます。 アコー系のデザイナーズホテル的ブランドのMギャラリーにはサイゴンのホテル・デ・ザール、ソロのロイヤルアルカルタヘリテージ、ジョグジャカルタのフェニックスホテルと泊まった中で各ホテルの独創性に好印象を...