ウェスティン深セン南山(深圳益田威斯汀酒店)クラブフロア宿泊記

この週末はヘブンリーベッドに癒されたいという本能的に抗えない衝動に駆られ、最寄りのウェスティンであるウェスティン深セン南山(深圳益田威斯汀酒店)に飛び込むことに。何かもう最近は体と心が共に疲弊しきっていて、毎週末にホテルを巡って英気を養うのが習慣として定着してしまってる。日本じゃ高くつくようなホテルでの贅沢も中国なら比較的お安く味わえますんでね。一人でまったりするのもよし、知人をラウンジに誘い込み歓談するのもよし。今年はホテル好きに拍車がかかってしまい、YTD(9月27日現在)の滞在数は120泊と例年以上のハイペースで各ホテルを泊まり歩いてる。

さて、今回の滞在先であるウェスティン深セン、場所は深センが誇る人気アミューズメントパーク・世界の窓の向かいにあるショッピングコンプレックス「益田假日広場(ホリディプラザ)」の中、地下鉄羅宝線・蛇口線の駅直結という立地にある。
ひだり みぎ
商業施設の上にくっついてるモダンな高層ビルがウェスティン。なんかエッジーな造りで角が刺さったら痛そうw。

ひだり みぎ
ロビーは狭いし天井も低いし光も入らないしと、ちょっと窮屈な印象。フロントも350室の部屋数に対応できる大きさではなく、5分程待たされた挙句に列をカットインする空気読まずの輩が現れたので、別のスタッフにSPGプラチナであることをアピールしてラウンジチェックインをさせてもらうことに。

ラウンジでウェルカムドリンク付きで座りながら優雅にチェックイン。今回は年間50泊すれば頂けるスイートナイトアワードを利用しており、難なくスイートルームへと通される。

予約していたのはジュニアスイートだったが、部屋に着いてみてビックリ、まさかのラグジュアリースイート様が降臨だ。角っこの3部屋分、110㎡ですわ。普通に泊まるとRMB4,500⁺⁺の部屋が最安値のRMB1,000ちょいで泊まれる喜び。スイートナイトアワード、ここぞの場面で本当に重宝する。

ひだり みぎ
ワックワクしながら部屋まで移動、ドアを開けると正面が広々としたリビングになっている。

ひだり みぎ
リビングに用意された50万円くらいするirestという中国製マッサージチェアは、フットマッサージが作動するとケツがごわごわして気持ち悪い。

ひだり みぎ
ダイニングスペース兼作業場。

ひだり みぎ
コピー・ファクス・プリンタ・スキャナ機能を搭載した複合機まであるし。

ベッドルームは鮮やかなグリーンをアクセントに落ち着いた色調でスタイリッシュにまとめられている。
ひだり みぎ
ただ、ベッドの沈み込みがヘブンリーベッドにしては弱く、シーツのつるつるさが不足してる(気がする)。

ベッドルームとバスルームはスライドドアで隔離されているだけなので、ドアを全開にすると寝室と浴室・トイレが一続きという何とも開放的で斬新なスタイル。

バスタブも無理にオリジナリティを出そうとしてるのか、縁の高さが不均一になっていて使い勝手悪いことこの上無し。

ひだり みぎ


夜は2階のラウンジへ。ここではチェックイン・チェックアウトをお願いできるだけでなく、06:30-10:30に朝食、17:30-19:30にカクテルアワーのサービスも楽しめる。

ひだり みぎ
間接照明を使ったムーディーなライティング。社畜利用が多いのか、この日は熱心に仕事に明け暮れる利用客ばかり。(騒ぎ立てないインテリ風)中国人を始め、インド人・白人・黒人・中東系とすっごいインターナショナルでつまらないレセプションパーティーみたいな雰囲気だった。

ひだり みぎ
ドリンク豊富だし、ソフトドリンクだけでなくビールまで終日提供されている。

ひだり みぎ
ホットミールよりも、どちらかと言えばスイーツとサラダが充実してて美味く、デザートは別腹地獄で無限に食べれてしまう。一階のベーカリーカフェから持ってきてるんじゃないかな。甘い物好きにはお勧め。


食後は夜風にあたりにプールデッキへ。これがまた凄いんだ。

ひだり みぎ
すぐ隣の世界の窓からタコス食いたくなるようなメキシカンぽいやらなんやらの音楽が風に乗ってきて賑やかのなんのって。


23階の部屋にも聞こえてくるくらいの音量でね。エッフェル塔もどきやコロッセウムもどきの建物も見えたりするし、景観的には面白い。

朝食は朝食会場へ。
ひだり みぎ
ロビーフロアのレストランで06:30-10:30。味やセレクションはまぁ一般的なウェスティンクラスだが、ここでもパティシエがグッジョブでやはりペストリーが上手い。

ひだり みぎ
しかし、隣のババアが食べきれない程フルーツを持ってきて何の恥じらいも無くタッパーに詰め込み始めたのには驚いた。終いにはウェイターに手提げバッグまで要求しだす始末。コイツ、本当にホテルの宿泊客なんだろうか。

うーん、実は今回の滞在中に世界の窓を再訪しようと考えていたのだが、結局一日中引き籠ってしまった。観光したくてもホテルに籠ってしまいたくなる高級ホテルの罠…。次は隣駅にあるインターコンチネンタル深センへと梯子する。
ウェスティン深セン南山(深圳益田威斯汀酒店)


Booking.com


住所:広東省深セン市南山区深南大道9028号
電話:+86-755-26988888
アクセス:羅湖駅・蛇口・深セン宝安国際空港から車で約30分


Booking.com

Related posts(関連記事):

ウェスティン グランデ スクンビット バンコク宿泊記
今回の週末バンコク旅行の宿泊先一発目はウェスティン・グランデ・スクンビット・ホテル。一週間の仕事疲れをヘブンリーベッドでの極上の眠りで癒してもらい、翌日にはアコー修行に向けた試し打ちの為にグランドメルキュールバンコクへと移動する計画だ。 ホテル着は夜中1時過ぎだけど、車寄せはピッカピカのギッラギラ。 ホテル1階には夜勤で疲労の色をにじませるスタッフが一名ぐったりしていて、いかにも怠そ...
アコー新規ホテルの4倍ポイントプロモ
この情報は既にご存知の方も多いかとは思いますが、アコーって新規ホテルに泊まると4倍ポイントが貰えたりするんですよ。SPGでも新規オープンキャンペーンでホテル独自にダブルポイント&朝食付きプランを出しているところも多いけど、アコーの場合は4倍ですよ、4倍。流石に各プロモ期間につき1アカウント1回きりと制限があるけれど、連泊の縛りが無いので使い勝手が良い。このプロモを活用しない手はありませんぜ。 ...
世界遺産の麗江古城を探索 雲南省旅行10
トンパ文化博物館で麗江文化に関する予習を済ませ、いよいよ満を持して雲南省が誇る世界遺産、「彩雲の南の城」こと麗江古城の探索を開始する。 麗江古城は宋代末から元代初期にかけナシ族により築かれたされた都城である。城壁も濠も無いという防御力皆無の脆弱なオープンスタイルが特徴的な城なんだけど、これはなんでも当地を統治していた木氏が「『木』を『口(城壁)』で囲むと『困』となって縁起が悪いやんけ!」と無...
宿泊記 おもてなしの心が素晴らしい インターコンチネンタルアンマン
アンマンの空港に降り立ち、アンマン市内のホテルへと向かう。本日の宿はインターコンチネンタルアンマン、1963年に国王による開業式典が催されて以来、各国の要人を迎え続けてきたアンマンでも随一の格式高きホテルらしい。 格式高くない自分は空港に着いてこそこそとIHGアプリでアップグレード有無を確認。すると、IHG系列のホテルには珍しくe standby upgradeのシステムを通じてアップセルの...

コメント

  1. さんだーばーど BKS-BBA より:

    120泊て…。ほとんどですがな!!激務おつかれさまです!!

    • ポンズ より:

      さんだーばーど様
      コメントどうもです!
      今年は独りの出張が少なく自由がきかないのが残念です。そういえば…さんだーばーど様が残された予言(オヤジギャグ)「KULがクルゥーーーーー」が見事に現実のものとなってしまいました。今回の成田サンクスは自分には縁が無さそうで凹んでます(涙