古都・佛山の街並み

祖廟の東側出口を抜けたら、上海の新天地を彷彿とさせる石組の建物が立ち並ぶ一角に出た。

ひだり みぎ
本家本元の上海新天地同様にモダンアレンジされた租界風の街並となっていて、道の両側にハイセンスで洒落たカフェやショップが並んでる。


まんま新天地のパクリじゃんかと思ったら、本当に佛山版の新天地だった。その名も嶺南天地だと。百度地図で現在位置を確認したところ、次なる目的地である梁園へは嶺南天地を北に向けて突っ切るのが最短ルートのようなので、カップルで賑わうお洒落な新天地へとオッサン一人で突っ込んでいくことに。

ひだり みぎ
煉瓦敷きの歩道に煉瓦壁で中洋折衷スタイルの建築が並ぶ姿はマンマ上海新天地で、お粥屋さんやスタバもこの通り。洋風の粥屋ってリゾットでも売ってるんだろうか。


福名堂・ゴディバ・ハーゲンダッツ・クリスタルジェイド・ハローキティカフェ・ハーゲンダッツ等の有名飲食店が並ぶ。

ひだり みぎ
細長く入り組んだ路地が複雑に入り込む嶺南天地内部。上海の新天地は歴史ある石庫門をベースにしているから独特のノスタルジーがある訳なんだが、ここのは建物から歴史を感じないし、完全に上海新天地をコピペして持ってきただけという二番煎じ感が強すぎる。

新天地を北に抜けたら古い街並みに時代を逆戻り。人民路以北は特に古びれてくすんだ色合いの古民居群が残されており、まるで80年代香港のカンフー映画の世界に入り込んでしまったかのような気になってくる。突き飛ばされた巨体ごろつき野郎が商品山盛りの果物屋台の屋根に落下してきて店主が「アイヤァー」みたいに頭抱えるような光景とか、カンフーマスターが山賊紛いの大根役者な巨体野郎相手に箒とか椅子とか傘とか使って器用に戦うシーンとか…、古き良きスタントが延々と脳内で自動再生されてくるんだな。稀代の武術家・黄飛鴻とイップマンが佛山出身っていうもんだから、ワンスアポンアタイムインチャイナとイップマンの映画を見直しちゃったし。
ひだり みぎ
数々のカンフーの巨匠を輩出してきた武芸の町と紹介されることが多い佛山。実は古く唐・宋代から南海貿易により繁栄し、江西省の景徳鎮・湖北省の漢口鎮・河北省の朱仙鎮とともに天下四大名鎮とも評されていた古都である。陶磁器とか陶磁器とか陶磁器とかで有名で、他にも粤劇の起源も佛山にあるとかなんとか。とにかく、歴史と文化と陶磁器とがご自慢の自他共に認める古都なんだと。

ひだり みぎ
通りの両脇には騎楼と呼ばれる中洋折衷建築が並ぶ。これらの建築物は19世紀末に造られ始め、1920~30年代には街の景観の主役となっていたそうだ。

2階が住居で、1階部分は個人商店のアーケードみたくなっている。

歩道まで迫り出した屋根は雨が多く日差しの強い華南地区の気候に合った造り。高くて広い屋根が雨や日光を遮り商品の展示にも便利ということで、騎楼はあっという間に広州・佛山の街全体に広がっていったそうだ。


店頭に並ぶ商品は雑貨だったり陶器だったり。陶器の町だけあって陶器のバリエーションも豊富で、習近平模様の商品なんかも。


あと、何故だか昭和な感じの証明写真屋も多し。


窓も無くライフラインが通ってなさそうな家屋も多い。中に洗濯物が干されているところを見れば誰かしら住んでいるようではあるようだが。

ひだり みぎ
ついつい誘い込まれてしまう感じの小路地。

ひだり みぎ
築百年するかのような石組の住宅群に囲まれた迷路のような路地の中にも人は住む。きっとここらに住まう人も再開発の流れから強制転居を余儀なくされるんだろうな。



Booking.com

Related posts(関連記事):

宋都御街・龍亭公園 開封日帰り旅行2
鄭州からの開封日帰り旅行。夏の禹王を祀った禹王台公園の見学を終え、8路のバスで開封市街地へ。次なる目的地は宋代の宮廷画家・張択端の画巻『清明上河図』に描かれた風景・風俗を再現した古都開封市内の歴史文化テーマパーク・清明上河園。 中国北宋の都・開封の都城内外が賑わい栄えた様を描いた清明上河図。残念ながら1305年の黄河の氾濫により宋の都・東京は地中深く埋もれてしまったこともあり、清明上河図は当...
中国LCC市場の新参者~春秋航空~
8月28日から出張に出ていた関係でぺタやコメントなど返せず申し訳御座いませんでした。客先周りに加えて日本からの出張者アテンドがあった為に体力的に厳しかったですが、無事に生還を果たしております。 今回の国内出張では、LCC市場の新参者である春秋航空を利用することになりました。春秋航空は2005年に上海紅橋空港⇔山東省煙台で運行を開始し、今や日本(茨城・香川・佐賀)の発着便も飛ばすほどに事業拡大...
“食は広州にあり” 飲茶界の横綱・広州酒家
待ちに待った広東美食ターーーイム! 広州と言えば飲茶。飲茶と言えば広州酒家。 というこで、今回の広州で迎えた週末は広州酒家の飲茶を食べに行って参りました。 2019年11月現在で広州市内に15店舗を構える1935年創業の老舗・広州酒家。 広州酒店というドストレートな店名が許されるくらい広州の飲食業界の中では横綱的存在で、同じく老舗の北園酒家・泮溪酒家と合わせて三大広州酒家と呼ばれてると...
ミニポタラ宮ことシャングリラの松賛林寺 雲南省旅行5
シャングリラ観光初日の〆はチベット仏教寺院の松賛林寺。1681年に完成した雲南最古かつ最大のチベット仏教寺院で、チベットのポタラ宮に準えてミニポタラとも呼ばれているそうだ。ミニポタラというとちょっと失礼だしショボイ印象を受けててしまうが、果たして… 入場料は115元。チベット風建物がイカしたチケットセンターから松賛林寺までは2km程の距離があり、チケットを買ってから松賛林寺の玄関口...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。