シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IHG修行と各会員ステータス ゴールド・プラチナ・スパイア


今日はIHGの会員ステータスに関して触れたいと思う。平会員から始まりゴールド・プラチナ・スパイアと一通り各身分での宿泊経験が積めたので、各ステータスごとの特典を雑感を交えながら紹介していこう。


こちらは各ステータスの特典一覧表。結論から言うと、平会員向けの特典が充実している一方で、上級会員としてのベネフィットは他のチェーンと比べて非常に弱いのがIHGリワーズクラブの特徴となっている。

先ず、平会員に関し。

IHGクラブ会員の特典
ポイントまたはマイルの獲得・会員限定料金・レイトチェックアウト・平日の新聞無料サービス・会員専用の電話カスタマーサービス・無料宿泊特典・無料インターネット

IHGのカーストの中で最下層に位置付けられる平身分では2泊しかしてないが、SPGやハイアットなんかと比べてもIHGが平会員のお得度は一番高く、平会員から顧客を囲い込んでやろうというIHGの戦略を感じさせられた。
目ぼしい平特典としてはレイトチェックアウト・ドリンククーポン・インターネット無料といったところが挙げられるだろう。会員向けの無料インターネットネットサービスは全世界的なスタンダードにあんりつつあるので然程特別には感じないが、全くのIHG童貞ですら宿泊費当日に会員になれば初日から14時までのレイトチェックアウトとドリンククーポンが与えられるのには驚きを通り越して感動した。キャセイのマルコポーロクラブみたいに入会費がかかるわけでもない。完全無料の会員プログラムなのに、そこまでするか、と。ドリンククーポンなんて安いホリデイインとかだと缶ジュース一本とかの扱いだけど、インタコだと洒落たホテル内バーとかでも使わせてもらえるから本当に重宝する。

続いて…10泊または10,000ポイントでゴールドになる。

IHGゴールド会員の特典
クラブ会員の特典・ポイントの有効期限排除・プライオリティチェックイン・10%のボーナスポイント

ゴールドからは一部ホテルでプライオリティチェックインのレーンが使えるようになり、挨拶が「Thank you for being IHG member」から「Thank you for being IHG gold member」にちょっとグレードアップする。ただ、他の特典は獲得ポイントに10%のボーナスが付く程度で、ゴールドになっても特に大きなメリットは感じなかったというのが率直なところ。ゴールド会員に対しては部屋のアップグレードにも渋いし、ホテル従業員の対応が大きく変わる訳でもない。IHG修行を目指すならプラチナ以上を目指さねば殆ど意味が無いと感じるところ。

続いて…40泊または40,000ポイントでプラチナになる。

IHGプラチナ会員の特典
ゴールド会員の特典・エリート繰越宿泊・客室アップグレード・客室保証サービス・ボーナスポイント50%

ここまで来ると部屋のアップグレードがベネフィットとして入ってくる他、獲得ポイントのボーナスも50%に増える。ただし、アップグレードといっても予約をした部屋の一つ上のカテゴリーに上げられるくらいのもので、スイートアップはおろか、クラブフロアへの格上げは殆ど無い。

最後に…75泊または75,000ポイントで最上級のスパイアだ。

IHGスパイア会員の特典
プラチナ会員の特典・ステータス獲得/更新時のギフト・ハーツgoldプラスリワーズFive Statステータス獲得

部屋がアップグレードされるだけでなく、ステータスの獲得/更新時に25,000Pのボーナスポイントかプラチナエリート会員資格権のいずれかが獲得できる。ただ、最上級ステータスとしてラウンジアクセスや朝食が付かないのは最上級会員の特典としては非常に物足りない。本当、スパイヤの魅力はポイント稼ぎが捗るくらいのものだろう。上記の25Kポイントだけでなく、獲得ポイントのボーナスが100%になるというのは非常にデカく、ポイントキャンペーンなんかも組み合わせればザクザクとポイントが貯まる。

アップグレードの上げ幅についてはプラチナもスパイアも余り変わらないというのが個人的体験からくる結論だ。どちらも、予約をした部屋の1つ上のカテゴリーにアップグレードされるのがデフォで、スパイヤでもディプロマットスイートみたいな豪勢な部屋が気前よくあてがわれるということはない。

もちろん、人によってとらえ方は違うし、どのホテルに泊まるかによっても宿泊体験が大きく異なってくるので、上記雑感はあくまで小生の個人的体験に基づく偏見と独断が大いに含まれているということをご了承頂きたい。ただ、嘘偽りの無い率直な感想であるという事はお約束できるので、修行僧の一人のリアルな声として、これから修行をされる方々に少しでも参考になれば幸いである。

Related posts (関連記事):

ホイアンヒストリックホテル宿泊記(Hoian Historic Hotel)
ダナン空港に到着し、駆け足でメータータクシー乗り場へ一直線で向かう。ターミナルを出て、道路を1本渡ると3~4のタクシーや客引きが待機しているのが見える。あーだこーだ言って進行方向に立って邪魔をしてくる...
グランドハイアット広州宿泊記(Grand Hyatt Guangzhou)
2月某日、グランドハイアット広州に宿泊した。天津での仕事が予定より大幅に長引いてしまった&CZの遅延の為に広州着が深夜00:00過ぎ。広州白雲空港からの移動は既に地下鉄も走っていないからかタクシーの運...
シェラトンサイゴンのレベル23で食欲全開
カラベルホテルのハイティーと牛角ランチは不完全燃焼に終わるからの流れで、夜はシェラトンサイゴンのシグネチャーレストラン「レベル23」に向かう。 ドンコイ通りに面するシェラトン・サイゴンホテ...
ウェスティン西安 コーナースイート宿泊記
西安での二泊目はSPG系列のウェスティン西安。ここには一泊だけの滞在として、翌日からはアコーのソフィテル人民スクエア⇒シェラトン西安賽瑞城北と観光中にもかかわらずホテルホッピングをする計画である。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. myu より:

    ポンズさま

    お忙しい中、詳しくご説明してくださりありがとうございます。
    私の場合、積み上げてなった上級会員ではないので諸条件等に疎くお恥ずかしい限りです。
    ポンズさまの体験を読んで勉強させていただきます。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。