伝説の女性が眠る ワット・シームアン

伝説の女性「シー」が眠るビエンチャンの名刹、ワット・シームアン。この寺院が建立された際、シーという名の妊婦が人身御供として自ら支柱の穴に飛び込み、それ以来守り神になったという伝説が残るビエンチャンきっての名刹とのことだ。

場所はサムセンタイ通りとセタティラート通りの分岐が始まるY字路の狭い敷地にある。

ビエンチャンでは断トツ一番人気の現役寺院のようで、参拝客が車やバイクで引っ切り無しに出入りしてる。特に恋愛系の願い事に強みがあるらしく、女性の参拝者が多い印象だ。門もピンク色を織り交ぜたりと女性を意識した造りになってるっぽいし。

ひだり みぎ
中に入ってみると、なんか色々な像がウジャウジャいてテーマパークみたいな雰囲気。戦隊モノの面白キャラみたいな奴も立ってたりするしw。


上座部仏教とラオスに根付いた土着の精霊信仰が融合しているようで、ところどころ「ファッ!?」となるようなキャラがしれーっと混ざってるんだよな。

ひだり みぎ
神聖な像なのだろうが、眉毛を手入れしてみたり口紅をつけていたりペディキュアをつけていたりと、妙に人間じみたところに親近感を感じてしまう。服装もごくごく一般的だし。

ひだり みぎ
数々の豪華神々による演出があり、コメディー要素の中に煌びやかさも感じる。


この黄色の建物が本堂かな。

本堂の中には女性を中心に祈りや願掛けに訪れる庶民の姿がある。ありがたそうに高僧による説法を受ける老若男女、御神籤を引く老夫婦、仏像に向かって熱心に祈る若い女性、僧侶にバーシーの糸を巻いてもらう寺ガールなどなど、祈りの形は皆それぞれ。
ひだり みぎ
バーシーとは、出生、結婚、門出、歓迎、死別などなど人生の節目に行われるラオスの伝統的儀式で、祈りと共に手首に白い糸を巻き付け健康や子孫繁栄を願うというもの。まぁ願掛けなのでしょうね。来世の幸福を祈る場というより、現世の願い事を叶える為のパワースポット的雰囲気である。


壁には二段に渡って仏陀の生涯の物語が描かれていて、天井には赤と金を基調として凝った装飾が施されている。

ひだり みぎ
境内の中にあるもう一つの御堂。


片乳ポロリ。なんかラオスの寺院ってちょいちょいエロ要素(?)絡めてるような…。

ワット・シーサケットやワット・ホーパケオのような遺跡や歴史的建造物としての寺院より、今日を生きるラオス庶民の信仰に関心がある方にお勧め。

【ワット・シームアン】



Booking.com

【2016年コンケン・ウドンタニ・ヴィエンチャン旅行記】














Related posts(関連記事):

ラオスの凱旋門ことパトゥーサイ
ビエンチャン市内の古刹を巡った後はチャリをレンタルして遠出することに。観光スポットの少ないヴィエンチャンにあって必ず紹介される両横綱みたいな観光地が二つあり、その一つがパトゥーサイ、もう一つがタート・ルアン。この際チャリンコで二つ一気に制覇してくれようじゃないか、と猛暑の中を頑張ってみることに。 本当は暑っいんでトゥクトゥクで移動したかったんだけど、バンコクあたりと比べてもビエンチャンのトゥ...
ラオス人民軍歴史博物館(軍事博物館)と警察博物館
続いて、ビエンチャンを代表する名刹タート・ルアンへの道中に見つけた人民軍歴史博物館に寄り、グローバル資本主義の搾取構造の中でブルジョワ共に命を捧げ働き続ける悲しき日本プロレタリアートの一員としてラオス人民による革命の軌跡を学ぶことに。 見つけた!でも正面のゲートが閉じていて入れない…。 敷地の端っこから侵入。先ずは人民軍博物館の手前にあった人民安全保障博物館(警察博物館?)へ。 ...
ラオスの象徴 タート・ルアン
ラオスの博物館クオリティの低さに失望した後は、ラオス仏教界最高峰の宗教施設と名高いタート・ルアンへとチャリを走らせる。 ラオスの紙幣や国章にも使われるタート・ルアンの由来は定かではないが、紀元前2世紀だか3世紀だかにアショーカ王の名でインドから派遣された仏僧が仏陀の胸骨を納める為に建立したという説が有力なようである。その後、話は一気に飛び、16世紀になってセーターティラート王がルアンパバーン...
アンコール王朝のルーツが見れるワット・プー
Honda WaveというASEAN仕様の100ccのカブを飛ばしてやって来たワット・プー。プーなんて脱力系の名前ではあるが、れっきとした世界遺産になっている。ラオス南部のタイ・カンボジア国境近くの山の中腹にあるこの遺跡の由来に関しては諸説あるようだが、今から遡ること千年以上も昔に、クメール人の王国・真臘によって建造されたヒンドゥー教大寺院跡という考えが定説となりつつあるようだ。当時はワット・プー...