ラオス国営航空 ビエンチャン ワットタイ空港⇒バンコク エコノミークラス搭乗記

遂にラオスを離れる時がやってきた。ビエンチャンからバンコクまでは1日6本の飛行機が飛んでいて選択に悩んだが、今回は翌日00:25バンコク発JL738への接続を考え、18:40ビエンチャン発19:40バンコク着のラオス国営航空QV445で移動することに。

[table id=36 /]
ビエンチャン⇒バンコクのフライト。ラオス国営航空って数年前にパークセーで墜落事故起こしてるんで怖かったけど、時間帯も良かったし航空券が安い点も魅力だった。


英語版の自社ホームページは日本語ホームページより遥かに安いセールを出してるので、英語版のホームページで航空券をお買い求めされることをお勧めする。

市内から車で走ること15分、ビエンチャンのワッタイ国際空港が見えてきた。バンコク以外にもチェンマイ・仁川・プサン・広州・昆明・シェムリアップ・クアラルンプール・ホーチミン・プノンペン・シンガポールとを結ぶれっきとした国際空港である。
ひだり みぎ
2011年のターミナル拡張工事に際して日本から円借款貸付(無償贈与??)がなされ、未だに空港の運営にJALUXや豊通なんかが噛んでいるようだ。イメージ湧かないけど、豊通って意外と空港の運営委託業務的なことをやってんだよな。


外務省のデータによると、2013年度は円借款=150.62億円、無償資金協力=62.11億円、技術協力=34.40億円を日本からラオスに援助し、ラオス側から見れば日本が最大の援助国であるらしい。

話は逸れたが、空港内に入ってみる。
ひだり みぎ
内部は1階が到着フロア&チェックインカウンター、2階が出発フロア、3階にレストランと展望デッキというシンプルな構造になっている。

到着ゲート付近には市内と変わらないレートの両替所やATMがありラオスキップを調達できる。また、前払い制のタクシーカウンターもある。料金は市内まで一律7ドル、バンビエンまで90ドル。

ラオス国営航空のビジネスクラス利用客と上級会員が利用できる専用のチェックインルームまで用意されている。


ラオス国営航空にはChampa Muang Laoと呼ばれるマイルプログラムがあるらしい。最上級のゴールド獲得条件が10,000マイルとか、ハードル低すぎだろ。

【上級会員の達成条件】
ゴールド:12ヵ月の内に20往復もしくは10,000マイル
シルバー:1搭乗

【上級会員特典】
[table id=38 /]

【クラス別加算率】
[table id=37 /]

【特典航空券に必要なマイル数】
[table id=39 /]
ビジネスクラスでソウル⇒ビエンチャンが片道14,000マイル、バンコクやハノイだと9,000マイルだと。


フライト3時間前に空港に着いたけど、残念ながらチェックイン開始は出発時刻2時間前からとのことだったので、適当に空港内をうろついて時間を潰すことに。

ひだり みぎ
こぶりながら土産物コーナーも有り。

ひだり みぎ
日本の資本が投下されてる空港だからだろうか、一丁前に展望デッキまである。


金網が邪魔だし殆ど飛行機いないので、展望デッキというか外の空気が吸えるバルコニー程度のものだけど。

ひだり みぎ
余りに小さな空港の為に速攻で手持無沙汰になり、チェックイン開始時間までウェストコーストなる空港内レストランで一服することに。基本的にはバッフェスタイルのレストランだが、単品オーダーも可能。

食べ放題料金:大人99,000キップ、子供(身長1.2m以下)50,000キップ
営業時間:10:30~14:00、17:30-21:00
*ドルやバーツでも支払い可能。


営業時間外だけど入店させてもらえ、ギンギンに冷えたビールを注文。

ビールだけでチェックイン開始時間まで粘り、チェックインカウンターへ。ラオス国営航空日本地区総代理店のホームページには「ラオス国営航空では、全便ご予約の再確認(リコンファーム)が必要です。」等と書かれていたが、リコンファーム無しでも大丈夫だった。


前の方の窓側をリクエストし、7Aがアサインされる。


1階でチェックインを済ませ、2階にあるイミグレーションへと向かう。1時間のフライトとはいえ、一応は隣国タイへと飛ぶ国際線扱いなんでね。

出国手続きを済ませた後の制限エリア内にもラウンジ、カフェ、免税店などがある。

ラオス国営航空・ベトナム航空・バンコクエアウェイズ等ビエンチャン発便全ての航空会社共有のビジネスクラスのラウンジ。プライオリティパスでは入れないが、10ドル払えば誰でも利用できるようだ。ビジネスクラスの利用客も上級会員も殆どいないんだろうな、対象航空会社が多い割には中はガラガラのようだった。


本日の機材はA320-214。ラオス国営航空のホームページに拠ると、同社はA320-214(4機)の他、ATR72-600(3機)・ATR72-500(4機)を保有しているそうだ。中国製の西安なんちゃらってやつは退役したのかな。


遅延も覚悟してたけど、ほぼほぼ時間通りにボーディングブリッジから搭乗する。ビジネスクラスの利用客は0人、エコも4割弱程度と心配になる搭乗率だった。こんな搭乗率なのに機体前方にだけ乗客を詰め込むところが東南アジアクオリティなんだろうな。

ひだり みぎ
座席数はC=16席、エコ126席の合計142席。エコでもパーソナルモニターが付いているけど、短距離便だからか機能せず。


安全のしおりの画風がなんとも社会主義国のプロパガンダアートっぽい。


乗客の搭乗が終わると不織布おしぼりが配布される。ラオスの伝統衣装を身にまとったCAさんは思いのほか丁寧な対応で好印象。

ひだり みぎ
定刻通りにプッシュバック。

ひだり みぎ
黄昏のビエンチャン。メコン川を越えてタイ領空へ。

ひだり みぎ
1時間程度の短距離便だけど餌付けサービスある。コッペパンに若干量のツナとコーンを挟んだサンドイッチ・パッサパサなケーキ・フレッシュじゃないフルーツという質素なものだけど。


50分程度でバンコク上空へ。


名古屋行き乗継便に間に合いそうで一安心だ。



Booking.com

【2016年コンケン・ウドンタニ・ヴィエンチャン旅行記】














Related posts(関連記事):

南方航空 A380 国内線ファーストクラス
さて、今週は北京・天津出張。いつも北京への移動は香港からドラゴン航空を利用しているが、今回は広州⇔北京間でA380やB787を惜しげなくガンガン飛ばす南方航空で移動してみることにした。北京1泊に天津4泊、天津→広州の移動は日曜日にして週末はシャングリラとリッツのクラブルームでリフレッシュしてから戻る予定。 広州→北京のフライト時間は約3時間で、運賃はA380のファーストクラス最安値のPクラス...
ベトナム航空のエコノミークラスでハノイへと移動
ハノイ出張は久しぶりのベトナム航空。2時間程度のフライトなのでエコノミーでも苦にならないが、ハノイの新国際線ターミナルのラウンジを試してみたいので、復路のみビジネスで移動することに。 ベトナム航空では出発24時間前からウェブチェックインと座席指定ができるようになっている。 *一部び空港ではオンラインチェックインが導入されておらず、日本では羽田発・成田発便のみ可。 *スペシャルディールのチ...
マスカット⇒ドーハ カタール航空 マスカット国際空港Majan Lounge
年末年始の休暇で過ごした愛しのオマーンとも今日でお別れで、カタール航空便にて先ずはマスカットからドーハへと移動する。 そもそもオーマンのマスカットと聞いてピーンと来る人は余程の中東マニアか中学生の時に地図帳でオマーンを見つけて大喜びして調べた人かのどちらかと思うが、マスカットは中東のUAEの隣にあるオマーン国の首都。UAEの先にあるカタールのドーハまでも近く、本日は17:05にマスカット...
一つ星評価のイエティ航空(Yeti Airlines)でネパール国内線便を発券
昨年のネパール旅行の時の話。いくら沈没者の聖地とはいえ、カトマンズに留まり続けるのは勿体なく思えたので、思い付きでインドとの国境近くにある釈迦生誕の聖地・ルンビニへの日帰り旅行を決定した。 そこでネパール国内線のフライト情報を調べてみると、イエティ航空なる洒落た名前の航空会社がカトマンズからルンビニ近くのバイラワ空港に直行便を飛ばしていることが分かった。 イエティといえば、全身毛むくじゃら...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。