シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウドンタニからラオスとの国境の町・ノンカイへ


ウドンタニでの短い滞在を終え、いよいよラオスとの国境に接するノンカイまで北上する時がやってきた。


お世話になったバイクを返却し、西洋風の淡いクリーム色が御洒落に光るウドンタニの鉄道駅舎へと向かう。

ひだり みぎ
ここからノンカイへは僅か40キロ程の距離。やはり短距離なだけあってバスやミニバンでの移動が主流なのだろうか、鉄道の駅構内では閑古鳥が鳴いている。そりゃあそうだよな、便数も多く冷房完備のバスの方が使い勝手も快適さも鉄道の上を行く。それでもね、鉄道ならではの魅力ってやっぱりある訳ですよ。


運賃も鉄道旅行の魅力の一つ。ノンカイ行き鈍行列車415号の当日券、運賃はなんと11バーツ(30円強)ときたもんです。バスだと40バーツだったので、29バーツも節約できますねw。30バーツありゃ市場で朝飯が摂れますから。


15分遅れでやってきた全席3等の鈍行列車。そうそう、こののんびりとした独特の旅情がまた良いじゃないですか。

ひだり みぎ
空気が淀んでいたので窓を全開にし、強烈な熱風を浴びながら不毛なサバンナを駆け抜ける。

母なる大河が流れる大都会バンコクや黒々とした豊かな森に囲まれた北部の街チェンマイにいると感じられないが、ここイサーンに来ると、タイが熱帯サバンナ気候に属しているという事実に気付かされる。

乾ききったラテライトの大地をサバンナの草原と背の低い潅木が見渡す限り何処までも覆い尽くす。変わり映えのしない退屈な景色ではあるけれど、タイの奥地までやってきたと感じさせる風景だ。


不毛なサバンナを突っ切り、ウドンタニから1時間弱でノンカイに到着した。ラオスのビエンチャンはもう目と鼻の先である。


ノンカイ駅発着便の時刻表。2016年2月現在、バンコクへは一日4便出ているようだ。Express DRCは寝台車が無いので要注意。

便名出発時刻到着時刻鉄道タイプ
76号07:0017:10Exp. DRC
78号18:1505:00Exp. DRC
134号18:3005:45Rap.
70号19:1006:00Exp.

ひだり みぎ
待ってましたとばかりにトゥクトゥクが待ち受けるノンカイ駅前。ここからノンカイ市街地へは4-5キロ、ラオス側へのイミグレ行きバスターミナルへは1.5キロ程離れている。市街地に行くにはどうしてもトゥクトゥクに頼らざるを得ないだろう。片道50バーツ、そこまで無茶な言い値で仕掛けてくる悪徳ドライバーもいないようだ。

ひだり みぎ
何も無い線路沿い。不毛な大地感が半端無い。


国道212号に出ると漸く人が生活している様子が見えてきた。


本日のお宿は明日のラオスへの移動を考慮して国境近くのTanzeno Hotelに。アゴダでの予約で朝食込み3,500円。廃れた町には勿体ないくらいに立派な外観のホテルである。



Booking.com

Related posts (関連記事):

無人寺とタイのハッピーイエロ―マンデー
続いては中洲の外にあるワット・プーカオトーンへと向かう為、おんぼろチャリを一路北へと走らせる。 激しく濁っているオールドロップリー川を越えて初めて中洲の外に出た。 暫くすると、左手に立...
アユタヤに残る日本人町跡
チャオプラヤー川によって海洋と結ばれたアユタヤは、16~17世紀、中国や近隣アジア諸国の他、東インド会社を展開したオランダやイギリス、フランス、ポルトガルなど世界中の40もの国々の商人が集まる国際都市...
メーサイ→チェンライ→チェンマイ。山間部でまさかのエンスト
朝06:30、朝食の開始時刻に合わせて1階に下り朝食をとる。だだっ広いレストランには私と係員以外に誰もおらず、食べ終わる頃にようやくタイ人家族が1組入ってきた。昨日の様子ではかなりの数の欧米人がメーサ...
ノンカイから陸路ラオス・ビエンチャンへ
本日はタイとラオスを隔てる大いなるメコン川を渡ってビエンチャンへと向かう。船でも平泳ぎででもなく、友好橋を通って陸路でね。 ノンカイのバスターミナルからは07:30・09:30・12:40・14...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする