ノンカイから陸路ラオス・ビエンチャンへ

本日はタイとラオスを隔てる大いなるメコン川を渡ってビエンチャンへと向かう。船でも平泳ぎででもなく、友好橋を通って陸路でね。

ノンカイのバスターミナルからは07:30・09:30・12:40・14:30・15:30・18:00と一日6便の国際バスがビエンチャンへと出てる。運賃も55バーツと安く、こいつに乗っかって国境越えするのが最もポピュラーな移動方法のようではあるが、わざわざ町外れのバスターミナルに行くのが面倒くさい。ということで、本日は友好橋の手前にあるバスターミナルからバスに乗ってラオス入りすることに。


場所で言うとここら辺。ノンカイ市街地から国道212号線を友好橋方面に進み、突当りを左に折れて直ぐの場所にある。

ひだり みぎ
ローカルな雰囲気のバスターミナル。旅人はこぞって国際バスで移動するのか、意外にも観光客の姿は無く、殆どが皆さん夜逃げでもされてるところなんですかってくらい大量の物資を抱えて移動中のローカルピーポー。


チケットを20バーツで購入すると、5バーツと15バーツの領収書が渡された。国境まで5バーツ、タイ側の国境からラオス側の国境まで15バーツということであろう。
*コメント頂いた匿名氏情報:「国境のバス代は15バーツで、5バーツは時間外の割増料金」とのこと。

ひだり みぎ
チケットを買い、エアアジアっぽい黒の革シートを搭載したバスに搭乗。


細々とした国境貿易で生計を立てられてる商人なんだろうけど、どうやってそんだけの荷物運ぶんだよ!!!って突っ込みたくなるくらい皆さん大量のビニール袋を抱えてる。いや、なんかもう皆さん漏れなくこんな感じなんで、自分だけビニール袋を抱えてないと手元が寂しく思えてしまうくらいw。

ひだり みぎ
友好橋の手前でタイ側の出国手続きの為に一旦停車、大量の商人と共にバスの外へと吐き出される。出国後は先ほど手に入れた15バーツの領収書を見せて中立地帯で停車中のバスへと乗車、こいつで友好橋を渡ることになる。


これがまた凄い人なんだわ。もういっそのこと座席を撤廃して囚人運搬車仕様で全員立ち乗りにしてくれればいいのに。


乗車率300%超、流石に某国みたいに屋根まで乗客がビッシリなんてことはなかったけど、もうこれ以上無理って状態でも容赦なく人が詰め込まれていく。

そんな奴隷船が如き人口密度のバスに容赦なく詰め込まれ、何人かはドアから体半分以上外にはみ出た状態でやっと出発してくれたw
ひだり みぎ
メコンの川が両国を隔てる国境となっているので、掲げられている国旗が橋の途中でタイのものからラオスのものに変わる。ただ、せっかくの陸路国境越えだけど橋の全長は1キロ超程度、ものの数分で渡り終えてしまうので、国境越えの感動に浸っている余裕はない。あっという間の出来事だ。

ひだり みぎ
橋を渡り切り、今度はラオスの入国手続きにあたる。

ラオス側の入国手続きは…
1. パスポートを提示して入国審査料を支払い、電子カードを受け取る。
2. 入国カードを記入し、入管窓口で入国手続き。
3. 電子カードを通して改札を通過、入国する。
という流れになる。分からずにウロウロしていると親切なオジサンが色々と教えてくれたりするが、最後に必ず「ビエンチャンまでタクシーどうですか?」と営業されることになるw。始めに恩を売っておいて断りずらくするよいう人情深い日本人用の営業なのか知らんが…裏のある親切に要注意。


こちらは入国審査料金のプライスリスト。平日08:00-16:00の間だと1,000キップ(5バーツ)のところ、16:00-22:00の時間帯や土日祝日は12,000キップ(55バーツ)かかってくる。営業時間外特別手数料とか入管職員への個人的上納金や贈収賄の類かと思ったら、普通に領収書が発行されてきたので一安心。

ひだり みぎ
今回は通常営業時間外だったので、12,000キップを支払って電子カードをゲット。


続いて入国カードを記入し、イミグレ窓口で入国手続きにあたる。


出国手続き後、この改札を抜ければ晴れてラオス入国だ。僅かながらの入国審査料を徴収するためにこのような大げさな設備を設置したのかと思うとなんだか笑えてくる。

ひだり みぎ
ラオス側のイミグレは流石に首都への玄関口だけあって規模が大きく賑やかだ。両替屋も多くあるので手持ちキップ無しでの特攻でも困ることはないだろう。

さて、ここから国際バスの人はそのままバスに乗ってタラートサオバスターミナルへ。私のように国際バスでの移動じゃない人は、ビエンチャン中心部まで公共バス・トゥクトゥク・タクシーなどで向かうことになる。

1. タクシー(300B)
2. トゥクトゥク(200B)
3. バス(タラートサオ・バスターミナルまで6,000キップ≒25B)

トゥクトゥクやタクシーの運賃は定額制のようなので、上記の値段から高くなることはあっても安くなることはない。まぁ一人旅だったらバスでの移動が一番だろうな。
ひだり みぎ
ビエンチャン市街地のタラートサオ・バスターミナルへは14番のバスで40分程だったかな。運賃は6,000キップで、乗車後暫くしてから車掌が回収にやってくる。

ひだり みぎ
のどかな田園風景が広がるなか静かな旅路。国境から40分程度でビエンチャンの中心であり14号線の最終駅であるタラサートバスターミナルに到着した。



Booking.com

【2016年コンケン・ウドンタニ・ヴィエンチャン旅行記】














Related posts(関連記事):

イサーンとラオスへの小旅行
先日、成田の書店で何気なく手に取って機内の移動中に呼んだフランス人小説家マルローの「王道」。流されやすい自分ではあるが、今回も思いっきり感化されちゃいましたわ。「かつてインドシナの地にアンコールワットやアンコールトムを造営し繁栄を誇ったクメールの王国―とはそこに存在した道路である。巨万の富を求めて密林の奥深く古寺院を探して分け入るクロードとベルケン。悪疫、瘴気、そして原住民の襲撃。マルロー自身の若...
一風も二風も変わったタイの寺院 プラタート・ルアン・ローン
カンペーン・ヤイ遺跡の見物に時間を費やし過ぎて乗車予定だったシーサケートへ戻る鉄道の時間を逃してしまったので、シーサケートまで戻りをロットゥーに変更。シーサケートに戻った後はいよいよ本日の〆、一風も二風も変わったタイの寺院プラタート・ルアン・ローン(地○の歩き方ではプラタート・ルン・ルアンと紹介されている)へと向かう。シーサケート市街から2373号線で約10km弱のところに位置。タイ、ラーオ、クメ...
荒廃しきったスコータイ最古の遺跡 ワット・プラ・パーイ・ルアン
続いては城壁北部のもう一つの見所、ワット・シーチュムから更に奥に進んだところにあるワット・プラ・パーイ・ルアンへと移動。 快調に遺跡群の中を走っていると、ワット・プラ・パーイ・ルアンに入る手前の料金所で呼び止められ、スコータイ遺跡北部への入域料として100バーツを徴収される。城壁の中央・西・北に入る度に料金が発生するのはまぁ仕方ないとはいえ、3箇所の通しチケットを用意できんものかね。係員の手...
バンコクでのムエタイ観戦
体にねっとりと絡みつく独特の熱気に、選手たちの肢体がリング上でぶつかり合う生々しい音に飛び散る汗、選手の攻防に呼応してあがる観客の歓声や叫び声と、戦いを囃し立てる謎の民族音楽の旋律。立ち技世界最強格闘技とも称されるタイ式キックボクシング・ムエタイの迫力を味わうには、やっぱりライブでの観戦が一番! バンコクのムエタイ会場といえば2大スタジアムと評されるラジャダムナンとルンピニー。 ●ルン...

コメント

  1. 匿名 より:

    国境のバス代は15バーツで、5バーツは時間外の割増料金ですよ。そしてビエンチャンへの交通ですが、トゥクトゥクは交渉でもっと下がります。相乗りの場合一人当たり50バーツまでは下がると思いますけど・・・。

    • ポンズ より:

      匿名様
      ご指摘頂き、ありがとうございます。
      頂いた情報を本文に掲載させて頂きました。