ビエンチャンのラオキッチンとNoy’s Fruit Heaven

ラオス随一の商業施設と評判の高かったタラートサオ・モールで夕食にありつけなかったので、今宵の晩餐を求めてホテル近くを彷徨い歩くことに。

カフェやレストランが立ち並ぶサムセンタイ通り(Samsenthai Ave)とセターティラート通り(Sethathilat Ave)に挟まれたヘンブン通り(Henboun Road)を汗ダラダラで歩いていると、ラオ・キッチン(Lao Kitchen)を発見。トリップ・アドバイザーで高評価を得ている観光客御用達の名店と分かっていたので、女性の利用客で溢れ返るお洒落な店内に果敢にもオヤジ一人でアタックすることに。


黄色い建物がポップで可愛らしい造りで、オープンカフェかの様な洒落た雰囲気だ。最上階に人目を憚らず下着等を干してあるのはご愛嬌w


外にテラス席もあり、オープンエアで開放的な店内。評判通り大人気のようで、アジア人や白人若年層の旅人で満員御礼状態。また、人だけでなく蚊にも人気のようで、ブンブンと威勢良く蚊が飛び回っていた。


ツイッターでは間違えてルアンパバーンに到着とか呟いてるけど、正しくはビエンチャンに到着ですので、謹んでお詫びと訂正を。

メニューを見ると、基本的ラオス料理は隈なくカバーされていて何を頼むか迷わされるが、迷った末、チキンラープ(39,000キップ)・ルアンパバーンスタイルのポークソーセージ(45,000キップ)・ラオビールダークの大瓶(15,000キップ)・白米(カオニャオではなく普通の白米、10,000キップ)を注文。その後、ラオスの米ウィスキーのショット(5,000キップ)を二杯追加した。
ひだり みぎ
ラープは肉や魚をミンチ状にしたものとライムの汁、レモングラス、香草などを混ぜて炒めたラオスの代表的な料理。オシャレ系レストランなので一般的な屋台のラープとは見た目も違うし、辛味も無くマイルドで食べやかった。無難っちゃ無難だけど、客層の圧倒的大多数は観光客なので、癖のある味付けなどを控えざるを得ないんだろう。

腹一杯食って飲んで、〆て119,000キップ(≒1,560円)。大満足の夕食。ラオス料理は食べたいけど屋台は衛生的に抵抗があって、でもかといって一人で入れないほどの高級店でもなくて…という場合にラオキッチンは良いかもしれん。オッサン一人だと時間帯によってはキツイかもしれんが。

ひだり みぎ
続いて、ラオキッチンの対面にあるフルーツジュースパーラーに立ち寄ることに。


Noy’s Fruit Heaven。ビエンチャンの街歩きは暑すぎて途中で休憩を取らないとやってられないので、この手の店の存在は本当に有り難い。

ひだり みぎ
生絞り系・シェーク系・ラッシー系と、ドリンクメニューは滅茶苦茶豊富。シェークだけでも19種類ある。


結局、選ぶのが難し過ぎて、フルーツ全部混ぜのミックスフルーツシェーク(15,000キップ)を注文。ギンギンに冷たくて飲んだら生き返ります。少なくとも氷や水が原因で腹痛を起こすことはなかったので、ここのシェークやドリンクは安心して飲めるかと。

【ラオ・キッチン(Lao Kitchen)】

住所:Hengboun Rd., Baan Anou, Vientiane.
電話:021-254-332
メール:noi@lao-kitchen.com
営業時間:11:00-22:00(無休)



Booking.com

【2016年コンケン・ウドンタニ・ヴィエンチャン旅行記】














Related posts(関連記事):

ラオスの象徴 タート・ルアン
ラオスの博物館クオリティの低さに失望した後は、ラオス仏教界最高峰の宗教施設と名高いタート・ルアンへとチャリを走らせる。 ラオスの紙幣や国章にも使われるタート・ルアンの由来は定かではないが、紀元前2世紀だか3世紀だかにアショーカ王の名でインドから派遣された仏僧が仏陀の胸骨を納める為に建立したという説が有力なようである。その後、話は一気に飛び、16世紀になってセーターティラート王がルアンパバーン...
オピウム博物館で学ぶゴールデントライアングルと麻薬王の歴史
中国成金による趣味の悪いカジノで儲けた20000バーツを握りしめ、ラオスの金三角経済特区からゴールデントライアングルのタイ側へと生還した。黄金の三角地帯ことゴールデントライアングルはインドシナ半島の密林奥深くのタイ・ミャンマー・ラオスの3国がメコン川を挟んで隣接する山岳地帯にあり、アフガニスタン・パキスタン・イラン国境付近の黄金の三日月地帯と並ぶ世界最大の麻薬・覚醒剤密造地帯として悪名を轟かせてい...
ラオス人民軍歴史博物館(軍事博物館)と警察博物館
続いて、ビエンチャンを代表する名刹タート・ルアンへの道中に見つけた人民軍歴史博物館に寄り、グローバル資本主義の搾取構造の中でブルジョワ共に命を捧げ働き続ける悲しき日本プロレタリアートの一員としてラオス人民による革命の軌跡を学ぶことに。 見つけた!でも正面のゲートが閉じていて入れない…。 敷地の端っこから侵入。先ずは人民軍博物館の手前にあった人民安全保障博物館(警察博物館?)へ。 ...
パークセーホテルでラオス一泊目
県庁所在地であり割と「街」っぽい雰囲気のパクセー。市内にコレといった見どころはないが、ワット・プーやシーパンドンなどラオス南部への観光拠点であり、隣国タイのウボン・ラチャタニーへの移動に便利な立地条件から町には多くの外国人が滞在しているし、お蔭でホテルも多く建っている。 普段通り立地を最優先にしてホテルを選定。パクセの中心部、メコン河畔にほど近いところに立つパークセーホテルに泊まることにした...