ワット・チャーンロム(スコータイ)

スコータイの寺院巡りの最後を〆るのは城壁東部に建つワット・チャーンローム。またかよ?と思われるかもしれんが、同じ名前の寺院をシーサッチャナーライとカムペーンペットでも見てきてるので、確かにワット・チャーンロームという名の寺院は三か所目ということになる。当時は各町に仏塔を像が支えるというスタイルの寺院が建てられていたのかな。


スコータイのワット・チャーンロームには14世紀後半に建立されたスリランカ様式の釣鐘型の仏塔があり、32頭の象の漆喰像がスクラムを組みがっちりと台座を支える。王都スコータイの本家本丸ワット・チェーンロームなので期待をしていたのだが、象の数だけで見るとシーサッチャナーライやカムペーンペットのワット・チャーンロームに劣る。


仏塔を下から仰ぎ見上げるとそれなりの迫力だが、象の動員数だけでなく寺院としての規模もスコータイがダントツで小さい。王都スコータイと言っても城壁外にあるから二軍三軍レベルの寺院といった扱いだったのかな。

ひだり みぎ
仏塔を支える象たちは一体一体が龕のような小さなスペースに収められている。

ひだり みぎ
鼻が無かったり胴体が無かったり、象の状態はさまざま。


中には溶岩のような得体の知れない御姿に成り果てた物もある。

ひだり みぎ
一方、取って付けたように顔面が接ぎ合わされ、ほぼ全盛期の姿にきっちり復元された象もある。もう少しフレンドリーで親しみ易い象をイメージしてたのだが、すっごい厳つくて鼻息荒そうな表情だったようだ。守護象としては相手を寄せ付けない威圧感があった方が適切なのかな。


このアングルからだと象も揃ってるし規模感が伝わるだろうか。どっしりとした釣鐘型ストゥーパを象の像が囲んでる。ユニークな造りではあるけれど、シーサッチャナーライ・カムペーンペットに次いで三回目のワット・チャーンロームとなると新鮮味を感じんな…。



Booking.com

【2016年スコータイ・ピサヌローク旅行記】















Related posts(関連記事):

スコータイ芸術の最高芸術が…残らない ワット・トラパン・トーン・ラーン
次なる目的地は城壁東部のワット・トラパン・トーン・ラーン(Wat Traphang Tong Lang)。初日に城壁内の似たような名前の寺院を見ているが、向こうはワット・トラパン・トーンで、こちらはワット・トラパン・トーン・ラーン。紛らわしいが、二つの異なる寺院となっている。 この寺院の場所は本当に分かりずらい。地図を見るとスコータイ旧市街地と新市街地を結ぶ幹線道路沿いにある筈だが、なかなか...
キャセイパシフィックのバンコク新ラウンジ
バンコク出張を終え、いつものキャセイで香港へと戻る。残る楽しみは今年6月にスワンナプーム国際空港にオープンしたキャセイパシフィックのラウンジだ。 ラウンジを堪能する為に余裕を持ってフライト3時間前に空港に来たところ、チェックインカウンターがカオス混み。 バンコク以遠便であるシンガポール行きCX713のチェックイン時間と被ったからだろうか、カウンターの数も十分あるのに列を捌ききれていない...
癒しの家・クンペーン・レジデンスと象
アユタヤ歴史公園の中心地まで戻ってきた。ワット・プラ・ラームの道路を挟んだ向かい側に建つ風情ある建物がクンペーン・レジデンスだ。タイの有名な叙事物語『クンシャンとクンペーン』の描写を基に再現されたアユタヤ時代の伝統家屋である。 寝っころがりたくなるような美しく管理された芝生。 内部も見学可能とのことなので、靴を脱ぎ、梯子を登って2階へと向かう。バリアフリーなんて概念はここには無...
スコータイ遺跡公園のワット・トラパン・トーン
時は13世紀前半、圧倒的軍事力を背景に東南アジア最大の勢力を誇ったクメール族の支配に甘んじてきたタイ族がクメールに対して反旗を翻し、タイ族による独立国家が建国された。そのタイ人初の独立国家こそ今回訪れるスコータイを都として建国されたスコータイ朝だ。スコータイの王都は東西1800m・南北1300mに渡り建築された三重の壁と濠に囲まれた城を中心に築かれ、1438年に王位後継者が絶えてアユタヤ朝に併合さ...