ワット・チャーンロム(スコータイ)

スコータイの寺院巡りの最後を〆るのは城壁東部に建つワット・チャーンローム。またかよ?と思われるかもしれんが、同じ名前の寺院をシーサッチャナーライとカムペーンペットでも見てきてるので、確かにワット・チャーンロームという名の寺院は三か所目ということになる。当時は各町に仏塔を像が支えるというスタイルの寺院が建てられていたのかな。


スコータイのワット・チャーンロームには14世紀後半に建立されたスリランカ様式の釣鐘型の仏塔があり、32頭の象の漆喰像がスクラムを組みがっちりと台座を支える。王都スコータイの本家本丸ワット・チェーンロームなので期待をしていたのだが、象の数だけで見るとシーサッチャナーライやカムペーンペットのワット・チャーンロームに劣る。


仏塔を下から仰ぎ見上げるとそれなりの迫力だが、象の動員数だけでなく寺院としての規模もスコータイがダントツで小さい。王都スコータイと言っても城壁外にあるから二軍三軍レベルの寺院といった扱いだったのかな。

ひだり みぎ
仏塔を支える象たちは一体一体が龕のような小さなスペースに収められている。

ひだり みぎ
鼻が無かったり胴体が無かったり、象の状態はさまざま。


中には溶岩のような得体の知れない御姿に成り果てた物もある。

ひだり みぎ
一方、取って付けたように顔面が接ぎ合わされ、ほぼ全盛期の姿にきっちり復元された象もある。もう少しフレンドリーで親しみ易い象をイメージしてたのだが、すっごい厳つくて鼻息荒そうな表情だったようだ。守護象としては相手を寄せ付けない威圧感があった方が適切なのかな。


このアングルからだと象も揃ってるし規模感が伝わるだろうか。どっしりとした釣鐘型ストゥーパを象の像が囲んでる。ユニークな造りではあるけれど、シーサッチャナーライ・カムペーンペットに次いで三回目のワット・チャーンロームとなると新鮮味を感じんな…。



Booking.com

【2016年スコータイ・ピサヌローク旅行記】















Related posts(関連記事):

スコータイの民宿 Baan Georges Hotel
スコータイでの宿はBaan Georges。「バーン・ジョージ」とはタイ語で「ジョージの家」くらいの意味。てっきりご主人のお名前がジョージなのかと思い、チェックイン時に「ミスタージョージ、今日から5日間、宜しくお願いします!」と元気よく挨拶したところ、「Hi! I'm Luke(やぁ。私はルークです)」とハニカミ笑顔で返事された。ジョージはここの飼い猫の名前らしい。 そんなルークの館こと...
ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ 宿泊記
これも去年の話だけど、バンコクのチャオプラヤ川沿いにあるロイヤルオーキッド・シェラトンに3泊してたんで今更ながら過去の記憶を穿り返して宿泊記を。 マンダリンオリエンタル・ペニンシュラ・アナンタラ・シャングリラと錚々たる面子の高級ホテルが挙って進出する魅惑のバンコク・リバーサイドエリアだが、SPG推しの小生は迷うことなくシェラトンを選択。リバーサイドというと宿泊費が高そうな感じがするが、ちょう...
ディズニーと廃墟遺跡のコラボによるアユタヤ世界遺産祭り
誰もが知ってる世界遺産の街、アユタヤ。バンコクから北に約65km、チャオプラヤー川とその支流と運河に囲まれた中洲を中心に広がる古都の遺跡群には、417年間に渡りアユタヤ王国が築いた歴史が眠っている。この遺跡を作ったのは1351年~1767年に存在したアユタヤ王朝。流れが穏やかでメナム川水上交通の要衝であるチャオプラヤー川の畔に位置し、地の利があるアユタヤに都を置いたこの王朝は、ナーラーイ王時代には...
丘の上のワット・カオ・パノム・プレーン
続いてワット・チャーン・ロームの背後にある小高い丘の上に建つワット・カオ・パノム・プレーンを目指す。 ラテライトを積み上げて造られた心臓破りの階段が丘の頂上へと続く。結構な高さなので、頂きからはシーサッチャナーライの絶景が楽しめるに違いない。 遺跡公園を一望できるかと思ったが、残念ながら丘の上まで生い茂った木々が障壁となって見晴らしは悪し。 見晴らしに少々失望しながら...