スコータイのレストラン(Dream Cafe、S and N Coffee House etc.)

本日は、今回の滞在期間中に特にお世話になったスコータイの食事処を幾つかご紹介。新市街地にはローカル屋台から西洋人経営のレストランバーまで一通り揃っているし、最悪、セブンイレブンでも最低限の食事が摂れるので食事には一切困らない。最近は胃がスぺランカーな自分も意を壊すことなく乗り切れました。

【S and N Coffee House】

新市街地のロータリーから東に伸びる中心街・シンワット通り(Singhawat Rd)に建つ小洒落たS and Nコーヒーハウス。SとNは磁石のS極・N極を表しているのではなく、それぞれSunとNightの頭文字で、午前も午後も営業してまっせくらいの安直な意味らしい。


清潔な店内で冷房やwifiもバッチリ。店員の若者はシャイで英語がダメだけど、幸いにして英語メニューがあるのでタイ語が話せない私みたいなタイ素人は指差しで注文することになる。言葉の壁はあるけれど根が良い人たちだし気まずいこともない。


メニューには各種タイ料理や西洋料理が揃っていたが、胃と相談して無難に炒飯(69バーツ≒)とオイスターソースの海鮮炒め(89バーツ≒)をチョイス。全体的に濃い目の味付けだけど、食えないことはない。屋台飯も良いけれど、スコータイは日中かなり暑くなるので、冷房の効いたレストランで休憩がてらランチを済ませたいという場合にはお勧め。

S and N Coffee House
営業時間09:00-20:30
住所Singhawat Rd, Muang Mueang Sukhothai District, Sukhothai
電話86605 3201

【Pizza Company 1112】

こちらはタイでも有名なピザのチェーン店。ヨム川の西岸すぐの幹線道路にある。


市内各所へのデリバリーも対応。結構な大手のようで、英語版ウェブサイトやアプリも用意されている。オンラインでの予約やアプリでの予約に対して割引されるプロモも頻繁に行われているようだ。


ピザ全9種類、生地3種類からオーダーする。最安値のHam and Crab SticksのCrispy Thinが199バーツ(≒)~。その他、パスタ・サラダ・チキン等のサイドメニューも揃っていて、セットメニューなんかもある。


ウェブサイトは店内メニューより豊富な品揃えとなっていたのがよう分からんが、とりまソーセージのCrispy Thinを注文。お持ち帰りで250バーツ程だったかな、値段が値段だけにピザだけじゃ全くもって食べ足りんかったが、生地の歯応えは思ってたよりサクサクしてて本格的だった。

【Dream Cafe】
ひだり みぎ
S and N Coffee Houseと同じくSinghawat Rdにある西洋風カフェ。花や緑に囲まれたテラス席が洒落ている。

ひだり みぎ
店内だって負けてない。美術の分かるオーナーがデザインした店の中は博物館のギャラリーさながらにアンティーク調の調度品で飾り付けられている。

ひだり みぎ
彫刻品やら絵画陶やら陶器やらもふんだんに用いられた店内は、なんともシックで粋な空間だ。


メニューに目を向けると、オリジナルの創作ハーブカクテルが10種類もあるじゃないですか。滋養強壮効果の高いOld PlayboyやBeauty Queen Secretという顔艶や血液の巡りを良くするカクテル等、健康志向メニューが嬉しいところ。タイの伝統的バイアグラを使ったカクテルもありますよ。


小生は若返りの為にRejuvenationを選択。ショットグラスで来るので容量は多くないけれど、酒が強烈過ぎるので1杯で十分。強烈な酒は勘弁と言う方、特殊なハーブカクテル以外にも一般的なカクテルやビールなんかもあるのでご安心あれ。

ひだり みぎ
食事もメインの価格帯が120-350バーツと、この手の洒落たレストランにしては大変お手頃。洒落た夜を過ごすにはピッタリのレストランである。

Dream Café
営業時間12:00-14:00、17:00-23:00
住所86/1 Singhawat Road, Sukhothai 64000
電話05561 2081

夜のスコータイの町は結構賑やか。
ひだり みぎ
地元民で賑やかなのは川のヨム川の東側でワット・ラジタニー(Wat Rajithanee)という寺院を中心に夜になると無数の屋台が出現する。

一方、外国人で賑やかなのは川の東側。
ひだり みぎ
川を渡ってすぐのところにバーが3-4軒あつまるエリアがある。

【Chopper】
ひだり みぎ
小生がバイクを借りた店の二階。全席テラス席で夜風が気持ち良いのと、やたらとガタイの良い店員のオカマさんの愛想がやけに良い。


西洋風だけど飯はドローカル。洋食メニューもあるけれど、余りお勧めできなそう。オープンエアーの賑やかな空間でワイワイガヤガヤ賑やかになる場合にお勧めか。

【Bar 64000】
ひだり みぎ
Chopperの前に店を構える屋台風バー。ローカルビールを使ったボム系オリジナルカクテルが豊富で、中でもイエーガーマイスターをスプライトとシンハービールで割った64000 bomb(120バーツ)がお勧め。屋台風で入り易く、軽く一杯飲むのに向いている。

また、新市街地から西に5キロの地点にKFCやミスタードーナツが入るBIG Cマーケットがある。

ここはバイクがないときついかな。

ひだり みぎ
食後のおやつは愛おしきミスタードーナツで。

ひだり みぎ
ポンデリングが22バーツ(~70円)からと、甘党には幸せな価格設定だ。

田舎過ぎてどうなることかと思いましたが、全然全然。屋台飯も美味いし、何も不自由しなかったスコータイでの5日間でした。



Booking.com

【2016年スコータイ・ピサヌローク旅行記】















Related posts(関連記事):

タイの学び場・サイアム博物館
観光と言えば寺院や遺構巡り、ムエタイ観戦などがメインのタイですが、『それでは観光大国としての芸が無い!新たなツーリズムスポットとして、これまでにないコンセプトの博物館を作って世界を驚かそう!』というタイ政府機関の力強い掛け声の下で、有識者の英知を集結して創設されたのが、このサイアム博物館。サイアムとは第二次大戦前まで使用されていた タイ王国の旧称『シャム』のこと。『タイ国がどのようにして建国された...
グレーシャーホテル コンケン(Glacier Hotel Khon Kaen)宿泊記
陽も昇る前の04:30、真っ暗闇に包まれたコンケンに到着した。駅前ではトゥクトゥクドライバーが生活をかけた必死の営業活動を行っていたが、宿泊先のグレーシャーホテルは駅から徒歩圏内ということもあり、血気盛んな野犬に吠えられながらも歩いて深夜(早朝?)のコンケンを移動した。 宿泊費はハピタスを噛ませたアゴダでの予約で朝食込み1泊3,000円弱。値段の割には立派なホテルで一安心だ。 グ...
チェンマイの激安日本食@ごはん亭
文化芸術センターで紹介されていたチャーンプアク門を目指して旧市街の北の端に向かう途中、「ごはん亭」と書かれた暖簾や赤提灯、そして何故か鯉幟が下がる何とも怪しい料理屋を発見。 とりあえず日本を連想させる飾り物をテキトーに並べてみました的な感じがしてしまうのだが、巷の日本食ブームにあやかって物は試しと始められた似非日本食屋だろうか。多分レストランの名前も自分で発案したのではなく、「ごはん亭」と書...
観光客にはスルーされがちな地味な町 ウボン・ラーチャターニー
シーサケートからカオプラウィハーンの最寄町・カンターララック経由でタイ国鉄で行ける最東部の町・ウボンラーチャターニーへとやってきた。タイ、カンボジア、ラオスの3国にまたがるこの地域は自然の多いことからエメラルド・トライアングルなどとも呼ばれているが、見所はいずれもウボン郊外になるので観光客にはスルーされがちな地味ーな田舎町だ。私もウボンに何の期待もしていないし、先史時代の壁画が残るとされるパー・テ...