ミャワディーでのちょっとした観光でパゴダへ

国境近辺のパトロールを終えて15:00。イミグレクローズまでもう少しだけ時間があったので、人力タクシーで町の名所というスゥイミォン・パゴダに向かってもらうことにした。名所と称される寺院はもう1箇所あり、2箇所を巡るフルコースが1時間で100バーツということだったので、国境からも近いスゥイミォンパゴダのみを50バーツで行ってもらうことに。

ひだり みぎ
自分の父親の年齢程で、ガリガリに痩せ細りあばら骨が浮きでた弱そうなオッサンが汗を垂らしながら必死にリヤカーを漕いでくれるという何だか非常に気まずくなるシチュエーション。どう考えても歩いた方が速いペースで走り出してから10分程、国境から伸びる大通りを右手に折れた所にタイの寺院とは一味も二味も異なるミャンマー式の寺院が見えてきた。オッサンは「ほら、これ見てみいぃぃ!」と言わんばかりにどこか誇らしげでご満悦な表情なのは、この寺院が町人に慕われた由緒ある寺院だからか。


正門から全力で滲み出てくるコミカル感。なんかもうね、入り口に立つ一対の獅子の突拍子のない感じもそうだけど、愉快なテーマパークといった雰囲気で気持ちが和むんだよな。

ひだり みぎ
ミャンマー名物の愉快そうに振る舞うアニメチックな白塗り美顔のオッサン陣も全力でお出迎え。ここら辺もホスピタリティ精神が伝わってくる対応で、これだけでミャンマーに来た気分にさせられる。


じゃじゃん。本堂や仏塔は真面目な造りで立派。逓減する層状の屋根が載るスタイルはタイ建物はちょっとタイの寺のようではあるが、切妻の棟ではなく宝形の屋根が重ねられている点がミャンマースタイルの特徴。


本堂の中にいるご本尊はやはりどこかコミカルというか、美白細眉丸顔で親近感が湧くデザイン。ありきたりの量産型仏像だけでなく、民間信仰の精霊神やらヒンドゥーっぽい神々が祀られるバラエティーの豊かさもミャンマーの寺院の魅力である。ガチな仏教徒が見たら噴飯物というか激怒の対象になってしまう勢いだけど、もはやテーマパークと言いたくなるような珍事天国で面白いんですよ。


もちろん、ミャンマー名物「大当たり」な光背を持つ仏像もご健在。LEDでピカピカに飾られた有難味のなさそうなエキセントリック仏もミャンマーならではである。


「だっちゅーの」のポーズのように胸を寄せ上げ仏塔を護る獅子の神。

ひだり みぎ
しなやかなお体がどこかセクシー。嫌らしく悩ましい体勢のようにも見えるが、魔除けの格好か何かだろうか。

ひだり みぎ

時間が無いのでこれにて引き上げる。自分の親の年齢ほどのシニアを使用人とすることに何だか変な罪悪感を持ってしまい、チップ込みで100バーツをお支払。汗たらたらで頑張ってくれましたからね。すると、この糞オヤジ、つけ上がって「やれレイディーはどうだ、マネーはどうだ」とか機を見て攻勢をかけてきやがって幻滅。因みにマネーと言うのは、どうも話を聞く限りカジノのことっぽい。裏カジノが近くで運営されているのだろうか、世界最貧国の一つとしても挙げられるミャンマーのカジノは多いに興味があったのだが、出国管理局のクローズ時間が迫っていたので泣く泣く断念。

ミャンマーの入国管理局で滞在許可証と引き換えにパスポートを取り返してミャンマーとオサラバ。入国時に本日付けの入国スタンプと出国スタンプの両方が押されたので手続きも無く、後ろ髪が一本残らず抜け落ちるくらい思いっきり強く後ろ髪が引かれる思いでタイへと戻る。

ひだり みぎ
密入国し放題な水量のムーイ川を渡った先はもうタイの領土。


国境に掲げられたくっそシリアスな内容のポスターもミャンマー語で書かれるだけで全体してコミカルな出来に仕上がっているように見える不思議。


パスポート番号とか、枠をハミ出すぎぃぃぃ。文字を眺めているだけで気分が和む面白い言語だわ。

タイの入国管理局では中国のスタンプだらけ(日本や香港への入国は自動ゲートでスタンプが押されないので、パスポートが必然的に中国のスタンプだらけになる)だからか屈強で厳ついイミグレオフィサーに訝しがられてまさかの質問責め。タイで何をしてどこに泊まっているんだ、勤務地はどこだ、仕事は何をしてるんだ、お前は誰だといった具合に矢継ぎ早に黒い照英似のイミグレ担当からクエッションが飛んでくる。イミグレでこんな高圧的態度で執拗に質問されたのは初めてだったし照英の態度にビビったけど、名刺を見せたらあっさり問題解決。名刺だけでパスできるなら身分詐称も容易いけど…。

国境からメーソート市街地のバスターミナルへはソンタオで移動。タイに入国して正面すぐ左手に市内行きのソンテオ乗り場を発見。既に満席満員御礼なのに集客活動を続ける欲深い運転手のせいでなかなか発車せずに歯がゆい思いをする。


10分程して漸く出発したソンテオ、後ろの立ち席で棒に掴る状態の私には無論シートベルトなどありやせず、完全なるジェットコースター状態。手を離した瞬間に車外に放り出されてしまうので気が抜けない。


無事にメーソート市街地のバスターミナルに到着し、往路でもお世話になったターク⇔メーソート間を走るハイエースへと乗り込む。


タークでスコータイ経由ピサヌローク行きハイエースへと乗り換えだが、ここでも乗客が集まらず1時間待ち。


結局、スコータイに戻る頃には真っ暗。今回はタークでの乗継便の接続の悪さが大誤算。せっかくなんでメーソートに一泊すれば良かったかな。

ひだり みぎ
長距離を走る大型バスなんかは集客待ちもなくある程度の時刻通りに走る様なので、参考までにターク発着便・ターク経由便の時刻表を張っておく。クリックしたら拡大します。

【2016年スコータイ・ピサヌローク旅行記】




Related posts(関連記事):

カムペーン・ペット遺跡公園
カムペーン・ペットはスコータイ王朝の直轄区域として栄えた古都で、対ビルマ戦線用に築かれた長さ南北2キロ超×東西の横幅北側220m-540mという細長い歪な形をした城壁と濠とに囲まれた堅牢な城塞があることから、後世になりカムペーンペット(タイ語で「金剛の城壁」)の名が起きた。現在ではスコータイ王朝関連の遺跡が世界遺産として保護されていることもあり、当時の面影を堅固な要塞の壁と城壁の北にある遺跡公園に...
バガンビューイングタワーから眺めるサンセット
バガンでの最終日は、バガン遺跡地区の東の外れに建つバガンタワーことバガンビューイングタワーまでサンセットを見にいくことに。 バガンタワーは、観光の目玉にと2005年にオープンした高さ61mの展望台。評判はすこぶる悪いようだが果たして… 宿泊先のニャウンウーから南へ約6キロ。日が暮れなずむ中、寒さに身を震わせながら電動バイクを走らせる。 遺跡群の外れの外れに一際高い灯台のような構...
ワット・プラケオとワット・プラ・タート
カムペーンペット遺跡公園での見学を終え、町のもう一つの見所である古代の城壁へとバイクを走らせる。 城壁内は広くはないのでバイクを停めて徒歩で見て回ることに。城壁内の中学校にバイクを停め一息つこうとしたところ、何やら視線が…。 恐る恐る視線の先に目をやると、城壁内に住み着いているのであろう野良犬が近距離から私を凝視してるではないか。こちらが少し離れると離れた分だけ距離を詰めてきて、こちらが少...
ノンカイの町
タンゼノホテルに荷物を降ろし、ノンカイ市街地へと足を運んでみる。 ここノンカイはメコン川を挟んで対岸がラオスになっていて、タイとラオスを往来する多くの旅行者たちが通り過ぎていく交差点のような小さな町。鉄道駅前の寂れ具合からしてアクティブな町歩きには適さない感じだが、果たしてどうだろうか。 ホテル前の国道121号線で市街地方面に向かうトゥクトゥク待ち。 年輪を感じさせる渋い笑...